エイペック ス シーズン 3。 『DEFIANCE/ディファイアンス』、シーズン3で放送終了 (2015年10月20日)

【ポロス~古代インド英雄伝~】シーズン3第31~35話。あらすじネタバレと感想。

エイペック ス シーズン 3

【ポロス~古代インド英雄伝~】31話~35話 31話のあらすじネタバレ 壇上から降りてきたアレクサンドロスは、「ヘファイスティオンの足に口づけをしろ」とプルに命じる。 口づけをすれば許すと言われたプルは、ヘファイスティオンに近づくと足をすくって転ばせた。 そして「我々インド人は神にはひれ伏すが、悪魔の前でしゃがむのは倒すときだけだ」と言い放つ。 アレクサンドロスは、プルを牢に入れるよう命じた。 その後、牢に入れられたプルのところにやってきたアレクサンドロスは、プルとマケドニアの精鋭を戦わせると宣言する。 「長男が不在ならば、次男が役目を継ぐのは当然です。 カニシカを王太子になさっては?」と。 アヌスヤは、プルが帰ってくると信じているが、その間も王太子の存在は必要だと言う。 だがバムニ王は、もしもプルが帰ってきた場合に王位争いが勃発するのではないかと憂いているようだ。 32話のあらすじネタバレ マケドニアの精鋭とプルが剣闘試合をすることになった。 会場に連れて行かれそうなプルに、ハスティは必ず助け出すと言葉をかける。 プルは、救出よりも任務を果たせとハスティたちに言い聞かせた。 しかし、ラチはインド人の本領を見せつけるのだと意気込んでいる様子。 そこに急ぎの報告が。 プルの従者が少年(マラヤ)を抱いて宮殿に現れたというのだ。 シヴダットとカニシカは、急いで探しに行く。 一方のマラヤは、ここで待っていろという従者の言いつけを破り、団子を配っているアヌスヤのもとへ駆けつける。 アヌスヤはマラヤを連れ出し、2人は話に花を咲かせた。 マラヤがプルの名を口にしようとしたその時。 現れたシヴダットの手下が、「この子は料理人ゴパラの息子です」と言ってマラヤを連れていく。 その後 胸騒ぎがしたアヌスヤが、ゴパラに 息子のことを尋ねてみると「自分には息子も妻もいない」と返ってくる。 33話のあらすじネタバレ アレクサンドロスは、母オリュンピアスに教えられた予言を思い返していた。 「インドへ行けば2度とマケドニアは戻ってこれない」という予言を。 そこに、前触れもなくオリュンピアスが現れる。 剣闘試合のことを知ったオリュンピアスは、インドにまつわる事柄やインドの者(プル)には関わるなと忠告するが、アレクサンドロスは聞き耳を持たない。 結局アレクサンドロスは、オリュンピアスの反対を押し切って剣闘試合を開催した。 試合当日。 会場にはすでにプルが入場しており、そこに1人目の精鋭戦士が入ってくる。 * その頃 パウラヴァ宮殿では、プルの消息を知る従者がシヴダットの配下に殺された。 34話のあらすじネタバレ 剣闘試合が始まり、プルは1人目の対戦相手と対峙する。 プルは武器を持たずとも互角に渡りあい、隙をみて相手の武器を真っ二つに叩き割った。 そこからはプルの圧勝で、やがて対戦相手は許しを乞う。 倒れて動けない相手に近づいたプルは、手を差し伸べて相手を立たせてやる。 そして、壇上で見物しているアレクサンドロスに向かって言った。 「インド人は許しを請われればそれを受け入れる。 そこがマケドニア人との違いだ」 * 2戦目のプルの対戦相手は2人で、どちらも馬に乗っている。 プルは2人ともを落馬させ、今回も楽々勝利した。 一方で、ラチやハスティたちは、試合が終わるまでに任務を遂行しようと動きだす。 35話のあらすじネタバレ パウラヴァ宮殿では、カニシカの立太子儀式が始まった。 その頃、マラヤを探すアヌスヤは、宮殿の壁に子供の手形がついているのを発見してその方角に進んでいく。 一方、シヴダットの手下に捕らえられたマラヤは、殺されかけるが自力で逃げ出した。 その後マラヤは、兵士に追いつかれて斬られそうになるも、現れたアヌスヤに助けられる。 誰に追われていたのかと聞かれたマラヤは、シヴダットと答えた。 そしてマラヤは、プルと出会ったことや、プルが沈んだ船から助け出してくれたことをアヌスヤに話して聞かせる。 * マラヤが逃げ出したことを部下から聞いたシヴダットは、自ら探しにいく。 マラヤがプルの生存を誰かに伝えてしまえば、カニシカの立太子が取り消しになってしまう。 それを避けたいシヴダットは、口封じのためにマラヤを始末するつもりだ。 * 3戦目に突入したプルは、4人の戦士に囲まれるが難なく勝利する。 【ポロス~古代インド英雄伝~】感想31話 ついに、プルとアレクサンドロスが言葉を交わしました! 同日に別の場所で生まれた2人が、シーズン3にして初めて対峙したこの瞬間は、多くのファンを熱狂させたことでしょう。 ダレイオスの存在をすっかり忘れてしまうほど、2人の対峙シーンは興奮しました。 ヘファイスティオンはペルシャでは悪役ポジションなのか、ドスの効いた声&荒々しい態度で振るまっており、今までとの違いに戸惑ってしまいます。 一方、相変わらず敵を挑発するプル。 彼は昔から、敵対する相手にはすぐに挑発する節があるのですが、今回もヘファイスティオンを相手に挑発していました。 これはますますヘファイスティオンの恨みを買った予感……。

次の

Apex Legendsのチーター対策(リージョンロック)が困難な理由【エイペックス】

エイペック ス シーズン 3

ドラマ「メンタリスト シーズン3」ネタバレあらすじ一覧 【2話予告】 義理の弟ダニーから助けて欲しいと連絡を受けたパトリックは、ダニーが居るというビルへ向かいます。 そこにはダニーの姿はなく、銃で撃たれた男性の死体がありました。 警察に逮捕されたパトリックを、リスボンが釈放させます。 パトリックは自分が幼少期を過ごしたサーカスの一座に向かいます。 ダニーが逃げそうな場所を、知り合いに聞きまわりますが、警察を極度に嫌うサーカス一座の面々からは、有力な情報を聞くことが出来ませんでした。 そこでパトリックは独自の捜査を開始します。 【3話予告】 川のほとりで若い女性が死体で発見されます。 遺体には注射跡があり、過去に薬物を使用していたと考えられます。 遺体には入れ墨もあり、それはカルト教団のビジュアライズのマークでした。 早速、パトリックとリスボンはビジュアライズを訪ねます。 ビジュアライズの教祖スタイルズは、事件に教団は関係ないと断言します。 そしてパトリックへ行方不明のクリスティーナについて、情報があると告げます。 その頃、クリスティーナを捜査している失踪人捜査課からもパトリックへ連絡が入ります。 【4話予告】 女性をレイプして服役していたダールは、DNA鑑定の結果、無実が判明して釈放されます。 しかしダールは出所後、直ぐに何者かに殺害されてしまいます。 ダールにレイプされた被害者の夫マックスに話を聞きに行ったパトリックは、マックスの発言がひっかかります。 ある日、テレビショウにゲスト出演したパトリックは、思いがけない方法でダール殺しの犯人を見付けると宣言します。 その頃、FBIのオラーフリンと付き合うことになったグレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)は有頂天になります。 【5話予告】 競馬の騎手ビルが殺害されます。 パトリックは殺害現場へ向いましたが、現場からは余り得られるものがありませんでした。 パトリックはビルが騎乗する予定であった馬がいることを発見します。 その馬が所属する厩舎を訪れたパトリックは、調教師とビルの代わりに騎乗するサムと会います。 その2人と話をしていると不自然な仕草にパトリックは気が付きます。 その後、競馬場に向かったパトリックは、元騎手で厩務員をしているバーンズと出会います。 バーンズは厩舎情報を一般客に売り、小遣い稼ぎをしているところでした。 パトリックはバーンズに話しかけ、次のレースの1,2,3着を当てることが出来ると言います。 【6話予告】 フィッツジラルド判事の母親の通夜が行われます。 その際中、フィッツジラルド判事の娘アビーの部屋で、恋人オースティンの死体が発見されます。 折しもフィッツジラルド判事が刑務所送りにしたネオナチのリーダー、タッブスから脅迫がされていて厳戒態勢が敷かれている中での犯行でした。 