お悔やみ 電報 宛名。 弔電の送り方 通夜と告別式どっちに?お悔やみ電報の宛名や差出人について

弔電》弔電文例・電報弔電送り方・宛名と宛先・弔電お礼・キリスト教・香典

お悔やみ 電報 宛名

1.宛名は「基本的には」喪主に まず、お悔やみの電報(弔電)の宛名は基本的には葬儀の 喪主にするのがマナーのようです。 私も最近の例では高校時代の恩師の訃報へのお悔みの言葉を送りました。 この時は母校の同窓会に問い合わせたら喪主を教えて頂けました。 故人の遺族がすぐ連絡のとれる人なら喪主名や葬儀場の住所を聞くことができますね。 また、葬儀場にたずねれば喪主の名を教えてくれます。 葬儀場では同じ日に複数の葬儀があったりしますから、混乱が起きないよう、 喪主名はフルネームで確認しておくことが大切です。 失礼の無いよう姓名の「漢字」も正確に確認しましょう。 たとえば私の周りでは、下の名の「充(みつ)」を「光」と勘違いしたまま手紙やメールを親族に送り続けていた例があります。 比較的近い親族内でもこのありさまでしたから、気をつけたいですね! 喪主と面識が無い場合は「故人と自分との関係が喪主や遺族にも分かる」ように差出人を書くと良いでしょう。 例えば恩師の訃報を受けて私がお悔やみを出した時には 「 〇〇高等学校 第〇〇回卒業生 〇〇〇〇(私のフルネーム) 」 という差出人名にしておきました。 2.喪主が分からなければ「ご遺族様」宛てに さて、上に書いたように弔電の宛名は基本的には喪主が良いとされますが、例外もあります。 例えば、すぐに喪主名が確認できず、通夜や葬儀に間に合わない心配がある場合なども、もしかしたらあるかもしれません。 また、父上や母上を亡くした友人に弔電を送りたいが、喪主が友人の兄弟であるなど、送りたい相手が喪主でないケースはよくあります。 スポンサーリンク 3.弔電の宛先住所は葬儀の会場に さて、弔電の宛名の次は 宛先の住所ですが、これは葬儀が開かれるホール・寺・家などの住所を宛先にします。 私も「故人の自宅と葬儀場のどちらにしよう?」と迷ったことがあります。 が、葬儀が始まる前までに確実に喪主に渡るためには葬儀ホールなどに送るのが良いと考えそうしました。 もともと弔電は故人の自宅に送るものだったようです。 なぜなら昔は家で葬儀をするのが普通だったからです。 しかし最近は大半の人が外の葬祭場を利用しますし、その準備のため喪主が家にいないケースが多いです。 この場合日付を入れるのは、葬儀業者ではないお寺に一度に大量の弔電が届くことによるお寺への負担を減らすためです。 4.送るタイミングは訃報を受けたら「すぐ」 お悔やみの電報で大切なのは訃報を受けたら すぐに出すことです。 私もお通夜や葬儀に間に合うよう、すぐに弔電を出すようにしてきました。 葬儀では弔電の紹介があることも多いです。 ですから、 お通夜までに、または葬儀(告別式)の始まる1時間前までに弔電を届けるのがマナーです。 故人が亡くなってから葬儀までの日数は季節や六曜などによっても違いがあります。 葬儀に参列できない代わりに送るのが弔電なので、これが遅れるのは失礼になりますから気をつけましょう。 サービスによっても多少違いはあるかもしれませんが、弔電は日本全国どこでも当日から翌日までに届くものが多いようです。 サービスの窓口にお通夜や葬儀の日時を知らせ、その前に届くように頼んでおきましょう。 まとめ 1.お悔やみ電報の宛名は喪主にするのが基本 2.喪主以外を宛名にすることもできる 3.宛先住所は葬儀の会場にする 4.弔電は通夜・葬儀が始まる前に届くようにする ちなみに、お悔やみの言葉は遺族の宗教・信条に配慮したものにしたいものですね。 例えば故人や喪主がキリスト教だと分かっている場合は「供養」「成仏」「ご冥福」などの言葉は控えた方が良いでしょう。

