スクリーン タイム バグ。 スクリーンタイムの強制解除法!?してやられました・・・

【スマホ依存症必見】iPhoneスクリーンタイムの活用法

スクリーン タイム バグ

みなさんはiPhoneにスクリーンタイムという機能が備わっているのをご存知でしょうか?これは保護者が子供のiPhoneなどに使用時間の制限を設けれる機能で、パスコードを使って設定します。 しかし、制限される側からしてみれば制限は解除しておきたいもので抜け道を探そうとします。 そこで今回の記事ではスクリーンタイムの制限の抜け道への対策法をご紹介します。 Youtubeアプリが制限されてもSafariやiMessageを使って動画をみる場合 まず最初に紹介するのは動画視聴に関する抜け道です。 スクリーンタイムではYouTubeの利用に制限を設けられるのですが、制限がかかってもYoutubeの動画を視聴する方法があります。 それがSafariとiMessageを使った方法です。 Safariの場合はアプリを立ち上げYoutubeを検索して好きな動画を視聴するという流れになります。 ここではYoutube視聴の抜け道への対策をご紹介します。 1、「設定」から「スクリーンタイム」を開く• 3、「Webコンテンツ」を選択する• 4、「成人向けWebサイトを制限」にチェックを入れる• youtube. 画面収録がオンになっている場合は画面の一番上に赤いバーが表示されるので、パスコードを入力する時にはその点をチェックしましょう。 もし、この方法が何度も繰り返されるようであれば以下の方法で画面収録をオフにすることもできます。 1、設定の「スクリーンタイム」を開く• 2、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ• 3、「コンテンツ制限」をタップしてパスコードを入力する• 4、最下部の「画面収録」をタップして「許可しない」にチェックを入れる 制限されたアプリを削除してからアプリを再ダウンロードしてゲームをする場合 続いてはスクリーンタイムの監視対象になっているアプリを一度アンインストールし、再度ダウンロードすることで累計使用時間をリセットする方法になります。 この方法への対処はシンプルにアプリのインストールと削除を無効化する方法になります。 1、設定の「スクリーンタイム」を開く• 2、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ• 3、「iTunesおよびApp Storeでの購入」を選択• 4、「インストール」と「Appの削除」で許可しないにチェックを入れる 連絡先アプリに移動してiMessageのアプリ制限を回避する場合 iMessageでのチャット中にスクリーンタイムのアプリ制限に達してしまった場合はこの方法が抜け道として知られています。 iMessageが制限されても連絡先アプリを使ってテキストメッセージが送信できるという方法なのですが、連絡先アプリを無効化することで対策できます。 1、設定から「スクリーンタイム」を開く• 2、「App使用時間の制限」をタップしてオンにする• 3、 パスコードを入力し、「制限を追加」をタップ• 4、「連絡先」を検索し選択する• 5、次の画面で制限する時間を1分に設定する 関連記事: まとめ 今回はスクリーンタイムのアプリ制限がかかってしまった場合に利用される抜け道への対策法についてご紹介しました。 制限をかけられた側はなんとかしてその制限を取っ払おうと様々な方法を編み出しますが、Appleも優秀な企業のため随時対策を打ち出してきます。 子供がスクリーンタイムの抜け道を使うことに困っている親御さんはぜひ今回の方法を試してみて下さい。

