ゼンリー 出会い系。 Zenly(ゼンリー)とは何?機能と位置情報共有アプリの評判を解説

全身タイツ(ゼンタイ)

ゼンリー 出会い系

出会い系被害から「海賊版を勧める親」まで——子どもとスマホの問題が今熱い 子どもとスマホ利用の実態・啓蒙は喫緊の課題となっている。 SNSを舞台とした出会い系被害やイジメはもちろんのこと、いわゆる海賊版サイトの利用を親が勧めるといった新しい形の問題もみられる。 そこで、マカフィー米国本社チーフコンシューマ セキュリティ エヴァンジェリストを務めるギャリー・デイビス氏、そして子どものスマホ利用の実態を追っているITジャーナリスト高橋暁子氏による対談をお送りする。 なお、マカフィー日本法人でコンシューママーケティング本部執行役員本部長兼コンシューマセキュリティエヴァンジェリストを務める青木大知氏も同席している。 ゲーム機経由でこっそりSNSを利用する子どもたち ギャリー 本日の対談ではお互いの理解を深めるために、たとえば若年層がインターネットでサービスを使う上でどうやって安全性を高めたら良いかみたいな観点からお話しできればいいなと思います。 ギャリー・デイビス氏 —— 日本とアメリカの子どもが陥っている問題点とか、実際にどんな事件が起きているかとかみたいなことをとりあえず報告しあうといった感じではじめましょうか。 ではまず高橋さんの方から、今日本で、子どもにどんなネットサービスやアプリが流行っていて、そこにどのような問題が隠れていて、実際にどんな犯罪やトラブルが起きているのか。 現状を教えていただけますか。 高橋 年齢によって利用方法がかなり違うのですが、日本の小学生は、たとえばゲーム機や学習用タブレットといったもの経由でもネットやSNSを使っています。 ですから、日本の小学生はスマホを持っている率は少ないのですが、ネット自体は頻繁に利用しています。 その結果、ゲーム機経由で出会い系被害に遭ったり、安易にSNSに投稿して炎上する……といったことが起きています。 一方、小学生のアプリ利用は、使っている子でもLINEぐらい。 あとはYouTubeやTikTokなどを好んでいます。 最近特に多いのが、ユーチューバ—に憧れる子、TikTokで有名になりたいという子が目立ちます。 親に隠れてこっそり書き込んだり、自撮り動画をアップロードして炎上した挙げ句、YouTubeに転載されたことで個人情報が広範囲に晒されてしまったりなどの被害が少なくないです。 中学生になるとスマホ所持率が一気に上がります。 そして多くの中学校から話を聞くに、LINEの利用率も急上昇します。 LINEでのコミュニケーションによるトラブルが小学校高学年から中学校ぐらいは多くて、ネットでいじめにつながることが結構起きています。 日本で一番いじめが多いのは小学生から中学生ぐらいなんですけど、ネットのいじめに限ると中学生が多いかなという印象です。 そして中学生になると、早い子はTwitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)、そしてZenly(ゼンリー)なども使い始めます。 それによって、自分が今居る場所を公開して自宅が割れてしまったり、知らない人とつながってしまいます。 また、人気者になりたくて自分が映っている動画を投稿する子がどっと増えます。 結果、出会い系被害につながったり、いわゆる自画撮り被害という、自分のセルフヌードを第三者に送ってしまい児童ポルノの被害に遭うなどの事例が急増するんです。 アプリ運営元の国家にも留意せよ ギャリー お話を聞く限り、若年層というのは、どの国でも変わりませんね。 興味深いです。 じつは今、本を執筆中でして、そのなかでは「子どもたちがインターネットを当たり前に使う現在、子育てする親にはどのような知識が必要なのか?」というテーマにも触れています。 「周りに認められたい」もしくはそれ以前の「ただ人気者になりたい」という思いから子どもたちがそういうことをしているのです。 ここで大きな問題になるのは、いったんアップロードしてしまうと永遠にインターネットに残るということ。 ですから若い頃に面白いと思ってアップロードしてしまったコンテンツは、大人になってから職探しや専門の仕事に就きたいというときに問題になってしまうわけです。 今、日本でどういったことが起きているかお話ししていただきましたが、TikTokへの言及があったことであらためて気づきました。 TikTokはどこでも人気があるアプリなんです。 MAU(月間アクティブユーザー)は世界中で5億人と言われています。 ユーザーは理解していないのですが、運営元は中国企業です。 そして中国政府は、国民のプライバシーの担保がうまくできていませんし、アプリを使っているユーザーのプライバシーもきちんと担保できていません。 また、FaceApp(フェイスアップ)というアプリがあります。 日本でどのくらい人気があるのかわかりませんが、いわゆるセレブが使い始めて最近アクティビティが活性化してきたアプリではあります。 これもTikTok同様に海外——ロシアでホスティングされています。 中国と同じように、ロシアでも国民のプライバシーはきちんと担保されていません。 Zenlyは、知らない人たちとつながりたいという思いをゲーム化するアプリだと思いますが、親としてはすごく懸念しなくてはならないことの1つだと思います。 たとえば子どもが知らない人に対して何かを公開してしまうということは、児童ポルノ以外にもあるかもしれません。 そしてそれは子どもたちの理解を超えるリスクがあるのです。

