ターニング ポイント 英語。 「ターニングポイント」とは?意味や例文、類義語を説明

「人生のターニング・ポイントは?」質問の狙いを知り回答を事前に考えてみよう!

ターニング ポイント 英語

私は、2年半に渡るバックパッカーとしての旅を終了し日本に帰ってから、職場でたまに機会があって英語を話すと、よく [ どうやって英語を話せるようになったの?] と聞かれました。 これに対する私の答えは『 勉強したから。 』という非常に単純なものでした。 ほとんどの人は、簡単にこうやったからという話しを期待していたように思えますが、結構苦労して英語を話せるようになったので考えれば考えるだけ、結局そこに行きついてしまいました。 勿論、今も ただそんな私にも、英語を話せるようになるための 重要なターニングポイントがありました。 今回は英語が話せないから、英語が話せるへの手応えを掴んだターニングポイントについてお話ししていきます。 そこから英会話上達へのヒントを探ります• 英語が上達するためのターニングポイントはいつなのか? 私は海外に行った当初、本当に全く英語が話せませんでした。 最初に考えていた計画はとても安易なもので、英語のネイティブと知り合いその近くに長期滞在し、そこで英語の会話をしたり教えてもらえば自然と英語は上達するだろうというものでした。 ホームステイをしたり 一カ月 、知り合った英語のネイティブの方の家に何度か滞在させてもらったのですが、私の英語が上達した形跡は全くありませんでした。 そこで英語が上達しなかった理由は、主に二つあったと考えています。 そこで考えたのが、ラングエッジ・エクスチェンジという方法です。 日本語を勉強したい外国人にこちらが日本語を教え、こちらは英語を教えてもらうというものです。 無料のタウン誌みたいなもので調べて電話したら、すぐに相手が見つかりました。 相手は日本に留学経験があり日本語検定2級持ちで、日本語ペラペラのオーストラリア人青年。 彼は検定1級合格に向けて細かいニュアンスなど辞書を読んでもわからないことを教えてほしいということでした。 この交流は結局2回行っただけで終了しました。 理由は単純でこちらが全く英語を理解できないので、ずっと日本語で会話をすることになったからでした。 相手はもっと続けたかったようですが... 私がこの頃知りたかった事は、 英語をどう勉強すればいいのかということでした。 その解答は中々みつけられなかったわけですが、そんな私を支えていたのは [ 誰かに英語を教えてもらえれば英語は話せるようになるさ~] という 能天気な発想でした。 その後、本屋で英会話上達に役立つ本を探したり、英会話学校にも通いましたし 一カ月 、プライベートレッスンもやってみました 1時間の授業を16回 が効果はほとんどありませんでした。 私が何より知りたかったどうやったら英語が話せるようになるのかということについては、学校でもプライベートレッスンでも解答は得られませんでした。 その解答が得られないから、あまり勉強に身が入らない状態のまま、[ それを教えてくれる人を探さなきゃ] と安易に考えるばかりでした。 この状態がどのくらい続いたかというと、なんと約一年くらいの間ずっと続きました。 そんなこんなで旅を続け、一年もボケっとしていたアホな私に、 転機が訪れました。 それは、ある日、突然、このままじゃ恥ずかしくて日本に帰れないという 強烈な危機感におそわれたのです。 私はこの瞬間を境に、 誰かに教えてもらうという考えを、全てゴミ箱に捨てました。 どうすれば英語が話せるようになるのかという解答はわからないままだけど、それはもうしょうがないと割り切ることにしたのです。 誰かに教えてもらうという考えを捨てたとき、そのとき初めて私は、 自分自身で主体的に勉強をする状態を獲得したと言えます。 このことが 劇的に私の行動を変えていきました。 一番は、勉強への取り組み方が劇的に変わったという点です。 誰にも頼れないわけですから、自分で考えて勉強するしかありません。 何をどう勉強すればいいのかは、わからないままなので、できることから手当たり次第に始めました。 最初に思い浮かんだのは 英単語の暗記です。 これ以外に良いアイデアが思い浮かばなかったというのが正直な感想です。 日本から持ってきていた英単語の本を使って、ひたすら英単語を暗記、暗記、暗記、暗記....。 ほんとに英単語の暗記ばかりひたすらやりました。 寝る時間、トイレ、シャワー、食事以外の時間、1日、15時間くらい、4日間ぶっ続けでやりました。 なんで4日間だったのかは全く想いだせません。 単純に暇だったのがその4日だったのかもしれません。 好きな作家が [ 手と脳による記憶中枢はつながっている] というようなことを言っていたので、ひたすら英語の単語を紙に書いて覚えて、本を見ずに覚えているかを繰りかえすという作業を4日間延々続けてやりました。 こんなに集中して勉強したのは後にも先にもこの時だけです。 英単語の暗記により、どんな効果が得られたのか? 英単語の暗記を4日ひたすら行ったことによって、どのくらいの効果があったかというと、当時、ビザのために通っていたコロンビアの英会話学校の担任教師がイギリス人だったのですが、勉強する前は彼の会話で聞き取れる単語が、0~1個だったのが、勉強した後は聞き取れる単語が、 2~4個に増えたのです。 そう聞くと、-「えっ、たったそんだけ?」と思うかもしれませんが、私にはその変化は [ マジかよ~、前より断然理解できた!] という劇的な変化だったのです。 