トイレ 黒ずみ 予防。 トイレの黒ずみ完全除去するには?掃除方法と予防法を解説

トイレの黒ずみ完全除去するには?掃除方法と予防法を解説

トイレ 黒ずみ 予防

ビックリするだけでは終われないので、 長年蓄積された頑固な黒ずみを何とかしましょう。 トイレの黒ずみは、カビやホコリなどの汚れに、水垢や水道水中の鉄などが複雑に結びつく事ででる汚れです。 そんな 頑固な黒ずみ汚れには、重曹とこすり洗いが効果的なんです。 トイレの黒ずみを落とすのは、物理的にこすり落とす方法が一番効率的ですが、便器に傷がついてしまいます。 今回は、 トイレの黒ずみ汚れの落とし方や、トイレの黒ずみを予防する方法について紹介します。 この記事の目次• 【トイレの黒ずみ】原因は汚れがタッグを組んでいるから! 水垢とは、水道水に含まれるケイ酸・カルシウム・マグネシウム・鉄分などが蓄積してできる ザラザラした白っぽい汚れです。 ということは、もともと水垢の白っぽい汚れが、ホコリやカビなどの微生物と結びついて黒ずみになってしまったという事なんです。 この 3つが「水垢、ホコリ、カビ」などがタッグを組むと大変です。 便器にくっつき、なかなか落とせない頑固な汚れになります。 こまめに掃除していれば、黒ずみ汚れは付きにくいですが、今ある黒ずみをなんとかしなくてはいけませんね。 今こそトイレの黒ずみに、サヨナラしましょう! 早速、 黒ずみ汚れの程度に合わせた掃除方法を紹介します。 【トイレの黒ずみ】クエン酸で軽度なトイレの黒ずみを掃除する方法 トイレの黒ずみを取る前には、まずはトイレの水たまりを抜いて空(から)にしましょう。 【トイレの黒ずみ】トイレの黒ずみを掃除する前に止水栓を止めよう! 4 トイレットペーパーを剥がしトイレブラシを使ってこすり洗いする 時間が経ったらトイレットペーパーを剥がして、トイレブラシを使ってこすり洗いする。 トイレの止水栓を開け水を流して完了。 この方法で落ちない黒ずみ汚れは、 業者に相談することをオススメします。 【トイレの黒ずみ】トイレ洗剤で便器のふち裏や便座の裏側を掃除 トイレの見落としがちな箇所といえば、 便器のふち裏や便座の裏側です。 これらは、掃除頻度が少なく、長年蓄積された頑固な汚れが待ち受けている事が多いです。 黒ずみはもちろん、 尿などの飛び跳ねによる尿石などもあり、なかなか手ごわい汚れです。 重曹+クエン酸でパックする方法で掃除するのもいいですが、年季の入った汚れだと正直厳しいかもしれません。 そこで年季が入った頑固な汚れには、 トイレ用酸性洗剤パックがオススメです。 掃除方法を紹介します。 しかし、サンドペーパーでこすってしまうと、汚れと共に便器も削ることになり便器に細かい傷がつき汚れがたまりやすくなってしまいます。 もちろん、プラスチック製の便座などには、この方法は使えません。 サンドペーパーで削りとる前に、自分では落とせないトイレの汚れは、 業者に依頼してみるのが得策です。 【トイレの黒ずみ】重曹でトイレの黒ずみを予防する方法を知ろう! やはりトイレの黒ずみを防ぐには、 こまめな掃除が必要です。 日が浅ければ浅いほど、黒ずみも落ちやすいので日々のトイレ掃除がものをいいます。 極端に言えば、トイレ使用のたびに何もつけなくていいので、 トイレブラシでこするだけで黒ずみ防止できます。 とはいえトイレ使用のたびは面倒くさいですよね? そこで裏ワザの紹介です。 トイレタンクの中にトイレ洗剤もしくは、重曹を入れるだけで トイレの使用頻度によりますが、 1~3日に1度の掃除頻度で大丈夫です。 液体のトイレ洗剤よりも、粉末の重曹の方がゆっくり溶けるのでオススメです。 たったこれだけで黒ずみを防げるなら、ラクなもんだと思いませんか? 興味のある方は是非試してみてください。 自分で落とせないトイレの黒ずみは業者に依頼しよう! 今回は、 トイレの黒ずみ汚れの落とし方や、トイレの黒ずみを予防する方法について紹介しました。 キレイなトイレになっていますか? 紹介した掃除方法で落ちないトイレの黒ずみは、 業者に相談しましょう。 プロの掃除は一味違います。 技術、経験、洗剤、道具などを駆使して仕上げる掃除は、やはりお金を払うだけの価値がありますよ。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 トイレクリーニングをプロに依頼するなら トイレクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

