クロノ スタシス と は。 【僕のヒーローアカデミア】玄野針の強さ&個性「クロノスタシス」考察、スピードを操る強個性![ヒロアカ]

クロノスタシス / きのこ帝国 のタブ譜(Tab譜)

クロノ スタシス と は

『』を読み中なのですが、クロノスタシスという現象の解説が面白かったので紹介します。 そういう現象が起こることは知ってた =脳科学系のいろんな本に書いてある んですが、今回は誰もが経験ありそうな話で具体的だったので。 しかし名前がカッコいいですねクロノスタシス。 日本語にすると時間停滞とかそんな感じになっちゃいそうですが。 さてそれはどういうものかっつーと、秒針がカチコチ動く時計にふっと目をやると、あれ、いま一秒以上止まってなかったか!? ってやつです。 ありますよね。 まぁ最近腕時計はしてないのですが、そういうことは確かにあるあるでした。 で、解説。 人間の目にはつねに眼球運動があり、眼球が動いているときの画像はあらゆるものが流れているような画像になってしまい、画像が乱れる。 このため、人間の脳は、眼球が動いている間に送られる情報は無視する。 そして、その間の視覚を、眼の動きが止まったあとで得られた情報で埋め合わせる、というのだ。 奇妙なことに、眼球が動いていたときの視覚情報は、眼球が止まったときの、つまり、眼球が動いていたときにとってみると、わずか 零コンマ何秒 ながら未来の視覚情報で置き換えられる。 言い換えれば、ある瞬間 眼球が動いているとき の視覚のクオリアは、実はそのときの現実世界の情報ではなく、この例の場合は未来の視覚情報だ、ということだ。 こんなことが日常で普通に起きているのだ。 この現象は確かに経験があります。 時計を見るタイミングによってはこれが起きることがある。 ちょうど秒針が動いた瞬間に偶然に目をやると、その一瞬の時計の映像はブレてて使えないので、代りに時間的に未来の映像で埋め合わせる。 それによって、一秒以上秒針が止まった映像が得られることになる。 理屈はわかります。 なるほど、とは思うけれど、微かな違和感が残ります。 では、例えばテレビの生中継でそれが可能か。 一瞬中継が途切れた時に未来の映像で埋め合わせることが可能か? 無理ですよね。 なぜなら未来はまだ存在していないから。 存在していない映像を使うことはできない。 ではなぜ、人間の脳内ではそれができるのかというと、答えはひとつで。 「物理的な"今"と人間の体感する"今"はズレている」からにほかなりません。 もちろん体感する今のほうが遅れている。 いや、そんな。 それじゃまともに動けないでしょ。 歩いてて転ぶでしょ。 そういう反論もあるかもしれませんが、それは起きない。 身体の方はそんなの意識しなくても動けるから。 歩くのにいちいち意識的に右足出して左足出してなんてコントロールしないですよね。 それは無意識がやっている。 "今"のズレってのは、要はテレビのデジタル放送みたいなもんです。 あれはデジタル信号を圧縮・復元する関係で、物理的な"今"より2秒遅れている。 でも別に「テレビの中の人」は混乱してないですよね、あたりまえだけど。 あれと同じです。 もしテレビが5秒遅れてもいいよということになったら、いまより増えた3秒を使って、生中継でカメラが一瞬不調になっても、その後の映像を使って補完して綺麗に編集してから放送するような、そんな芸当もできるようになるかも知れません。 それでも視聴者は放送が"今"を映しているのだと疑うことはないでしょう。 クロノスタシスは、このようにして人間には"今"のズレが起きていることを垣間見せてくれます。 受動的な意識 受動意識仮説! はすべてが終わったあとで編集済みの映像を見せられているわけです。 だから矛盾がないんですね。 ちょっと紹介して終わる予定だったのが長くなってしまったw michiaki.

