まぶた 刺されたような腫れ。 まぶたの虫さされにどのように対処すべきか

瞼を蚊に刺され、腫れました。早急に腫れを鎮める方法はありませんか?今...

まぶた 刺されたような腫れ

どんなにしっかり退治をしていても、 完全に防ぎようがないのが虫刺されですね。 最近は、殺人ダニとも言われているマダニの ニュースなどもあって不安になりますよね。 ダニはアレルギーの原因にもなりますので、毎日、布団にクリーナーをかけたり、 こまめに掃除するなど、しっかりとした対策や対処をしている人も多いでしょう。 ダニが人を刺す時は、太ももやお腹など柔らかい場所を刺すという 特徴がありますが、 時には指やまぶたを刺されることもあります。 まぶたを刺される可能性は低いとは言えますが、その分、刺された時の 対処法や、どの程度、腫れるのか?など分からないことも多いのではないでしょうか? 特に小さいお子さんの場合は、大人よりも体温が高い、 指やまぶたも大人よりも柔らかい場所が多いので刺されることが多いそうです。 そこで今回は、まぶたを刺された時の症状や、対処法などを調べてみました。 Sponsored Link ダニにまぶたを刺された時の症状は? ダニに限らず、まぶたを虫に刺された場合、 まず一番、気になる症状がまぶたの腫れです。 基本的にまぶたは、ちょっとした打ち身でも腫れてしまう傾向があり、 虫刺されでもかなり目立つほどに腫れてしまうことが多いようです。 小さいお子さんの場合、アレルギーをお持ちの方はダニに対する アレルギー反応が強く出る傾向があり、目が開かなくほど大きく腫れることもあります。 虫刺されなので、もちろん痒みも伴いますが、少し痛みを感じる人もいるようです。 色も虫刺されただと分かる程度の赤みのこともあれば、赤黒くなっている場合もあります。 寝ている間に刺された場合、ものもらいなどと判断が難しい時もあるようです。 ものもらい?虫刺され?チェックポイント すぐに虫刺されと判断できる場合もあると思いますが、寝ている間に 刺された時などは、ものもらいなのか、虫刺されなのか判断に迷う時があります。 特に小さなお子さんの場合は、判断が難しいようです。 ものもらいを虫刺されと勘違いして放置したりすると、他の人に感染させたりしてしまいます。 もちろんですが、虫刺されとものもらいでは対処の方法も違います。 ここでは、本当に虫刺されなのかを判断する時のチェックポイントを上げてみました。 前日の様子を思い出す 前日、目がかゆかったり、痛みはありませんでしたか? また目やにが多くなるなどの兆候はありませんでしたか? 小さなお子さんの場合は、前日、目をこすったりしていないか、 ツメが伸びていないか、などもチェックしましょう。 小さなお子さんの場合、目をこすった時に爪でまぶたを 引っかいてしまい、腫れることもあるそうです。 痛みは? ものもらいの場合は、全体的に腫れて痛みを伴います。 また腫れの中心部の裏側が白くなっていることがほとんどです。 その白くなっている部分に膿がたまっていますので、 それを見つけたら潰さないように気をつけて、眼科を受診しましょう。 他に虫刺されの場所はない? ダニの場合、一か所だけではなく、すぐ近くを複数刺す特徴があります。 ですので、まぶた以外にも他にダニに刺されたと思われる場所がないか確認しましょう。 ここまでチェックしても、判断に迷う場合は眼科を受診しましょう。 Sponsored Link ダニに刺された時は病院に行ったほうがいい? まず、ダニに刺された場合、どうしても痒みが強くなる傾向があるようです。 ダニでも虫刺されなので、まぶたを刺されても1週間程度で自然治癒します。 ただし、どうしても痒みはありますし、腫れも気になりますよね。 目が腫れた状態で外出するのは抵抗もあるので、少しでも早く治したいところだと思います。 それに目の付近に使用なので、市販薬の使用も迷ってしまいます。 市販薬を使う時は、薬剤師さんに相談して購入しましょう。 一般的にはダニ刺されには、ステロイド外用薬が使用されるようです。 少しでも早く治したい方、小さなお子さん、 特にアレルギーをお持ちの方は皮膚科の受診をおすすめします。 まとめ これからの季節は、ダニにとっては活動期、繁殖期になります。 そして、人刺すダニにとって、人間の血は豊富な栄養源なのです。 そんなダニたちに刺されても困らないように、対処や対策法をしっかり確認しましょうね。 Sponsored Link•

次の

目が腫れた!病気なのか見極める方法は?

