スプラトゥーン秀吉。 [スプラトゥーン2]用語集(非公式の単語、スラング中心)

[スプラトゥーン2]用語集(非公式の単語、スラング中心)

スプラトゥーン秀吉

というわけで、 イカ(以下)はある程度操作が出来るようになった「初心者向けの内容」を意識して書きましたが、 ちょっと要求レベルが高いかもしれません。 スプラトゥーン2、前作スプラトゥーンもそうですが、「斬新なゲーム」のため、 最初に覚えることがちょっとだけ多いです。 インクの海は広く、深いということですね。 ただ、 イカの内容の、1つ2つだけでも意識すると、勝率が変わってくると思います。 「全然勝てない!つまらない!」 …なんてときは、でランク4まで成長したら遊べるを楽しんでみてはイカがでしょう? 月ごとに特別なギアがもらえるし、 いろんなブキをランダムで試せます。 なお、を遊べる時間帯は限られているので、そんな時はも楽しいです。 ヒーローモードもいろいろなブキが使えるのでオススメです。 キルを狙って返り討ちにあうのは、4対1など、味方が圧倒的に多い時以外は避けるべき。 特に大事なのは「無駄にやられないこと」。 特に、残り30秒を切ってからやられるのは大変不利となります。 「激戦区域から一歩引いたところ」から、敵のインクを塗り替えるだけで味方チームの勝利に貢献できます。 マップを塗れば、移動範囲が広がるし、潜って隠れること(センプク)ができます。 相手の出方を伺い、倒すチャンスが増えます。 なお、系ブキで、坂道の向こう側が見えにくいなんてときは、 「敵が居るかもしれない向こう側」にインクをばらまくと良いです。 「ホースを斜め上にして水をまくような感覚」でインクを撃つと、向かい側に敵がいたらインクを当てることができます。 斜めの地形では足元ではなく、前方ナナメ上を向けて撃つことも覚えましょう。 ダメージと回復• 相手色のインクを踏むとダメージを受けます。 さらに、足をとられて動きが鈍くなります。 敵インクを踏んでしまったら自分の色で塗って抜け出しましょう。 敵に撃たれている時は後ろに下がることを覚えよう。 回復は自動で行われる。 また、味方色のインクに潜ると、早く回復できる。 画面の周りがモヤモヤしてるときはダメージを受けている状態です。 下を向けば足元を塗れます。 インクが無いときは、自チームの色のインクに潜ってる間、回復が出来ます。 相手色のインクの上にいると、回復できないので注意。 前作よりも、相手のインクを踏んだときのダメージ量は多い• 相手インクを降らせる雨雲()は、 雨に当たらなくても、表示されている「範囲」に居る限り、ダメージを受け続けてしまう。 範囲に入ったら横にそれて抜け出そう。 センプク(味方色のインクに潜る)• 自分のインク色の床・壁にはZLボタンで潜ること(センプク)ができます。 センプクして動かなければ、敵に見つかりにくいです(敵にインクを塗替えされるとあぶり出されるので、じっとしたままでいてはダメです)。 【高等テクニック】・・を投げる時は、地面を向いて投げると近くに、正面を向いて投げるとやや遠くに、インクに潜って勢いを付けて投げると遠くに、ナナメ上を向き投げると高い場所・壁の向こうに(ジャンプと組み合わせると更に高くに)投げることが出来る。 立ち回り…やられないことを心がけよう• 前線(敵の色と味方の色がどんどん塗り変わる、中央付近の激戦区域)に出すぎると敵の思うツボです。 相手色のインクには敵がセンプクしていると思い、少し離れて警戒しながら塗り替えそう。 大事なのは、敵の位置を予測・把握すること! 敵の色のインクには敵がセンプクしていることを疑おう。 アイツさっきアッチに行ったな、、ということは後ろから攻めてくるのでは?とか、相手の動きを予測するのは重要。 敵にやられたとき、敵にカメラが移動する。 どこに潜んでいるかをチェックしよう。 相手がまだ隠れてそうなら、ボムを投げたり離れたところから塗替えしたりしましょう。 敵の色のインクが視界外から飛んできたら回り込まれてるので要注意(正面だけでなく、画面左右や後ろ側にも意識を向けよう)。 は最後の1分で十分勝てる。 塗り広げたり、注意すべき相手(ブキ)を警戒して、味方に有利な状況を作ることを意識しよう。 ナワバリバトルの勝ち方はので参考にされたし。 