次の

「クロノスタシス」とはどういうことか

クロノ スタシス と は

常に運動を繰り返す眼球の視覚情報を、脳が効率的に処理することから起こる現象のことだよ。 【雑学解説】「クロノスタシス」のメカニズム!「サッカード」と「サッカード抑制」 人間の眼球は常に運動している。 これは意識的に視界をうつすのではなく、無意識のうちに行われている眼球運動である。 この眼球運動のことを「サッカード」といい、1秒間に約5回もの運動が行われている。 1秒間に5回も眼球が動けば、見ているものは安定せず、視界はぶれぶれになってしまう。 しかし人間の脳は非常に優秀で、 このサッカードで得た無意識の視覚情報を、脳はいらない情報として処理することで視界を滑らかにうつしている。 この脳の働きを「サッカード抑制」という。 それでは、眼球による「サッカード」と脳による「サッカード抑制」により、「クロノスタシス」のメカニズムを解き明かしていこう。 サッカードは絶えず行われ、サッカードで得た視覚情報はすべて脳に送られる。 脳はサッカード抑制によっていらない情報を無視するため、無視した情報の分だけ視覚情報に隙間ができてしまう。 そこで 脳は、あとから得た視覚情報で埋めていくことで、この視覚の隙間を滑らかにしているのだ。 ここで、秒針が動いた直後に時計に目をやったときのことを考えてみよう。 視覚の隙間を埋める視覚情報が、あとから得た「秒針が止まっている時計」の視覚情報であったとき、いつもより長く秒針がとまっているように感じてしまうのである。 このクロノスタシス現象は普段からよく起こっているのだが、通常の生活の中で気付くことは少ない。 時計などの時間を刻むものがあるときにだけ気づくことができるため、「クロノス(時間)」+「スタシス(維持)」という名前がついている。 【追加雑学】目と脳による錯視「トロクスラー消失」 クロノスタシスと同様に、サッカードとサッカード抑制を利用した錯視が 「トロクスラー消失」である。 これは、 ある一点を10秒ほど凝視していると、周りにある色や絵が消えていくように見える現象である。 これはサッカードで常に動き続ける眼球に一点を凝視させることによって、 脳が周辺の視覚情報をいらない情報だと判断し無視するため、周辺の色(の情報)が消えていくという原理を用いた錯視である。 スイスのトロクスラーという哲学者によって発見されたため、その名前をとり「トロクスラー消失」と名付けられた。 一点を見つめれば周りの情報を消すことが出来る。 しかし、現実世界で見たくないものを、「トロクスラー消失」で消すことは難しそうだ。

次の

きのこ帝国

クロノ スタシス と は

クロノスタシス(: Chronostasis)は、 ()と呼ばれる速い眼球運動の直後に目にした最初の映像が、長く続いて見えるというである。 よく知られる例として「時計の針が止まって見える現象」がある。 に目を向けると、秒針の動きが示す最初の1秒間がその次の1秒間より長く見えるというものである。 がサッカード運動をするとき、時間の認識は僅かに後に伸びる。 そして観察者のは、実際よりもわずかに長い間時計を見ていたと認識し、秒針が1秒間以上固まっていたという錯覚を生む。 実は、見ている方向がある点から次の点へ移動するたびにこの現象が起きているのだが、われわれがそれに気付くことはほとんどない。 説明の一つは、見る方向が移動する際の時間の隙間を脳が埋めているというものである。 実験によると、おそらく、サッカードがあるにも関わらず脳が連続した意識体験を構築しようとすることで、この錯覚は引き起こされる。 この現象はあらゆる眼球運動によって生じるが、何か時間を計れるものがある場合に顕著になる。 クロノスタシスは、的な観察でしか起こらないわけではなく、刺激でも認識される。 脚注 [ ] []• - Future - Health -. 2012年8月27日. 2012年12月9日閲覧。 , Haggard, P. , Heal, R. , Brown, P. and Rothwell, J. 2001. Nature 414 6861 : 302—305. Hodinott-Hill , K. Thilo , A. Cowey , V. Walsh 2002. Current Biology 12 20 : 1779—1781. この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の