就活 メイク 眉毛。 就活向けの眉毛のメイクってどうすればいい? 就活メイクのプロに聞いてみた!

就活メイクでアイブロウマスカラは必要?プロが就活アイブロウメイクを解説

就活 メイク 眉毛

提供:Fujiko 「就活時、必ずメイクを変えなくてはダメ?」「そもそも就活メイクって普通のメイクと何が違うの?」と疑問に感じている人もいるかもしれません。 でも、ビジネスシーンにおいて、メイクは当たり前の身だしなみ。 TPOに応じたメイクの基礎を覚えておくのも、社会人としての一歩なのです。 ここでは、就活時にぜひ実践してほしい「清潔感」や「意欲」を現すメイクのポイントをご紹介します。 就活時のメイクチェンジはもはや常識!? けれど忙しい就活中は、あまり時間はかけられない……。 というのが実際の声。 プロが教える自信眉のつくりかた 先輩たちはどうしてた? 「就活メイク」のアレコレ 就活メイクはナチュラルだからこそ、眉メイクで印象に差が出やすいのです。 左の写真のように眉尻を下げ、色を薄くすると幼くかわいい印象になりますが、ビジネスシーンには向いていません。 眉メイクが大事なのは分かったけど、「描き慣れていないから時間がかかる」「毎朝ていねいにメイクするのは実際ムリ」というのが、忙しい就活生のホンネですよね。 実はこの眉、そんな悩みを解決しちゃう特別アイテムでメイクしているんです。 眉ティントは就活生の強い味方 面接や説明会を何社も回り、合間でエントリーシート作成や面接対策など、就活生の一日はめまぐるしい! 日中もメイク直しの時間がとれないこともありますよね。 眉ティントは、そんな就活女子の心強い味方です。 実際に、どんな使い方をしていたのか先輩たちに聞いてみました。 時短やお守りに! 先輩たちの眉ティント活用法 ペンやブラシやマスカラなどを駆使して眉をつくるのが面倒で苦手! ティントを使ってからは、メイク時間が3分の1に短縮されました。 (航空業界内定/H. フジコのティントは美容成分をたっぷり配合して眉毛をケアしながら、まるで自眉毛のように自然に色付くティントです。 フジコ眉ティントSVの使い方 1 塗る 眉表面の油分をティッシュなどでおさえ、好みの形に塗ります。 5~10分で乾燥し沈着します。 はみ出した部分は綿棒などで修正してください。 2時間以上置くと長持ちします。 (約3日程度) 2 はがす 乾いたら眉端からゆっくりとはがします。 はがす際に眉毛の抜けが気になる方は、ジェルの乾燥後にぬるま湯で洗い流してください。 3 完成 消えないナチュラルな眉毛の完成です。 効果・持続時間には個人差があります。 自分の顔の骨格に合わせた眉を描くことで、顔の表情がグッと引き立ちます。 眉尻はくっきりさせた方が「意欲」「やる気」を印象づけられるので、就活メイクでぜひ実践してみて。 眉ティント初挑戦なら、「フジコ 書き足し眉ティント」で輪郭を描いてから塗るのもオススメです! 難しいからと省略しがちな眉メイクですが、少し意識するだけで顔の印象がグッと上がります。 出先の化粧崩れにすぐ対応! フジコ書き足し眉ティント 就活移動中に、メイクが崩れてしまったというときも、簡単に描き足せてイキイキした眉が長持ち。 手軽なペンタイプの眉ティント。 これ1本で自眉のような自然な眉メイクが完成します。 移動中のヘア崩れのお悩みにピッタリ! フジコ色っぽスティック 面接前、前髪の乱れやアホ毛が気になり「今すぐ直したい!」と思う場面はよくあるもの。 そんなときに便利なのが手を汚さずにスタイリングができる、ヘアワックスとコームが一体化したスタイリングコーム。

