ティー ローマ字。 ローマ字の 書きかた

「ティ」「デュ」「グィ」などローマ字でどう打つのか?入力方法の確認

ティー ローマ字

公開日:平成28年(2016)2月23日更新日:平成28年(2016)2月23日 50音 あ A い I う U え E お O か KA き KI く KU け KE こ KO さ SA し SHI す SU せ SE そ SO た TA ち CHI つ TSU て TE と TO な NA に NI ぬ NU ね NE の NO は HA ひ HI ふ FU へ HE ほ HO ま MA み MI む MU め ME も MO や YA ゆ YU よ YO ら RA り RI る RU れ RE ろ RO わ WA ゐ I ゑ E を O 濁音・半濁音 が GA ぎ GI ぐ GU げ GE ご GO ざ ZA じ JI ず ZU ぜ ZE ぞ ZO だ DA ぢ JI づ ZU で DE ど DO ば BA び BI ぶ BU べ BE ぼ BO ぱ PA ぴ PI ぷ PU ぺ PE ぽ PO 拗音 きゃ KYA きゅ KYU きょ KYO しゃ SHA しゅ SHU しょ SHO ちゃ CHA ちゅ CHU ちょ CHO にゃ NYA にゅ NYU にょ NYO ひゃ HYA ひゅ HYU ひょ HYO みゃ MYA みゅ MYU みょ MYO りゃ RYA りゅ RYU りょ RYO ぎゃ GYA ぎゅ GYU ぎょ GYO じゃ JA じゅ JU じょ JO びゃ BYA びゅ BYU びょ BYO ぴゃ PYA ぴゅ PYU ぴょ PYO ヘボン式ローマ字表記へ変換する際の注意事項• 戸籍姓 ピーターソン PETERSON• 金(キム) KIM• 戸籍名 ジェームス JAMES• 情和(ジョンワ) JEONG-HWA• 上記以外で、ヘボン式によらないローマ字氏名表記(長音H・O・Uの挿入やRに代えてLの使用等)を希望する場合には、あらかじめ電話案内センター又は各旅券窓口にご相談ください。 ヘボン式によらないローマ字氏名表記での申請にあたっては、申請書(裏)の「旅券面の氏名表記」欄に希望する綴りを記入し、その綴りが実際に使用されていることを示す書類等(出生証明書、婚姻証明書又は配偶者や父母の外国旅券等)とともに提出してください。 旅券と航空券等の氏名の綴りが1文字でも異なっていると航空機等への搭乗が認められないので、ヘボン式によらないローマ字氏名表記を申し出る際には十分ご注意ください。 また、姓をヘボン式によらないローマ字で表記する場合には、ご家族で綴りが異なることがないよう、あらかじめご確認の上、申し出てください。 一度登録した旅券の氏名表記は変更できません。 別名併記 外国人配偶者(外国人父又は母)の姓や二重国籍者が出生証明書や外国旅券上の名前を旅券に記載する必要がある場合には、別名として併記することができます。 外国人配偶者の姓を併記 戸籍上の姓が「高橋」で、配偶者の姓が「ピーターソン」(PETERSON)の場合 旅券の姓 TAKAHASHI(PETERSON)• 二重国籍者が外国名を併記 戸籍上の名が「華子」で、所持する外国旅券の名が「HANAKO PATRICIA」の場合 旅券の名 HANAKO(HANAKO PATRICIA)• 上記のほか、旧姓併記を希望する場合には、あらかじめ電話案内センター又は各旅券窓口にご相談ください。 別名併記での申請にあたっては、申請書(裏)の「旅券面の氏名表記」欄に希望する綴りを記入し、その綴りが実際に使用されていることを示す書類等(出生証明書、婚姻証明書又は配偶者や父母の外国旅券等)とともに提出してください。

