マツコ 稲垣 吾郎。 マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月|LITERA/リテラ

マツコ・デラックス「引退準備報道」の衝撃!稲垣吾郎共演NG発言が引き金?

マツコ 稲垣 吾郎

『週刊文春』の記事では、稲垣吾郎さんがジャニーズ事務所を退所から1ヶ月後の2017年10月に、マツコ・デラックスさんが月曜レギュラーを務める情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX 平日17時)にゲスト出演し、大きな反響を呼んだことを受けて「月1の準レギュラー」として起用するプランが浮上したものの、マツコさんの事務所側が 「稲垣を出すならマツコは降板する」と番組起用に抵抗したことから、 稲垣さんの準レギュラー起用計画は頓挫してしまったとしていました。 あの3人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ」「あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組(『5時に夢中!』)が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。 (中略)当時なら中居正広でも木村拓哉でも断ってたわよ」「私は『(番組共演者で株式評論家の)若林史江以外、嫌です』っていう話よ」などと語ったとしていました。 さらに、公正取引委員会が調査したジャニーズ事務所の圧力疑惑、テレビ局の忖度などについては、 「もちろん忖度もあっただろうけど、どの業界だってあるわよ。 あんたの所(週刊文春)だって忖度してんだからさ。 ただそれだけじゃ急に仕事はなくなりません。 だって、あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから。 分かるでしょう。 それがテレビ、舐めるなって話です」と持論を展開していたと伝えています。 ちゃんと話したのに、全然書いてくれない!」と話した内容が捻じ曲げられて伝えられたと訴えています。 マツコ・デラックスさんによると、突然記者が来て色々と話を聞かれたそうで、 「『新しい地図』の話をして、アタシが吾郎ちゃんを追い出したなんて言う。 でも、ちゃんと答えたのよ。 別に彼らが嫌いなわけじゃない。 でも、アタシが長らく彼らと一緒に仕事していなかったから、あんなこと書かれるのよね」として、取材に語った内容の真実を明らかにしています。 それがテレビ。 舐めるなって話」といった発言の真意については、 「3人の人気がないって言ったわけじゃなく、他のベテランジャニーズだってそう、手垢まみれのアタシたちより、今の若いテレビマンが企画書ゼロの段階で誰を使うってなったら、キンプリを使うでしょって話よ。 ギャラも安いし人気もあるしと、そういう話をしたんです」と説明しています。 また、『5時に夢中!』の月イチ準レギュラーに稲垣吾郎さんを起用するプランがあったものの、マツコ・デラックスさん側が共演を拒否したことで実現しなかったという話については、 「月曜は若林史江とずっとやっているわけだから。 月曜に吾郎ちゃんが入るっていうのは考えられない。 他の曜日で、誰か辞めるタイミングとか、ゲスト枠で入るとかは、テレビ局が決めればいいじゃない。 それに番組のクール途中で改編期でもないのに無理やりブチ込もうとしてきた。 それでプロデューサーが考えた結果、あの時の、解散騒動後のSMAPを入れると本来の番組カラーじゃなくなっちゃう。 そうなるなら木村拓哉だろうが、誰だろうが『5時に夢中! 』では使いませんよって話なの。 」としています。 さらに、『週刊文春』の記事には書かれていませんでしたが、実はTOKYO MX側が稲垣吾郎さんの出演を断った後に、 「吾郎ちゃんのために番組を用意したのよ。 冠番組よ!その方がよっぽど良いじゃない。 アタシと下品な話するより。 」という裏話を明かした上で、 「でも、それを断ったのは吾郎ちゃんのマネージャーさんだからね。 『マツコと一緒じゃないとイヤだ』って」と語っています。 それも情報交換。 別の芸能プロや自分のマネージャーとも食事してます。 いろんな人から情報を聞きたいから」と明かしており、 ジャニーズ事務所と良好な関係を築いているから仕事を受けたり、大手芸能事務所に忖度するということは決して無いと話したとのことです。 その上で、 「『夜ふかし』は、内容が良かったから引き受けたの。 村上は、他のジャニーズができるかってぐらい自虐して、身を粉にしてやってるじゃない。 じゃあ、吾郎ちゃんが『5時に夢中! 』で下品なキャラになれるかっていったら向かない。 