イエスタデイ 上映 館。 イエスタデイ

特集上映<英国の伝説は歌い継がれる イエスタデイ

イエスタデイ 上映 館

ダニー・ボイル監督手掛ける映画『イエスタデイ』が、2019年10月11日 金 に公開。 ザ・ビートルズの名曲と共に、音楽、夢、友情、そしてこれらすべてに対する深い愛を描いていく。 フレッシュなキャスト 主人公・ジャック ヒメーシュ・パテル ジャックはイギリスの海辺の町に暮らす、売れないシンガーソングライター。 有名になりたいという夢はあるが、限界を感じ悩んでいる。 ある停電により、事故に合うが…目を覚ますとそこはザ・ビートルズが存在していない世界だった。 親友エリー リリー・ジェームズ ジャックを献身的に支える幼なじみの親友。 演じるは、、などに出演している。 エド・シーランも本人役で出演。 イギリス出身のミュージシャン、も本人役で出演。 脚本を手掛けたリチャード・カーティスは「売れなかったミュージシャンがその後、世界で最も成功するというエピソードや彼の恋愛模様についてエド・シーランがモデル」と話しており、どうしてもエド・シーランに出演して欲しいかったそうだ。 ダニー・ボイルxリチャード・カーティス 映画『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞を8部門を受賞したダニー・ボイル監督と、映画『ラブ・アクチュアリー』や『ノッティングヒルの恋人』で知られるアカデミー賞ノミネート脚本家リチャード・カーティスがタッグを組んだ。 名曲「イエスタデイ」を作品タイトルにつけたわけだが、ボイル監督は次のように話している。 「私にとってザ・ビートルズはとても大切な存在。 僕はメンバーの出身地から20マイルほどのところで育ちました。 生き方、仕事、経済、自己表現といった意味で、ポップカルチャーに火をつけた彼らの偉業を通して僕たちは今を生きています。 」 楽曲もエド・シーランが提供 本人役で登場するエド・シーランが、本作の為には「One Life」「Penguin」2曲の楽曲を提供。 そのうちの1つ「One Life」は、脚本家 リチャード・カーティスの希望に応え、本作の為に書き下ろしたものとなる。 なおこの2曲は、映画のサントラ盤にも収録されないため、本編のみで聞くことができる。 映画祭のラストを飾るクロージングナイト作品として、初めて本作が上映された。 なお当日の会場には、ダニー・ボイル監督、脚本リチャード・カーティス、主演ヒメー シュ・パテルらが、ゲストとして駆けつけている。

次の

「ビートルズを歌おう」 大分市の映画館「シネマ5」で「イエスタデイ」応援上映

イエスタデイ 上映 館

主人公以外が「ビートルズ」を知らないという世界を描いた映画「イエスタデイ」の「歌う上映会」が1月11日夜、大分市の映画館「シネマ5biz」(大分市府内町3)で開かれる。 スクリーンに流れる数々のビートルズの楽曲に合わせて歌える「応援上映」型の観賞イベントで、レイトショー割引価格(1,300円)で楽しめる。 「イエスタデイ」(ダニー・ボイル監督)は英国のラブ・コメディー映画。 売れないシンガー・ソングライターがビートルズが存在しない世界で、誰も知らないビートルズの楽曲を発表して有名になっていくというストーリー。 耳慣れた名曲を随所で楽しめるとして2019年10月11日の日本公開以来、全国でヒットを続けている。 [広告] 「シネマ5」(大分市府内町2、TEL )では11月23日から系列館の「biz」で上映を開始した。 観客層はいわゆる70代の「ビートルズ世代」から高校生までと幅広く、リピーターも多いという。 人気を受けた上映は7週目を迎えており、同館では「異例のロングラン」となっている。 イベントは「歌いたくて仕方がなかった」「つい、口ずさんでしまった」といった観賞後に寄せられた複数の声を受けて企画。 一日限定開催で、「うたう『イエスタデイ』上映会!」として劇中に登場する曲のフレーズやコーラスに合わせて歌い、手拍子ができるようにする。 同館のフェイスブックページでは企画に合わせて「I WANT TO HOLD YOUR HAND」「HEY JUDE」などの劇中曲を「練習用」として紹介。 支配人の田井肇さん(64)は、「途中途中の小ネタも面白いし、一映画としてもお薦め。 11日は気兼ねなく声を出して楽しんでほしい」と呼び掛ける。 上映時間は1月10日までは14時45分~。 11日~17日が最終週で、連日20時30分からレイトショー割引で上映する。

次の

イエスタデイ|上映スケジュール

イエスタデイ 上映 館

主人公以外が「ビートルズ」を知らないという世界を描いた映画「イエスタデイ」の「歌う上映会」が1月11日夜、大分市の映画館「シネマ5biz」(大分市府内町3)で開かれる。 スクリーンに流れる数々のビートルズの楽曲に合わせて歌える「応援上映」型の観賞イベントで、レイトショー割引価格(1,300円)で楽しめる。 「イエスタデイ」(ダニー・ボイル監督)は英国のラブ・コメディー映画。 売れないシンガー・ソングライターがビートルズが存在しない世界で、誰も知らないビートルズの楽曲を発表して有名になっていくというストーリー。 耳慣れた名曲を随所で楽しめるとして2019年10月11日の日本公開以来、全国でヒットを続けている。 [広告] 「シネマ5」(大分市府内町2、TEL )では11月23日から系列館の「biz」で上映を開始した。 観客層はいわゆる70代の「ビートルズ世代」から高校生までと幅広く、リピーターも多いという。 人気を受けた上映は7週目を迎えており、同館では「異例のロングラン」となっている。 イベントは「歌いたくて仕方がなかった」「つい、口ずさんでしまった」といった観賞後に寄せられた複数の声を受けて企画。 一日限定開催で、「うたう『イエスタデイ』上映会!」として劇中に登場する曲のフレーズやコーラスに合わせて歌い、手拍子ができるようにする。 同館のフェイスブックページでは企画に合わせて「I WANT TO HOLD YOUR HAND」「HEY JUDE」などの劇中曲を「練習用」として紹介。 支配人の田井肇さん(64)は、「途中途中の小ネタも面白いし、一映画としてもお薦め。 11日は気兼ねなく声を出して楽しんでほしい」と呼び掛ける。 上映時間は1月10日までは14時45分~。 11日~17日が最終週で、連日20時30分からレイトショー割引で上映する。

次の