行政書士 合格。 行政書士の通信講座 おすすめは? ~コスパと品質で選ぶ【2020年最新版】比較ランキング|

行政書士試験に合格することはすごい!?

行政書士 合格

行政書士試験の合格率 平成30年度の行政書士試験の全国平均合格率は 12. 前年度の平成29年度の合格率15. 年度 受験者数 合格者数 合格率 平成30年度 39,105人 4,968人 12. その後、行政書士試験が国家試験となり、さらにその数年後からは試験日・試験問題も全国統一となり、数回の試験制度改革を経ながら、現在の行政書士の制度が出来上がっています。 この合格率を低いとみるか、それ程でもないとみるかは人それぞれかと思いますが、昔の「行政書士試験=簡単」というイメージはもはや通用しない時代になっていると言えるでしょう。 合格率の年度別推移 ここで、過去10年間の行政書士試験の受験者数・合格者数・合格率の推移を見てみましょう。 受験者数・合格者数が棒グラフ、合格率が折れ線グラフで表されています。 過去10年の試験では、合格率が高めの年と低めの年が交互に繰り返す傾向が見られます。 しかし、そうでない年もありますし、こればかりは毎年蓋を開けてみないと分かりません。 行政書士試験は合格基準点によって合否を決める絶対評価のため、合格率が変動するのは、年度によって試験の難易度が変動するためと考えられます。 合格ギリギリの実力で受験した場合、年によって合格だったり不合格だったりということもあり得るということになりますので、受験生にとっては自分の受験する年が少しでも「当たり年」であることを祈りたいところでしょうか!? また、ここ数年については合格率がやや高くなっているように見えますが、その一方で、受験者数は年々減少傾向となっているため、合格者数でみると決して増えているというわけではなく、残念ながら!?、試験そのものが易しくなっているとは一概には言えません。 合格率が低い理由としては、次のようなことが考えられます。 試験の難しさ 行政書士試験は法律系の国家試験ですので、日常生活では接することのないような法律の条文や判例など専門的な知識が必要で、また、近年では単なる条文の丸暗記だけでは解答できないような思考力を問う内容も増えており、試験そのものが難しいということは当然あります。 合格するためには、それなりに多くの時間を使って十分な量の勉強をする必要があることは言うまでもなく、これまで法律を学んだことのない人が何の準備もしないで簡単に合格できるようなものではありません。 人気の資格であること 行政書士は独立・開業を目指す人たちにとって大変人気のある資格で、そのため試験の受験者数も毎年数万人と、大変多いです。 一方、行政書士は独占業務のある専門業種であり、法律を扱う業務を行う、社会に対して大きな責任のある職業です。 そのため、業界の責任として、行政書士の一定の能力水準を保つ必要があり、やみくもに合格者の人数を増やすことはできません。 その結果、試験の難易度が上がり、合格率が低くなると考えられます。 受験資格がないこと 行政書士試験は、受験資格が一切なく、誰でも受験できることが特徴です。 受験することの敷居の低さによって、やる気さえあれば誰でもチャレンジできる公平感のある試験、と言えると思います。 一方で、受験者の中には、仕事や家事育児に時間を取られて思うように勉強時間が取れなかったり、試験勉強を始めて間もなかったり、という理由などで、まだ学習途中で十分な準備ができていないけれど、今の実力を確認するために受験してみる「お試し受験」の人や、誰でも受験できるし択一問題も多いから、とりあえず受験だけしてみよう、というような「記念受験」の人もいます。 合格者の年齢や性別 行政書士試験は、老若男女問わず、様々な人が受験し、合格しています。 ここで、平成30年度の合格者の内訳を見てみましょう。 まず、合格者の年齢の内訳です。 10歳代から60歳代まで幅広く合格されていますが、中でも20歳代から40歳代までの合格者が8割近くを占めており、働き盛りの社会人の方が、キャリアアップや独立開業を目指して受験されていることがうかがえます。 また、平成30年度の最年少申込者は13歳、最年少合格者は16歳。 最年長申込者は94歳、最年長合格者は77歳でした。 次に、合格者の性別の内訳です。 合格者の男女比は男性74%、女性26%となっています。 フォーサイト行政書士通信講座の合格率 予備校や通信講座を利用して勉強した人の行政書士試験合格率は、独学で受験した人よりも高いと言われています。 全ての学校が合格率を公表しているわけではないため、どの程度合格率が高いかについては一概には言えませんが、フォーサイトの行政書士通信講座の場合は、2018年度(平成30年度)の受講生の合格率は全国平均の 2. 94倍の37. 72倍の42. 毎年、全国平均に比べて高い合格率を達成していることが分かっていただけると思います。 このコラムでは、行政書士試験の合格率について紹介してきました。 法律系の資格の中では比較的合格しやすいと言われている行政書士試験ですが、データからもわかる通り、受験者の約10人に1人しか合格できない、決して生易しくはない試験であることは間違いありません。 とは言っても、きちんと勉強して、必要な知識を身に着けていけば、初学者でも合格することが十分可能な試験ですので、これから行政書士を目指す人も合格率の数字だけ見て尻込みすることなく、ぜひ積極的にチャレンジしてみて下さい!.