まぶた 刺されたような腫れ

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

目の虫刺されは・・・

まぶた 刺されたような腫れ

「」にちらっと書きましたが、このところちょっとしたアクシデントが続きました。 1つ目は、まさかの 虫さされです。 乳がんとは全く関係ありませんが、先日、右のまぶたを蚊に刺され、なかなか大変なことになったので、対処法と経過をご報告したいと思います。 病気じゃない…とツッコミつつ、その辺りはご容赦ください。 そもそも蚊にさされやすい…涙 もともと、数人で同じ場所にいて私だけ蚊に刺される、などよくあることで、日頃から蚊に刺されやすいです。 自称・避雷針ならぬ避蚊針?というか、大袈裟に言って蚊よけの人柱かと思ってしまうほど。 そして、蚊にさされると、もれなく腫れてしまいます。 蚊は針を刺して血液を吸うと同時に唾液を人間のカラダに入れていて、その唾液にアレルギー反応を起こしているようです。 公園にカフェのテラス席にて 恐らく私のような蚊にさされやすい人は行ってはいけないところだと思います、木が生い茂っている公園内のカフェのテラス席。 ですが、先日は久々の友人たちと会うこととなっていて、お子さんがいる友人が「テラス席の方が店内よりは騒いだりしても大丈夫かもしれないからテラス席がいい」ということで、そちらで食事をすることに…。 もちろん、事前に虫除けをつけました。 虫除けの効果か、食事の最後までは蚊に悩まされることなく、楽しい時間を過ごしました。 しかし、もうそろそろ帰ろうか…と思った頃、右まぶたに異変が…。 鏡で確認すると、案の定赤く腫れています。 そして、猛烈な痒みが襲ってきました…。 どんどん腫れてくる… 友人たちと別れて家に帰る道中、どんどん右目が腫れてくるのが自分でもわかります。 家に帰って確認したところ、こんな状況に… ちょっとアレなので、苦手な方はスルーしてくださいね。 刺されたのは、右目のまぶたの真ん中より外側。 刺されてから2時間後位の写真です。 友人と別れてから家に帰るまでの間にスーパーに寄ったのですが、店員さんはびっくりしたかもしれませんね…。 さらに目を開けた状態。 まぶたが重くて目を開けるのが結構大変でした。 対処法 いつもは蚊に刺されたときには、家庭用の傷消毒薬(マキロン)などで消毒したり、お塩(!)をもみこんだり、市販の虫さされ用の痒み止め(ムヒなど)を使っています。 (お塩に関しては祖母から、傷消毒薬に関しては母からの入れ知恵(笑)なので、効果があるかどうかなんの根拠もありませんので、悪しからず。 ) ですが、まぶたはの皮膚は薄いし、目に近いので、これらの薬を使うのはダメに違いない、ハズ…。 そこで、「まぶたを蚊に刺された時」の対処法を調べました。 腫れたら冷やす! 蚊に刺されの対処法として、特に腫れた場合は冷やすのが有効だそうです。 まぶたは他の箇所と比べて特に腫れやすいそうなので、ビックリせずに、とにかく冷やすと良いそうです。 ステロイドが有効らしい そもそも、一般的な虫さされには痒み止めとして抗ヒスタミン成分が、抗炎症剤としてステロイドが配合されているそうです。 抗ヒスタミン成分は、かゆみを抑える、または軽減させますが、かゆみの根本原因である炎症を抑えることはできません。 根本の炎症、腫れを抑えるには、ステロイドが有効なのだそうです。 早速、ステロイドを塗ってみる 本来ならば皮膚科に行って、ステロイド外用薬を処方してもらうのが一番よかったのですが、上記の写真撮影の時点で23時だったのため、病院には行けませんでした。 過去にナゾの皮膚炎(参照:)になったときにもらった「プレドニン眼軟膏」というステロイド外用薬の使用期限内のものがまだ残っていたため、それを使ってみることにしました。 ステロイド外用薬はStrongest(最も強い)、Very Strong(とっても強い)、Strong(強い)、Medium(中間)、 Weak(弱い)の5段階の強さに別れているそうです。 プレドニン眼軟膏は、そのWeakよりもさらに弱い部類のお薬だそうです。 目の周りは繊細なので、強いステロイド剤を塗ることは避けた方が良い、ということで、ナゾの皮膚炎のときにプレドニン眼軟膏を処方されていました。 お風呂に入って清潔な状態でまぶたに優しく添付。 寝るまでの間に保冷剤をタオルにくるんでまぶたの上に当てて冷やしました。 朝までに腫れはひいてくれるのでしょうか…。 蚊に刺された翌日 翌朝の右目の状態です。 テカテカしているのは、薬のせいです。 ちょっとわかりにくいですが、腫れが全体に広がり、赤さも残っています。 もともと二重なのですが、一重まぶたになっています。 まだまだまぶたが重くて目は開けにくかったです。 インターネットからの情報ですが、お薬は1日3回ほど塗った方がいいとのこと。 この日は、朝昼晩の3回塗りました。 写真は午前中に撮ったものですが、夜までになんとなく目が開けやすくなった気がしますが、腫れは引きませんでした。 蚊に刺された翌々日 なんということでしょう!劇的に改善されて、ほぼ元通りになりました。 この写真ではわかりにくいのですが、腫れがひいたので、蚊に刺された場所がわかるようになりました。 目は完全に開けられるようになりました! まだ、自分にしかわからない程度ですがちょっと腫れが残っています。 ですが、前日までのように人相が変わるほどではないので、ほぼ症状は落ち着いたと考えてよいと思います。 まとめ もしもまぶたを蚊に刺されてしまって腫れてしまったら、私の経験からステロイドが有効のようです。 と言いつつも、まぶたはとてもデリケートですし、自己判断で薬を塗らずに、病院に行った方がいいのかも、とも思います。 いずれにせよ、ステロイドは効く、と言えると思いますが、ご使用の際はくれぐれもご注意くださいね。

次の