アタシだって、その人の個性を考えてやりますから」と語り、最後にマツコ・デラックスさんは記者に対して、 「吾郎ちゃんと、彼のファンを傷つけるのだけはやめてと、文春にはお願いしていたのよ。 アタシは基本、誰も傷つけたくないからさ……」と明かしていたとのことです。 こうしたマツコ・デラックスさんの話を受けて『週刊女性』は、稲垣吾郎さんら『新しい地図』の3人が所属する芸能事務所『CULEN(カレン)』にも取材を行い、『5時に夢中!』の出演をめぐる経緯に関して質問したところ、 「『5時に夢中! 』に稲垣吾郎の出演を提案させていただいた際、MXテレビからも快諾を受け、2017年10月24日(火曜日)に出演させていただいたと理解しております。 同時に、月に1回出演させていただきたいと提案し、11月7日(火曜日)と12月5日(火曜日)の出演スケジュールをMXテレビからいただいておりました。 」と明かしています。 しかし、 「後日、同スケジュールの出演は断られ、その際に別の稲垣吾郎の番組のお話はいただきましたが、全く具体的な企画ではなかったので、よい企画があれば、また連絡くださいとお断りさせていただきました。 なお、マツコ・デラックスさんとの共演を希望した事実はありません」と説明しており、マツコ・デラックスさんの話とは食い違いもあります。 そして、マツコ・デラックスさんの弁明に対してネット上では、• 「そんなこと言ってないわよ」と否定するのかと思ってたら、そうでもなかった…• あの発言が事実ならば、マツコわずか数日で訂正はしないだろう。 こりゃ、記者にいいように書き換えられたのかもね。 無視しなきゃ。 真実は分からない…確かにマスコミは都合の良いように書き換えるからなんとも言えないけど…だったらスルーすれば良かったと思う。 何が本当なのかね?マツコがこういうこと言うかな?って不思議ではあったけど… どちらにせよ、彼らは実力あるしまたいっぱい活躍するよ。 ファンとかじゃないけど、やっぱり今の若いジャニーズにはないものあるもん• あんな権力者みたいな発言をマツコがするとは思ってなかったから、この記事にあった反論の内容の方がしっくりくる。 ただ、マツコは「喋る」ことが仕事だからこそ、今後はこういう切り取られやすい雑誌の取材は避けた方がいい。 マツコは前から自分の老後のことなど異常なまでに不安心配して芸能界でいかに稼いで老後に備えるか対策してたから、そりゃあ二枚舌で使い分けてるでしょう。 吾郎ファンだけでなくSMAPファンにけんか吹っ掛けた発言に、さすがにヤバイと思って焦って訂正してるんだろうけど、数ある芸能人、アイドルがいるなかで、ワザワザ、キンプリの方が良いとジャニーズ押し売りグループを発言するあたりが、やっぱりね…というのをバラしてるよ。 マツコさんの話は一定部分は理解できる。 確かに話の一部は悪意を持って歪められたのかもしれない。 ただ後述された新しい地図の事務所が語る事実関係はとても具体的で真実味がある。 いきなり出演が見送られた件はテレビ局の外部から何らかの横槍が入ったことは想像に難くない。 それに対してマツコさんと一緒じゃなきゃ出演は嫌だというマツコさん側の言い分は論理としてはあまりに稚拙に過ぎる。 稲垣さんだけの出演で十二分に話題性があり、マツコさんとの共演に果たしてどれだけの意味があるのか。 「稲垣さんを起用するなら、自分は降りる」との件については否定していないことから、この事実はやはり有ったのだろうと個人的には思う。 などのコメントが寄せられています。 週刊誌は当事者に直撃取材を行ったとしても、発言内容のニュアンスを変えて伝えることや、話し内容を全て伝えずに印象操作をすることはよくあるので、『週刊文春』が伝えた内容に事実とは違う部分があったとしても不思議ではありません。 改めて『週刊女性』に語った内容が真意だったのだろうと思いますが、稲垣吾郎さんと『5時に夢中!』で共演することを断ったのは事実だったようで、稲垣さんが番組の準レギュラーとして加わることに肯定的ではなかったこともうかがえます。 また、稲垣吾郎さん側にあまり良い印象を持っていないことが言葉の端々から感じられるほか、今後また別番組などで稲垣さん等と共演したいなどの言葉が記事に書かれていないのが気になる部分です。 『新しい地図』の3人とマツコ・デラックスさんは、『日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)』の活動に関与しており、マツコさんはパラサポの顧問に名を連ね、『新しい地図』はスペシャルサポーターとして様々なPR活動などに参加しているにも関わらず、キツイ言葉を使ったり、ネガティブな裏話を明らかにするのはどうなのだろうと感じ、やはり、週刊誌の取材に対して色々と余計な話をするべきではなかったと思いますね。