またアビーの姿も屋敷の中になく、フィッツジラルド判事はリスボン達に娘を探し出すように厳命します。 パトリックは厳戒態勢が敷かれている中で、 外部の人間が屋敷に忍び込んで犯行を犯すことは難しいと考えて、内部の人間を観察します。 【7話予告】 殺害予告を受けた実業家ユーリを援護するため、パトリックとリスボンがユーリの会社へ呼ばれます。 そこへ現れたのはユーリだけではなく、以前、ある事件で殺人の嫌疑を掛けられた富豪マッシュバーンでした。 マッシュバーンはユーリの会社を買収する予定でしたが、契約が完了する前にユーリに死なれては困ると考え、以前の事件で知り合ったパトリックとリスボンを呼んだのでした。 ユーリとマッシュバーンは契約書にサインをするために、会議室へと入ります。 マッシュバーンは会議室の外に居たリスボンに話しかけようと会議室を少し出た瞬間、会議室は激しい爆発が起きます。 マッシュバーン、リスボン、パトリックはかすり傷を負いますが無事でした。 一方、ユーリとその秘書は木端微塵になり、跡形もなくなりましたが、DNA反応はあったので2人は死亡した模様でした。 【8話予告】 片田舎の野菜直売所で買物をしようとしていたパトリックでしたが、そこに現れた見知らぬ男に銃撃されます。 直売所の店員が男に反撃しますが、撃ち殺されてしまいます。 現場から逃げたパトリックでしたが、犯人に追いつかれてしまい拉致されます。 犯人のアジトの地下室へ連れていかれたパトリックでしたが、犯人は何者かに射殺されてしまいます。 犯人を射殺したのは意外な人間でした。 【9話予告】 田舎町の農園で3人の死体が発見されます。 被害者は2人の保安官補佐と救命士トッドの婚約者キーリーでした。 3人はそれぞれ違う方法で殺されており、遺体の場所も少しずつ違う場所に放置されていました。 リスボンは捜査をFBIに任せようと考えますが、パトリックは自分がこの事件を担当すると言います。 対策本部にリスボンとパトリックがいると霊能力者だと名乗るマーズという男が現れ、自分の能力を使って事件を解決すると申し出ます。 【10話予告】 初老の男がビルから転落して死亡します。 その男はサンタクロースの衣装を着ていました。 現場に到着したリスボンは、殺人事件か事故か分からず、判断に困っていました。 パトリックが現場に到着し、被害者を観察すると、直ぐにこれは殺人事件であると断定します。 被害者の名前はベンジャミンで、このビルの一室が彼の自宅でした。 ベンジャミンを調べると、彼はサンタの慈善団体の幹部をしており、さらに断酒会に入っていたことが判明します。 その頃、連続殺人犯トッドがCBIの取調室で何者かに殺された事件で、内部監査局のラローシュが調査を始めていました。 【11話予告】 ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)はデートで総合格闘技を見に来ていました。 その会場の選手控室につながる廊下で、若い女性の射殺体が見つかります。 その女性はライターのシャーロットでした。 シャーロットはその会場で戦っているマニーとラウディの記事を書くために、2人に密着取材をしていました。 マニーのプロモーター・アターシュは余り評判がよくなく八百長など噂を聞こえてきます。 一方、連続殺人犯トッドを殺した人間を捜査している内部調査局ラローシュは、新たな標的としてリグスビーを付け回します。 【12話予告】 車のスクラップ工場で若い女性の死体が発見されます。 現場に到着したパトリックは、死体の第一発見者が飼っている犬の首輪をわざと外します。 犬はある方向へ一直線に走りだします。 犬はあるところで立ち止まり、激しく吠えます。 スクラップをどけると、若い女性の死体がもう一体発見されます。 連続殺人事件ということもあり、FBIから科学犯罪捜査員のモンテギュー博士が捜査に加わります。 モンテギュー博士は、科学データに論拠して捜査を進めていきます。 そしてモンテギュー博士は、10年前に連続殺人で手配をされたケイブマンが今回の犯人であると推察します。 そしてCBIへケイブマンから内臓が送られてきます。 【13話予告】 小さな町でドキュメンタリー監督のアンバーが殺害されます。 