アンスリア lb。 【グラブル】浴衣アンスリア(闇SSR)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

【グラブル】「アンスリア」と「インフェルノリークス」の使い方・評価について【奥義・アビリティ・リミットボーナス・LB】

アンスリア lb

はい、についてです。 今回は6周年で追加されたジョブのランバージャックで、共闘の最終階層にいるを火マグナ編成でフルオート討伐できたので、編成について書きたいと思います。 ランバージャックの強いと思った点 火のマグナで試行錯誤をした結果、アビリティ 「木こりのうた」「大伐断」の2つが強いと感じました。 あと地味にダメージも入ってありがたいです。 大伐断に関しては、火のマグナでオッケ染の編成だと初速があまり出ないので、クリティカルでダメージの底上げができるのが大きかったです。 メインに楽器を装備しているのと木こりのうたの攻防累積DOWNが入りやすいようにソウルピルファーを入れています。 アンスリア 盾役です。 フルオートだと2アビは使用してくれません。 無属性攻撃以外はかならず1度は避けれるのが強すぎました。 今回、メイン武器が六竜武器だったので、奥義の幻影が付いてさらに被弾が少なくなりました。 元々が分からないのですが、1アビで敵対心を上げつつ回避率UPがあるので、サポアビの恩恵も受けやすかったです。 敵によっては、開幕で2アビを使って サイレントタップに切り替える運用もアリかなと感じました。 効果量が低いものがありますが、色々な役割ができるので配布キャラとしてはかなり優秀です。 使ってみた感じ一番ありがたいと思う人が多いのはこのアビかなという印象です。 最近のボスはHPトリガーでの特殊行動のあとにCTリセットがないことが多く、この2アビはそれを対策できるので確かに良い感じでした。 それと3アビは実際に使ってみたら、かなり火力が出るのに驚きましたね。 1アビ、3アビ、サポアビのでパーシヴァルだけの火力は高水準を保てました。 ただ、他の四騎士の修正を見ている身からすると、2アビ以外は自己完結しすぎていて、物足りなさがあるのは事実として感じました。 単体での強さはあるのですが、例えば何かのアビを相手の特殊行動に反応して反撃で使ってくれるとかあると、ありがたかったなと思いました。 (ちょうど最終も来たので使いたかったというのもあります) こちらの編成だと六竜武器とアンスリアの防御性能が高すぎて、サブメンバーの出番はほぼほぼ無いのですが、テンション付与によって追撃が付いたり、防御が上がったりするので、メインからアンスリアと組んでテンションを維持する方向で考えても面白いかもしれません。 育成途中だったのでLBや指輪は振ってませんでした……。 BLは、振るならクリティカル、サポアビ、TA、DAになりそうですね。 サポアビで毎ターンダメージを受けますが、3アビの吸収や奥義効果のHP回復があるので、見た目以上に耐久力もあると思います。 奥義効果は、幻影と再生でだいたい杉玉のようなものですね。 武器種が楽器という事で、ランバージャックのメインで持てたり、ソウルピルファーの性能があがったりと本当に強い武器です。 他に関してはオッケ染にしています。 終末武器が入れれないため、コスモス剣を入れて上限を上げたり、初速を少しでも上げるためにコロ杖を入れたりしました。 それとゼノイフ斧がすぐに5凸でき、第一スキルが変化して守護も付いたので、HP確保のためにも入れてみました。 ゼノイフ斧を使った感じは、アストラルウェポンと比べるとEX攻刃値は下がってしまいますが、HPを盛れることを考えると普通に選択肢としてアリだと感じました。 参考動画 六竜武器なし キャラについて 主人公 アビは、木こりのうた、ソウルピルファー、落葉焚き、大伐断です。 メイン武器が楽器ではないですが、有利属性相手ではないので、弱体耐性を下げたいのでソウルピルファーを採用しています。 大伐採については上方の編成と理由は同じで、落葉焚きについては、メイン武器が六竜武器ではなくなり、防御面がもろくなっているので採用しました。 アンスリア 上方をご参照ください。 サポアビの女神の怒りがLv5の時にターゲットになると2アビが自動発動がとにかく強いですね。 アビダメ上限を入れるとアビダメが奥義かと思うくらいダメージが出てくれます。 2アビ以外は防御寄りですが、どれも効果が強く、リミキャラと言われても納得してしまうくらいの性能があります。 こちらの編成だと防御面がもろくなっているのもあり、採用しました。 メインが楽器ではないので、ソウルピルファーの性能が下がっていること、木こりの歌の攻防累積DOWNが入りにくくなることから、を採用しました。 それでもデバフの入り方はムラがあったので、少し厳しいところがありました。 あんまり振るものが無いのでこれでもいいような来ますが、攻撃力を少し削って、DAや防御に回してもいいと思います。 こちらの編成だと普通にメインに出てくるのですが、味方全体のテンションを増やして追撃や防御を上げる役割をやってくれたと思います。 上方をご参照ください。 武器について メイン武器は5凸ゼノイフ斧です。 なんか六竜武器を入れない編成を考えたら面白いのでは?とふと思い組んでみました。 デバフの入りがいい場合、こちらの編成の方が討伐速度は上なのですが、いかんせん運要素が大きすぎるのが玉に瑕な感じです。 参考動画 さいごに 前々から火属性は作ろうと思っていたのですが、オッケが揃わなかったり、モチベが低下したりと色々ありましたが、アンスリアやパーシヴァルの修正、ゼノイフ斧の5凸、火有利古戦場が近いということもあり、重い腰を上げた感じになります。 六竜武器ありは、予想通り苦労をしなかったのですが、六竜武器なしやはり難しかったです。 六竜武器なしの方が被ダメが多く、早くから背水が乗ってくるので、討伐速度は基本的に早い傾向にあったのですが、結構事故ることが多くどこまで安定性が高くできるの調整に苦労しました。 まあ、その調整が楽しいというのもあるのですけどね! 火属性はオッケと六竜武器が揃ってしまえば、土や闇と比べて簡単な印象です。 なので、早く六竜マルチが実装されて六竜武器が手に入りやすくなるといいですね。 ランバージャックでのフルオート討伐は、残り光属性ですが、今のところ時間切れの未来しか見えていないので、いつになるか……という感じです。 udukiryujin.