次の

就活メイクでアイブロウマスカラは必要?プロが就活アイブロウメイクを解説

就活 メイク 眉毛

就活メイクは身だしなみとしての清潔感を意識 OB・OG訪問や会社説明会、面接などで社会人と会うときには、TPO(Time:時、Place:場所、Occasion:場合)を意識してみてください。 「そもそもメイクは必要?」「自信がないし、すっぴんではダメ?」と思う人もいるかもしれませんが、就活時にメイクをするのは社会人としてのマナーや身だしなみの一つ。 「メイクは苦手」という人も、少しずつチャレンジしていきましょう。 普段メイクをしている人も、就活時は「かわいく」「きれいに」見せるためのメイクではなく、「身だしなみ」を意識してみてください。 メイクに限らず、ビジネスシーンにふさわしい服装や髪型などを考えて臨みましょう。 身だしなみとしてのメイクは、一般的にメイク方法として紹介されている工程をすべて実践する必要はありません。 化粧品や化粧道具も、最低限のものだけ用意すればOKです。 以下で清潔感を演出する身だしなみメイクのポイントをパーツ別に紹介するので、参考にしてみてください。 【ベース】 ファンデーションは肌質に合わせて選ぶ ファンデーションは自分の肌質に合ったものを選びましょう。 肌が乾燥気味の人はリキッドやクリームファンデーションが合いやすいと言えますが、これらはつけすぎると化粧崩れしやすくなる点に注意が必要です。 軽く化粧をしている印象にしたいなら、パウダーファンデーションがオススメ。 リキッドやクリームファンデーションよりメイク落としがスムーズなのもメリットです。 【リップ】口紅は肌の色味に合ったものを選ぶ メイクをする際、大切なパーツと言えるのが「唇」です。 一般に、人と会話するときは相手の口元の動きには目が向くもの。 口紅できちんと形を取っておくと、口角を上げたときに笑顔がより伝わりやすくなります。 また、唇に赤みを加えることで、健康的に見える効果もあります。 自分の肌の色に合う、健康的な赤みのある色を 自分の肌に同化してしまわず、健康的な赤みが出るものを選びましょう。 口紅を買うときは、手の甲など自分の肌に試し塗りをして発色を確認するのがオススメ。 人によって肌の色は異なるため、塗ったときに見た目通りの色が出るとは限らないからです。 店頭で試すことが可能な場合は実際に唇に塗ってみるのも良いでしょう。 マットな質感がスーツに合う 口紅には塗ったときの質感のタイプがいくつかありますが、就活メイクでは、マットな質感のものを選ぶ方が良いでしょう。 スーツは落ち着いた色味のものが多く、きちんとした印象を生み出すため、ぬれたようなツヤ感のある口紅の華やかな印象とあまり相性が良くありません。 その上に、リップライナーや紅筆を使って輪郭をきちんと取ると、凛(りん)とした印象の唇になるでしょう。 【眉】自然な形の眉毛を描く 顔の印象を大きく左右するのが、眉毛です。 眉尻を下げると困ったような顔に見えたり、眉頭を寄せると「思慮深そう」「気難しそう」といった印象を与えたりというように、眉の形によって相手が抱くイメージが変わることを覚えておきましょう。 パウダーとペンシルのアイブロウの併用がオススメ 眉を描くときには、パウダータイプとペンシルタイプのアイブロウを用意するのがオススメです。 パウダータイプは、イメージしている眉の形に足りていない部分を塗り足すために使います。 パウダータイプで全体の形を整えたら、ペンシルタイプで眉尻など細かい部分を仕上げるようにするとスムーズです。 太さも印象を左右する 眉の太さも印象を左右するポイントです。 自分の生まれ持った眉毛の形を生かしながら、5ミリ以上の太さを一つの目安にしましょう。 眉毛を細くしすぎると疲れた印象を与えやすくなるので、注意が必要です。 自然な眉の形を作るポイント 眉を描く際には、以下の3つのポイントを押さえておくと、自然な形の眉になります。 眉頭は目頭の延長線上• 眉山は目尻の延長線上• 眉尻は小鼻と目尻をつないだ延長線上 描き終えたら横顔もしっかり確認 描き終えたら、三面鏡を使って横顔も見てみるのもオススメです。 相手からどう見えるかを客観的にチェックできます。 【チーク・アイシャドウ】必要に応じてメイクを 身だしなみとしてメイクをする場合、ポイントメイクは眉と口紅だけで十分です。 口紅を塗れば顔色は血色良く見えますから、無理に塗る必要はありません。 濃く塗ってしまうと、かえって不自然な印象になることもありますから、注意が必要です。 アイメイクをする場合 アイメイクをして眼力を出したい場合は、ビューラーでまつ毛を上げて少量のマスカラをつけてもよいでしょう。 アイシャドウをつけたい場合は、肌なじみの良いブラウン系のカラーがオススメです。 ただし、つけまつげやまつげエクステンションは、スーツの落ち着いた雰囲気にはそぐわないので避けた方がよいでしょう。 メイク直しに便利なグッズとメイク直しのコツ メイクしたてはきれいでも、時間がたつにつれて徐々に崩れていくものです。 就活中は、人に会う前に鏡で自分の顔を確認し、必要に応じてメイク直しをしましょう。 ティッシュ• ファンデーションのパフ• 清潔な綿棒 上記3つをメイクポーチに入れておくと、メイク直しに便利です。 直すときは、肌に脂が浮いていたらティッシュで軽く押さえてテカリを取り、薄くファンデーションを塗り直しましょう。 あとは口紅を塗り直す、アイメイクの崩れた部分などを綿棒で拭き取ればOKです。 肌の手入れがおろそかになっていると、化粧崩れもしやすくなってしまいます。 化粧崩れは完全に防ぐことはできませんが、手入れが行き届いた肌なら、化粧の持ちもぐっと良くなることを覚えておきたいところです。