地元警察は2年前に自分の妻を殺害した容疑者クロスホワイトが、アンバー殺害の犯人だと断定します。 しかしCBIがこの事件を担当することになり、リスボンは関係者に聞き込みを行います。 クロスホワイトに事情聴取をしたリスボンでしたが、クロスホワイトがキレやすい性格であることが分かりました。 そしてパトリックは、クロスホワイトが罪悪感に苛まれていることに気付きます。 クロスホワイトの自宅を捜索するとアンバーのビデオカメラが出てきました。 リスボンは逮捕状を取りますが、クロスホワイトは町庁舎へ人質を取って立て籠もります。 人質の中にはパトリックもいました。 【14話予告】 ギャング絡みの事件の証人を保護していた警察は、グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)を警護に指名します。 ある晩、ヴァンペルトは夜間の警護を担当していて、昼間の警備担当を行っているゴーマンから引き継ぎます。 その直後、家の外で物音を聞いたヴァンペルトは銃を片手に外へ出ますが、何者かに頭を痛打されます。 ヴァンペルトが意識を取り戻した時には、証人は殺害された後でした。 ヴァンペルトの捜査に疑問を感じたラローシュは、ヴァンペルトを内部調査します。 【15話予告】 金の採掘現場で、男性が死体で見つかります。 この地域には金の鉱脈があり、採掘権利を買った人々が思い思いに金の採掘を行っていました。 殺害されたリックもその中の1人でした。 現場を調査していたリスボンは怪我をしてしまったため、上司のハイタワーが捜査の指揮を行います。 ハイタワーはシングルマザーで、2人の子供の面倒はリスボンがCBIのオフィスで見ることになります。 捜査を開始すると、採掘権利を販売しているアウトウッドが捜査線上に浮かびます。 CBIがアウトウッドを尋問しますが、決定的な証拠はなく釈放されます。 自宅に戻ったアウトウッドは死体で発見されます。 【16話予告】 CBIの屋根裏にあるパトリックの部屋から、パトリックとハイタワーが出てきます。 ハイタワーは、ライフルをパトリックの頭部に突きつけています。 そして2人を取り囲むリスボンやラローシュに、道を空けるように言います。 それから遡ること36時間前、博物館の中で骨董商モンテロが殺害されます。 マヤ文明の金像が盗まれたことも明らかになります。 真面目な骨董商だと思えたモンテロでしたが、裏の顔があることが分かります。 その頃、CBIの取調室で殺害されたトッドを殺した犯人を調査していたラローシュは、ハイタワーに尋問を開始します。 【17話予告】 ゴルフ練習場で男性の撲殺死体が発見されます。 パトリックは、死体を見ただけで被害者は医師だと断定します。 パトリックの言うとおり、被害者はニュートンという医師でした。 臓器移植のチームを率いるニュートンでしたが、ストレスが溜まる職場環境に悩んでいたようでした。 ニュートンの後釜になったクイックは、ニュートンと運営方針の考え方がかなり違うようでした。 病院に出入りするパトリックは、看護婦や職員と仲良くなり、病院の内部事情を入手します。 一方で、ラローシュの内部監査に辟易していたリスボンは、ラローシュに反抗します。 ラローシュがハイタワーの後任になったことを知らなかったリスボンは、降格されてチョウがチームの指揮を執ることになります。 【18話予告】 男性の死体が片田舎で発見されます。 男は銃で撃たれ、首をナイフで裂かれて死亡していました。 現場では検視官のシュタイナーが死体を調べていました。 現場に到着したパトリックはシュタイナーをからかいながら、被害者は金融業界の人間で妻の方が金持ちであると推定します。 パトリックの言うとおり、被害者は大金持ちクック一族の婿で、投資会社を経営しているハートリーという男性でした。 クック家を訪問すると、ハートリーの義母はハートリーを良く思っていない様子です。 シュナイダーはハートリーの遺体を運搬中、何者かに襲われて遺体を奪われてしまいます。 責任を感じたシュナイダーは捜査に加わりたいと申し出ます。 【19話予告】 マリーナで男の水死体が発見されます。 男は銃弾を受けて海へ転落した模様です。 