次の

【(゚Д゚;】VALUE バリュー 悪質詐欺出会い系

ゼンリー 出会い系

概要 [ ] に開発された。 夏には ()ほか数件の投資家から2250万ドルを調達している。 にはを運営する米Snap社がZenly社を買収した。 その後Snapchatには「Snap Map」というZenly同様の機能が盛り込まれた。 時点の版のダウンロード数は500万を超え 、でも2019年7月時点「ソーシャルネットワーキング」のカテゴリー内で3位となっている。 仕様 [ ] Zenlyでは自分の現在地と友達の現在地、友達の現在地での滞在時間、移動速度、スマートフォンの電池残量が地図上にリアルタイムで表示される。 「ゴーストモード」と呼ばれる機能が搭載されており居場所を隠すことも可能なものの、位置情報を固定するか曖昧にすることしかできず、ゴーストモードを使用していることは周囲に露見することになる。 また利用者の場所ごとの滞在実績から自宅、学校、仕事先を推測してアイコンが表示されるようになっている。 日本における流行 [ ] Zenlyは夏頃から女子高生を中心に話題となった。 その背景として、鈴木朋子は「 若者が プライバシーにこだわらずつながり合うことに慣れていて、Zenlyにあまり抵抗感を覚えなかったのだと考えられる」と分析している。 また鵜ノ澤直美は「現代の若者が『スマートフォンを通じて特定の友人・知人とつながっている時間』をとにかく重要視することがあるのではないか」と分析している。 脚注 [ ].

次の

全身タイツ(ゼンタイ)

