ユダヤ の 商法。 銀座のユダヤ人・藤田田から学ぶビジネスのやり方「ユダヤの商法」│ユダヤの秘密

ユダヤの商法(新装版)

ユダヤ の 商法

1972年初版の『ユダヤの商法』。 孫少年が手にとった1冊がコチラ ユダヤ商法には法則がある。 そして、その法則を支えているものは、宇宙の大法則なのである。 人間がどうあがいても曲げることができない宇宙の大法則。 ユダヤ商法が、その大法則に支えられている限り、彼らは決して〝損〟をしないのである。 ユダヤ商法の基礎になっている法則に『78対22の法則』がある。 厳密にいうと78にも22にも、プラスマイナス一の誤差があるから、78対22は、時には79対21になるし、78・5対21・5になる時もある。 例えば、正方形とその正方形に内接する円の関係を考えてみよう。 正方形の面積を100とすると、その正方形に内接する円の面積は78・5になる。 つまり、正方形に内接する円の面積を約78とすると、正方形の残りの面積は約22になる。 一辺が10センチの正方形を描いて試しに計算してごらんになるとすぐ分かるが、このように、正方形に内接する円と、正方形の残りの面積の比は『78対22』の法則にピタリと合致するのである。

次の

【書評】ユダヤの商法(藤田田著)【高値で売買されていた幻の書】|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

ユダヤ の 商法

生活の中に数字を持ち込む ユダヤ人は普段から生活の中へ数字を持ち込んでいる。 たとえば日本人なら「今日は暑いですね」「少し寒くなってきましたね」というが、ユダヤ人は暑さ寒さも数字に換算する。 「今日は26度ですね。 」「今は15度だ」というように正確に数字を読む。 数字に慣れ、数字に強くなることが、ユダヤ商法の基本であり、儲けの基本である。 女と口を狙え 「ユダヤ商法に商品はふたつしかない。 それは女と口である。 」 これは「ユダヤ商法5千年の公理」なのだそうだ。 しかも「公理であるから証明は不要」なのだという。 ユダヤ5700年の歴史が教えるところでは、男というのは働いて金を稼いでくるものであり、女は男が稼いできた金を使って生活を成り立たせるものである。 これは、言われてみればそうで、財布を握っているのは大体が奥さんなのだから。 でも、女性商品は儲かるが、これを扱うにはある程度の才能が必要なようです。 しかし、ユダヤ商法の第二の商品である「口」は、凡人以下の才能しかない人でもできる商売である。 「口」とは、口に入れるものを取り扱う商売のことである。 ユダヤ人につぐ商才をもつといわれている華僑に、この第二の商品である「口」を扱っている人が多い。 働くために食うな、食うために働く 「人生の目的は何だと思うか」 ユダヤ人にこうたずねると、 「人生の目的は、おいしいものを心ゆくまで食べることです」 「人間は食べるために働くのさ。 働くためのエネルギーをつけるために食べるのじゃないよ」 同じ質問をすれば正反対の答えが返ってくることだろう。 日本人はまぎれもなく、働くために食っている民族である。 日本人も戦後の焼け野原から経済大国に成り上がったが、その動機が何かさもしいというか寂しい。 一方は働くために食べて、一方は食うために働く。 どちらも一緒の行動だけど、人生という観点から見ると、食事を楽しみながら仕事をするほうが、絶対に良いと断言できる。 差別には金で立ち向かえ ユダヤ人は昔から世界中で差別を受けている。 しかし、白人たちも差別しているユダヤ人に頭が上がらない。 それは金で首根っこを掴まれているからだ。 藤田氏が軍で働いているときも、将校ではないユダヤ人が、日本の女を専属(オンリー)にして車を乗り回し、将校以上の贅沢な生活をしていたらしい。 ユダヤ人は昔から金貸しをしていたらしいが、それは昔から卑しい職業と言われていた金融業しかさせなかったからだ。 逆にそれがユダヤ人の力を強くすることになっていったのだろう。 そして、金こそが唯一の差別に対抗できる武器だというのを悟っていったのだ。 上記をとんでもなく要約すると、• 数字でものを考え、• 女性を対象とした商売をし、• 食事(人生)を楽しみ、• 差別にも対抗できる力を持つ金を稼ごう。 ということ。 すぐ、実践できることは食事を楽しむこと。 自分も早食いなほうだから、できるだけ会話や味を楽しんでいきたいと思う。 本の内容は、全体的に今の時代では叩かれるような下品とも取れる表現や内容であるが、実際に日本マクドナルドをあれだけ成長させて成果を上げた人の 本音と生きた知恵が満載である。 知っている人は多いと思うが、ソフトバンクの創業者である「 孫正義」氏は、 高校生の頃に藤田田氏に「商売をしようと思うが何が有望ですか?」と聞きにいったそうです。 藤田氏は「コンピュータ」と答えたそうです。 高校生の時分に藤田氏に話を聞きにいく孫さんの行動力や目の付け所、藤田氏の先見の明がわかるエピソードですよね。 そして、その後の孫さんはコンピュータを主体としたソフトバンクを立ち上げます。。 数あるユダヤ本の中ではまちがいなく ダントツにおすすめします。 「社会貢献」や「清い夢」ばかり説くビジネス本に飽きた人はぜひ読んで欲しい。