被害者はジョン・フリンという名前で、高所得者を対象とする結婚相談所を経営している人物でした。 CBIへ戻ったパトリックは、ジョンの妻エリカと出会います。 エリカは非常に美しい若い女性でしたが、パトリックは少しエリカと話をして、エリカがジョンを殺害したと確信します。 しかしエリカを調べた結果、ジョンが殺害された時間帯のアリバイがエリカにはありました。 それでもエリカが犯人だと信じるパトリックは、エリカが働く結婚相談所に向かいます。 【20話予告】 ある晩、ラローシュ邸に泥棒が入ります。 泥棒は隠し金庫を開けて中身をみたりしながら、何かを探している様子です。 泥棒に気が付いたラローシュは発砲しますが、泥棒はラローシュの家から逃げ出します。 しかし泥棒は逃げきれず、警察に逮捕されます。 泥棒はカルペッパーという名前でしたが、カルペッパーは以前の事件でパトリックと関わりのあった人物でした。 時を同じくして、CBIはあるお店でフィッシャーという男が殺された事件の捜査を開始します。 しかしなぜかパトリックは、この事件については上の空でした。 【21話予告】 宝石店の店前で刑務官の男が死体で発見されます。 死体を見たパトリックは、被害者の着ているものを見て、この男は刑事志望であったと推測します。 被害者は何か所も刺されて殺されていたことから、元囚人が犯人だと考えられました。 CBIは被害者が勤めていたカーソン刑務所の元囚人を調査します。 ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)は、ある元囚人の家を訪れます。 その家の中からリグスビーの父親が出てきました。 【22話予告】 女性がバス停留所で射殺されます。 現場で捜査を開始したキンブル・チョウ(ティム・カン)は、怪しい少年を見つけます。 その少年はチョウの車を盗み、逃走します。 一方で、殺害された女性は、北カルフォルニア交響楽団の首席バイオリニスト・エレノアでした。 エレノアの死体のそばにはあじさいの花びらが落ちていました。 その花びらにパトリックは興味をそそられます。 【23話予告】 体に爆弾を巻き付けられた男がガソリンスタンドに向かいます。 不審に思った警察官が男を呼びとめます。 その直後、爆弾が爆発して男は木端微塵になります。 犯人の男はガソリンスタンドに来る前に、自分が勤務する消費者金融で強盗事件を起こしています。 パトリックは、消費者金融には金が一杯あったにも関わらず、犯人が5万ドルしか奪っていないことに違和感を感じます。 【24話予告】 パトリックが定宿のモーテルへ戻ると、人の気配を感じます。 銃を構えたハイタワーが風呂場から現れます。 拷問を受けたのは親戚のマックスで、送金を続けてくれていたと言います。 マックスの無残な姿を見たハイタワーは、自首して裁判で戦うことを選ぶと言います。 パトリックはハイタワーの決断を尊重しますが、自首をするのは48時間後にしてほしいと頼みます。 ドラマ「メンタリスト シーズン3」の概要 霊能師として活躍していたパトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー)は、テレビなどにも出演して人気を博していました。 トーク番組で連続殺人犯人レッド・ジョンを侮辱する発言を行ったパトリックは、ある晩、自宅へ帰宅すると、妻と娘が惨殺されている光景を目の当たりにします。 そして部屋の壁にはレッド・ジョンが事件現場に残すスマイルフェイスの絵が残されていました。 テレビで挑発されたレッド・ジョンが、パトリックへ制裁を加えたのでした。 レッド・ジョンに復讐することを人生の目標としたパトリックは、この事件をきっかけに霊能師を廃業します。 パトリックは霊能師と名乗っていましたが、そのような能力はなく、人物を深く観察することによりその人の心理を読み取っていました。 そして、人々の心理をもとに彼らを巧みに操ることによって、霊能師を演じていたのでした。 パトリックが持つ人の心理を読み取る力を、警察は捜査に使おうと考え、パトリックをCBI カルフォルニア州捜査局 のコンサルタントに任命します。 