次の

火ジークフリートの評価とLBの振り方【短期戦から長期戦までスタメン候補】

アンスリア lb

火ジークフリートのサポアビ:救国の忠騎士の性能は上記の通りなります。 特に 奥義性能アップが強いですね! サポアビは自動で奥義性能アップが付きますので、アビリティの使用時間もカットしてくれます。 1ターンキル編成などではアビリティを使う時間さえ惜しいので、サポアビで奥義性能アップはかなりありがたいですよ。 火ジークフリートのサポアビ:返り血の代償は、得意武器『剣』の火属性キャラのアビリティ性能をアップさせる効果。 火属性の剣得意はパーシヴァル・スツルム・テレーズなど優秀なキャラも多いので、多少は恩恵はあると思います。 しかし槍得意のアニラ・シヴァなどのレギュラークラスのキャラはほぼ抜けることはないので、剣得意キャラをこれ以上入れるのは厳しいか? スポンサーリンク 火ジークフリートおすすめのLBの振り方• 余ったLBは攻撃力とHPが候補ですが、サポアビ実装に向けてLBをためておきましょう。 火ジークフリートの入手方法 火ジークフリートはレジェンドガチャにて、キャラ解放武器『黒竜のアギト』を入手すると仲間に加わります。 現状ではリミテッド武器の性能に劣っているので、 ダマスカス鋼は使うべきではないでしょう。 黒竜のアギトが最終上限解放されて、スキル変更が性能向上であれば、その時に考えた方がいいですね。 火ジークフリートの使い方 便利すぎる!サポアビで奥義編成スタメン• サポアビ:救国の忠騎士の性能が神• 2ターン風属性ダメージ70%カット• 高回転でできる火属性防御10%ダウン• 3アビで火属性キャラの耐久面をアップ• 2アビの効果は無属性ダメージは対象外• サポアビ効果で毎ターンダメージを受ける• 短期戦~長期戦までスタメンで使える性能 はい!ということで今回は、 火ジークフリートの評価とLBの振り方を解説してみました。 短期戦では間違いなくスタメン候補ですし、長期戦でも風属性攻撃を多く使ってくる敵には高い耐久性能を発揮します。 火ジークフリートを仲間にしたら、即LBを振れるように育成しておきましょう。 以上、『火ジークフリートの評価とLBの振り方【短期戦から長期戦までスタメン候補】』でした。

