幾星霜 意味。 喜びも悲しみも幾歳月

「幾星霜」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

幾星霜 意味

「悠久」は古い歴史や広大なものごとを表す場合によく使われる名詞、形容動詞の一つです。 一般的にゆったりした時間や壮大な事柄を表すことに使われます。 類義語は「常しえ」「かぎりなく」があげられ、英語では「エターナル」と訳されます。 「悠久」の持つ意味を」について考え、「悠久」が感じられるものに触れ、忙しく追われている私たちの時間について少し立ち止まって考えてみませんか。 読み方 まず読み方を確認しましょう。 「悠久」とは「ゆうきゅう」と読みます。 「悠」は音読みで「ゆう」訓読みで「はるか」と読みます。 「久」は音読みで「きゅう」「く」と読み、訓読みで「ひさ(しい)」と読みます。 「悠久」とは両方音読みです。 意味 「悠久」はゆったりした、穏やかな時間やことがらを表す「悠」と果てしなく長いこと、特に時間を表す「久」から成り立ちます。 「悠久」は果てしなく長い時間、長い時間が続いている様子、長く久しい、またはそのさまを表します。 一般的に数百年単位の時間、とても広大な建物、場所を表現する場合に使われます。 よく使われる表現として「悠久の歴史」「悠久の大地」があげられます。 以下、類語や例文を通して理解を深めましょう。 「悠久」の使い方 それでは、「悠久」はどう使えば良いのでしょうか。 悠久は「長い時間」「壮大なもの」を表す名詞、形容動詞です。 言葉の意味上、主に歴史小説や旅行記で使われます。 以下の項目では、例として見かけやすい4つの言葉「悠久の歴史」「悠久の昔」「悠久の空」「悠久の時間」を解説します。 そして特によく使われる「悠久の時」については例文を用いながら詳細に解説いたしますので理解を深めましょう。 例文1:悠久の歴史 悠久の歴史とは「絶えずに長い時間が続く」歴史と言う意味になります。 悠久の持つ壮大な時の流れという意味を使うのに最適な使い方です。 「悠久の歴史を感じる世界遺産をめぐる」「悠久の歴史を刻む街」と使うように、なんらかの物事が数百年、数千年単位の時間的な変遷した壮大な有様を表します。 例文2:悠久の昔 悠久の昔とは「長く久しい過去から続いているありさま」です。 例文として「星は悠久の昔から輝いている」「悠久の昔に思いを馳せる」として使われます。 「悠久の歴史」同様、優雅でゆったりとした時間をかけて続いた数百年、数千年単位の過去から続く時間の流れを表します。 例文3:悠久の空 悠久の空とは「ゆったりと果てしなく長く続く空」を表します。 例文として「頭を上げて見るものは悠久の空の色である」「青く澄み切った悠久の空を眺める」のように使われます。 時間について表す事が多い「悠久」ですが「物事」も表現できます。 「悠」の「ゆったりとした、果てしない」と「久」の「長く続く」の意味を強く感じさせ、雲一つない、遮りもののない空の状態を表現しています。 例文4:悠久の時間 悠久の時間とは「非常に長い時間・永遠に近い時間」を表します。 例文として「地球が悠久の時間をかけて氷河を作り出した」「屋久杉の森に入ると悠久の時間を感じられる」として使います。 これは、ゆったりと果てしなく続いていくさまの時間を重ねてきたという長い年月の間ものや人、場所や歴史などが続いてきた事を表す文章で使います。 年月のスパンとしては数百年単位を意味しますので、近々の歴史やスケールが小さい文章に使わないよう注意しましょう。 果てしなく長い時間、長い時間が続いている様子、長く久しい、またはそのさまを表す「悠久」は時間を表す言葉とセットで使われることが多いです。 なかでも「悠久の時」は頻出の使い方です。 「悠久の時」の成り立ち自体は「悠久」が名詞「時」を修飾しています。 この場合「悠久」は連体修飾語として使用しています。 「悠久の時」の語句中に助詞「の」が既に入っています。 意味 悠久の時とは、果てしなくゆっくりと続く時間、気が遠くなるほど長い時間ということを表しています。 せかせかと過ぎ去る時間が続くのではなく、あくまで優雅な時間が長く続く状態を表しています。 「悠久」の例文の中で一番頻出されるスタンダードな表現と言えます。 よく使われる例として「悠久の時の流れ」「悠久の時の中で」「悠久の時を経て」があげられます。 次の項目で例文を解説しますので「悠久の時」の使い方を学びましょう。 例文1:悠久の時の流れ 「悠久の時の流れ」はゆっくりと果てしなく続いていくさま、そして今も続いている様子を表し時間は流れている、と感じさせる言葉です。 