パトリックにとって、CBIにはレッド・ジョンに関する情報があり、この情報をもとにレッド・ジョンを探しだそうとします。 通常の事件捜査では、常識を外れる行動・言動で常々問題を起こしますが、抜群の観察力で次々と犯人を検挙します。 パトリックはテレサ・リスボン(ロビン・タニー)率いるチームの一員となり、チームメンバーであるキンブル・チョウ(ティム・カン)、ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン)、グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ)と共に、難事件を解決していきます。 シーズン3では、レッド・ジョンかもと思われる人物が、パトリックの周辺に次々と登場します。 また、パトリックが以前より怪しんでいた、警察関係者にレッド・ジョンの手先が侵入していることも発覚します。 さらにレッド・ジョンの魔の手が、パトリックを応援してくれていた人々にも伸びます。 意外な人物が思いがけない行動を起こし、パトリック達を窮地に追い込みます。 そしてシーズン3のフィナーレでは、パトリックは遂にレッド・ジョンらいき人物と対面します。 その時のパトリックは思い切った行動に出ます。 ドラマ「メンタリスト シーズン3」の主要な登場人物、キャスト パトリック・ジェーン(サイモン・ベイカー) テレサ・リスボン(ロビン・タニー) キンブル・チョウ(ティム・カン) ウェイン・リグスビー(オーウェン・イオマン) グレース・ヴァンペルト(アマンダ・リゲッティ) J. ラローシュ(プルイット・テイラー・ヴィンス) ゲイル・バートラム(マイケル・ガストン) クレイグ・オラーフリン (エリック・ウィンター).

次の

SFドラマ『エクスパンス~巨獣あらわる~』シーズン3~アヴァサラララララ!~

エイペック ス シーズン 3

【ポロス~古代インド英雄伝~】26話~30話 26話のあらすじネタバレ バルシネら女性陣の部屋に現れたアレクサンドロスは、自身のペルシャの装いはどうかと意見を求める。 かつての巫女の予言により インドに対して過敏になっているアレクサンドロスは、インド帰りのバルシネに興味を持っている様子。 また、ペルシャの町が燃えた際にバルシネが笑みをこぼした理由を追及するが誤魔化された。 アヌスヤは母親の直感でプルが生きていると確信する。 バムニ王も、プルが生きていると信じることに。 その頃、プルとラチとヴィシュッディは、アレクサンドロスの宴に潜入した。 27話のあらすじネタバレ 戦の大勝を祝う宴だというのに、アレクサンドロスは常に警戒心を滲ませ心が休まらない様子。 そんな彼に、ヘファイスティオンは「しっかり兵を配置しているから、心置きなく楽しんだらどうだ」と言葉をかける。 宴にはバルシネたち女性陣も参加することになっているが一向に現れない。 そのことに痺れをきらしたアレクサンドロスは、バルシネのいる部屋に見張り兵を送るようヘファイスティオンに命じた。 一方、宴に潜入したプルは、警備の配置が手厚い方角にバルシネがいるはずだと見当をつける。 プルはヴィシュッディに警備兵の注意をそらしてもらい、その隙にラチと出口を通過した。 その頃、プルの到着を確信しているバルシネは、目印として用意した ペルシャの旗を丸めて使用人に渡し、通路に置いておくよう命じる。 その目印を見つけたプルは、ついにバルシネたちのいる部屋に到着した。 こうして、プルとバルシネは再会を果たす。 王宮の外では、ハスティとアンビ王子が火事を起こし、兵士たちの気をそらした隙に逃亡用の馬車を用意した。 28話のあらすじネタバレ アレクサンドロスのもとにダレイオスからの書状が届く。 アレクサンドロスは、バルシネたち王族の前で読み上げるからついてこいとヘファイスティオンに命じる。 それを見ていたヴィシュッディは、アンビ王子のところへ行き「アレクサンドロスが部屋に向かったことをプルに伝えてほしい」と頼む。 その頃、プルとラチはバルシネたちを脱出させようとしていた。 そこに、アンビ王子からの矢文が届き、プルとラチは急いで窓辺に隠れる。 