次の

【スマホ依存症必見】iPhoneスクリーンタイムの活用法

スクリーン タイム バグ

子供が自力で利用制限の迂回方法を発見 設定にあるスクリーンタイムでは自分の利用状況が見えるだけでなく、時間で利用自体を制限する「 休止時間」や「 App使用時間の制限」を設定することで、使いすぎを防げる機能があります。 これで放っておくと無限に遊んでしまう子供のゲームなどを制限できると思ったのですが…実はとある方法でとても簡単に突破できることが分かってしまったんです。 それが判明したのが、海外掲示板redditのこちらの投稿。 But they can just go in and manually change the time to noon and suddenly all the apps are back. Is there any way to stop this from within the iOS 12 software? (彼らの携帯電話は午後8時以降、使えないようになっています。 しかし子供達は時間を手動で正午に変更することで、全てのアプリは戻ってきます。 iOS 12のソフトウェアでこれを止める方法はありますか? 引用元: この投稿によるとスクリーンタイムで設定した「休止時間」が、設定で日時を変えることで簡単に迂回されてしまったとのこと。 いやいやいくら何でもそんな簡単に…と思い、試しに「休止時間」を設定したのがこちらの状態。 一部のアプリを除いてアイコンは暗くなり、タップしても親が「スクリーンタイム・パスコード」を設定している場合には、「時間延長の許可を求める」と表示され、 パスコードを入力しないと、解除されない状態となります。 これで何もできない…と思うのですが、設定には制限が掛かっていないので一般から「日時と時刻」を開いて自動設定を切り、時間を休止時間外に変えてしまえば… あらびっくりパスコードなんて入れなくても、アプリの制限は全解除!子供ならヒャッハーですよ。 どうやら投稿者のお子さんは自力でコレに気付き突破したようで、使いすぎを制限するつもりがまったく無意味となってしまった訳です。 ちなみにこちら「休止時間」だけでなく「App使用時間の制限」でも同様で、こちらは日付を1日進めることで制限がリセットされまた遊べる状態になってしまいます。 昔パソコンソフトで、体験版をインストールから〇日は無料でフル機能を使えるといった方式で、パソコンの日付を変えると無限に利用できるなんて裏技がありましたが、まさにそのノリと一緒ですね。 果たしてこれに対してAppleは何か対策を講じてくるのか、さすがにこれ以上はやり過ぎと考えこのままとするのかiOS 12の今後アップデート時にはチェックしていきたいと思います。

次の

iOS 13の不具合、アプリの動作不良、各種問題報告まとめ

スクリーン タイム バグ

iOS12から追加された機能「スクリーンタイム」に絡み、お子さんのスクリーンタイムを見ることができないという声が相次いでいるようです。 既に多くのユーザーから愛用されている機能なだけに、何らかの不具合が起きたのか、それとも自身の設定に問題があるのか、原因が気になりますね。 スクリーンタイムが正常に作動しない場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。 適切なスマホ利用に役立つ「スクリーンタイム」 まずは、スクリーンタイムとはそもそもどのような機能なのかについて確認しておきましょう。 スクリーンタイムは、iPad・iPhoneをどの程度の頻度で使用しているか、よく使うアプリは何か、持ち上げた回数、各アプリからの通知の数…等の統計を細かく集計することにより、 スマートフォンの使い過ぎを避けるのに役立つ情報を提供してくれる機能です。 スマホの利用状況を確認して多すぎると感じた場合は、カテゴリ・アプリ別に使用時間を制限することもできるので、大変便利なんですよね^^ さらに「ファミリー共有」を行えば、家族のスマートフォンの使い過ぎを制限することも可能なんです! よってこちらの機能は、親が子どものスマホ利用状況を把握し、不適切だと判断すれば制限を掛け管理することに役立っているというわけです。 スポンサーリンク? 以前は使えていた「スクリーンタイム」なのに… さて、今回話題となっている 「子どものスクリーンタイムを見ることができない」という現象ですが、どうやら個人の使い方に起因するものではないようです。 というのもSNSなどをチェックしてみると、「ある日突然、子どものスクリーンタイム(レポート)が表示されなくなってしまった」「最初は何の問題もなかったのに、急に使用状況の確認ができなくなった」との声が上がっており、これまでは通常どおりに機能していたものが、突然使用できなくなっているんですよ; 「子どもが何らかの裏技を編み出し、親の監視をすり抜けようとしているのでは?」と考える方もいたようですが、複数のユーザーに同じ状況が起きているため、そういうことでもないようです。 ということで、更に調べを進めたところ、どうやら今回の現象は 「スクリーンタイム機能自体の不具合」であると判明しました。 iOS12. 1になったあたりから起こっているバグのようなもので、現状として個人レベルで打てる対応策はないようですね…。 そんなわけで、現状ではApple側の対応やアップデートで不具合が修正されることを待つばかりなのですが、スクリーンタイム機能のキモは正確な情報がいち早く届けられる点だと思うので、一刻も早く問題が解決されるよう願うばかりです。 既に多くのユーザーがネット上でも声を上げているため、運営側も状況は把握していると思うんですけどね^^;.

次の