敵と遭遇した場合• 敵の人数が多い場合、まず勝ち目はありません。 そそくさと逃げよう。 敵と1対1で向き合ったら、背中を見せず、後ろに下がりながら攻撃を続けよう。 慣れてきたら後ろだけでなく、左右に移動して軸をずらすのもアリ。 向かい合った状態では、前進(近づく)すると、まず「負ける」ということを覚えておこう。 ただし、棒立ちのままだと相手に倒されてしまいます。 相手にインクを当てられなくても、相手の足元を自分のインクで塗れば、相手は近づきにくくなります。 もし相手がこちらに近づいてきたら後ろに下がりつつ攻撃を続けましょう。 射程が届けば倒せます!(中級者はこれを自然にこなします)• ローラーの場合は、後ろに下がりながら、バシャバシャする、慣れてきたらジャンプしながらバシャバシャすると良いです。 敵を発見した場合(位置がバレていない場合)• 敵に自分のショット(インク)が見えないように近づけるなら倒しに向かっても良いが、無理は禁物。 インクを撃ちながら近づくと、インクが相手の視界に入るし、音でもバレてしまうので、撃ちながら近づくときは注意。 チャージャーには注意• 敵にチャージャーがいる場合は、どこにいるかをおおよそ把握しておきましょう。 また、光っているチャージャーはフルチャージ完了状態です。 射線に入らないよう注意。 やられて復活した時• むやみに前線にスーパージャンプするのは避けよう• 基本的に相手に着地地点はバレます。 バレてると、飛んで即倒されます。 よほど安全を確認できない限り、スーパージャンプは使わないほうが良いです• 時と場合にもよりますが、でヤグラに飛ぶなど一部例外を除き、スタート地点から自陣の塗り残しを塗りつつ前線復帰するほうが味方に喜ばれます。 ただし、ギアの(チャクチ直後に1回スライドできる)や(着地地点から離れていると見えない)を使っていて、自信があるならその限りではありません。 また、スーパーチャクチが使える状態であれば、混戦地帯にぶち込むのもアリでしょう(狙ってこれをできるならだと思います)。 自陣側に塗り残しがあれば、塗りつつ前線復帰するのもアリ。 初心者はコレを意識するだけで味方に喜ばれます。 自分の選んだブキごとの動き方を意識しよう 初心者におすすめのブキ• 初心者にオススメはとと。 どちらもあらゆる状況に対応可能でトリガー引きっぱなしでどんどん塗ることができます。 時々自分の色のインクに潜って回復するのを忘れずに。 は、メインで塗り、攻撃どちらもしやすく、サブのクイックボムも塗り、攻撃ともに使い勝手が良い。 スペシャルのは使うタイミングが難しく、空中で倒されてしまうことも多いので使用する際は注意が必要。 も良いが、サブのスプラッシュボムとスペシャルのジェットパックともに少しうまく使うのが難しいので少し自信がついたらあり。 もメインは塗り、攻撃どちらもしやすい。 サブのキューバンボムは敵を牽制するのに最適。 角などで敵が出てきそうな場所などに投げておくことで爆発するまで安全に塗ることが出来る。 クイックボムと違い、直撃してもダメージにはならないので敵を倒すというより、相手の動きを制限するのに使うほうが良い。 スペシャルのは使うタイミングや場所が他のスペシャルと比べ簡単なので使いやすい。 はメインの弾がブレにくく塗りやすいが、前の2つに比べると敵を倒すのには向いてない。 サブのクイックボムでメインの攻撃性能の低さを補うことが可能。 スペシャルのキューバンで遠くまで広く塗ることが出来る。 いろんなブキを試そう• ランクが上がっていろいろなブキが使えるようになったら、シューター、ローラー、マニューバー、ブラスターなど種類にこだわらずいろいろと使って自分に合うブキを探してみよう• 実際にブキを使って長所・短所を知っていると、敵がそのブキを持っている時に対応方法がわかってくる• ステージやルールごとに有利なブキも変化してくるため、対応できる幅が広いほど有利 負けても味方のせいにしない!• 勝てば味方のおかげ、負けたら自分の力が足りなかった、、と考えよう。 ルールを理解しよう 上に書いてあることが出来たら後は勝つためにルールを理解したり、 そのルールで勝つための動きを身につければOKです。 下記リンクからルールとそのルールでの立ち回り方を覚えよう。 New!! New!! 初心者ガイド• 最強武器ランキング• New!! Xランキング上位者使用武器• モード別攻略• スペシャルウェポン• 基本情報・旧情報• Wiki編集に困ったら• 外部リンク•