次の

ユイシス (ゆいしす)とは【ピクシブ百科事典】

アンスリア lb

・ ターンダメージ時にクリア。 裂傷対策として超有効 アテナ 言わずと知れた火属性の絶対的な守護神。 6竜戦やティアマトマリスなどの高難度クエストにて高い評価。 奥義バフによるガード効果、1アビによるダメカと再生、暗闇にスロウ、LBによるダメージ軽減と被ダメを抑えてくれる要素が数多く存在する。 2020年の古戦場HELLでは相手の攻撃がほぼ全て全体攻撃ということもあり、 中盤から2アビの自動発動がほぼ毎ターン行われるため、凄まじいダメージを叩き出すことができる。 何か特別な編成を組んでいない限り入れるべきキャラではあるが、2アビ自動発動の時間が勿体ない場合編成から外れることもある。 戦力の低い人ほど入れるべきで、戦力が上がるにつれて外れる可能性が出てくる感じなので、 実際にアテナ有り・無しで討伐タイム計測をしてみること。 3年生チーム ラブライブコラボイベントで加入するキャラ。 誰でも加入させられるというのもポイントで、キャラクター不足なら十分に選択肢に入る。 マウント持ちであることも大きい。 ランバージャックのゼノイフ斧やアテナの奥義バフが優秀なのでしっかり役立つ。 バレンタインスカーサハ 未所持なので間違ってる部分があったらごめんなさい 今回の火有利古戦場のフルオート環境において、 もしかすると人権になりうるキャラ。 5ターン間隔での全体回復・クリア・ディスペル、さらには奥義バフで味方の火力支援とフルオートに必要なものがだいたい揃っている。 2アビ・3アビはどちらも「甘露」のスタックを全消費して大幅パワーアップするようになっているが、どちらも使用間隔が同じであるため、 フルオートの場合は優先度的に2アビによる回復効果がパワーアップされることになる(はず)。 回復量は甘露0でも全体1000、甘露5まで貯めると全体4500回復となる。 ただ運用に関して注意すべき点が1つ。 HPひん死時に一度だけ味方全体を全回復もできるので、 よほど長期戦にならない限りは問題なく運用できるとは思うが注意が必要。 150HELLくらいになるとさすがに外れてしまうかも。 水着ティナ 6周年の無料ガチャ期間にリミキャラであるムゲンと同時に実装されたため、所持してるけど使ってないという人も多いはず。 全体回復・クリア・刻印付与・暗闇・灼熱・グラビティ・命中率ダウンと実はかなり多くの要素を持っており、手動で戦う際には中々編成はされないものの、 耐久性重視のフルオートではオススメのキャラ。 グラビティ・命中率ダウンは前提条件があるが、3アビによるアビリティ即時使用可能効果により、どちらもフルオートで 初動から発動できるようになっている。 暗闇かつ灼熱の相手に対して奥義性能がいわゆる「奥義ダメ極大」レベルまで上昇するためそれも強みの一つ。 ただ1アビと3アビの再使用間隔がかなり長めになっており、実際に回復効果の意味があるのは7T目と3アビ再使用時の10T目になるのでそこは注意。 アンスリア バランス調整により一躍フルオート編成の主力に躍り出てきたキャラ。 元々古戦場や高難度のバトルでの採用機会は多かったものの、これまでにも増してより強力に、扱いやすくなり、フルオート適性も大幅にアップ。 フルオートでは基本的に2アビを一回押してサイレントタップに切り替え、 敵の攻撃を回避することで味方全体回復+累積防御アップの効果を与える続けるのが主な目的。 耐久過多の場合は2アビを押さずに運用することで、全体の継続的な火力アップも見込める。 また、得意武器に楽器が追加され、他にも楽器得意キャラが増えたこと、最終解放のきたアオイドスと相性が良いこと、フルオート適性の高い主人公ジョブのランバージャックが優秀であることなどもあり、楽器得意パも火有利古戦場のトレンド構成の一つとなりそう。 アニラ 火のマグナと言えばこのキャラ。 フルオート向けのキャラのベースダメージが全体的に低いので、それを補う意味でも やはりアニラの3アビ強化バフは重要。 火力だけでなく奥義ゲージ上昇量アップやDA率アップで主人公・アテナの奥義回転率も上げられる。 