次の

お悔やみ電報の宛名に迷っている人へ 押さえておきたい4つのポイント

お悔やみ 電報 宛名

まずは弔電の送り方や料金を確認! 弔電の申し込みで一番多いのがNTTの115番へ電話して申し込むという方法です。 受付は年中無休で、電話の場合は8時~22時まで受け付けています。 115番へ固定電話もしくは携帯電話から電話すると、オペレーターが電話口に出るのでそこで弔電の台紙デザインと文章を決めます。 またインターネットでも申し込みを受け付けています。 インターネットの場合は24時間受け付け可能で、申し込み専用サイトにて申し込みをします。 今は電話会社だけではなく、一般企業の電報も多くあり、受け付けから最短3時間で届けてくれるサービスもあります。 いざという時にどこの会社で送るか決めておけば迷う必要もないですね。 私も普段からどこに頼むか決めていれば、慌てることはなかったのになぁと思ってます。。。 料金は文字数や台紙の種類によって変わります。 相場はおよそ3000円~5000円くらいです。 失礼のないよう最低限のマナーを! お悔やみ電報を送る上で、最低限のマナーを知らず送ってしまうと、ご遺族に不快な思いをさせ今後の関係性を悪くしてしまいます。 まず弔電の宛先ですが、住所は通夜や葬儀、告別式が行われる場所になります。 斎場で行われる場合は斎場の住所、遺族の自宅の場合はその自宅の住所、ということになります。 宛名は故人ではなく喪主当てに送りましょう。 文中では、喪主と故人の続柄について敬称で表すことがマナーとなっています。 また忌み言葉にも注意しましょう。 直接的な「死亡、死去」といった表現や、不幸が重なることを連想させる「重ね重ね、再び」、縁起の悪いとされている「四、九」などは使わないようにしましょう。 文章は電報の申し込みサイトなどに文例が載っているので参考にしてくださいね。 今は本当にたくさんの文例があるので、私も参考にしながら文を決めています。 一文でもいいので自分なりの文章を入れるとご遺族にも気持ちが伝わると思いますよ。 スポンサーリンク ご遺族に負担が掛からないタイミングに送る! 弔電を送ろうと決めて、まず迷うのがいつ送ればいいのかということ。 まずは一般的な仏式のお葬式の流れを確認しておきましょう。 一般的には「通夜」を行ったその次の日に「葬儀」と「告別式」を執り行います。 今は葬儀と告別式を合わせて行うところも多くなっています。 そして弔電の送るタイミングですが、葬儀の前までには到着するようにしましょう。 出来れば訃報を聞いたらすぐ手配するようにしましょう。 なぜなら弔電は葬儀 告別式 のときに披露されます。 遺族は通夜の日に葬儀で読む弔電を整理するからです。 通夜の日程は葬儀場の混み具合、日柄で変わるので確認しておきましょう。 私も身内のお葬式の時、葬儀のギリギリになって弔電が届くことがあって、直前までバタバタしたことがあったのでご遺族の負担を減らすためにも早めに送りましょう。 余裕を持って葬儀開始の3時間前までには到着するようにしましょう。 弔電は訃報を受けてすぐ送るのがマナーとなっており、早く届くことで失礼になるということはありません。 弔電が間に合わない! そんな時は? 訃報を聞いたのが葬儀当日でお悔やみの電報が間に合わない! やむを得ない事情で弔電が間に合わなさそう! そんなときは慌てず、弔電を送ることは諦めましょう。 慌てて送った結果、葬儀の終わったあとに電報が届くなんてことがあればご遺族に失礼に当たります。 電報はあくまでも「手紙よりも気持ちを伝える簡易的な手段」です。 葬儀に弔電が間に合わないと思ったら、手紙 お悔やみ状 でお悔やみの気持ちと葬儀に参列できなかったお詫びを伝えましょう。 その時、香典をつける場合は、現金書留で送ります。 さほど遠方ではないときは、なるべく直接訪問して自分の口でお悔やみの言葉を伝えたほうがよりいいですね。 弔電の申し込みから送るタイミングまでを分かりやすく動画で解説!.