次の

ヘボン式ローマ字綴方表|東京都生活文化局

ティー ローマ字

この記事を執筆するにあたって スマホの入力はローマ字入力や日本語入力に自由に設定することができます。 多くの場合は設定から選択するだけで簡単に選択することができます。 また、スマホ用にキーボードを変換するさまざまなアプリが出ていて、パソコンとは違うスマホならではの入力方法でローマ字や日本語を入力する配列に変換することも可能です。 ワンタッチで入力できるものや、一筆で入力するものなど、さまざまなアプリがあるので安全で安心なアプリから選ぶようにしたほうがよいでしょう。 また、使いにくいアプリを選択すると、さまざまな入力の際に支障が出てしまうので選ぶときは使いやすいものをしっかりと選ぶ必要があります。 Written By アテ ワン 目次• スマホでローマ字を入力する方法を解説します AndroidやiPhoneといったスマホを使っていると入力が難しかったり、誤字がたくさん出てしまったりと困ったことがないでしょうか。 今回はそんなAndroidやiPhoneといったスマホの画面で日本語入力からローマ字入力へ変更する方法を解説していきます。 また、AndroidやiPhoneといったスマホの画面は限られているうえ、指で操作するため、難しかったりします。 そんなときのために簡単にローマ字入力が行えるスマホ用のアプリも紹介いたします。 ぜひ、スマホ操作を行ううえで参考にしてみてください。 スマホでローマ字入力をする方法!iphone編 スマホのキーボードでローマ字を入力する方法を紹介いたします。 難しいことはないのでしっかりとポイントを抑えましょう。 スマホでローマ字入力する方法 iPhoneのキーボードの入力をローマ字入力にする方法をご紹介しましょう。 iPhoneでローマ字入力するには以下の手順で進めていきましょう。 設定を選ぶ• 設定の中から一般を選びキーボードを選択• 新しいキーボードを追加をタップする• スマホでローマ字入力をする方法!Android編 Androidのローマ字入力を設定する場合は QWERTYキーボードという、いわゆる パソコンと同じ配列のキーボードを使うことで入力することができます。 私はAndroidのGalaxyノートという機種を使っているので、タッチペンなど使う関係からこちらのモードのほうが使いやすいので使っていますが、使いやすいほうを選ぶとよいでしょう。 さっそく設定方法を解説していきましょう。 スマホでローマ字入力する方法 では早速キーボードをローマ字入力に変換していきましょう。 方法は簡単です。 以下の手順に従って行ってみてください。 まずはアプリ一覧画面をひらく• 設定から一般管理タブを探しタップする• 言語とキーボードを選択しキーボードを選ぶ• オンスクリーンキーボードを選択• 表示された内容からGalaxyキーボードを選ぶ• OKを選択する これでパソコンと同じ配列になったと思います。 すこし画面は小さく感じるかも知れませんがパソコンに慣れている場合は、この画面のほうが使いやすいと思います。 もしも仮に使いにくいようならば同じ手順にそって、元に戻すこともできますので安心してください。 スマホでローマ字入力から日本語入力に戻す方法!iphone編 ローマ字から日本語入力に戻したくなった場合の手順を紹介します。 まったく難しくないので手順に従って行っていきましょう。 スマホでローマ字入力から日本語入力に戻す方法 iPhoneでローマ字入力から日本語入力に戻す方法は実に簡単で、ローマ字入力しているキーボードの地球儀を押すだけです。 この切り替えを簡単にできるのもiPhoneのよいところです。 この地球儀は正式には 言語キーと呼ばれており、この言語キーを押すとテンキー、 日本語フルキーボード、絵文字、英語フルキーボードというふうに切り替わっていきます。 ぜひ使ってみてください。 iphoneにほかのキーボードを追加する方法 iPhonenにはほかのキーボードを追加する方法も存在します。 そのやり方を解説していきましょう。 以下の手順にそって行ってみてください。 ホーム画面から設定をタップ氏、一般を選ぶ• 一般メニューから「キーボード」タブを選ぶ• その中にさらに「キーボード」というタブがあるので選ぶ• その中に「新しいキーボードを追加」というタブがあるのでタップする• 「追加したいキーボード」を選ぶ• キーボードに新しく追加される この方法で後述するアプリをダウンロードしてキーボードを追加することも可能です。 別のキーボードを使用することができると自分好みにカスタマイズできるので便利です。 参考: スマホでローマ字入力から日本語入力に戻す方法!Android編 スマホでローマ字入力からあ日本語入力にするAmdroidの方法を紹介します。 しっかりとポイントを抑えましょう スマホでローマ字入力から日本語入力に戻す方法 スマホでローマ字入力から日本語入力に戻す方法は簡単です。 言ってしまえば、日本語入力からローマ字入力にした手順を行い、最後の選択を日本語にすればよいのです。 