次の

【人事からの第一印象アップ!】顔型で分かる!就活眉毛メイクのコツ

就活 メイク 眉毛

この記事の目次• おさえておきたい就活メイクのポイント まず初めに、目指すべき理想の就活メイクのポイントについてお伝えします。 就活メイクの基本はずばり、 ナチュラルに仕上げることです。 ビジネスシーンにおける見た目として何よりも重要なのは、相手に 「清潔感」「信頼感」をあたえることです。 ビジネスの場では、関わる多くの人に「一緒に働きたい」「安心して仕事をまかせられる」と思ってもらえる女性にならなくてはなりません。 そして、幅広い年齢や男女など多くの人に受け入れてもらいやすいのがナチュラルメイクというわけです。 逆に、女子学生が好むかわいく見せるメイクや流行りのメイクは、自分のためのメイクであるためビジネスの場ではふさわしくありません。 とくに面接官のほとんどは就活中の学生よりも年齢が高く、若い女性の好むメイクにいい印象を持ちません。 ビジネスでのメイクは身だしなみとなるので、相手に合わせたメイクをすることを忘れないようにしましょう。 就活メイクに必要なアイテム 就活メイクに必要なアイテムですが、とくに変わったものは必要なく、以下のように基本的なアイテムでOKです。 化粧下地• ファンデーション• フェイスパウダー• アイブロウ• アイシャドウ• アイライナー• ビューラー• マスカラ• チーク• リップ 他には、肌トラブルを隠してくれるコンシーラーや、若々しさを出してくれるハイライトがあると便利ですよ。 就活メイクのやり方 それではここからは、各パート別に就活メイクのやり方についてお伝えしていきます。 スキンケアが不十分だと化粧崩れしやすくなってしまうので注意しましょう。 顔に塗るときは厚塗りにならないように気をつけ、均一に薄く塗ることを心がけましょう。 スポンジを使うと薄塗りに仕上げやすいのでおすすめです。 下地やファンデーションは自分の肌の色に合ったものを選ぶのが理想です。 とくに就活生は外での活動が多くて化粧崩れがおこりやすいので、フェイスパウダーは必須といえるでしょう。 フェイスパウダーを使うときは、手の甲で余分なパウダーを払ってからお肌に叩き込むようにのせていくのがコツです。 ・「キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー」 940円 出典: キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーはプチプラの中でも優秀なお粉です。 しっかりと肌のテカリや悩みをカバーしてくれるので就活メイクにもおすすめです。 肌トラブルが目立つと健康的に見えないのでしっかりカバーしていきましょう。 パウダーファンデーションを使っている人は化粧下地の後に、リキッドファンデーションを使っている人はファンデーションの後にコンシーラーを塗ります。 コンシーラーは隠したい部分を中心に、薄く伸ばすように塗っていきます。 ハイライトを入れる場所は以下がおすすめです。 Tゾーン(おでこ・鼻筋)• Cゾーン(目の外側から下まぶた)• 頬の高い位置 生き生きとした表情にしてくれるハイライトですが、やり過ぎると不自然になるので注意しましょう。 ・「キャンメイク クリームハイライター」 600円 出典: は2色展開のキャンメイクのクリームハイライターです。 顔がどんよりくすんで見えがちな方はブルー系のハイライトを使い、自然なツヤを出したい方はベージュ系のハイライトを使うのがおすすめです。 眉メイク編 顔全体の印象に大きく関わる眉毛は、就活メイクでもとくに大事な部分です。 就活のシーンでは、ナチュラル感がありつつ、信頼感や知性を感じる眉毛が理想です。 そんな理想の眉毛を描くためのポイントは、 アイブロウを使って眉頭はふわっと描き、眉尻はぼかさずにしっかりと描くことです。 全体的にふんわりしすぎていると表情が引き締まらずにぼやっとして見えてしまいますし、しっかりと眉を描きすぎると印象が濃くなりすぎて気の強いイメージあたえてしまいがちなので気をつけましょう。 アイブロウのカラーは最もナチュラル感がある ブラウンがおすすめです。 ・「デジャヴュ ステイナチュラP パウダーペンシルアイブロウ」 900円 出典: ベースはペンシルタイプのアイブロウなので、細かいところまでしっかりと眉を描くことができます。 くわえて注目したいのが、付属のブラシでぼかせば、ふんわりしたナチュラルな仕上がりにすることもできる点です。 1日中落ちないのもGOOD。 アイメイク編 化粧の濃さが表れやすいアイメイクは、全体的に薄くすることを心がけます。 この項目では、アイメイクの基本であるアイシャドウ・アイライン・マスカラをするうえでのポイントについてお伝えしていきます。 アイシャドウ 普段はキラキラしたラメ入りのアイシャドウを使っているという女性は多いのではないでしょうか? ですが、就活メイクではラメ入りではなく、 細かいパールが入っているものを選ぶようにしましょう。 細かいパール入りのブラウンシャドウにすることで、知性がある印象を相手にあたえることができます。 メイク手順は、以下をベースにするとナチュラルに仕上がることができますよ。 14種もカラーがあるので、自分の唇に合ったもを見つけやすいですよ。 NG就活メイクの例 ついでに、就活の場ではNGなメイクの例についても紹介しておくので確認しておきましょう。 派手な濃いメイク 始めの方でお伝えしましたが、流行りの派手で濃いメイクはビジネスシーンには不向きで面接官からの印象も悪いです。 「遊び感覚で仕事をしそうだ」と相手に思われないために、就活では清潔感や信頼感を重視していきましょう。 ノーメイクのすっぴん メイクを全くしていないすっぴんもNGです。 基本的にビジネスの場で女性がノーメイクなのはマナー違反で、ときには失礼ともなります。 健康的で若々しく見せるためにも最低限のメイクはしていきましょう。 持っておくと役立つメイク直しグッズ 外での活動が多い就活生であれば、気がつくとメイクが崩れてしまっていることも珍しくありません。 崩れた状態のまま面接を受けてしまったりしないためにも、就活中はいつ化粧が崩れてしまっても手直しができるようにしておく必要があります。 そこで、外出先でメイク直しをするときに役立つグッズを紹介しておくので参考にしてみてください。 ティッシュ(余分なメイクや皮脂を拭きとる)• ファンデーションのスポンジ(肌の状態を整える)• 綿棒(細かいところのメイク直しや拭きとりにつかえる万能アイテム)• ルースパウダー(メイクのうえに重ねても厚塗りになりにくい) 手直しをサッと手早く終わらせるためにもぜひ有効に活用してみてくださいね。 就活時はヘアスタイルにも気をつかう メイクだけでなく、ヘアスタイルも外見の印象に大きく関わるので気をつかっていきましょう。 ヘアスタイルも清潔感を第一に考えます。 そして、髪型をセットするときに意識したいのは、 おでこと眉毛を出すことです。 おでこと眉毛がはっきり出ていると、明るい表情になるうえ、自信も感じられやすくなります。 前髪が長い方は、髪を分けたり流したりすることでおでこと眉毛を出していきましょう。 また、ロングヘアの方は、お辞儀したときに髪が崩れないようにハーフアップスタイルにするなど工夫していきましょう。 希望する業界に合わせて少しメイクを変えてみる ここまで、就活にふさわしいメイクについてお伝えしてきました。 基本的な就活メイクができれば、メイクによる見ためで損することはなくなるでしょう。 そして、余裕があれば希望する業界によってメイクを少し変えてみるのもおすすめです。 例えば、トレンドが重視されるマスコミ・芸能、アパレル業界であれば、やや派手で華やかなメイクが好まれることもあります。 こうした企業では、説明会や面接の案内のとき、「普段のあなたのままのスタイルで来てください」と伝えられることも珍しくありません。 このように、トレンド感や個性を人材に求めている企業があることも覚えておくといいでしょう。 まとめ いかがでしたか? 就活メイクの仕上がりのポイントは「清潔感」「信頼感」があることです。 くわえて、新卒らしい若々しさや元気さをアピールできればベストです。 ぜひ今回の記事を参考にしていただき、写真や面接で好印象を持ってもらえるメイクを身につけていきましょう。 あなたの就活がうまくいくことを応援しています。

次の