バルシネたちの部屋に到着したアレクサンドロスは、どこか怪しさを感じながらも深くは追及せず、ダレイオスからの書状を読み上げた。 書状の内容は和睦の申し出で、領土の半分をアレクサンドロスに与えることや、バルシネとの婚姻が条件として書かれていた。 アレクサンドロスは、書状の状態や墨の匂いからダレイオスの居場所をバクトリアだと特定し、返事を代筆するようヘファイスティオンに命じる。 返事の内容は「和睦に応じるつもりはない、1ヶ月の猶予を与えるからその間逃げてみよ」というものだった。 29話のあらすじネタバレ ダレイオスへの返事を書き終えたアレクサンドロスは、部屋を出る直前に窓辺をのぞき、そこにある足跡を見て何かに感づいた様子。 一方、とっさに下に降りたプルは、アレクサンドロスに気づかれてしまったから早いところ彼の戦術や武器について探ることにする。 鉄の矢じりを見たプルは、帰国したらパウラヴァでも同じものを作るという。 また、マケドニア軍の兵が甲冑を着ていないと知ったプルは、機動力の高さでダレイオスとの戦を制したのだろうと分析。 さらに、墨の状態からダレイオスの居場所を突き止めたアレクサンドロスの頭脳にも着目する。 もっと探ろうと動き始めたプル一行だったが、現れた兵にどこかへ連れて行かれる。 どうやら、これからアレクサンドロスが参上するらしく、全市民を一か所に集めているらしい。 しばらくして、アレクサンドロスとバルシネが現れた。 王座も父の愛情もすべて奪われ悔しくてたまらない様子。 すると、現れたシヴダットは新たな策があると話し、そのためにはバムニ王の感情を揺さぶれとカニシカに命じる。 シヴダットは、プルが不在の間にカニシカを王太子にするつもりだ。 30話のあらすじネタバレ ペルシャ市民の前に現れたアレクサンドロスは、足に口づけをして敬意を表せと民に命じる。 一見すると己を神格化するための行動に見えるが、アレクサンドロスの意図は別にあった。 バルシネの反応を見て、彼女の協力者(プル)を探そうとしているのだ。 民が次々とアレクサンドロスの足に口づけをする中、ひとりの子供が「あんな酷い人には頭を下げたくない」と口にする。 すると、アレクサンドロスは両親の前で子供を始末するよう命じた。 兵士が剣を振り上げたその時、プルが子供を助ける。 怒ったヘファイスティオンがプルに斬りりかかろうするが返り討ちにされる。 やがて、プルは兵士に囲まれてしまう。 ヘファイスティオンがプルを殺そうとしたところを、アレクサンドロスが制止した。 装身具の老人職人は、「消息不明の長男が生きていると信じているが、周りは次男に家職を継がせろと言う、どうすれば良いか」と相談。 バムニ王はそなたの苦しみはよく分かるとした上で、まずは次男に継がせたらどうかと答える。 その答えに、シヴダットは満足そうな笑みを浮かべた。 そして!ついにバルシネとプルたちが再会しました。 今のところバルシネの救出作戦はうまくいっていますが、相手はあのアレクサンドロスなのでそう簡単には成功しない予感。 現に、アレクサンドロスは宴中もかなり気を張っていて、バルシネに対しても警戒しているようでした。 そんなアレクサンドロスに、「宴ぐらいは気を休めて楽しんだらどうだ」と気遣うヘファイスティオンの一言にほっこり。 ところで、戦から逃亡したダレイオスは今どこにいるのでしょう。 彼は側近や兵を連れずに1人で逃亡したので、アレクサンドロスに反撃したくてもできず、どこかでひっそりと身を隠しているのかもしれませんね。 【ポロス~古代インド英雄伝~】感想30話 プルが強い! ヘファイスティオンはアレクサンドロスの側近なのでかなり強いはずなのですが、そんなヘファイスティオンを相手に圧勝するプルが強すぎて驚きました。 また、アレクサンドロスの前ではいつも穏やかなヘファイスティオンが、ペルシャ民の前では荒々しく振るまう姿も印象的。 ヘファイスティオンは今回のことでプルに屈辱を抱いたと思われるので、今後はプルを目の敵にするかもしれません。 プルは強すぎるがゆえに相手に屈辱を味わわせがちで、ゆえに敵も作りやすいんですよね。 今回のヘファイスティオンとの戦いを見るに、もしかすると1対1ならばアレクサンドロス相手にも勝てるのではないでしょうか。

次の