次の

プライムシューターのステージ・立ち回りについて

スプラトゥーン秀吉

スプラトゥーンの最新作は出るのか? 任天堂で老若男女問わず人気となっているゲームの1つ スプラトゥーン。 スプラトゥーン2が発売したのは、2017年7月でした。 それ以降、新武器、新ステージなどの追加でたくさんのアップデートがありましたね! 発売から約2年が経とうとしているわけですが、 そろそろスプラトゥーン3が出るのではないか?とそわそわしている方も多いはず。 アメリカで開催される世界最大規模のゲーム見本市「E3(Electronic Entertainment Expo)」も、2019年6月8日から始まりました。 任天堂は2019年6月12日午前1時から「NINTENDO DIRECT:E3 2019」を配信します。 2019年に発売されるソフトやポケモンの最新情報が予想されますが、E3でスプラトゥーン3の最新情報も出る可能性もありますよね! 残念ながらニンダイで情報は出てきませんでしたが、いずれ スプラトゥーン3も出るはずです。 というより、出て欲しい・・・!!! スプラトゥーン3の布石?ファイナルフェス開催 2019年6月8日。 スプラトゥーン2で開催される最後のフェスの告知が出ました。 ファイナルフェス ラストフェス は 2019年7月18日~21日で開催されます。 ついにファイナルフェスの告知が出てしまったのか・・・と寂しい気持ちにもなりますね・・・。 その前に、6月に「酢豚にパインあり?なし?」が開催されることも忘れないでくださいねw ネットではかなり酷評なフェステーマになってはいますが・・・w そして、このファイナルフェス。 お題が スプラトゥーン3の布石ではないか?と言われているのです。 テーマは「どっちの世界を望む? 混沌 vs 秩序」。 何もかもが境界も区別もなく入り混じり、進む道は自分自身で切り拓く「混沌」の世界を選ぶのか? 厳格な規律で統制され、敷かれた道の先に約束された未来が待っている「秩序」の世界を選ぶのか? 動画もスプラトゥーン3への布石にしか見えないんですよね・・・w 「スプラトゥーン2」発売から来月で2年、いよいよ最後にして最大のフェス「ファイナルフェス」が世界同時開催される。 期間は発売から2周年を迎える、7月18日(木)21:00~7月21日(日)21:00の72時間。 最終決戦「SPLATOCALYPSE(スプラトカリプス)」に、是非とも参戦いただきたい。 — Splatoon(スプラトゥーン) SplatoonJP しかも、テンタクルズ対決ではない・・・。 テンタクルズ対決は、スプラトゥーン3に持ち越すのではないか・・・?とも考えられます。 もし、スプラトゥーン3に影響するのであれば、フェス投票も慎重になってしまいますね。 ファイナルというだけあって、オープニングも豪華!! amiiboとの撮影も衣装が変わっていますので、写真を撮りまくっておきましょう! さらに、今回のファイナルフェスですが、ミステリーゾーン、過去作のBGMなど、特別感満載! 都市伝説と言われている100倍マッチも100倍になっています。 過去のスプラトゥーンの発売日は以下のようになっていました。 この流れからいくと、 2019年8月~9月頃に発売しそうですよね。 しかし、2019年7月はファイナルフェスが開催されます。 ファイナルフェスを開催して、その1ヶ月後、2ヶ月後にスプラトゥーン3が出るとは考えにくいんですよね・・・。 しかも、このファイナルフェスのあとに、Ver. 0のアップデートが来ます。 Ver. 0では、過去のフェスで登場したミステリーゾーンが、プライベートマッチのナワバリルールで遊べるようになるんです。 ミステリーゾーンだけではありません。 フェスならではの魅力である、通常ステージの夜バージョンも遊べるようになります。 しかも、インクの色の組み合わせも選べるようになるんですよね。 過去のフェスの色も選べるんですよ!! マッチングかぶりであまりフェスのインク色を楽しめなかった方も、気軽に楽しめるようになるのです! これだけの要素をアップデートで持ってくるということは、まだまだ遊べるようにしてくれていると考えられますよね。 