次の

弔電の送り方 通夜と告別式どっちに?お悔やみ電報の宛名や差出人について

お悔やみ 電報 宛名

21文字 8502 突然の悲しいお知らせに、信じられない思いです。 みなさまのご心痛をお察しし、すぐにでもお慰めに駆けつけたいところですが、今は遙かな地よりご冥福をお祈り申し上げます。 81文字 8503 突然の悲報に接し、ただ驚くばかりです。 もうあの笑顔にお会いできないのかと思うと、悲しくてなりません。 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申しあげます。 78文字 8504 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの笑い声を思い出しています。 まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。 心からご冥福をお祈りいたします。 90文字 8505 ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 22文字 8506 ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 23文字 8507 ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 21文字 8508 ご訃報に接し、惜別の念を禁じ得ません。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8509 ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 46文字 8510 ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 35文字 8511 いつまでもお元気でいてくださると思っておりましたので、ご逝去のお知らせにただ驚くばかりです。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 73文字 8512 ご逝去のお知らせを受け、悲しみにたえません。 すぐにでもお別れに伺いたいのですが、今はただ遠方より故人の安らかなお眠りをお祈りいたします。 68文字 8513 突然の悲報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 36文字 8514 悲報に接し、悲しみにたえません。 ご遺族の皆様のお力落としをお慰めするすべもなく、ただ心よりご冥福をお祈り申しあげます。 59文字 8515 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心からご冥福をお祈りいたします。 42文字 8516 ご生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご功績を偲び、謹んでご冥福をお祈り申しあげます。 42文字 8517 ご訃報に接し、惜別の情を禁じ得ません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 41文字 8518 ご訃報に接し、今はただご生前の優しい笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、お祈り申しあげます。 60文字 8519 ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 28文字 8520 突然の悲報に接し、呆然としております。 お別れにも伺えず、残念でなりません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 63文字 8521 ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 23文字 8522 訃報に接し、私も深い悲しみに暮れています。 ご家族で過ごされた思い出をいつまでも大切になさってください。 心からご冥福をお祈りいたします。 67文字 8523 悲報に接し、まだ信じられない気持ちでいます。 たくさん泣いて、しっかり送ってあげてください。 遠くからですが、私も哀悼の気持ちをお送りします。 89文字 8524 突然の悲報に涙が止まりません。 ご家族の哀しみ、どんなにかお辛いことでしょう。 心からご冥福をお祈りいたします。 どうかお気持ちを強く持ってください。 お力になれることがあれば、なんなりとおっしゃってください。 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 一日も早く悲しみの中から立ち直られますように、祈念してやみません。 やむを得ぬ事情ですぐに参上することができません。 今はただ遠方よりご冥福をお祈りいたします。 どうかご家族のためにもしっかり生きてください。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 70文字 8530 ご生前のご功績と温情が偲ばれます。 どうぞ安らかに永眠されますようお祈り申し上げます。 61文字 8531 友との別れに際しあまりにも突然のことで言葉が見つかりません。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 60文字 8532 こんなに早い別れになるなんて信じられないよ。 沢山の優しさをありがとう。 穏やかな旅立ちでありますように。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 100文字 8602 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 103文字 8604 ご急逝を知り、ただ驚くばかりです。 どうかお力落としなく、ご家族のみなさまが心をあわせて強く生きて行かれますよう祈っております。 63文字 8605 突然の悲報に接し、驚きと共に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申しあげます。 68文字 8606 ニュースで悲報を知り、現実のこととは思えずただ茫然としております。 ご家族の皆様のお力落としを思うとお慰めする言葉も見つかりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 81文字 8607 思わぬ悲報に接し、ただ驚くばかりです。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8608 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申しあげますとともに、在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 76文字 8609 突然の訃報に接し、大変驚いております。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、故人の安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 69文字 8610 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 28文字 8611 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。 83文字 8612 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 69文字 8613 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 52文字 8614 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 79文字 8615 お父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8616 お父様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8617 ご尊父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご母堂様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 58文字 8618 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8619 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 29文字 8620 ご主人様のご逝去の報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします。 30文字 8621 ご主人様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 奥様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 56文字 8622 ご主人様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 84文字 8623 奥様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 49文字 8624 奥様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 61文字 8625 ご令室様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 51文字 8626 ご令室様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8627 ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8628 ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8629 ご子息様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8630 ご子息様の突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからと言う時での旅立ち、無念で涙がとめどなく溢れました。 御家族の皆様にも大変な悲しみいかばかりかとお察し申し上げます。 ご冥福をお祈りいたします。 