過炭酸ナトリウムのトイレ掃除方法4ステップ!黒ずみ・タンク・詰まり予防

トイレ 黒ずみ 予防

この記事の目次• トイレの水が溜まる部分に、黒い線ができていることがありませんか? トイレの黒ずみの原因は何なのでしょうか。 原因を知って、黒ずみの無いきれいなトイレにしましょう。 トイレの黒ずみはなぜできる? 便器の中の水が溜まる部分、水たまりの上部に線のようにできる黒ずみは、ホコリやカビなどの微生物が原因です。 更に水垢の汚れと混じると、非常に落ちにくくなることがあります。 水垢とは? 水道水に含まれるケイ塩酸が固まったものです。 水垢は重曹やクレンザーなどの研磨剤でこするときれいに落ちます。 水道水の成分に原因も 水道水に鉄分が多く含まれていると、水垢の汚れに更に鉄分が混じり、酸化してしまうために黒ずんで見えることもあります。 どうやって落とす?黒ずみ 重曹とは 研磨剤として使える粉です。 重曹もクエン酸と同様に純度が高いものは食用になり、純度が低いと工業用として売られており、掃除に使えます。 全体的に便器が汚れていたら、クエン酸と重曹との合わせ技できれいにしましょう。 便器に重曹を粉のまま振りかけます。 便器の中の水たまりにクエン酸を入れて、クエン酸水にしてしまいます。 ブラシをクエン酸水に付け、重曹をかけた部分を擦ると、シュワシュワと発泡します(危険ではありません。 人体にも無害です)• 発泡して泡になると、洗浄力がアップするので、そのまま便器の中全体を擦って流してみましょう。 一度流しても、まだ汚れが残っているようであれば、再度重曹の粉とクエン酸水で発泡させ、その上にトイレットペーパーを敷いてパックします。 数時間後に流せば、きれいになりますよ。 黒ずみを防ぐ方法.

次の

【トイレ床の黒ずみの掃除方法】汚れが落ちない!!そんな時の簡単汚れ落とし方!

トイレ 黒ずみ 予防

トイレ用洗剤を選ぶポイント!液性とタイプに注目! トイレ用洗剤は、液性によって落ちやすい汚れが違います。 トイレの汚れにあわせて選ばないと、しっかりとした洗浄効果は得られません。 そこで、まずはトイレ用洗剤を選ぶポイントについて解説します。 トイレ用洗剤の液性に注目!黄ばみ・黒ずみには何がいい?• この液性によって、効果を発揮する汚れが異なります。 例えば、 黄ばみや黒ずみなどの頑固な汚れに、中性のトイレ用洗剤を使用しても十分な効果はありません。 まずは、それぞれの特徴について見ていきましょう。 黄ばみ・水垢には酸性のトイレ用洗剤がおすすめ! 酸性のトイレ用洗剤は、尿石・黄ばみ・水垢などのアルカリ性の汚れに強い効果を発揮します。 トイレの アンモニア臭を取り除いてくれる効果もあります。 尿石・黄ばみ・水垢にお悩みの方は、酸性のトイレ用洗剤がおすすめです。 汚れ落ちが抜群なので、直接手で触らないようにして、便器以外には使わないようにしましょう。 (弱酸性のシートタイプであれば便器以外にも使えます) 黒ずみには塩素系のトイレ用洗剤がおすすめ! 塩素系のトイレ用洗剤は、 トイレのカビや黒ずみに効果的です。 漂白、除菌効果にも優れています。 便器の汚れによってトイレ用洗剤を使い分けることも大切ですが、 塩素系と酸性の洗剤は絶対に混ぜないでください。 塩素ガスという有毒ガスが発生するので、大変危険です。 こまめに掃除するなら中性のトイレ用洗剤がおすすめ! 中性のトイレ用洗剤は、酸性や塩素系のトイレ用洗剤と比べると洗浄力は劣りますが、 こまめに掃除している方であれば十分な洗浄力があります。 便器を傷めることもないので、安心して使用できます。 また、便器に限らずどこにでも使えるので、 トイレの壁や床にも使うことができます。 こまめにトイレ掃除をしていて、便器以外にも使いたいという方におすすめです。 トイレ用洗剤のタイプに注目!あなたにピッタリなタイプは? トイレ用洗剤には、スプレー・液体・スタンプなどのタイプがあります。 それぞれの特徴については、以下の表をご覧ください。 タイプ 特徴 スプレー 気になるところをピンポイントに掃除できる。 液体 つけ置きして流すタイプが多く、洗浄力が強い。 置くだけ 手洗い場に置くだけのものが多く、流すたびに掃除できる。 スタンプ 便器にスタンプして使う。 1週間程度は持つ。 次に水を流すまで洗浄・防汚効果が持続します。 他の洗剤と混ぜても有害な塩素ガスを発生しない酸素系漂白成分なので、安心して使用できます。 洋式トイレであれば、どんなタイプでも使うことができます。 「トイレ掃除の手間が減る」「ニオイもいいし汚れも付きにくくなる」など、口コミでも支持されている商品です。 しっかり泡が出るので、掃除しているのがよく分かるところも好評です。 継続的にお掃除してくれる商品が欲しい方や、掃除の手間を減らしたい方におすすめです。

次の