アップデートをしたのに、すぐにスプラトゥーン3が発売するとは考えにくいです。 そうなると、スプラトゥーン3は2019年内には発売しない可能性が高いです。 そのことから考えて、発売日は以下を予想します。 発売日予想:2020年8月頃 とりあえずあと1年はスプラトゥーン2でいくのではないか?と考えています。 ただ、2019年内にスプラトゥーン3の情報解禁はありそうですね! むしろ、情報解禁してください・・・!! スプラトゥーン3の対応ハードは? 次に気になるのが、 スプラトゥーン3に対応するハードは何になるのか?ということです。 初代スプラトゥーンは、WiiUでプレイが可能でした。 スプラトゥーン2は、Switchでプレイが可能です。 大前提として、スプラトゥーン3も任天堂から発売されたハード対応になると思います。 さらに、 2019年内にSwitchの新型が出るとも言われています。 このSwitchの新型は、現行のSwitchを少し高級にしたもの、少しコスパを抑えたものだと予想されています。 いわゆる、3DSとNEW3DSみたいな違い程度になるかもしれないんですね。 過去の発売サイクルから考えても、2022年頃にしか完全な新作は出ない気がします。 そして、スプラトゥーン3が2020年に発売したとすれば、 対応ハードはSwitchになる可能性が高いです。 2020年にスプラトゥーン3の発売。 2022年に新型のゲーム機&スプラトゥーン4という感じもありえるかも・・・?! スプラトゥーン3のキャラクターは? スプラトゥーンの基本的なキャラクターは、 イカです。 攻撃する時は人状態になり、インクの中を泳ぐ時はイカ状態になりますよね。 そして、スプラトゥーン2では「オクトエキスパンション」という課金コンテンツも登場しました。 深海メトロをクリアすると、タコのキャラクターも使えるようになったんです。 オクトエキスパンションは、ミッションを攻略しながらストーリーを楽しむことができます。 タコにしたいがために、オクトエキスパンションを買った方も多いのではないでしょうかw 私もその一人ですw ここで気になるのが、 スプラトゥーン3で使えるキャラクターは何になるのか?ということですね。 イカはもちろん基本で使えるキャラクターになると思います。 タコが追加コンテンツになるのか?最初から使えるのか?も気になりますよね。 既にTwitterでは、スプラトゥーン3のキャラクター予想が出ています。 以下は、あくまでスプラトゥーンファンが予想したデザインです。 特にタコに関しては、ガールもボーイも2種類ずつしかなくて「もっと変更したいのに!」と思っていましたw スプラトゥーン3では、髪型のバリエーションがもっと豊かに。 色合いもきれいになって登場する可能性はありそうです。 スプラトゥーン3のコンセプトは? スプラトゥーン2は、現実と同じだけイカ世界でも時間が経過したという世界がコンセプトになっています。 スプラトゥーンから2年間経過した街のようすも変化が見受けられるんですよね。 パラレルワールドではなく、スプラトゥーンの世界が2年後にどうなっているのか?を見せているのが、スプラトゥーン2になっているんです。 いわゆる、続編ってことですね! そして、2年後のイカ世界で一番イカしている、注目しているスポットがハイカラスクエアになったわけです。 ヒーローモードを遊ぶとわかるのですが、前作をプレイしていないとわからないところが多々あります。 もちろん、スプラトゥーン2のヒーローモードだけで遊ぶのも良いのですが、前作のヒーローモードをやっているとより楽しめるように。 スプラトゥーン2で流行していたハイカラスクエアが、さらにスプラトゥーン3でどうなるのか? 2019年7月に開催されるラストフェスのお題「どっちの世界を望む? 混沌 vs 秩序」 まさにこのテーマが、スプラトゥーン3に反映されそうですよね。 何もかもが境界も区別もなく入り混じり、進む道は自分自身で切り拓く「混沌」のハイカラスクエア? 厳格な規律で統制され、敷かれた道の先に約束された未来が待っている「秩序」のハイカラスクエア? それとも、ハイカラスクエアを抜けて新たな世界へ行くのか・・・? もしかすると、 スプラトゥーン3混沌Ver. と秩序Ver. の2パターンが出る可能性もあるかもしれませんね! スプラトゥーン3の開発はまだだった?!