次の

マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月|LITERA/リテラ

マツコ 稲垣 吾郎

「稲垣吾郎のゴロウデラックスが終了するのは何故?」 稲垣吾郎さんと、 外山恵理アナウンサーのコンビで、作家を招いての読書系バラエティだった「ゴロウデラックス」。 タイトルもマツコデラックスみたいで好きだったのですが、この2019年の春をもって終了が決定し ました。 2011年の4月からだったので約8年間続いたことになります。 それでもファンからは、 「毎週楽しみにしていた。 打ち切りになる理由がわからない。 」 「深夜枠は視聴率なんて関係ないと思ってた。 」 「考えたくないけど、芸能界の闇の力が動いた?」 など、多数の番組終了を惜しむ声が聞こえています。 最近、活字離れが進む中、紙の本を取り上げて、普通では聞けないような話がたくさん聞けて楽しかったのですが。 稲垣吾郎さんのファンではなくても、この番組は好きと言って見ている人がたくさんいました。 私も読書が好きなのでこういう教養のある番組がなくなるのは残念です。 人気作家さんや、著名人がどんな本から影響を受けているのかを知ることが出来て楽しかったです。 この番組で初めて知って、読んだ本もたくさんあります。 そう考えると、本当に感謝ですね。 「ゴロウデラックス」終了の理由としては、継続が難しく、これまで何度も終了の話は出ていたとの事です。 他では見当たらない、人気番組だったので、納得出来る理由になってないような。 稲垣吾郎さんは、1月の放送時に、元SMAPへの想いを、少し語りました。 深夜だし、いいと思うんですが。 やはり、それを面白くないと思う関係者はいたのかもしれません。 「ゴロウデラックス」が終了すると、稲垣吾郎さんを地上波のテレビで見る事がなくなります。 寂しくなりますね。 スポンサーリンク 「稲垣吾郎が文春で語った本音とは?」 稲垣吾郎さんは、文春のインタビューでも、本音を語っています。 内容はとてもポジティブなものでした。 しかし、やはり、退所した方が「少しでも」元SMAPについて語るのを嫌がる存在があるようです。 稲垣吾郎さんが文春で語ったのは、グループはスポーツに似ていて、いいパスをするように心がけていた。 ということや、ファンを大切にするための解散だった、ずっと先には共演できる日がくるといいなという内容でした。 ちゃんと言葉を選んでいますし、木村拓哉さんも、同様の事をインタビューで言っています。 先日の地上波の 「仮装大賞」では、香取慎吾さんが、 スマステ風のオープニングで登場し、たくさんの人が歓喜しました? 少しずつ少しずつ、接点が増えていくといいですね。 同じ新しい地図の草なぎ剛さんの主演映画 「台風家族」は新井浩文さんの不祥事により、公開が延期されてしまいましたが、稲垣吾郎さんの主演映画 「半世界」は無事に公開されます。 NHKの朝ドラでも活躍中の俳優、長谷川博己さんなどがこの映画で共演しています。 見ごたえあるいい映画と評判です。 まとめ 「稲垣吾郎のゴロウデラックスが終了するのは、以前から話が出ていたため。 」 「稲垣吾郎が文春で語った本音とは、ずっと先には共演出来る日がくると嬉しい。 」 稲垣吾郎さん、また地上波に戻ってきて欲しいです。 最後までお付き合いいただきありがとうございます。

