ある日、お姫様になってしまった件について 先読み。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の登場キャラクターまとめ

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」24話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について 先読み

出典元: 原作の小説:황제의 외동딸(原題) 全5巻+外伝1巻が出版されており、完結しております。 累計部数8万部に到達した人気のロマンスファンタジー小説です。 洗練された表紙絵とユーモアなストーリー、そして姫要素があり、代理満足を得るにちょうどいいとの評価のようです。 漫画「皇帝の一人娘」原作の内容・結末のネタバレ 原作は既に完結しているので、リアが一体どうなったのか、一番人気のアシシはどうなるのかは調べることはできました。 ですが、せっかくコミカライズされ読みやすく、キャラクターに愛着も沸く作品もある今、先読みしてしまうと面白さが半減してしまうかもしれません。 それでも先が気になって仕方がない、原作は原作、コミックはコミックと割りきれる方だけお読みいだだければと思います。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|リアとアシシについて 原作では二人の仲はあくまで主従関係のままです。 そもそも年齢が20歳は離れていると思われる二人が結ばれること自体が無理ですね。 それでもリアは、歳が離れていなければアシシと結婚したと思うと語ります。 アシシはリアの護衛騎士として務めあげ、その後リアの娘の護衛騎士も務めあげます。 ファンとしては残念な結末ではあるのですが、年齢的に仕方がないですね。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|リアの伴侶について ペルデルの甥っ子である、アヒン(ホアヒン)が伴侶になります。 作中でリアが頬を赤らめる描写があるので、規定路線だったようです。 リアは彼と一男一女をさずかります。 コミックだと銀髪で青い目の少年で描かれています。 アヒンは北部スヘルトーヘンボスの次期皇帝なんですよね。 聖痕が体によりくっきり出ているものが皇帝になる国で、彼は顕著にでていたため内定されたそうです。 が、ペルデルの姉である母親が反対し、アグリジェントに逃げてきたようです。 そして二人は出会い、彼が帰国後も10年後にばったり出会い、家出したリアに同行し、おでこにキスしたりもして・・・と続きます。 作者的にはペルデルとアシシを足したのがアヒンだそうです。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|ドランステの正体 ナイフの精霊だそうです。 カイテルが幼い頃に胸に刺さったナイフらしく、今は折れているので破片を集めているのだそう。 またリアの精神が子供のものではないことに気づいている唯一の存在だそうです。 漫画「皇帝の一人娘」の原作|ペルデルについて 作中ではカイテルやリアに馬鹿にされている宰相ペルデル(フェルデル)ですが、実は以前カイテルが起こしたアグリジェント皇室殲滅を仕掛けた張本人です。 シルビアとの約束で、生まれてくる次の世代の子どもたちのためによりよい世界を作るとし、アグリジェントを作り変えていくのでした。 帝国のためを思い、尽くしてきた人物のようです。 また同時に第6皇子を手助けしていた反逆者でもあります。 この皇子が生きていたことで、帝国に愛着のないカイテルを皇帝の座に座らせ続けることができたということだそうです。 ちなみに第6皇子の子供が、ティレニアがカイテルの子と言って連れてきたゼーランドです。 感想 リアとアシシはやっぱり、という感じでしたね。 以前にアシシがリアに送ったネックレスは、恋人か主君が受け取るもので、リアは主君としてなんだろうけど恥ずかしがっていました。 そういうのも含めて、二人の恋愛要素はチラホラでていましたよね。 また伴侶となるアヒンとの初々しい交流が見もののようです。 上ではざっくりと説明しただけですが、アグリジェントから帰る際リアの髪を持ち帰るのですが、二人してドキドキしてしまうらしくかわいいです。 こういう付き合いたてのカップルのやり取りは、ほんわかしていいですよね。 ドランステも想像通りでしょうか。 リアの内面を知っている唯一の存在として、お互いを支え合っていける親友の立ち位置なんですかね。 恋人役、人気としてはアシシがダントツで突き抜けているので、そこに収まるしかないのかなという。 ペルデルは普段の扱いの酷さからは信じられないほど、実は熱く有能な人物でしたね。 物語を一番動かしているのは彼のようです。 今後コミカライズされていく中でどのような変化を遂げるのかとても楽しみです。 漫画はとても読みやすいですしね。 まとめ ・リアの伴侶はアシシではなくアヒン ・ドランステは剣の妖精 ・ペルデルが裏の主人公 ネタバレは以上です。 各エピソードをまとめたものがにあります。 よければ参考にしてみてください。 それではここまで読んで下さってありがとうございました。 また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」4話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日、お姫様になってしまった件について 先読み