【2019. 18追記】 2019年7月18日から開催されたファイナルフェス。 これと同時に期待度が高まるスプラトゥーン3でしたが、どうやら まだ開発していないという噂が・・・。 調査してみると、スプラトゥーンシリーズのプロデューサーを務めている野上恒氏が 今後の展開について発言を披露したようです。 その内容は以下の通り。 「スプラトゥーン2についてはVer. 0で一先ず完結という形で捉えています。 リーグマッチとバランス調整に限れば今後も続けていきますが スプラフェスや新たな武器、追加ステージ等はここで一区切りに、という事になりました」 「2の制作は1作目のスプラトゥーンが発売された直後から始まりましたね。 発売後もオクトエキスパンションを開発しましたし、アップデートも続けてまいりました。 それなので今は一旦落ち着き、将来はそれから考えていきたいと思います」 「今後の展開については全てが完結した後に考えたいですね。 我々はまだ何かを約束できる段階にはありません。 ただ私達はこのシリーズを支持してくれた多くの方々の期待に対しては何らかの形で応えたいと思っています。 ユーザーの支持が強いのであれば、それは現実に変わるでしょう」 出典: スプラトゥーン2は、多くのステージ追加、武器追加がありました。 前作からのファンが懐かしいと感じる過去のステージを取り入れてくれたりもしましたね。 2019年7月21日のラストフェス後、プライベートマッチでミステリーゾーンが遊べる等の大型アップデートがきます。 このアップデートを以て、スプラトゥーン2は完結し、しばらくはこれで遊んでもらおう!と考えているようですね。 さらに、今は「あつまれどうぶつの森」の制作で忙しいようです。 そのため、 スプラトゥーン3の開発はまだ始まってすらいないんですね。 ただ、今後についてはどうなるかわからないですし、これだけの人気作ですから、いずれスプラトゥーン3は出ると信じています! その時を心待ちにして、スプラトゥーン2を末永く楽しんでいきたいですね!.

次の

スプラトゥーン3の発売日・ハード・キャラクターの最新情報まとめ

スプラトゥーン秀吉

sponsored link あ アァーツヨイ 昔時代を築いた「おもひで」というチームで生まれた名言。 「キットカット」が言ったセリフ。 ZLボタンを連打してびちゃびちゃさせるのが主流。 Rボタンを押して右手を上げるなど色々なパターンが存在する。 安全靴 相手インク影響軽減のこと。 前作での名前が「安全シューズ」だったため、それがそのまま引き継がれて呼ばれている。 垢BAN 一般的にはアカウントが永久凍結されることを言う。 広義では期間制限のあるアカウント停止処分も含む。 インクリング スプラトゥーンの世界でのイカのこと。 イカちゃん。 裏取り 相手と正面では戦わず回り込んで倒す戦法。 スプラにおいては塗りが疎かになるため味方に迷惑をかけやすい。 FPS用語。 エアプ エアプレイヤーの略。 ゲームをプレイしていないのに理解してそうな発言をする人のこと。 エイム 当てたいところに弾を当てるための技術。 FPS用語。 「エイムがガバる」、「エイムが合う」のように使われる。 遠投 サブ性能アップのこと。 前作は「ボム飛距離アップ」という名前だったため、今作でもボム飛、遠投と呼ばれることがある。 追いエイム 移動する相手に合わせてエイムを合わせる技術。 偏差撃ちとも言う。 FPS用語。 OPENREC オープンレック。 スプラプレイヤーが多く配信している配信サイト。 スプラ民なら絶対にスマホアプリをインストールしておきたい。 オカ 広場によく現れる謎のプレイヤー。 他の任天堂ゲームでも現れる名物プレイヤー。 置きボム スプラッシュボムやキューバンボムを置いておくこと。 相手に踏ませる目的で使われることが多いテクニック。 おにぎり 「おむすび」とも言う。 スプラッシュボムのこと。 か 回線弱者 弱い回線でプレイしているプレイヤーのこと。 顔でかい 「わかるーん」という有名プレイヤーをいじるときによく使われる単語。 固め 相手が前線を上げにくい状況まで追い込むこと。 