異動 挨拶 簡単。 社内・社外向けの異動の挨拶メールの送り方と文例|着任時/取引先

異動が決まってみんなの前で挨拶(スピーチ)する時、何を話せば良い?

異動 挨拶 簡単

まずは押さえておきたい異動挨拶メールの基本 最後にきちんと挨拶をすることは、そのあとの良好な人間関係の維持にもつながります。 お世話になった誰にとっても不快感のない、丁寧な挨拶をすることはビジネスシーンにおいても必要不可欠なことだといえます。 では異動挨拶メールを送るうえでの基本についてご紹介していきましょう。 異動する2〜3日前までにはメールする メールを送るタイミングは、遅くとも異動する2~3日前までには送信しましょう。 日頃から頻繁にやり取りをしてる方へはできるだけ早く伝えます。 引継ぎや後任者の紹介をする場合もあるので、業務に差し支えないよう早めの連絡が必要です。 ただし、社内規定などで口外ができない場合などは上司と相談して決めた方がいいでしょう。 また、異動挨拶のメールには返信するのがマナーとされています。 そのため移動当日の終業間際など、相手に返信の機会を与えないタイミングでのメールは絶対に避けましょう。 せっかくなのでちゃんと挨拶をしたいと思っていたり、何か聞きたい事があっても対応できなくなってしまうのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。 「お世話になった人」はどの範囲まで? お世話になった人を「仕事上で関わった人すべて」と考えると、非常に多くの人が思い浮かぶかもしれません。 その中には1~2度くらいしかかかわったことのない人や、あまり気の合わない人もいるでしょう。 しかし挨拶をされて嫌だと思う人はそういるものではありません。 「メールを送るかどうか迷うな…」という人には送っておくとよいでしょう。 もし送信相手に優先順位をつけるなら、同じ部署の全員、そして取引先の担当者を最優先に。 また、個別のお客様がいる場合も早めにお伝えしましょう。 同じ部署のメンバーには直接挨拶をしたほうが丁寧ですが、人数が多かったり、メンバーが同じ社内にいないこともあります。 同僚ならいつでもあいさつできるから…と優先順位を下げてしまいがちですが、きちんとあいさつできるといいですね。 BCCは使っていいの? 異動のメールは大人数に送ることになります。 そのため、メールの文面を作って送信する作業も、かなりの時間と手間がかかってしまいます。 とはいえ、挨拶のメールですから、本来は一人一人の方へ個別に文章を作成し送るべきでしょう。 個々のお客様ともなれば、お手紙などを使ってお伝えするのもいいかもしれません。 しかし、異動ともなると時間もなくバタバタしてしまうのも事実。 伝えたい相手が多く、時間にも限りがあるといった場合は、BCCで送ることもやむを得ないと考えましょう。 しかし、その場合は簡略化してしまったことをお詫びする一文を書き入れることを忘れないようにしましょう。 異動挨拶メールは前向きな気持ちを伝えるもの 異動の挨拶メールには書いておかなくてはならないことがいくつかあります。 必ず書かなくてはいけない要素は次の通りです。 回りくどいタイトルにするより、「異動のごあいさつ」とストレートに書いた方が、メールを見落とされずに済みます。 また、複数の人の異動が重なることもあります。 件名欄に自分の部署と名前も併せて書いておくとよりわかりやすいでしょう。 異動先や異動日はもちろんのことですが、感謝の言葉を書くことを忘れてはいけません。 これまでの仕事の中でのエピソードなど共に感謝を伝えることができれば、より心に届く挨拶メールになるでしょう。 ・今後について 文末表現になりますが、これから新天地でどのように頑張っていきたいか、といった豊富と共に文章を締めくくるようにしましょう。 ここで注意しておきたいのが、どんな理由で異動になったとしてもポジティブな思いを織り込んだ文章にすることです。 明らかな栄転などの場合であれば前向きな言葉は書きやすいかもしれませんが、そうでなくても愚痴っぽくなってしまうような文言は避けるようにしましょう。 ・引継ぎなどについて 日頃からやりとりのあった人へは必ず、きちんと引継ぎをするという旨を伝えましょう。 これからも安心して取引をおこなってもらうためにも大切な文言となります。 ・メールでの挨拶に対するお詫び 実際に赴いて挨拶をするべきですが、実際はなかなかそうもいきません。 メールでの挨拶になってしまったことをお詫びする言葉を一言添えるようにすると、より丁寧で好印象となるでしょう。 異動挨拶メールの例文 では、これまでご紹介した注意点にのっとった異動挨拶メールの例文をご紹介していきます。 丁寧な言葉や敬語を使うことはもちろんですが、取引先やお客様といった社外の人へは「~申し上げます」や「~ございます」など、より丁寧な最敬体を使用するよう心がけましょう。 営業部の〇〇です。 このたび4月1日付で広報部へ移動することになりました。 本当にありがとうございました。 万全の引継ぎをいたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 今後は広報部にて広報誌の作成を行うことになります。 営業業務を行う中で身につけた情報収集力をもって、社内外へアピールできる広報作りに取り組みたいと思っております。 今後とも変わらずご指導いただけますようお願いいたします。 本来ならご挨拶に伺うべきところですが、メールにてご連絡の無礼をおゆるしください。 営業部 〇〇 TEL:000-000-0000 携帯:000-1111-2222 社外向け異動挨拶メール 取引先などへの挨拶は、直接伺うことも多いでしょう。 その場合は、引継ぎが終わったタイミングで改めてメールで挨拶するとより丁寧です。 先日は私事のためにお時間をいただき、誠にありがとうございました。 異動先でも気持ち新たに励んでまいります。 万全の引継ぎをいたしますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。 営業部 〇〇 TEL:000-0000-0000 携帯:000-1111-2222.