次の

行政書士試験の合格点は何点?配点や合格ラインの補正の仕組みも解説!

行政書士 合格

長島 雄太 NAGASHIMA行政書士事務所 行政書士ブロガー兼ウェブマーケター。 ナガシマガジン運営者。 サラリーマンとして働きながらウェブマーケティング会社を起業し独立。 更にその後、5カ月の勉強期間で行政書士試験に一発合格し、行政書士事務所を開業。 行政書士試験に合格したら必ず行政書士会に登録しなければならないかというと、決してそういうわけではなく、登録しないこともできます。 実際に、行政書士に 合格した人の半分以上は行政書士として登録していません。 となると、その時に気になるのは、合格後に行政書士に登録しないとどうなってしまうのかです。 結論を言うと、 行政書士に登録しないと行政書士を名乗ることは出来ません。 ただ、それ以外にも、行政書士試験に合格してから、数年後に行政書士会にいきなり登録できるのかや、登録しない場合に、名刺や履歴書にはどのように記載すればいいのか気になると思います。 以下では、行政書士の合格後に登録しなかったらどうなるのかや、名刺や履歴書にどのように記載すればいいのかについて詳しく解説していきます。 行政書士に合格した人の 半数以上は登録していない 試験合格者 弁護士 弁理士 公認会計士 税理士 公務員 新規登録者数 1,671人 10人 3人 24人 303人 374人 つまり、平成29年度中に新規で行政書士会に登録した人の内、 1671人だけが行政書士試験合格者というわけなのです。 となると、平成28年度の行政書士試験合格者は4,084人なので、 行政書士試験合格者の半数以下は行政書士会に登録していないというわけです。 もちろん、28年度の行政書士試験に合格して29年度に登録せずに30年度以降に登録する人もいるかもしれませんが、毎年の行政書士試験合格者の登録数が1500~2000人程度と一定数なので他の年でもほとんど同じです。 なぜ、こんなに多くの人が 行政書士会に登録しないのか? 行政書士の資格は国家資格の中でも難関資格に分類される資格で、資格を取得するのに半年~1年程度の勉強は必要となります。 そして、 せっかくそれだけ頑張って勉強して難しい試験に合格したにもかかわらず、合格者の半数以上が行政書士として登録していません。 一部の合格者だけが登録しないというのであればまだ理解はできますが、半数以上となるとさすがに理解しがたいですよね? なぜ、こんなに多くの人が行政書士会に登録しないのか? その理由は、 行政書士会の会費や年会費を合わせた登録料が高額だからです。 行政書士試験に合格後に行政書士として活動するためには、各都道府県の行政書士会に登録する必要があるわけですが、その際に以下のような費用が必要となります。 行政書士の合格後に 登録しないとどうなる? 結論から言うと、 行政書士に登録しないと行政書士を名乗ることは出来ません。 というのも、 行政書士試験の合格はあくまでも行政書士になる資格を取得することができるのであって、行政書士会に登録しなければ行政書士として業務を行うことが出来ないからです。 この点に関しては、行政書士法の第六条1項に定められています。 行政書士法第六条 行政書士となる資格を有する者が、行政書士となるには、行政書士名簿に、住所、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他日本行政書士会連合会の会則で定める事項の登録を受けなければならない。 そして、行政書士会に登録していないにもかかわらず、 行政書士を名乗った場合には違法となるので注意が必要です。 この点に関しては行政書士法の第十九条の二に定められています。 行政書士法第十九条の二 行政書士でない者は、行政書士又はこれと紛らわしい名称を用いてはならない。 