次の

マツコ・デラックスが元SMAP排除に加担!『5時に夢中!』に「稲垣吾郎出すなら降りる」、背景にジュリー派との蜜月(2019年8月1日)|BIGLOBEニュース

マツコ 稲垣 吾郎

舞台『君の輝く夜に~FREE TIME, SHOW TIME~』(8月30日~9月23日上演)の公演前トークイベントが7月29日に開催され、主演の稲垣吾郎さん 45 ら出演者たちがトークを繰り広げ、イベント終了後には稲垣さんが囲み会見を受け、この時の模様は翌日の各民放番組も取り上げていたため、SMAPファン等の間でも大きな反響を呼びました。 しかし、8月1日発売の週刊誌『週刊文春』は、この舞台に対してジャニーズ事務所側が圧力をかけていた疑惑を報じているほか、タレントのマツコ・デラックスさん 46 が元SMAPの稲垣吾郎さんとの共演を拒否し、テレビ局側に圧力をかけていた疑惑を報じ、ネット上では物議を醸しています。 稲垣吾郎さんが主演の『君の輝く夜に』は、2012年、2014年、2016年に上演の稲垣さん主演舞台『恋と音楽』シリーズから発展し、昨年夏に京都公演が行われ注目を集めたのですが、『週刊文春』によると、今年から稲垣さんの舞台で長年、企画・製作を担当していた『パルコ』が外れたそうです。 その理由は、ジャニーズ事務所の幹部B氏が、パルコの担当者に対し、ジャニーズタレントの舞台を持ち出し、『うちとカレン(『新しい地図』の所属事務所)のどちらを取るのか、はっきりしてください』と通告したことだといいます」と証言しています。 『週刊文春』の取材に対して『パルコ』は 「企画の経緯につきましてはお答えしておりません」とし、一方の『ジャニーズ事務所』の代理人は 「弊社従業員がご指摘のような行為を行なった事実は一切ございません」と圧力を否定しています。 そのため、舞台への圧力疑惑の真相は定かではないのですが、『週刊文春』はさらにマツコ・デラックスさんが、元SMAPとの共演を拒否している疑惑についても報じており、本人にも直撃取材を敢行しています。 真相を確かめるため『週刊文春』はマツコ・デラックスさんに直撃取材を行っており、『5時に夢中!』での共演拒否疑惑について話を聞くと、 「稲垣吾郎が『5時に夢中!』に入って楽しいと思う?いち視聴者として冷静に見れば、旬かどうかわかるでしょう。 あの3人は木村拓哉や中居正広とはマンパワーが違うのよ」「あの騒動直後の稲垣が出ることによって、あの番組(『5時に夢中!』)が築き上げたカラーがどうなるか考えてよ。 (中略)当時なら中居正広でも木村拓哉でも断ってたわよ」などと答え、稲垣吾郎さんの準レギュラー起用に反対したという話を否定しなかったそうです。 さらに、ジャニーズ事務所の圧力疑惑やテレビ局側の忖度(そんたく)疑惑についても、 「公正取引委員会が調べりゃ色々出てきますよ。 だってテレビ局は(3人を)使いたくないんだもん。 SMAPだから使われていたわけで、SMAPじゃなくなった3人に魅力を感じますか。 公取も暇よねぇって話ですよ」「公取が(出演)時間だけ調べれば、あの3人が使われてないですねってなるわけ。 データ上で見たら違反かもしれないけどさぁ、結局は番組の判断なわけ」「もちろん忖度もあっただろうけど、どの業界だってあるわよ。 あんたの所(週刊文春)だって忖度してんだからさ。 ただそれだけじゃ急に仕事はなくなりません。 だって、あの3人はSMAPにいたからこそチヤホヤされていたんだから。 分かるでしょう。 それがテレビ、舐めるなって話です」などと語っています。 しかし、『文春』の直撃に対するマツコのジャニーズ擁護ぶりからしても、当人としては隠す気もなさそうですが」と語っています。 直撃に対するコメントは、テレビ局の本音を代弁しているふうですが、その後ろのジャニーズ、またメリー氏を意識していると考えた方が、よほどしっくりいきます」としています。 