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、自分と父のフルネームが、小説「かわいらしいお姫様」の設定とまるで同じで衝撃を受けるアタナシア。 内容は、アタナシアと同い年で、腹違いの妹のジェニットが主人公で、ジェニットは父の愛も帝国一の婚約者の愛も、全大陸の人々の愛も受け、幸せに暮らすお話。 その反面、小説のアタナシアは、父に愛されず、濡れ衣を着せられ父に処刑されるだけの哀れな設定。 自分がそのアタナシアと同じ気がして、大泣きする彼女なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」4話のネタバレ 大泣きするアタナシアのもとへ駆けつけてきたのは、いつも彼女を優しく面倒みてくれる、メイドのリリアン・ヨルクだ。 原作の「かわいらしいお姫様」でも、唯一アタナシアの潔白を訴えてくれた人物で、そのせいで皇帝に処刑される。 リリアンはルビー宮での出来事を知っていながらも、志願してアタナシアの保母になった。 アタナシアの母親・踊り子のダイアナの自由な魂に憧れていたからだ。 だがそのダイアナは、アタナシアを産んだ直後死亡し、狂ったクロードによってルビー宮の人々は殺されるのだ。 どう考えても自分があのムカつく小説内に入ったとしか思えない、だから結局クロードに殺されるし、リリーもそうなんでしょうと、大泣きするアタナシア。 何故こんなに泣くのかと、リリーはオロオロする。 やっぱりこの宮を早く抜け出さないといけないと、彼女は固く決意するのだった。 おして月日は経ち、アタナシアはとてもかわいらしく成長した。 アーティにチョコちょーだい、と愛嬌たっぷりに振る舞うアタナシアに、メイド達はメロメロ。 アタナシアは5歳になり、その数年間の努力のかいあって、メイド達も優しくしてくれるようになったのだ。 ルビー宮の金製品が少しずつ減っていたのは、貴族だが貧しい家出身のルビー宮の宮人が、クロードがアタナシアに興味がないのをいいことに、こっそり盗んでいたからだった。 結局このことは、リリーがメイド長を問い詰めて解決したが、盗んだ者たちがか追い出されるときに返還したはずの物品は、戻っては来なかった。 おかげでアタナシアが何かを隠してもばれなくなったのだ。 チョコを食べたアタナシアは、チョコで汚れた手を噴水で洗いに行った。 ふとバランスを崩し、水面に顔が近づく。 そこに映ったのは、透き通る青い宝石眼、輝く金の髪のとても美しい少女だった。 こんなに可愛い顔に生まれ変われるなんて。 顔は母親にそっくりだが、この宝石眼だけは父親譲りである。 直系の皇族だけが受け継ぐもので、この世界の人は固有の魔力を持っているけど、直系皇族の波長は特に独特なため、このような眼になるのだそうだ。 皆、クロードの宝石眼を受け継いだのはアタナシアしかいないと言うが、主人公のジェニットもしっかり受け継いでいるのだった。 噴水で手を洗った後、子供らしく、お花摘みを楽しむアタナシア。 気がつくと、全然知らない場所に来てしまったのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」4話の感想 運命を嘆き、大泣きするアタナシア。 気持ちはとてもよくわかります。 おまけに常に彼女を守ってくれるリリアンも殺されてしまうのです。 この運命をなんとか変えないといけないですね。 小説のアタナシアは暗い娘でしたが、今回のアタナシアは愛嬌たっぷりの娘に成長しました。 あまりの可愛さに、いけないと思いつつも、チョコを沢山渡してしまうメイド達。 既に小説の設定からずれてきましたね。 この愛嬌があれば、ジェニットにも負けないかもしれません。 そんな彼女は、お花摘みをしているうちに、知らない場所まで来てしまったようです。 皇宮の敷地内なのでしょうが、このことが何を意味するのかは次のエピソードでですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日お姫様になってしまった件について 小説版と内容が異なる...