というように、 基本的には行政書士に登録しなかった場合には、行政書士を名乗ることが出来ないだけで、それ以外にデメリットはありません。 行政書士の合格後に登録しなかった場合に 名刺や履歴書はどうすればいい? 上記でも解説したように、行政書士会に登録しなければ行政書士と名乗ることは出来ません。 しかも、行政書士法の19条の2では 「行政書士又はこれと紛らわしい名称を用いてはならない。 」と規定されているので、登録しない場合に名刺や履歴書にどのように表記するかが難しいところです。 逆にいうと、 「行政書士有資格者」、「行政書士の有資格者」といった表記は避けた方がいいかもしれません。 一見、これらの表現は「行政書士」とは別物のように感じますが、資格に詳しくない人に対しては誤解を招く表現として捉えられるかもしれないからです。 もちろん、これだけで直ちに違法となることはないでしょうが、この行政書士法19条の趣旨は顧客の利益を損なわないようにするためや、行政書士業界の信用を損なわないようにするための趣旨で設けられているので、自分にはその意思がなくても相手が行政書士だと誤解してしまった場合には違法と判断される可能性もあるからです。 因みに、第19条1項や第19条の2に違反した者は「百万円以下の罰金に処する。 」とされています。 行政書士は更新期限や登録期限はある? 行政書士に登録しない場合に気になるのが、行政書士試験に合格後にどれぐらいの期間内に登録しなければいけないのかや、更新などは必要なのかです。 ただ、行政書士には更新期限や登録期限などはありません。 なので、 行政書士試験に合格したのであれば、いつでも行政書士会に登録することが可能です。 ただ、行政書士会に登録する際には合格発表後に送られてくる合格証が必要となるので、行政書士会にすぐに登録しない場合には大切に保管しておく必要があります。 因みに、この合格証は紛失してしまった場合には再発行が出来ません。 ま~、とはいえ、仮に紛失してしまった場合でも、合格証に代わるものとして合格証明書を発行してもらうことが出来るので行政書士として登録できなくなってしまうわけではありません。 行政書士に登録しないなら 行政書士を取らない方がいいかも・・・ また、 もしあなたが行政書士試験に合格した場合に、行政書士の登録をしないでおこうと考えているのであれば、そもそも行政書士試験の受験はお勧めしません。 そもそも、資格というのはあることをするのに必要な条件として設けられているものです。 これは行政書士資格でいう、行政書士になることで行政書士の独占業務を行うことが出来る資格なわけです。 つまり 、ハッキリ言って、行政書士にならないのであれば行政書士の資格を取得してもあまり意味がないのです。 もちろん、行政書士に興味があったり、資格取得が趣味という人は別です。 しかし、合格者の半数以上が登録していないことから推測すると、さすがに半数以上が趣味で受験しているとは考えにくいです。 しかも、合格者数の割合だけで半数以上なので、受験者全体で言うと7~8割ぐらいが行政書士になるつもりがないのに受験していると言えるかもしれません。 となると、 恐らくほとんどの人は「キャリアアップに良い」「就職や転職に有利」の為に行政書士試験を受験しているのだと思いますが、一部の人を除いては行政書士試験に合格したからと言ってキャリアアップや転職・就職に有利という事はありません。 この点に関しては詳しくは『』の記事でも書いているので、是非参考にしてみてください。 まとめ 行政書士試験の合格後に行政書士会に 登録しないということは全然アリだと思います。 行政書士として活動しないのであれば、わざわざ高いお金を出して月会費や登録料を支払うのは勿体ないですからね。 ただ、 その場合には行政書士として名乗れないので、名刺や履歴書を記載する際には、紛らわしい表現で行政書士であると相手に誤解されないように表記するように注意してた方が良いですね。