ニュースサイト『LITERA(リテラ)』も同様に、SMAPの元チーフマネージャー・飯島三智さんと対抗していた藤島ジュリー景子副社長、メリー喜多川副社長サイドと親密な関係を築いていたとしており、マツコ・デラックスさんは 「テレビ業界におけるジュリー派の象徴的な存在」で、これまで様々な番組でSMAP潰しの構図にも大きな役割を担っていたと伝えています。 これらの報道を受けてネット上では、• マツコには幻滅した。 日和ったな。 マツコ、ジャニーズの色恋営業にのっちゃったか…。 金と権力には動じないけど、そっちにならノリそう。 マツコがジャニーズの圧力に屈してしまうのは、それだけジャニーズが恐ろしいからだとは思うが、このコメントの内容が本当だとしたらマツコに幻滅する。 マツコ・デラックスも天狗になったね、これがターニングポイントになるかも• まあジャニーズと共演しまくってるし、そういうことなんでしょう。 賢い人だと直撃にコメントなんてしないもんだけど、マツコはバカだなあ。 これがこの通りならば、もうマツコさんの番組を愉しく拝見することは出来ないなぁ…。 なめるな?局はSMAPじゃない3人は使いたくないからだ? いやいや、SMAPではない個人の俳優でタレントである彼らの、何を見て評価をされているのか? ファンは離れていないし、視聴者もジャニタレではなくなった彼らに期待していた。 いち芸能事務所の都合で、マツコに知ったかぶりで貶められようなレベルのタレントじゃないのだよ。 マツコデラックスも完全にジャニーズ側の人間だな。 おかしいことはおかしいと言えるコメンテーターはいないのか。 SMAPがあれだけ人気が出たのも個々の力があったからで、香取さんたちはそれぞれドラマにも舞台にもバラエティにも出ていた。 SMAPだからじゃなくて個々の能力があったからです。 それこそテレビをなめるなと言いたい。 マツコは過去に散々ジャニーズの悪口言ってましたよね。 すごい手のひら返しでびっくりする。 もう少しポリシーとかある人だと思っていたのですが、単なる風見鶏でしたね。 それだけ見返りもらってるんでしょうね。 この文春へのコメントもジャニーズ事務所へのお中元がわりですかね。 マツコの言ってることも一理あり…かな、とも思う。 だけど、潰しがあるのは事実なんだろうなぁ。 SMAPだから、というよりは、SMAPってそもそも個々の才能の集まりだったはず。 ジャニーズ退社した三人もSMAPの枠からはみ出るほどの才能は多分にあった人達だし。 彼らの作品を気軽にテレビで観れないのは残念だよね。 こんなこと言うようになったマツコもそろそろ終わりかな? などのコメントが寄せられており、マツコさんに対して幻滅したという方が多い様子です。 マツコ・デラックスさんは2000年代後半から様々なバラエティ番組に出演し、ジャニーズタレントの共演も増え始めたあたりから、 「言いたいこと言っているように見えるけど、私は魂を売った」「私はマスメディアの犬になりました」「もう『電波芸者』ですよ。 」「テレビに全てを捧げる人生に、覚悟を持った」などの発言をするようになり、以前に比べるとキレのある毒舌が減り、丸くなったとも指摘されています。 そして、SMAP解散後にはそれまで共演NGと噂されていた木村拓哉さんとの共演が解禁され、木村さんや次女でモデルのKoki,さん、妻で歌手・工藤静香さんのことをべた褒めすることもあり、ジャニーズ事務所側についているんだなというのは以前から感じていました。 マツコ・デラックスさんの立場上、稲垣吾郎さんとの共演を拒むのも理解は出来ますし、芸能界で幅広く活動していくために長いものには巻かれ、大手芸能事務所の意向に従うのは重要なことだとは思います。 しかし、『週刊文春』の直撃取材に語った内容は非常に残念なものであるため、見方が変わってしまったという方も少なくないことから、今後の活動を考えると色々と喋らない方が良かったのではと思いますね。

次の