関白 宣言 歌詞。 さだまさしさん作詞作曲の「にゃんぱく宣言」が素敵!元ネタ「関白宣言」の歌詞とも比較してみました!

女性の方に質問です。さだまさしの関白宣言を聞いてどんな感想を持ち...

関白 宣言 歌詞

西野カナさんによる、自分の取り扱い説明書、俗に言う「トリセツ」を歌にしたものです。 「急に不機嫌になることがあります。 」 「理由を聞いても答えないくせに放っとくと怒ります。 」 など、自分の特徴を伝えて 「でもそんな時は懲りずにとことん付き合ってあげましょう。 」 と、男性側の取り扱いの仕方が綴られています。 所謂、 「女の子はこういう生き物だ!」という直球なまでのメッセージが詰まっています。 なので、男子諸君はこれを受け入れて優しく接するんだぞってことです。 「関白宣言」VS「トリセツ」 なぜかネット上では、この両者が引き合いにだされて討論されています。 しかし、本当のところ比較にするようなものなのでしょうか? 根本的な部分が違うような気がしますね。 そもそも、関白宣言にはオチがあり、最後までちゃんと聞くと本当に良い歌詞なんですよ。 とても心に突き刺さる ツンデレ親父的な愛に溢れた歌です。 それに、この歌詞の内容はさだまさしさんの思想そのものではないのです。 というのも、当時通っていた京都・先斗町のスナック「鳩」のママさんに最近の男は駄目になった。 だから若い娘も駄目になった。 だから男がしっかりして欲しい、そんな歌を作ってください。 ということを言われたんだとか。 それがきっかけで、さだまさしさんは「関白宣言」を作曲しました。 一人の男の物語を描いたフィクションですね。 一方、「トリセツ」は、西野カナさんの男性に対する直球な意見が盛り込まれている作品です。 現代の女性が恋愛における気持ちを代弁しているかのような内容で、女性からの共感をものすごく得ているのも事実。 この曲をそのまま彼氏に渡したいなんて女性もいるくらいで・・・ちょっと恐ろしいですね。 笑 ようするに、 「女性はこういう生き物だと理解して、こう接してね」というだけの話なのです。 そこに、相手に対する愛があるとか、オチがあるストーリーとかではなく、現実に沿った、女性を代表した声のような作風といえば良いんですかね? そう考えると、全く「関白宣言」と違うのはおわかりいただけますでしょうか? どちらが良い、悪いというわけではなく、そもそも比較する対象ではないのでは?ということです。 個人的には、なんで「関白宣言」と「トリセツ」が?と思ってしまったくらいです。 笑 しかしながら、teitter上は未だに論争が続いている状況のようですが、決着はつくのでしょうか?笑.

次の

『関白宣言』の悲惨なその後…。

関白 宣言 歌詞

猫の体調管理• 室内飼い推進• 多頭飼育崩壊の懸念 を注意した上で、飼い主しか頼れないからしっかり頼むよ!と言った内容で締めてくれます。 体調管理、完全室内飼育は出来るかぎりやるつもりなので私達は大丈夫なはず! 多頭飼育は・・・またあめ&つゆのようにのたれ死にそうな子猫と出会ってしまったら・・・出会った以上無視出来ないからなぁ・・・ 死にかけちゃうような不幸な子猫が居ない事を祈るのみです。 「にゃんぱく宣言」はテレビCM、ラジオCM、新聞広告の3メディアに登場し微妙に内容にも違いが有ります。 ACジャパンのサイトで3種類とも確認出来ますので、気になる人は是非確認してみて下さい! 関白宣言 「にゃんぱく宣言」の元ネタとなった「関白宣言」は41年前の1978年07月に発表となった曲です。 まずは「にゃんぱく宣言」の歌詞がこちら お前を飼い主にする前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の話を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人 引用: お前を 飼い主にする 嫁に貰う前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の 話 本音を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の 頼れる飼い主 愛する女は 生涯、お前ただ一人 メイン(?)の部分は全然違うので 歌詞の比較とか無理でした笑 比べてみると「飼えない数を、飼ってはいけない〜」とか「俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人」は 原曲とはまたちょっと違いました。

次の

さだまさし「関白宣言」の歌詞の解釈

関白 宣言 歌詞

西野カナさんによる、自分の取り扱い説明書、俗に言う「トリセツ」を歌にしたものです。 「急に不機嫌になることがあります。 」 「理由を聞いても答えないくせに放っとくと怒ります。 」 など、自分の特徴を伝えて 「でもそんな時は懲りずにとことん付き合ってあげましょう。 」 と、男性側の取り扱いの仕方が綴られています。 所謂、 「女の子はこういう生き物だ!」という直球なまでのメッセージが詰まっています。 なので、男子諸君はこれを受け入れて優しく接するんだぞってことです。 「関白宣言」VS「トリセツ」 なぜかネット上では、この両者が引き合いにだされて討論されています。 しかし、本当のところ比較にするようなものなのでしょうか? 根本的な部分が違うような気がしますね。 そもそも、関白宣言にはオチがあり、最後までちゃんと聞くと本当に良い歌詞なんですよ。 とても心に突き刺さる ツンデレ親父的な愛に溢れた歌です。 それに、この歌詞の内容はさだまさしさんの思想そのものではないのです。 というのも、当時通っていた京都・先斗町のスナック「鳩」のママさんに最近の男は駄目になった。 だから若い娘も駄目になった。 だから男がしっかりして欲しい、そんな歌を作ってください。 ということを言われたんだとか。 それがきっかけで、さだまさしさんは「関白宣言」を作曲しました。 一人の男の物語を描いたフィクションですね。 一方、「トリセツ」は、西野カナさんの男性に対する直球な意見が盛り込まれている作品です。 現代の女性が恋愛における気持ちを代弁しているかのような内容で、女性からの共感をものすごく得ているのも事実。 この曲をそのまま彼氏に渡したいなんて女性もいるくらいで・・・ちょっと恐ろしいですね。 笑 ようするに、 「女性はこういう生き物だと理解して、こう接してね」というだけの話なのです。 そこに、相手に対する愛があるとか、オチがあるストーリーとかではなく、現実に沿った、女性を代表した声のような作風といえば良いんですかね? そう考えると、全く「関白宣言」と違うのはおわかりいただけますでしょうか? どちらが良い、悪いというわけではなく、そもそも比較する対象ではないのでは?ということです。 個人的には、なんで「関白宣言」と「トリセツ」が?と思ってしまったくらいです。 笑 しかしながら、teitter上は未だに論争が続いている状況のようですが、決着はつくのでしょうか?笑.

次の