夜のミステリーホテルからの脱出 感想。 本と歩く謎解きの夜 ~あるジャーナリストの筆跡~の感想

マグノリア銀行からの脱出プレイ感想

夜のミステリーホテルからの脱出 感想

最新の情報とは異なる場合がございます。 そこでは世界を変える 「絶望未来計画」という計画が進められていた。 その計画も遂に最終段階に入り、 開始されるその時、 計画を阻止すべくヒーローがアジトに潜入し、 活動を開始した。 ヴィランズとヒーローズの絶望の中での戦いが 今始まろうとしている!! 公式サイト 以下、謎解きの感想等です。 ネタバレには配慮していますが、事前情報なしで参加したいという方はお気をつけください。 ご参考程度にお考えください。 難易度  ストーリー  演出  満足度  参加記録 参加形態 グループ 結果 成功 感想 参加にあたって NAZO劇さんの夜の花やしきシリーズ! スタジアム型大好き人間(という割には数行ってない)としては、以前からめちゃくちゃ気になっていたのですが、なかなか凶悪な難易度だという噂も耳にしていたためソロ凸を尻込み……。 そんな折に有難くもグループへのお誘いをいただき、晴れて初参加の運びとなりました! 公演形式について この公演は、 「スタジアム型」と呼ばれる公演です。 みんなで閉園後の花やしきを駆け回って(言葉のあやですよ!危ないから走っちゃダメ! 、制限時間内のクリアを目指す個人戦(チームを組むのは自由)です。 何と言っても、 花やしきを謎解き参加者だけで貸し切れてしまう贅沢さがよき! 【ヒーロー編】と【ヴィラン編】 この公演には 【ヒーロー編】と【ヴィラン編】が存在し、 チケット購入時点でのどちらか一方を選択する仕様になっています。 ヒーロー編のストーリー あなたはヒーローとして指令を受け、 アジトに潜入した。 そこでは「絶望未来計画」という 恐ろしい計画が進められていた。 その計画も遂に最終段階に入り、 開始されるという情報を手にした。 あなたはヒーローとしてこの計画を阻止し、 この夜の遊園地から 脱出することができるだろうか!! ヴィラン編のストーリー あなたは怪人としての任務を遂行するために、 日夜この遊園地で活動をしていた。 そこでは全怪人が力を注ぎ練り上げた 「絶望未来計画」が進められていた。 これさえ始まれば、 世界を変えることすら出来るという。 その計画も遂に最終段階に入り、 開始されるはずだった。 しかし、この計画には まだ阻止される可能性があるという。 あなたは怪人としてこの計画を遂行し ヒーローたちから 逃げ切ることができるのだろうか!! 私はヒーローサイドで参加しましたが、 ストーリーだけでなく進行上の分岐もありますので、一緒に回る方とは同サイドのチケット購入をオススメします。 公演の感想 昔懐かしいドタバタ感があって、オープニングからして好きなやつ。 コレ、若い子たちに伝わるのだろうか?なんて思ったりしつつも、ひとりでケタケタ笑わせてもらいました。 周遊謎に比べ キャストさんとの絡みは少なめでNAZO劇さんっぽさは控えめに感じましたが、 その分、謎が重い。 成功率一桁なのも納得です。 小謎も全っ然閃かずにヒントを見たものがありましたし、大謎もアレでしたからね。 完全にチームメンバーに助けられての成功だった身としては、あまり偉そうなことを言えませんが、 物量や移動距離での無理ゲー感はありませんので、ソロでもいける方はいけそうですし、逆に数の力で押し切れるとも限らなそうです。 そういう意味では、 「謎解き公演」として、とても良い難しさだったのではないか、と思います。 最後に 仲間補正、成功補正は確実にありますが、めちゃくちゃ楽しかったです……。 やっぱスタジアム型好きだぁ。 謎解きを始めてから様々なベクトルの楽しさを持てるようになったことの有難みを噛み締めている今日この頃です。 aaky1.