102文字 8631 ご令息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8632 ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8633 お嬢様のご逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 50文字 8634 お嬢様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8635 お嬢様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8636 お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 57文字 8637 ご母堂様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 26文字 8638 お母様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 50文字 8639 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8640 お母様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8641 お母様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8642 ご母堂様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8643 お母様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 これまでのご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 60文字 8644 ご岳父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8645 ご岳父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8646 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8647 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8648 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8649 ご岳母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 どうか安らかな旅立ちでありますように。 心からご冥福をお祈りいたします。 61文字 8650 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8651 ご丈母様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげます。 心からご冥福をお祈りいたします。 65文字 8652 ご丈母様の突然の悲報に接し、ご家族皆様のご心情、いかばかりかとお察しいたします。 心から哀悼の意を表し、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 73文字 8653 ご丈母様のご逝去のお知らせを受け、ただ驚いております。 ご家族のお悲しみはいかばかりかと存じますが、どうかご自愛ください。 心よりお悔やみを申し上げます。 75文字 8654 ご丈母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 62文字 8655 悲しみのお気持ちを拝察いたします。 在りし日の大切な思い出を心に浮かべれば、おじいさまもきっと安らかにお眠りになることと思います。 心からご冥福をお祈りいたします。 謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心から哀悼の意を表します。 ここに謹んでご哀悼の意を表するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。 ご悲嘆のあまりに、体調を崩されることのないよう、ご自愛ください。 お慰めの言葉も見つかりません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご遺族の皆様方にはお慰めする言葉も見つかりませんが、ご悲嘆のあまり体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 ご遺族の皆様のお悲しみは、いかばかりかとお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 51文字 8672 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を捧げます。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ご家族の皆様は、さぞやご心痛のことと拝察いたします。 一日も早く悲しみの中から立ち直られますよう、祈念してやみません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 43文字 8678 お父様の訃報に際し安らかに永眠されますよう心から哀悼の意を捧げます。 ご家族の悲しみはいかばかりかとお察し申しあげます。 くれぐれもお身体をお大事になさってください。 81文字 8679 突然の悲報に接しお悔やみ申しあげます。 心痛をお察しいたしますがご家族みなさまがお力を合わせてこの悲しみを乗り越えられるよう心からお祈りいたします。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8702 突然の悲報に接し、驚いております。 貴社ご一同様ご傷心のほど深くお悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈り申し上げます。 生前のご厚情に深く感謝すると共に、ご冥福を心よりお祈り申しあげます。 77文字 8704 ご遺族様はじめ社内ご一同様のお嘆きのほど、拝察致します。 心からご冥福をお祈り申し上げます。 45文字 8705 社長様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 50文字 8706 社長様のご逝去を悼み、社員ご一同様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 52文字 8707 社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。 61文字 8708 社長様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 奥様並びに社員の皆様方のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 64文字 8709 会長様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8710 会長様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 55文字 8711 会長様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも社員皆様お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8712 先生のご訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 ただ残念でなりません。 ご冥福をお祈りいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 謹んで哀悼の意を表します。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 お悔やみ申し上げるとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。 自社のみならず幅広く社会貢献されて来られました故人の業績にはただ脱帽するのみでございます。 心からご冥福をお祈りいたします。 90文字 8720 突然の悲報に社員一同、呆然としております。 何のお返しも出来ないまま誠に無念なお別れではございますが、今はただご冥福を祈るのみで御座います。 仕事でのお付き合いだけではございましたが、責任感が大変強く何事も一生懸命されるお姿には何度も感動をおぼえました。 会社にとりましても御家族に取られましても大きな宝を亡くした悲しみはお察し申し上げます。 心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前の数々のご功績を偲ぶと共に、心よりご冥福をお祈りいたします。 59文字 8723 故人のご厚情に深く感謝し、ご功労に敬意を表して、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 ご遺族のみなさまならびに社員ご一同様に心からお悔やみ申しあげますとともにご冥福をお祈りいたしております。 31文字 8726 ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 42文字 8727 ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8728 ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心から安らかなる旅立ちと、ご冥福をお祈りいたします。 58文字 8729 ご主人様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8730 ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前の面影を偲び、遠方よりご冥福をお祈りいたします。 改めてご冥福をお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 ご冥福を心よりお祈り致します。 謹んでご冥福をお祈り致します。 ご生前の面影を偲び、衷心より哀悼の意を表します。 心ばかりお花を送らせていただきました。 45文字.

次の