次の

行政書士・合格後のキャリア

行政書士 合格

試験科目 出題方式 問題数 配点 法令等科目 5肢択一 40 160 多肢選択 3 24 記述 3 60 計 46問 244点 一般知識科目 5肢択一 14 56 合計 60問 300点 法令科目・一般知識等科目共に、 5肢択一式問題では一問4点、多肢選択式が一問8点、記述式で一問20点の配点となっています。 5肢択一式は 5つの選択肢から一つ回答します。 多肢択一式では、穴埋め問題などで 一つの設問に対し20個の選択肢があり、正しい答え4つ選ぶ形です。 記述式問題では、設問に対し 40字以内で記述し回答します。 記述式問題は数は少ないですが配点が高いため、出来るだけ減点されない回答を目指したいところです。 合格基準点は180点で足切りも存在 行政書士試験は 絶対評価制です。 決められた点数 合格点 を得点できれば合格出来るようになっています。 とは言え、「合格するために1科目は捨てて0点で通過する」というような偏った点の取り方をしないよう、 財団法人行政書士研究センターにより、厳格に合格基準が定められています。 合格には以下の用件を全て満たしている必要があります。 法令等科目の得点122点以上• 一般知識等科目の得点24点以上• 全体の得点180点以上 各科目の合格基準点をクリアした上でさらに得点を稼いで全体で合格点の180点を超える必要があります。 つまり、全体で180点を超えていたとしても、例えば「法令等科目が160点、一般知識等科目が20点」では足きりで不合格となるのです。 小科目毎の足切りというデマ この足きりについて、「法令等科目はその小科目毎に5割以上正解しなければ落ちる」というデマが一部受験者の間で流行っていて信じられているようですが、これは全くの間違いです。 法令等科目全体で、244点の5割の得点率があれば大丈夫です。 補正措置が加わることも 平成18年度より行政書士試験について新制度が導入されており、合格基準について研究センター側が「 問題の難易度を考えて補正措置が加わることもある」と含みを残した言い方をしています。 実際に、2015年度 平成26年度 の試験では補正措置が取られており、 全体の合格ラインが180点から166点に、法令等科目の足切り点が122点以上から110点以上に引き下げらたことがあります。 補正的措置が行われるかどうかは試験を受けた後でなければわかりません。 受験中に「想定外の難問が出題されて回答出来ない・・・」としてもそこで諦めるのではなく、他の問題を着実に回答していき、得点を稼ぐことに頭を切り換えましょう。 3 平成27年度 56,965 44,366 5,820 13. 1 平成28年度 53,456 41,053 4,084 10. 0 平成29年度 52,214 40,449 6,360 15. 7 平成30年度 50,926 39,105 4,968 12. 7 一昔前と比べると最近は受験者が少なくなってきているとは言え、ここ数年でも行政書士試験は毎年55,000人程度が申込を行い、40,000人強が受験し、合格するのが4,000強~6,000人程と 高倍率の難関試験となっています。 行政書士試験にこんなにも受験者が集まるのは、「誰でも受けられる試験」であるからであると言えます。 他の国家資格試験では設定されていることが多い学歴や職歴などの受験制限がなく、誰でも受けられるが故に「まぐれ合格」を狙った 記念受験勢が毎年多く集まり、 見かけの合格率を低くしていると考えられます。 よって、実際にそれを出すことは出来ませんが しっかり勉強をして合格ライン上にいる人たちだけを母数として合格率を算出した場合には、もっと高い数値になると言えます。 2.法律改正に伴う知識のアップデートが必要 行政書士試験は、税理士試験等のように 合格科目を次回の試験に持ち越すということが出来ません。 不得意科目に勉強時間を割きたいところですが、得意科目であっても毎年起こる 法改正を頭に入れて、 常に知識を最新バージョンにして受験しなければならないため、一度不合格になると翌年に向けて再度勉強に大きな負担を強いられることなども、低い合格率の理由の一つとなっています。 さらに、法律の条文を書かせるなど「うろ覚え」が通用しないような問題が出題されるため、合格を目指す際の大きな関門となっています。 2015年度の試験で補正的措置が行われたのは、 一説では記述式問題の難易度がかなり高く正答率が想定よりも著しく低かったからではないか、と言われています。 研究センターとしては詳細の理由は公表していませんが、こうした説が上がるということからも、 記述式問題の重要度が高いことが窺えます。 合格ラインから逆算した勉強法 合格率の低い行政書士試験には、問題傾向をしっかりと分析した上での対策が必要不可欠です。 合格ラインを詳しく分析することで、どの科目に力を入れるべきなのか、どの程度のレベルの問題まで解ければ良いのかがわかってきます。 合格点を超える勉強をする 足切りにならないために各教科をまんべんなく勉強する必要のある行政書士試験では、「得意科目で満点を目指す」といった勉強方法では 勉強内容が偏り他の科目で足切り不合格を招いてしまいかねない悪手といえます。 まずは 最低限各科目の足切りを越えられるような勉強を先に行っておくことが大切です。 行政法と民法はきっちりと 行政書士試験攻略のカギは 民法と 行政法です。 民法・行政法をしっかりと勉強して、 この二つで150点以上を稼ぐことが、勉強効率上は最もコストパフォーマンスが高い戦略と言えます。 理由は試験において「民法では~~だが、行政法では?」という出題のされ方がしばしばあるため、 初学者であれば特に民法の前提をしっかりと把握しておく必要があるからです。 一般知識は足きりされなきゃOK 一般知識等科目は 過去問も少なく、勉強がなかなか得点に反映されにくいという面があります。 それ故に他の科目の理解も進んでいないのに一般知識科目に多くの時間を割いてしまう受験者も毎年一定数います。 一般知識は出題予想が難しく得点効率の悪いコスパの低い科目であるため、「足切りされなければOK」くらいの感覚で勉強すれば良いと言えます。 行政書士試験の合格基準と配点まとめ• 行政書士試験では法令科目と一般知識科目でそれぞれ足切りが存在する• 2つの足切りを超えつつ、さらに合計点で180点以上得点する必要がある• 行政書士試験は出題形式が多様であり、特に記述式試験の配点が高いので注意する• 合格基準を意識して勉強しないと非効率である 行政書士試験の合格点は180点ですが、足切りがあるため、各科目毎の合格点をクリアした上で全体で180点を稼ぐということが必須です。 合格率が低く難易度が高い試験であるイメージがありますが、公表されている合格率よりは取得しやすく、また、問題の難易度が高かった場合には合格ラインの補正が行われることもあります。 問題の傾向を分析した上でしっかりと対策をすれば確実に合格は近付きます。 これをお読みになっている皆さんが、無事に行政書士試験を突破されることを祈ってます!.

次の