ケーの部屋。 スラムダンクの続きを書いているブログ、Kの部屋の作者って誰なんで...

【Kの部屋】あの人気漫画スラムダンクの続編が読めるブログが凄すぎる!

ケーの部屋

スラムダンクの続きを書いているブログ、Kの部屋の作者 って誰なんでしょうか?? 自分の中で色々推理したんですが、やはり井上雄彦さんかなと。 物語を読んでもストーリーの完成度や、セリ フや笑いの感性をとっても原作にとても近い気もします。 また現在バガボンドとリアルや他ネット関係、個展など様々なお仕事をされていますが、それにしても連載の進み具合が遅すぎやしないかと。 もちろん自分自身漫画家のお仕事がどれ程大変なものかは全く知らないので大変失礼な事かもしれませんが、もしかしたらスラムダンクの続きを書いているから、というのも考えうるなと。 更に、井上雄彦はイニシャルでI. T このTを左に傾けてつなげたらKになったりなんてのも面白くないですか? 以上自分が考えた井上さん=編集者Kさんの推理ですが、皆さんはどうお考えでしょうか?? 外見は、イノウエ氏は嫌なメンバーとして有名です。 不快を示す発言その中のそれ自身のファン・アートに対立するものとして始めのようにであるが「同人マガジンに可能性がないところで、内部のプレー」「賛成論作家はさらにそのような場所に参加する人々がいますが、何がいつそれ自体に不可知論を伝えますか"言われていた、それはである? それがイノウエ氏の真実の真意である場合、それは商用マガジンです、彼は恐らくいます「賛成論の作家、いずれにしても、また、仕事は発表されます。 あるいは、それは賛成論樽人の自尊のような政策を持つために考慮されます「さらに仕事としてウェブの公のプレゼンテーションを発表するためにの、1つの、壮大"賛成論作家「偽名などの使用なしで もしイノウエ氏がボリューム続編を引けば、それが多くの公表された発言から推測しても、そして非常に大きな意味を持っているスラムダンクと呼ばれる、仕事の余分の物の上で、の中で、1つの、自分自身のもの、漫画家史、彼は考えるべきでない、特に理由に生じないことが好きなこと、それは秘密を守るに違いない、またタケヒコ・イノウエの名前を発表する、どちらか、またそれを作るために、そのようなもの に関して それは、さらに生徒によって知っている。 それ以来、意図西洋ナシで宣言される人々がいます! どれが継続を行うか、またメディアを非常によく訪問した、それは、同じようにそこで話です、である、ない、それ。 井上氏は同人嫌いとして有名らしい。 それは、自作の二次創作 とくに腐ったもの? に対する不快感をあらわした発言が発端のようだけれど、「同人誌は発展性のない内輪の遊び」「プロ作家でもそういう場に参加する人がいるが、自分には理解不能」というようなことも言ったのだとか。 もしそれが井上氏の真実本心なら、おそらく彼は『プロの作家である以上、作品を発表するのなら商業誌で、あるいはウェブ公開などでも変名など使わずに堂々たる"プロ作家の作品"として発表するのが、プロたる者の矜持』というようなポリシーを持っていると思われます。 公にされた数々の発言 全てを網羅したわけではとてもないけど から推測しても、井上氏が自身の漫画家歴の中でとても大きな意味を持つスラムダンクという作品の続編や番外編を描くことにするとすれば、井上雄彦という名前を伏せて発表しなければいけないような理由もとくに思い当たらないし、そんなふうにしたいとも思わないはずだと思います。

次の

Kの部屋でスラムダンクの続きが読める!文字だけなのに号泣するレベルの感動を味わうべし

ケーの部屋

—————————————————————————————————————— いいだっち終値トレードを行うためのMT4(MetaTrader4 テンプレート「反転お知らせ太郎くん」が発売されました。 『終値トレード法』の理論に基いて矢印が表示されます!「ドンピシャ」発生をメールで通知できます。 管理人もこれを表示させてトレードしています。 なお、MT4はご自身でインストールしてください。 いいだち終値トレードで、トレードルールの撤退(損切り)と決済を自動化した「撤退くん」が発売されました。 トレードの損切りと利食いをいいだっちトレードルールにのっとり自動化。 エントリー後、「撤退くん」におまかせ。 もう相場の上がり下がりでヤキモキすることはありません。 —————————————————————————————————————— なお、ここで書いてある「いいだっち終値トレード手法」は管理人が、いいだっち先生から学んだことを自分なりに解釈して実践しているもので、この記事を読んでトレードをして損失を出したとしても管理人は一切責任を負うものではありません。 トレードは自己判断・自己責任で行ってください。

次の

赤木夏紀という人間のブログ:『スラムダンクの続きの続きを勝手に考えてみる』執筆までの経緯

ケーの部屋

この記事の目次• あの激闘の続きが読める…!? そんな悶々とした毎日を送っている方に朗報です。 あのスラムダンクの続きが読めます。 正確にいうとイラストは一切無く文字だけ。 ただ、鮮明に山王戦後をイメージできる内容になっています。 リョーチンが三年生になりキャプテンへ。 桜木、流川は二年生になり、双頭のエースへ。 そして、一年生の頃の桜木、流川を彷彿とさせる新人の登場。 これだけでワクワクしてきますよね。 見ない理由がありません。 Kの部屋というブログで続きが読めるぞ! ブログを運営している人って? 雑誌・WEB編集の仕事をしているKと申します。 「スポーツ」「TVゲーム」「少年漫画」「お笑い番組」「マカロニグラタン」をこよなく愛する37歳です Kの部屋を見ていると、その文章からバスケをこよなく愛している方という印象を受けます。 将来は貸しバスケコート屋のおっちゃんになりたいと書いてあったので、きっと心からバスケが好きなんだろうなぁ。 本業が忙しいようなので、バンバン更新されるというわけではありませんが、その分新しい記事が更新されたときのワクワク感もひとしおです。 700話以上の壮大なストーリー 2017年6月現在、700話以上もの記事を読むことができます。 どっぷり腰を据えないと読めないボリューム感。 目次から見ていくとストーリーが分かりやすのでリンクを貼っておきますね。 Kの部屋のファン多数 Kさんのブログ良いなぁ。 スラムダンクの続きを勝手に考えてみる。 超面白いので読んでください — たかあき Tt1225Again 大学時代に見つけたブログ。 現在752話まで続いてて止まらん。 読んでいくのが楽しみ。 — しんた APlantScientist さいごに みんなのツイートを見て分かるようにKの部屋ファン多すぎ! それだけ魅力的な文章ってことなんですよね。 一度読み始めると止まらないので、時間があるときに読んでみることをおすすめします 笑 それではまた。 パパきんめでした。

次の