また、強力な3アビ強化バフばかり目立っているが、 属性系の攻防デバフ・サポアビによるダメ軽減なども 改めて注目したいポイント。 HELLでは裂傷によるターンダメージが発生するため、裂傷解除にサブ効果がとんでもなく刺さる。 これが理由でサブメンバーとは言えほぼ必須級のキャラ。 実際に使っている編成その1 この編成の95HELLのフルオート討伐タイムは4:10くらい。 95HELLに関してはこの編成だと少し耐久過多だったため「実際に使っている編成その2」を運用していますが、100HELL以降はコチラの編成に戻ると思います。 キャラクター編成例 主人公をフルオートの鬼である ランバージャック。 フルオート適性の高いアテナ、シンプルに性能の高いアニラ。 残り1枠はフリー枠として耐久キャラの水着ティナを使う予定でしたが、95HELLに関しては実際には耐久過多だったので、スツルムに入れ替えて運用しています。 本来シヴァや最終エッセルが入りそうな感じがしますが、フルオートによるアビリティ使用時間の関係かあまりタイムは伸びず、余計なことをあまりしないスツルムの方が自分は早かったです。 参考までに。 主人公アビ ランバージャックのフルオートテンプレである落ち葉炊き+大伐断の組み合わせに、EXアビリティ1つフリーで付けられる構成。 95HELLの場合は3枠目に何もつけない方が自分の場合は速かったですが、ミストあたりが無難ではあります。 ディスペルで相手の防御バフを消すことができない場合は有用になってくるはずです。 武器編成例 現状での予定装備。 まぁ火マグナは付けられる装備が限られているのであまり大きくは変わらないと思います。 4凸オッケを中心に組む人もそれなりにいると思いますが、自分は現状コチラの編成を予定しています。 ある程度HPを確保しなければならないので シヴァ剣1本採用。 終末武器も4凸でも十分な効果が見込めるので付けることになります。 アストラルウェポン、 ゼノイフ斧5凸が追加されたので、可能な限りそれらも用意できると良いですね。 また、 バハ武器は何となく時代遅れだと感じてる人も多いと思いますが、火マグナではまだまだ現役です。 ランスロット&ヴェインを利用した肉集め用にアビダメ上限を付ける人も多いと思いますが、それをそのまま使えるのもポイントです。 それにさらにブレグラ武器の ウシュムガルを付けてさらにアビダメ上限を上げています。 編成的にランバージャックの動物サポ・大伐断、アテナの2アビとその自動発動、ティナの3種のダメアビと、 フルオート編成では アビリティダメージがかなりのダメージソースになるので、 アビダメ上限アップの装備とは非常に相性が良いです。 ドラゴニックウェポン5凸も有力候補 個人的に今回はオメガ・終末枠のアビダメ上限アップが欲しいことと、メイン武器にゼノイフ斧が無いと連撃率不足でアテナ奥義バフがしっかり回らないだろうというのもあって、ドラゴニックウェポンのメイン武器採用はしていません。 アビダメ上限などを優先しないのであれば、サブ武器としての優先度はもちろん高いです。 その他の武器・入れ替え候補 ウシュムガル・4凸オッケなどは、状況やお好みで入れ替え候補になると思います。 実際に使っている編成その2 上で紹介している編成が少なくとも95HELLでは耐久過多だったため、こちらの編成を使っています。 上記の編成が95HELL討伐平均タイム4:10なのに対し、 こちらは3:30~4:00くらいになりました。 編成例 以前も紹介していたユイシスのHP減少効果を利用して、ムゲンの滅尽状態を即時発動させる編成。 それにアンスリアを加えて継続火力を高めています。 武器編成は火力の高さを活かすための天秤編成となっています。 武器それぞれの難易度はそれほど高くないので、ここまでしっかり準備をしてきているならだいたい持ってるはず。 ゼノイフ斧がSlv20になっていない画像ですいません…(このあとすぐに上げました) 討伐タイムは早いものの安定性は犠牲にしているので、使えるのは95HELLまでになるでしょうか。

次の