ゼンリー 出会い系

今回は位置情報共有アプリの『Zenly』について• Zenlyとは?• Zenlyの機能• Zenlyの評判 を解説していきます。 Zenlyは位置情報共有アプリ Zenlyは、2015年にフランスのパリでAlexis BonilloとAntoine Martinによって作成されたリアルタイムの位置情報共有アプリです。 位置情報を共有するってどういうことなのかと言うと、そのままズバリ 自分の位置と相手の位置がマップ上にずっと表示された状態となります。 カレンダーや予定表の共有だけでなく、位置情報まで共有する時代になったんですね! ちなみに場所の共有は「携帯番号を知っている人同士」に限定されています。 AndroidとiOSのどちらにもアプリが提供されており、日本だけなく世界中28の言語で展開されているため、今世界が注目する人気アプリとなっています。 続いて、Zenlyの詳しい機能について解説していきます。 スポンサードリンク Zenlyの機能紹介 Zenlyの主な機能は、 場所を友人と共有し、いつでも追跡すること。 また友人の端末のバッテリー残量と電力供給情報(充電状態)を把握することもできます。 リアルタイムの位置だけでなく、動いている方向(方角)、速度も共有できるため、 「どういった手段で・どこへ向かっているのか」まで把握することが出来るすごいアプリです。 無料で利用可能• SMS認証で登録 と簡単に利用を開始することができます。 また気になるプライバシーについても• 携帯番号を知っている友達としかつながらない• 友達との共通の友達が表示されるけど、承認しなければ居場所を知られることはない• どうしても現在地は知られたくない場合は、ゴーストモードに切り替えることで、自分の位置が誰にも分からなくなります• 登録されている一人ひとりに対し、ゴーストモードにするのかリアルタイム表示にするのか設定できます。 となっており、安心して利用することができます。 細かな各機能と利用シチュエーションは次の通り。 この機能を使うことで、例えば「駅へ向けて車で出掛けている」「徒歩で街を歩いている」「建物の中にずっといる」といった、個人の動きを追跡することが出来ます。 具体的には「時速50kmで北に移動へ向かっている」「時速5kmで原宿をウロウロしている」「日中に学校にいる」などの情報がマップ上に表示される仕組みとなっています。 出典:AppAtore また、マップで表示されている友達がいるところまでの到着時間を調べることも出来ますので、待ち合わせの時などに便利です。 出典:AppStore しかし、 ずっと監視されるのは気持ちの良いものではありませんよね。 ご安心ください。 Zenlyはプライバシー対策もばっちりです。 Zenlyにはちゃんと 自分の位置情報を隠す方法『ゴーストモード』が用意されています。 Zenlyでは登録したユーザ同士でメッセージ交換によるコミュニケーションを行う事ができます。 メッセージはテキスト(文字)だけでなく、スタンプや写真の送信も可能です。 バッテリー残量を事前に察知することが出来るので、連絡しても迷惑じゃないか?を心配する必要がありません。 この機能が一番発揮されるのは 雪山へ遊びに行くときや、台風で停電被害に遭っていた場合の安否確認では無いでしょうか? バッテリー状態って意外に重要な情報ですから、この機能を考えた製作者の方の先見の明には驚きます。 これによってマップ上で自分の移動したことがない場所、今まで行ったことのないエリアが分かるので、自分の移動圏が可視化されるので毎日の移動や、休日の散策が楽しいものに変わるでしょう。 また滞在する場所の情報が蓄積され、それに応じたトロフィーの獲得など楽しめる要素となっています。 出典:AppStore Zenlyの評判は? アプリユーザーからの意見をGooglePlayのユーザーレビューから抜粋してご紹介いたします。 利用ユーザーの評判を見ると、やはり位置情報の共有という機能が便利という声が多く聞こえました。 2017年頃のユーザーレビューではSMS認証について不審や不満を抱いた方も何名か見られましたが最近は改善されているようですね。 高評価コメント• 友だちの位置がわかるというのは、単純に待ち合わせの時とかに役に立つ• 接続は問題ないのですが、場所があっちこっち動いて正確な場所を示してくれません• 現在地が全然違うところになって全く役に立たない。 日本にいるのに現在地がロシアなんて 信用度ゼロ。 まとめ 位置情報共有『Zenly(ゼンリー)』の機能と評判についてご紹介しました。 知人友人とのコミュニケーションだけでなく、今後はビジネス利用なども考えられそうな便利機能の数々でしたね。 すでにZenlyを社員の管理に利用する企業もあるのではないでしょうか? Zenlyについて、使用方法や各種機能についても解説していきますので他の記事もご覧ください。 「この機能の使い方が分からない」「Zenlyでこんな事は出来るの?」「もっと詳しく知りたい!」など疑問・質問がある方はコメント欄へお気軽に書き込んでくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ~~~ この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます• 最近の投稿• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-14• 2020-07-09• 2020-07-08• 2020-07-08• 人気記事ランキング TOP10• アーカイブ• カテゴリー• 188•

次の