次の

【必見】ユダヤの商法から学ぶ、お金儲けの秘密を遂に大公開!

ユダヤ の 商法

レビュー 本書の著者、藤田田 ふじた でん 氏は、昭和の時代を中心に活躍した実業家だ。 一般的に馴染みがあるのは、日本マクドナルドの創始者としての藤田氏であろう。 マクドナルドの日本第一号店がオープンした翌年、1972年に刊行されたのが本書の初版本だ。 初版本を底本とし、このたび新装版が復刊された。 今回要約するのは、その新装版である。 したがって時代背景は古いのだが、本書はその古さからむしろ、面白さが生まれてくる。 本書内には、現代にはそのまま当てはまらないであろう主張や、現代では当たり前のようになってしまった主張も見られる。 しかしながら、著者が述べる「ユダヤの商法」を基礎とする、商売で「お金を儲ける」ことの原理原則は、実は50年たってもほとんど変わっていないことのように思われるのだ。 それはやはり、「ユダヤの商法」が時代に左右されない、商売に対する考え方だからではないだろうか。 そこで華僑のビジネスとの違いを比較してみるのも、面白いのではないだろうか。 著者にとってはマクドナルドも数多く手がけた事業のうちの一つに過ぎないのであろうが、彼の嗅覚の正しさは時代が証明した。 将来、実業家を志す人にとって、きっと学ぶことの多い一冊だ。 藤田 田 ふじた でん 1926 大正15 年、大阪生まれ。 旧制北野中学、松江高校を経て、1951 昭和26 年、東京大学法学部卒業。 在学中にGHQの通訳を務めたことがきっかけで「 株 藤田商店」を設立。 学生起業家として輸入業を手がける。 1971 昭和46 年、世界最大のハンバーガー・チェーンである米国マクドナルド社と50:50の出資比率で「日本マクドナルド 株 」を設立。 同年7月、銀座三越1階に第1号店をオープン。 日本中にハンバーガー旋風をまき起こす。 わずか10年余りで日本の外食産業での売上1位を達成し、以後、トップランナーとして走り続ける。 1986 昭和61 年、藍綬褒章受章。 1989 平成元 年、大店法規制緩和を旗印に米国の玩具小売業トイザラス社との合弁会社「日本トイザらス 株 」を設立し、全国展開した。 また、世界一のネクタイ・スカーフ製造販売会社である英国タイラック社と提携し、全国店舗展開した。 一社 日本ハンバーグ・ハンバーガー協会初代会長。 創立30年にあたる2001 平成13 年7月26日、日本マクドナルドは店頭株市場に株式公開を果たした。 2004 平成16 年4月21日逝去 満78歳。 本年4月、藤田 田、6冊同時復刊。 すべてを見る 本書の要点 【必読ポイント! 】 ユダヤ商法の法則とユダヤ商人 ユダヤ商法「七八対二二の法則」 著者は、ダイヤモンドからナイフやフォークといったものまで、多様な貿易で世界のユダヤ商人相手に取引をしてきた。 そんな著者自身が商売の手本としてきたのが、まさにその相手であったユダヤ商人の考え方であり、本書はそれを世に広めるための一冊である。 ユダヤ商人の商法は、まず「七八対二二の法則」という大法則によって成り立っている。 これは、人間の力ではいかんともしがたい大自然の宇宙の法則とイコールだ。 例として、正方形とその正方形に内接する円の関係がある。 面積が一〇〇の正方形の場合、その正方形に内接する円の面積は七八・五。 厳密にはプラスマイナス一の誤差があるとして、円の面積を約七八とすると、正方形の残りの面積は約二二だ。 それ以外にも、空気中の成分が窒素七八に対して酸素等が二二の割合であることはよく知られている。 また人間の体も、水分が七八、その他の物質が約二二だ。 七八対二二は、人間がどうあがいても曲げることはできない、不変真理の比率であることがわかるだろう。 ユダヤ商法が、この「七八対二二の法則」の大法則に支えられている限り、決して損をすることはない。 著者自身も、この大法則に則って成功した経験がある。 