特にガチエリアでよく聞く単語。 ガチマ 「ガチマッチ」の略。 角待ち 直角の障害物や曲がり角を利用して潜伏しつつ敵を待つこと。 ローラーで使われることが多い。 神の射程 ボールドマーカーの射程の短さを表した単語。 皮肉交じりで言われる。 環境 ブキ、スペシャルなどについて、その時々に強いものと弱いものを表すときに使われることが多い。 意味はけっこう広義。 ガンダムオンライン ジェットパックが多い環境のことを指す。 ジェットパック対面になったときにこの単語を叫べば通っぽく見えるだろう。 ギア ギアパワーの略。 キャラコン キャラクターコントロールの略。 インクリングを動かすうまさを指す。 簡単そうに見えてめちゃくちゃ奥が深い。 FPS用語。 キャリー 味方を自分の力で勝ちに持っていくこと。 FPS用語。 95割運直 読みは「きゅうじゅうごわりうんちょく」。 「せなる」という人物が言った単語。 ロングブラスターのジャンプ撃ちは乱数が大きいから、直撃が決まったらそれは運が良かっただけという意味。 これだけ頭が悪そうに表せるのは本当に才能だと思う。 共闘あり 「共闘ありがとうございました」の略。 味方でマッチングした有名プレイヤーの放送のコメント欄に書くときによく使われる。 曲射 壁裏や高台にいる敵に対して弾を当てるテクニック。 シューター等のブキでは最大射程のところでインクが釣り糸状に落ちるため、それを利用して弾を当てる。 ブキのスペックを測るためのベンチマーク的なもの。 FPS用語。 キルレ 「キルレシオ」の略だが、意味合いは結構違う。 キル- ハイフン デスの形であらわされることが多い。 FPS用語。 倒した数と倒された数を表す指標。 FPS用語。 各試合で算出されるのが通例。 FPS用語。 クイコン 「クイックボムコンボ」の略。 クイックボムのダメージとメイン1発のダメージだけで倒せるブキにおいて使われることが多いが、割と広義である。 クイボ クイックボムのこと。 クリアリング 敵がいないと確信できる範囲を広げる作業のこと。 国宝 スプラで最も有名なプレイヤーである「たいじ」に向けて言われる言葉。 「ツンデレ娘」というプレイヤーのセリフが発端。 腐らない 環境が変わってもそのブキやサブウエポンなどが弱くならないこと。 積んでいるギアパワーが無駄にならないという意味でも使われる。 さ サブスぺ 「サブウエポンとスペシャルウエポン」の略。 33-4 元ネタは違うが、チャージャー使いである「ぴょん」というプレイヤーが出したキルレのこと。 ボッコボコにしたという意味。 3-12 「たいじ」が出したキルレ。 たいじをいじるときに視聴者がよく使っていたが、最近はあまり見ない。 gg 読みはジージー。 good gameの略。 「いい試合だった」「おつかれ」といった意味合い。 世界共通のゲーム用語である。 ジェッパー 「ジェットパック」の略。 前作ではジェットスイーパーの略だった。 ジェッパトゥーン ジェットパックが多かった初期環境を指す単語。 自高 じたか。 「自陣の高台」の略で、長射程ブキが陣取ることが多い。 自陣にあって少し高い位置にある場所ならそれだけで自高と呼んで大丈夫。 瞬間エイム 瞬間的に目的物にエイムを合わせる技術。 FPS用語。 スシコラ 「スプラシューターコラボ」の略。 スナイプ ガチマ配信等で配信者に合わせて潜ること。 示し合わせた場合もそう呼ぶ。 スプラ民 スプラトゥーン、スプラトゥーン2をプレイしている人のこと。 スリップダメージ 相手のインクを踏んでいるときに発生するダメージのこと。 前作では安全靴を履くと30まで、なしだと50までダメージが蓄積すると言われていたが今作はどうなんだろう? 前線 自インクと敵インクの境界線付近のこと。 この概念はスプラトゥーンの基礎を理解する上でかなり重要である。 戦犯 チームが負ける原因を作ったプレイヤーのこと。 潜伏 自インクに潜むこと。 スプラトゥーンでは完全に姿を消せるため、うまく使えば強いテクニック。 潜伏をしていると塗りができないのでやり過ぎには注意。 ゾンステ ゾンビステルスジャンプの略。 復活時間短縮とステルスジャンプを使ったギア構成のこと。 ひたすら死につつもすぐに前線に復帰できることがこの戦術が強み。 前作の後期はこれが環境を支配していた。 