もちろん先生の話すスピードが速くて大半はついていけないし、知らない英単語、英語表現など理解できない事のほうが多かったのですが、それでも英語の単語を詰め込む前と後では、相手の言っていることの 理解できる量に天と地ほどの開きがあったのです。 その時の体験は、 語彙を増やす事が、英語を話す力だけでなく聞く力をも向上させるということを私に明示してくれましたと言えます。 またその体験は私にとってもう1つ重要な要素をもたらしました。 それは 本気で勉強すれば英語が話せるかもという期待を抱かせてくれたという点です。 英語の勉強で辛いのは、自身の英語の上達 英会話上達 をなかなか実感できないという事が挙げられるでしょう。 集中して英単語を増やすことで自身の英語上達を実感できます。 そしてその実感は、より意欲的に英語に向き合い勉強するためのさらなる原動力になるはずです。 もし 誰かに英語を教えてもらえばいいやと考えている人は、そういった考えは全部捨ててしまいましょう。 その考えはあなたの勉強への足かせになっています。 英語上達の邪魔をしているのは誰あろう自分自身です。 その足かせを取り除くことが、あなたの英語を上達させる第一歩になります。 集中して英単語を覚えたことで、気がついた事とは? 集中して英語の勉強をするようになって気がついたことがあります。 それは英会話の実戦練習以外の部分は 全部、自分ひとりでできるということです。 周りに英語を使える環境がなくても、創意工夫をすることで補っていけるということです。 私は長い間、周りに英語が使える環境がないと、英語は話せるようにならないだろうと思っていました。 でも私が実際に 英語を話せるようになった国 コロンビア はスペイン語圏です。 もちろん英語を話す機会をつくり、実践したのは事実です。 ただそれは毎日のことではありません。 むしろ英語を使わない日のほうがずっと多かったです。 友達との日常会話は基本的にスペイン語なわけですし。 そういった英語を使わない日にも、思考錯誤しながら英単語のストックを増やすことを中心に英語学習をしたことが、英会話上達に繋がっていきました。 英語を話せないなら、何を改善するべきなのか? 私が今英語の勉強を一から始めるとしても、まず 英単語のストックをひたすら増やします。 これが全てのスタートです。 これが最も重要だという考えは今でも変わりがありません。 土台がないということは話すための武器がないということです。 そしてその時必ず 英語の基本文を組み合わせます。 その当時は [ どうやったら効率的なのか] の指針を持ち合わせていなかったので、個々の単語の暗記から始めましたが、今なら英単語を覚える時は必ず 基本文を利用しようと考えます。 基本文についての説明は、こちらに書いてあるのでどうぞ。 英語において、基本文の核の配列は絶対的なルールです。 そうであるならその配列を英単語のインプットに活用しないのはもったいないです。 なので基本文を使い、そこに英語の単語をあてはめながらインプットを行います。 最初にインプットすべきなのは、 絶対に動詞です。 そしてその覚えた動詞に付属した形で、関連した [名詞] [形容詞] を、基本文の [動詞に関連] にあてはめて覚えていきます。 動詞に紐付けた形で名詞、形容詞を頭に入れることで記憶を引き出しやすくするのです。 そうすることで、基本文の核までは完成できることを目指します。 動詞を優先すべき理由は、こちらに詳しく書いてあるので読んでください。 英単語のストックを増やせば増やすだけ話すための武器がどんどん増えていきますが、残念ながら日常であまり使わない動詞を覚えてもすぐに忘れてしまうので、あなたが 日常会話で使っている動詞を優先して覚えていきましょう。 またそれと平行して、最初に想い浮かべた日本語に固執しないクセをつけることで、日本語から英語への変換速度を上げていきます。 1, 意味の近い、違う日本語に変えてみる。 2, 否定文で表現してみる。 3, 表現方法自体を変えてみる。 日本語を頭の中で上手く変換していけると、英文を作るための応用力が少しずつ上がっていきます。 私は、インプットを行うときに一つ工夫をしていました。 それは なるべく狭く覚えていくということです。 これがどういうことかというと [ 覚える範囲を自分で限定する] ということです。 例えば A という単語の意味が、意味1、意味2、意味3と、3つあった場合、とりあえず最初は [ 意味1だけを覚える] ということです。 [意味2、3] の意味が [意味1] に近い場合のみ、インプットするのは難しくないのでセットで覚えて、使用頻度が低いと思われる使い方は最初のうちは除外しておくのです。 当然、インプットしていないものはアウトプットできませんが、 インプットしすぎて アウトプットしづらいという状況を避けることができます。 誰かに英語を教えてもらうという考えを捨てたことは、私にとって極めて重要なターニングポイントでした。 ただここで注意してほしいのは、誰かに教えてもらうという考えを捨てたことは、私にとって重要なターニングポイントにはなりましたが、それはきっかけに過ぎなかったという点です。 重要なのはそこから 自分で本気になって英語を勉強し続けたということです。 英語が話せない主原因はあなたの中にあります。 そこから英会話上達へのヒントを掴めるはずです。 ツイッターのフォロー、はてブコメント大歓迎です。 フォロー、コメントいただくと励みになりますので、ご意見、ご感想あれば気楽にどうぞ。