川の流れのように、緩やかに流れていく時間。 その時間はとめることはできなく、どの生物にも同じ条件で流れていきます。 地球の歴史はまさに「悠久の時の流れ」でゆるやかに変化して今にいたり、また未来へと流れていくでしょう。 例文2:悠久の時の中で 「悠久の時の中で」は遥か昔から、そして遠い未来へと続いていくゆっくりとした時間の流れにいることを意識させる言葉です。 壮大な時間の中に自分の身を置き、自分を中心に「悠久の時」を感じたり、考えたりする様子が想像できます。 生きている私たちは、悠久の時の中では小さな点に過ぎないのですが、壮大な時間の流れに確かに存在するものだ、大切な存在なのだと考えることができるでしょう。 悠久の時を経て 「悠久の時を経て」は果てしなく長い時間を経てきた様子を表します。 長い時間を積み重ねてできたもの、歴史を感じさせる言葉です。 城や寺や神社、遥か昔の建造物は穏やかに「悠久の時」を過ごし、いろいろな歴史の荒波にも見守るようにそこにあります。 それらが造られた頃に思いを馳せると壮大な時間の流れを感じることができるでしょう。 名景 世界遺産 夜景編 「名景 世界遺産 夜景編」は世界遺産と夜景を集めた大型写真集で、美しい色合いの写真集に悠久の時間を感じられます。 20か国以上の世界遺産を写真で眺めることで「悠久」を体感するとともに、美しい夜景で忙しい現実から少し離れることができます。 世界遺産を20か国以上巡ることは、忙しい私たちには中々実現が難しく、また現在渡航自体が難しい国もあります。 しかし写真集ならば好きな時に好きな国を旅した気分になれます。 少し日常を離れて「悠久の時」を感じてみるのはいかがでしょうか。 「悠久」の類義語によく挙げられるのは「永久」です。 「えいきゅう」と読みます。 「永」が「長い、果てしない」を表し、「久」は「悠久」の「久」と同じ「ひさしい、長い」を表します。 漢字の意味から時間に限りがなく、いつまでも続くことを表します。 例文として「永久に続くかとおもわれた」「永久不滅」と使うように「悠久」と比べ「ゆったりとした」「壮大な」意味は少なく汎用的な長い年月を表します。 幾世 「幾世」もまた「悠久」の類義語です。 「いくよ」と読みます。 「幾」は「幾久しく」「幾千世」「幾千万もの」と使われ、数量の多さや年月の長さを表します。 「世」は「世代」「中世」など、ある程度長い期間を表します。 熟語の意味としては、「悠久」同様「長く久しい(時間)」を表します。 「悠久の大地」や「悠久の空」など、時間以外に使われることのある「悠久」に比べ特に時間に関する言葉として使われます。 恒久 「恒久」とは「こうきゅう」と読みます。 「恒」は「恒例」「恒常」として用いられるように「いつもと変わらない」「つねに」「長い」意味を表す漢字です。 「久」は「悠久」の「久」と同じ「長い」を表します。 この二つの漢字から成り立つ「恒久」は「長くかわらないこと」を表します。 「いつもと変わらない」を意味する「恒」から成り立っているので「悠久」に比べ「変化のない長い期間」を表す文章で使われます。 連綿 「連綿」も「悠久」の類義語です。 「連綿」とは「れんめん」と読みます。 「連」は「連休」「連邦」として使われるように「続く」「並べてつなぐ」という意味を表す漢字です。 「綿」は「絡まりあってひとかたまりになっているもの」を表します。 この二つの漢字から「途切れることなく続く」ことを表します。 「悠久」ほど長い時間ではないが、中断がない状態を表す場合に使われます。 幾星霜 「幾星霜」とは「いくせいそう」と読みます。 「幾」は「幾世」同様「数量の多い意や年月の長い」意味を表します。 三つの漢字から「長い年月」を表します。 例文として「幾星霜の時を超えて」「敗戦から幾星霜経っただろうか」と使われます。 慣用的に「苦労した上での長い年月」を表したい場合に使われます。 《星は1年に天を1周し、霜は毎年降るところから。 古くは「せいぞう」》としつき。 「悠久」という言葉を正しく使おう 漢字の成り立ち、類義語比較を通して「悠久」の意味を解説いたしました。 「悠久」は「ゆったりした時間、物事が数百年単位で長く続くこと」または「長く続く壮大な時間、物事」を意味します。 表現をする対象物は「歴史」や「年」の時間に関すること、「空」や「建築物」などの「モノ」に関することも表せます。 スピードが要求される現代社会では使う機会が少ないですが、状況に応じて使い分けできるよう類義語も併せて覚えておきましょう。 時間を表す言葉.