それはデパートでダイヤモンドを売り出す商いで、当初は誰もが懐疑的だった。 しかし著者の考えはこうだった。 世の中に出回っている金を一〇〇とすれば、七八を握っているのが金持ちの層であり、この金持ちクラスを相手に商売をすれば儲かるのは明白なのだ。 案の定、ダイヤモンドの売上は予想を超え、各所で数億円を上回った。 彼らは世界中に散らばっており、当然ながらそれぞれの国籍は様々だ。 ただし、世界の全ユダヤ人が集まっても、その人数は一三〇〇万ほどで、東京一都市の総人口とさして変わらないくらいである。 人数は決して多くないのに、歴史上の重大発見であるとか、人類不朽の名作などはユダヤ人の手によるものが多い。 ピカソ、ベートーベン、アインシュタイン、マルクス、イエス・キリストなど、こうした人物は皆ユダヤ人である。 それ以上に重大なことは、欧米の名だたる商人の大半が、ユダヤ人であるということだ。 貿易商として欧米で商売をしようとすれば、好むと好まざるとにかかわらず、ユダヤ商人を窓口とする以外にない。 ユダヤ商人は、世界を支配しているといっても過言ではないのだ。 判断が迅速で的確なユダヤ商人 そんなユダヤ商人の相手をしてまず驚かされるのは、彼らの判断の確かさと速さだ。 ユダヤ商人は世界をまたにかけて飛び回っているから、最低二カ国語はマスターしている。 自国語でものを考えながら、同時に外国語でも考えることができるということは、物事を違った角度から幅広く理解できることにつながる。 自国語しかしゃべれない商人よりはるかに的確な判断が下せるようになるわけで、これができるユダヤ商人は、国際商人としては大変強い。 またユダヤ商人の判断が迅速なのは、彼らが暗算の天才であることによるものだ。 例えば、日本の工場の係員が、工員の月額給与から一時間当たりの賃金を計算するのにたっぷり二、三分はかかるところ、ユダヤ商人は 革新性 明瞭性 応用性 新しいアイデア、または従来のアイデアに新たな視点を提供できているか 用語・図解などの表現や論理構成が読者にわかりやすく提示されているか 日常業務において、読者が書籍の考えや概念を適用することができるか• 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。 従来のビジネスの概念や知識に対して、新たな視点はほとんど見られない。 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。 新しいメソッド、戦略、概念や視点が内容の大部分を占め、革新性に富む。 全く新しい洞察や視点、または独自のビジネスイノベーションのアイデアが提示されている。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しで書かれているうえ、非論理的。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しが多く、脆弱な論理構成となっている。 難解な専門用語には適切に注釈が書かれており、明瞭な文章で論理的に構成されている。 テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。 テーマの理解を助ける用語説明や図解に富み、首尾一貫した強力な論理構成が展開されている。 日々の業務に応用できるようなアイデアやコンセプトはほぼ皆無で、理論的な洞察のみにとどまっている。 理論的な洞察と関連する実際の業務を結びつけるようなアイデアやコンセプトは限定的である。 理論的な洞察が大部分であるものの、いくつかの事例やチェックリストなどを含み、一定の応用性を有する。 多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する。 ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。

次の