次の

本と歩く謎解きの夜 ~あるジャーナリストの筆跡~の感想

夜のミステリーホテルからの脱出 感想

夜のミステリーホテルからの脱出 今気になっている、宿泊型の脱出ゲーム。 所要時間は3時間~6時間が目安といいうことで18時~24時で開催される模様です。 注目なのは開催期間ではあるが、年末年始を除く11月22日~1月31日。 確かにホテルの閑散期の解消に向けたイベントには違いないが、なかなか宿泊型イベントでこのように長期開催は珍しいので、注目。 とはいえ、一部繁忙期も重なっているので、きっと力を入れているイベントのはず。 SCRAPが開催しており、代表が参画しているという点も期待。 過去の宿泊型イベントは私はの参加くらい。 こちらも同じホテルを利用したナゾトキイベントで、こちらは俳優たちが参戦して演じてくれるのが特徴。 大好きなイベントの類似ジャンルであるので、ぜひ宿泊して体験したいイベント。 6時間目安とはあるものの、脱出ゲームに分類であれば同時開始系のゲームではないと予測されるので、ホテルが舞台である点を活かせる内容なのか?は気になるところですね。 24時に終了というのも、ほかの宿泊客の配慮を考えると仕方ないとは思うものの、夜は普通に寝て朝にイベントは起きないのだろうか。 その辺はまだ未知数。 2020年はオリンピックもあるので、こういうイベントができる時期というのも、確かに今しかない、という感じ。 特に毎年8月開催のミステリーナイトは、オリンピック時期と完全に重なるので、実施自体が非常に困難そうではあるので、開催されるかが少し不安。 話は逸れたが、東京ドームホテルはウェディング等のイベントも積極的に取り入れているホテルなため、このイベントもきっとかなり盛り上がるのではないかな、と期待しています。

次の

リアル脱出ゲーム×東京ドームホテル「夜のミステリーホテルからの脱出」

夜のミステリーホテルからの脱出 感想

箱根の仙石原で行われている「本」を読んでいく形の周遊謎解きです。 昨年よりも本の装丁が立派になったんじゃないの、テンション上がるー!と参加。 やはりホテルでの謎解きと言うものはやはり特別感があり楽しいですね。 スタッフさんのおもてなしも相変わらず最高です。 しかし、ストーリーにおいて矛盾というか、お前誰というか、なんで?ということが私の中で多くてちょっと満足度は低いです。 私の具体的な不満点は全部アンケートに書いたので次回以降期待です。 あと対象年齢書いていた方が良いよね、とも思いました。 手がかりは、消えた男が所持していたという一冊の奇妙な本。 ページの余白には、手書きメモや暗号めいた図形が多数書き込まれていた。 あなたは渡された本を手に、男の消えたホテルを探索し捜査を行う。 この謎めいた失踪事件。 あなたは解決できるだろうか? 謎組さんの小謎は基本重いですよね。 だいたい謎組の謎解きの時は「もう解けないから教えてー」としか言ってないのですが、今回もそれが多かったような気がします。 解けない人は諦めてヒント見たほうが良いと思います。 本当に。 ただ、もしかしたら、ぱっと見で重く見える…というのもあるのかなあと思ったり。 私は謎をぱっと見て「分からんもう駄目」と毎回思うのですが、実際取り掛かると案外解けたりするので「私天才!?」と思うこともあります。 解けると楽しいですよね! まあ私が天才なわけは全くないので、食わず嫌い的な見た目重いなのかなと。 もしかしたら謎の見た目が…もしかしたら問題で使っているが…重く見えるのかもしれません…(個人の感想です) 謎ってデザイン次第で感じる難易度が違うのかもしれません。 今度実験したいですね(?) そして大謎はね、これはしばらく考えて糸口つかめなかったらヒントをガンガン見るべきだと思います。 我々は糸口ばかりつかんでいたので、その糸口をどうするか30分程度悩んで、困り果てて、時間も迫っていたのでヒントを見ましたが、きちんとこれを糸口から糸として織りなしていくのは(なんか意味違う)至難の技では…と思いました。 ということで、正直私はこの公演はあまり好きではないです。 というか、前に書いていますが、色々消化できなかっただけです。 理由がないとこれは罠かも知れない!とか思う病気なので。 見落としなのかなと解説も結構読みましたがそれでも私の疑問は解消されなかったです。 全体的な流れとしてはミステリー風味が強いので、点と点を線にしていく作業と考えれば、まあそういうこともあるんだろうね、という感じではありますが。 大謎というか結末は面白かったと思います。 小説みたいな感じの結末でした。 そんなこんなで私は解ける人にくっついて行っているので結構なスピードで謎を解くことはこなしていっているわけですが、多くの方が残り1時間というところで、今ここにいて大丈夫なのか…というところに居たりしてちょっと心配していました。 ご飯の時間もあると実質5時間しか時間がないので、ゆっくりしていると全く時間がありません。 では成功が2割と呟かれているので、困ったらスタッフさんにヒントを貰うかヒントサイトを見ることを激しくお勧めします。 そして、この謎解きに結構お子様と参加されている家族連れを見ましたが、おそらく一緒に理解して時間内に進めるのは無理だと思います。 (いや、そう言い切るのも浅はかかな…でもな…どうだろう…) まんせい堂の時も思ったのですが、対象年齢は示すべきですよね…今度ブログ書こ…。

次の