以下の手順を途中までやっていきましょう。 アプリ一覧画面をひらく• 設定から一般管理タブを探しタップする• 言語とキーボードを選択する• オンスクリーンキーボードを選択 ここまできたらあとは使用方法を選択するだけです。 日本語入力キーボードは テンキーキーボードといいます。 テンキーキーボードは設定でフリックや、タップ式へと変更することができます。 お好きな方式で使用してみてください。 参考: Androidでもワンタッチで日本語とローマ字入力切替もできる キーボードの切り替えも紹介しましたが、キーボードのボタンを押すことでAndroidのスマホでも入力を変えることができます。 日本語キーボードの場合は変換とハイフンのキーがっ追加されています。 スマホでローマ字入力をするときにおすすめのアプリ! スマホには使いやすくするアプリがたくさん販売されています。 ですので、ご自信の使いやすいアプリでカスタマイズすると使いやすくなってよいでしょう。 今回は特におすすめの2つのアプリを紹介しましょう。 その内容は 左側に母音が並び、中央と右側に子音が並んでいます。 両手で入力する場合は右手で子音を押して左手で母音を押すようにするととても簡単に操作することができます。 また、キーボードの配置が日本語の特徴を捉えた配置になっているので、 両手で使うときにはもっとも使いやすいアプリといえるでしょう。 ダウンロード、インストールして設定から行えば簡単にキーボードでローマ字入力を使うことができます。 母音と子音があるので母音から子音に向けて指をスワイプすれば一回のスワイプで文字入力ができるような仕様になっています。 たとえば右の子音のHから左のAに向けてスワイプすると「は」になります。 また子音の長押しをして別の子音を出せば、そこから指を離さず子音に向かえば言葉がでてきます。 関係ない音も踏んでいくことになりますが、視点と、終点をさっちして表示する形式なので大丈夫です。 ローマ字を打つには画期的なアプリです。 ただし、ダウンロードして使ってみて感想としては、慣れたらとても使いやすいですが、慣れるまでは従来のキーボードと配列が違うのでわかりにくいのでしばらくは大変かなという印象でした。 しかし、すべての字を一筆で表示できるのでローマ字入力の中ではやはり最高でしょう。 私もしばらく使ってみて慣れてみようと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか。 スマホにおいてローマ字から日本語入力、日本語入力からローマ字入力にする方法はそこまで難しくありません。 設定画面からの設定方法がわかれば簡単です。 また、ローマ字入力はスマートホンにおいてはすこし面倒な作動のひとつでしたが、アプリダウンロードをすることによってその手間が大きく削減されます。 しっかりとその方法と、設定を覚えればとても便利になること間違いなしです。 ですのでいまいちど今回のポイントをおさらいしていきましょう。 iPhoneでローマ字入力する方法は設定から一般を選びキーボードを選択する方法で行う• キーボードの中に地球儀ボタンが出てくるのでそれを押せば簡単に切り替えが行えるようになる• Androidでローマ字入力する方法はアプリ一覧から設定を行う• キーボードを変えることで入力が切り替わる• スマホはアプリを導入することでよりローマ字入力が簡単になる AndroidやiPhoneといったスマホのアプリにはさまざまな設定や、入力方法があります。 ローマ字入力に限らず、ご自身のスマホ利用環境に合わせて適切な入力方法を選択しましょう。 また、アプリにはさまざまなアプリがあり危険なものもありますので、ダウンロードするときは注意するようにしましょう。 AndroidやiPhoneといったスマホを楽しく快適に使えるようにしましょう。

次の

ローマ字入力表と入力例

ティー ローマ字

前回はについて説明したけど、今回はローマ字入力の早見表を見ながら確認(かくにん)してみようね。 まず基本(きほん)は、「あ」「い」「う」「え」「お」を表す「A」「I」「U」「E」「O」と、カ行、サ行……をあらわす「K」「S」……の組み合わせを覚えておけば、五十音を表現(ひょうげん)できるよ。 さらに、小さい「ゃ」や「ょ」の入力方法も覚えておこう。 K Y Aで「きゃ」、 K Y Oで「きょ」のように、3つのキーを順に押(お)すことで入力できるよ。 「ひゃ」や「りょ」などについても早見表で確認(かくにん)しておいてね。 それから、小さい「っ」を入力する方法も覚えておこう。 たとえば「にっき」と入力したいときは、 N I K K Iのように「っ」の位置のキーを2回押(お)してみよう。 「ん」を入力するときは、 N Nのように Nキーを2回押(お)してね。 1回押(お)し、続(つづ)けて Aや Iのキーを押(お)すと、「な」や「に」になるから気をつけてね。 ローマ字入力の方法で迷(まよ)ったら、下のローマ字入力早見表で確認(かくにん)してみよう。 ローマ字入力早見表.

次の