次の

異動の挨拶メールとスピーチ例文!異動先と現部署への伝え方

異動 挨拶 簡単

異動が決まった時の 挨拶メールは、異動先の部署や現在の部署にどのように送ったらいいのかの例文を紹介しています。 また、メールではなく社内でスピーチをする場合の文例も人事異動先や今までの部署用に分けてまとめましたので参考にしてください。 春や秋というのは、大きな会社にとっては人事異動などがある季節でもありますよね。 思いがけず、今いる部署から別の部署への異動を言い渡されるなんて言う人も少なくないと思います。 異動が決まったら、今いる部署の人や、移動先の部署の人への挨拶は欠かせないものです。 ここでは移動の挨拶メールの書き方やスピーチについて見ていきたいと思います。 異動が決まった時の挨拶メール文例【異動先用】• 異動が決まった時の挨拶メール文例【現在の部署用】• 人事異動の挨拶スピーチ例文【異動前の部署用】• 人事異動の挨拶スピーチ例文【異動先の部署用】 異動先へのメール例文 件名 お世話になります。 ご指導・ご鞭撻のほど、重ねてお願い申し上げます。 その際には、いつから移動になるのか、そして今までお世話になったことへのお礼などをしっかりと書いていきましょう。 異動前の部署へのスピーチ例文 このたびはお忙しい中、私のためにこのような会を開いていただきありがとうございます。 部署は変わってしまいますが、これからも一緒にお仕事をさせていただく機会があると思いますので、その時にはまたご指導のほどよろしくお願いいたします。 最後になりますが、皆様のご健康をお祈りいたしまして、お礼の挨拶とさせていただきます。 長い間、本当にお世話になりました。 人事異動の挨拶スピーチ例文【異動先の部署用】 異動先の部署でのスピーチ例文 本日は私のためにこの様な盛大な会を開いていただき、厚くお礼申し上げます。 しかし、逆にこの機会をチャンスと考え、精進していきたいと思っております。 皆様にはご迷惑をおかけすることかと思いますが、一日でも早く慣れて、活躍できるよう努力していく所存です。 どうぞご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 まとめ 社内での異動が決まったら、まず大切なのは、今までお世話になった部署・そしてこれからお世話になる部署の方々へきちんと挨拶をすることです。 あまり堅苦しく考えず、.

次の

異動の挨拶メールとスピーチ例文!異動先と現部署への伝え方

異動 挨拶 簡単

異動時の挨拶(メール) 遠方にいる取引先のような直接会うことが難しい顧客に対してや、異動が差し迫っている場合など迅速に挨拶を行わなくてはいけない時にはメールが便利です。 メールで挨拶を行う時は、直接挨拶できないことを謝罪しておくとより丁寧でしょう。 1-1. 異動の挨拶メールの文例(社外向け) 社外の取引先に向けた挨拶メールです。 社内での部署の異動時に利用できます。 連絡先の変更も含んでいるので、部署ごとで利用している電話番号が違う場合も対応できます。 1-2. 転勤の挨拶メールの文例(社外向け) 支店や営業所などの勤務地が変更となる転勤の際に利用できます。 直接挨拶できないことへの謝罪も含んでいるので、直接挨拶できない取引先でも滞りなく引き継ぎが行えるでしょう。 1-3. 転勤のご挨拶3 社外の取引先に向けた転勤の挨拶メールのテンプレートです。 すでに取引先が新しい担当者への連絡先を知っている場合を想定しています。 1-4. お世話になったお礼や異動先への意気込みを、フォーマルな書式で記載しています。 丁寧さを重んじる取引先に対してでも、使いやすいでしょう。 1-5. 部署異動の挨拶 社外の人へ向けた挨拶メールのテンプレートです。 簡略な形式ではありますが、お世話になったお礼と異動先への意気込みを含んでいます。 引き継ぎ先や新しい連絡先などの記載はないので、必要に応じて追記しましょう。 1-6. 出向の挨拶 所属している企業との雇用契約は継続した状態で、子会社や関連企業へと配属される出向の際に利用できるメールのテンプレートです。 出向では勤務地や業務内容も大きく変わる場合もあるので、挨拶は欠かさないようにしましょう。 1-7. 転勤・転任のご挨拶 社外の取引先へ向けた挨拶メールのテンプレートです。 新しく開設された支店への転勤という限られたシチュエーションを想定しているので、利用する際は注意しましょう。 1-8. 異動の挨拶メールの文例(社内向け) 社内へ向けた挨拶メールのテンプレートです。 部署全体へ配信することを想定してお世話になったお礼と、今後の意気込みを記載しています。

次の