次の

人生最大のターニングポイントはいつ?|結婚か転職か運命の分かれ道|意味は?

ターニング ポイント 英語

学生のケアがしっかりしている語学学校を前提としてご紹介しています。 学生数もそれほど多くなく、100人~250人程度と、学生の行動がしっかり掴める範囲としています。 学生の国籍も様々で、ブラジル、メキシコ、中国、韓国、サウジアラビア、台湾、ヨーロッパ各国、そして日本からと、英語を母国語としない国の学生たちが集まっています。 英語力によってクラス分けを行い、初心者から上級者まで8~10レベルくらい細かく分けられています。 このクラス分けは、入学日に「筆記テスト」と「インタビュー」を行い、英語力に合ったクラスに振り分けられます。 よって無理のない英語学習の環境が用意されてます。 多くの学校の施設では、コンピューターラウンジがあります。 ここにはパソコンが完備されており、学生が自由に使うことが出来ます。 日本語対応のパソコンも用意があり、学内のWIFIも利用が可能です。 また、学生ラウンジや自習室も用意されています。 1クラスは10名~15名程度で、先生を中心としながらも、一人ひとりの進捗状況を確認しながら英語の勉強を進めていきます。 スケジュールは学校によって特色を出しているため違いはありますが、おおよその時間割は以下のようになっています。 または、学校が用意しております「アクティビティ」にも自由に参加することが出来ます。 日頃の英語勉強の成果を活かし、英語を実践的に使ったり、世界中から集まる学生達と友達になるいい機会です。 その国その地域ならではの体験を満喫して頂くこともできます。 その他にも、インフォメーションボードには、現地のツアー会社が催している週末観光ツアーなども掲示されており、参加したいツアーがあれば学校の受付で対応もできます。

次の

人生のターニングポイントを答えるコツ3つ【回答例付き】

ターニング ポイント 英語

たとえばですが、「あのとき恩師と出会ったのが私の人生のターニングポイントになり、今こうして素晴らしい絵が描けるようになった」というように、 良い意味での「きっかけ」として使われることが多く、ネガティブな意味ではあまり使われません。 人生でいうと、「入学」「卒業」「就職」「転職」「結婚」といったように、生活環境が大きく変わる場面でその人にとっての「ターニングポイント」が訪れる場合が多いです。 また上記の「出来事」以外にも、「人との出会い」「物との出会い」「新しい経験」「異文化との交流」もターニングポイントになる場合があり、 人の数だけターニングポイントがあるともいえるでしょう。 「ターニングポイント」の使い方と例文 「ターニングポイント」を使った例文を紹介していきます。 高校生のときに、野球の地方大会で敗れたことがターニングポイントとなって猛練習し、その結果プロになれた。 就活で「あなたのターニングポイントは何ですか?」と質問されたので、海外留学したときのエピソードを披露した。 就職した企業でパワハラを受けたことがターニングポイントとなり、ホワイト企業へ転職する決意を固める。 今の夫と結婚することになったターニングポイントは、付き合い始めてから1年経ったときに夫がくれたプレゼントだった。 今思い返せば、彼女に告白されたときが私の人生のターニングポイントだったんだ。 あのとき選択肢を間違えなければ、今頃こんなことにはなっていなかったはずだ。 人によってそれぞれターニングポイントは異なりますが、いろんな経験をしていろんな人と出会うことが、その後の生き方や人生観に影響を与えることは間違いありませんね。 「ターニングポイント」の類義語 「ターニングポイント」と似たような意味を持つ類義語には、「岐路」「きっかけ」「転機」「分岐点」「運命の分かれ道」「変わり目」「転換期」「選択肢」などがあります。 あまり難しく考えずに、「 ターニングポイント=きっかけ、運命の分かれ道」だと覚えておけば間違いありません。 人生においていつ・どれだけターニングポイントが訪れるのかはわかりませんが、悔いのない選択をするようにしましょう。

次の