た たいあり 「対戦ありがとうございました」の略。 敵でマッチングした有名プレイヤーの放送のコメント欄に書くときによく使われる。 打開 固められた状況から前線を押し戻すこと。 これがしやすいブキが強ブキとされやすい印象。 立ち回り 状況判断からなる行動のこと。 一応FPS用語だが、いろんなところで使われる。 チャー 「チャージャー」の略。 チンパン 「チンパンジー」の略で、本当に人間なのか疑うくらいお粗末なプレイをしている人を指す。 後ろにブキを付け、「チンパンブキ」と言うと主にカーボンローラーのことを指す。 懲罰マッチング どう考えても勝てない味方を引かされるマッチングのこと。 連勝した後に起きやすい今作の仕様である。 介護マッチングともいうらしい。 DDコングダンス 有名プレイヤーの「とうぽー」が言った謎の単語。 意味はわからない。 登山 タチウオパーキングで敵のリスポーン地点に向かって駆け上がっていくこと。 ドライヤー ノヴァブラスターのこと。 見た目がそうみえることから。 な ナーフ nerf 下方修正という意味。 ゲーム用語。 日本の宝か そのスパショはああ! 「ツンデレ娘」が「たいじ」に放った言葉。 これにより「国宝」というワードが生まれた。 ちなみにスパショというのは前作のスペシャル「スーパーショット」の略である。 は 吐く スペシャルを-吐くというように使われる。 使うと同意義。 ハゲ 「たいじ」をいじるときに使われる単語。 爆発力 チームを一気に有利状況に持っていく能力が高いこと。 ブキのことを指すことが多く、ブラスター ラピ系統以外 がその代表格である。 馬場豊 「もこう」である。 バフ 上方修正という意味。 ゲーム用語。 ハムスター イカスフィアのこと。 はんじょうラップ ローラー使いで有名な「はんじょう」が作ったラップ。 ぜひ検索して聞いてみて欲しい。 左壁 を使う 左側に壁がある状態を作り、有利な状況を作るための方法。 スプラのイカはみんな右利きであるため、銃口がイカ本体より右側に来る。 それを利用し、身体を壁に隠しつつ敵を倒すことができるテクニック。 ファンメ 「ファンメール」の略。 戦犯したときに味方から送られてくるメッセージを指すことが多い。 ゲーム用語。 ヘイト 敵の注目を集めること。 戦略を考える上でかなり重要な要素。 FPS用語。 偏差撃ち スプラでは「追いエイム」とも言う。 移動する敵に弾を当てるテクニックである。 ホームボタン連打 有名プレイヤーの「はんじょう」が放送中にやっていた奇行である。 Switchだとできないので、もう見ることはできない。 ホコ割り ホコを割ること。 ブキの強さの指標として使われることもある。 滅びの バーストストリーム 有名プレイヤー「ぱいなぽ~」が大会中に言った技名。 前作のスペシャル「メガホンレーザー」を撃ったはいいが、それが原因になって一気に不利状況になりそのまま負けたことが印象的で、この単語が残った。 元ネタは遊戯王。 ま マッチング 対戦相手、味方が選出されること。 ゲーム用語。 味方負担 味方に負担をかけること。 塗り、キル、ヘイト集めのどれかが疎かになっている状態のことを指すことが多い。 ブキの指標として使われることもある。 ミラー対面 同じブキ同士の対面のこと。 ミリン語 有名プレイヤー「ミリンケーキ」が話す難解な言語のこと。 メタブキ 敵として対面すると何もできなくなってしまう存在のブキのこと。 スプラシューターだとプライムシューターなどがメタブキにあたる。 持ちブキ 普段持っているブキのこと。 使いこなせるブキを指すこともある。 や 有利対面 相手と勝ちやすい位置で対峙すること。 これがうまければ多少エイムが下手でもなんとかなる。 ら 雷神ステップ シューター系のブキで使われるテクニックのこと。 リスポーン地点 スタート地点、イカが死んで復活する場所のこと。 「リス」と略される。 ロング FPS用語で、ロングレンジの略。 通話しながらプレイするときに報告でよく使われる。 ロングブラスターの略でもある。 わ わこつ 枠取りお疲れ様の略で、ニコニコ生放送で生まれた単語。 オープンレックでもよく使われる。 ンフーンフー 「たいじ」の鼻息。 単語は随時追加していきます。 こじらでした じゃ.

次の