ある日、お姫様になってしまった件について 先読み

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、アルフィアス公爵と話していた黒髪の男性の瞳に、宝石眼のようなきらめきを見つけるアタナシアだが、その人物はすぐ姿を消し、彼女は見間違いだと思う。 デビュタントの女の子のダンスに混ざる際、クロードにお別れのような挨拶をしてしまうアタナシア。 その後、その集団でジェニットに声をかけられ、足を踏んでしまう。 思わぬジェニットの登場に、アタナシアは慌ててその場を離れる。 今度はイゼキエルに出会ってしまい、いつのまにか一緒にダンスをすることに。 ここでも彼の足を踏んでしまう。 クロードはものすごい形相でイゼキエルを睨むのだった。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」32話のネタバレ クロードが用事で不在になったため、アタナシアはフィリックスと一緒にいることに。 もしかしてジェニットと会っているのかと思い、真っ青な顔になる彼女。 フィリックスは、すぐ戻られるから心配ない、お姫様のデビュタントですしきっと最後まで参加されると言う。 そして私とも一曲お願いしますと言うので、フィリックスとダンスを始める。 またも足を踏んでしまう彼女。 しかも両足をかなり踏んだので、フィリックスは自分が何か気に食わないことをしたのではと聞く。 彼女は、知っててダンスを申し込んだのではないのか、私さっきパパの足踏んだの見たでしょうと答える。 陛下の足までもと目を丸くして驚くフィリックスだが、自分だけ足が痛いわけじゃなくて良かったと言う。 アタナシアは、ジェニットとアルフィアス公爵、イゼキエルがパーティーホールに集まっているのに気が付く。 ならばクロードの用事はジェニットと無関係なのかなと思いつつ、アタナシアは暗い気持ちになり視線を落とす。 フィリックスは落ち込んだアタナシアを見て、実はさっき陛下が私に、これ以上変な虫けらがお姫様に近づかないようにと、そばで守るように伝えられたのですよと話す。 そのお気持ちは理解できるのですが、今日はお姫様のための日だから仕方ありません、私は見守っていますので楽しくお過ごしくださいと、アタナシアを群集の中に押し出した。 いつのまにかアタナシアに近づこうと、大勢の令息令嬢が集まっていた。 代わる代わる挨拶されるのでパニックになる彼女。 一通り終わり、ヘトヘトの彼女はようやく会場の外にいたクロードと合流できた。 まだデビュタントは終わってないだろうと言われるも、もうほとんど終盤だから休みたいアタナシア。 あれほど楽しみにしていたデビュタントなのに何故もう戻るというのか、面倒なやつでもいたのかと聞かれ、クロードの鋭さに驚く彼女。 しかし、まさか誰かがお前を傷つけたのかとクロードは勘違いし、俺がいない間守れといったはずだとフィリックスを叱り始めた。 私の力不足ですと、跪いて謝罪するフィリックス。 会場に戻りアタナシアを傷つけた者を成敗する、舌で傷つけた者は舌を焼きつつくし、無礼な振る舞いをしたものは手足を切り落とし、城門の前に見せしめとして吊るすと、物騒なことを目を光らせて言い始めた。 アタナシアをエメラルド宮に連れて行くようフィリックスに言いつけるクロード。 アタナシアは慌てて、怒らないで私は傷ついていない、私はパパの娘なのにそんなことする人なんていないと言いしがみつく。 ではなぜ会場から戻ったのだというクロードに、パパがあまりにも長い間いないから会いたくなっただけ、それなのにパパが戻ったら意味がないと、アタナシアは喚く。 その言葉に、さきほどまでクロードから禍々しく放たれていた殺気がすーっと消えた。 私と一緒にエメラルド宮に行こう、会場は騒がしくて再び入るのは疲れるからと話す彼女。 クロードは、仕方ない、エメラルド宮に戻ろうかと言う。 急な仕事が入ったのではとフィリックスが聞くと、こんなに望むなら時間を作ってやってもいいだろうと言う。 ホッとするアタナシアは、同時にこのまま戻ったらジェニットと会わないで済むのではと気づく。 するとフィリックスが、アタナシアの腰のリボンが無くなっていることを指摘する。 クロードはフィリックスに見つけてこいと言うが、もうダンスホールで踏まれてもみくちゃになっていると思い、アタナシアは断る。 これで終わりかと思いきや、アタナシア姫様、と彼女を呼ぶ声がする。 固まるアタナシア。 ゆっくり振り返るクロード。 これを落としましたかと言い、アタナシアのドレスのリボンを持ったジェニットが現れたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」32話の感想 アタナシアは足を踏んでばかりですね。 クロードとイゼキエルは平然としていましたが、フィリックスの反応を見ると相当痛いようです。 あれほど練習したのになぜこんなことになってしまったのか。 アタナシアは面白いですね。 クロードはなんだかんだ、アタナシアを溺愛しているようです。 彼女が傷つけられたかと思い、誰かを殺しそうなぐらい怒っていました。 それでも彼女は、まだ原作の設定に捕らわれてしまうのではと気掛かりです。 そして原作と同じく、アタナシアのデビュタントで、ジェニットはクロードと会うことになりました。 状況は違いますが、アタナシアにとってショックな出来事でしょう。 運命を変えようとあれこれしてきたのに、結局こうなるのかと。 クロードはどんな反応をするのか、次回が待ち遠しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の