次の

「幾星霜」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

幾星霜 意味

「悠久」は古い歴史や広大なものごとを表す場合によく使われる名詞、形容動詞の一つです。 一般的にゆったりした時間や壮大な事柄を表すことに使われます。 類義語は「常しえ」「かぎりなく」があげられ、英語では「エターナル」と訳されます。 「悠久」の持つ意味を」について考え、「悠久」が感じられるものに触れ、忙しく追われている私たちの時間について少し立ち止まって考えてみませんか。 読み方 まず読み方を確認しましょう。 「悠久」とは「ゆうきゅう」と読みます。 「悠」は音読みで「ゆう」訓読みで「はるか」と読みます。 「久」は音読みで「きゅう」「く」と読み、訓読みで「ひさ(しい)」と読みます。 「悠久」とは両方音読みです。 意味 「悠久」はゆったりした、穏やかな時間やことがらを表す「悠」と果てしなく長いこと、特に時間を表す「久」から成り立ちます。 「悠久」は果てしなく長い時間、長い時間が続いている様子、長く久しい、またはそのさまを表します。 一般的に数百年単位の時間、とても広大な建物、場所を表現する場合に使われます。 よく使われる表現として「悠久の歴史」「悠久の大地」があげられます。 以下、類語や例文を通して理解を深めましょう。 「悠久」の使い方 それでは、「悠久」はどう使えば良いのでしょうか。 悠久は「長い時間」「壮大なもの」を表す名詞、形容動詞です。 言葉の意味上、主に歴史小説や旅行記で使われます。 以下の項目では、例として見かけやすい4つの言葉「悠久の歴史」「悠久の昔」「悠久の空」「悠久の時間」を解説します。 そして特によく使われる「悠久の時」については例文を用いながら詳細に解説いたしますので理解を深めましょう。 例文1:悠久の歴史 悠久の歴史とは「絶えずに長い時間が続く」歴史と言う意味になります。 悠久の持つ壮大な時の流れという意味を使うのに最適な使い方です。 「悠久の歴史を感じる世界遺産をめぐる」「悠久の歴史を刻む街」と使うように、なんらかの物事が数百年、数千年単位の時間的な変遷した壮大な有様を表します。 例文2:悠久の昔 悠久の昔とは「長く久しい過去から続いているありさま」です。 例文として「星は悠久の昔から輝いている」「悠久の昔に思いを馳せる」として使われます。 「悠久の歴史」同様、優雅でゆったりとした時間をかけて続いた数百年、数千年単位の過去から続く時間の流れを表します。 例文3:悠久の空 悠久の空とは「ゆったりと果てしなく長く続く空」を表します。 例文として「頭を上げて見るものは悠久の空の色である」「青く澄み切った悠久の空を眺める」のように使われます。 時間について表す事が多い「悠久」ですが「物事」も表現できます。 「悠」の「ゆったりとした、果てしない」と「久」の「長く続く」の意味を強く感じさせ、雲一つない、遮りもののない空の状態を表現しています。 例文4:悠久の時間 悠久の時間とは「非常に長い時間・永遠に近い時間」を表します。 例文として「地球が悠久の時間をかけて氷河を作り出した」「屋久杉の森に入ると悠久の時間を感じられる」として使います。 これは、ゆったりと果てしなく続いていくさまの時間を重ねてきたという長い年月の間ものや人、場所や歴史などが続いてきた事を表す文章で使います。 年月のスパンとしては数百年単位を意味しますので、近々の歴史やスケールが小さい文章に使わないよう注意しましょう。 果てしなく長い時間、長い時間が続いている様子、長く久しい、またはそのさまを表す「悠久」は時間を表す言葉とセットで使われることが多いです。 なかでも「悠久の時」は頻出の使い方です。 「悠久の時」の成り立ち自体は「悠久」が名詞「時」を修飾しています。 この場合「悠久」は連体修飾語として使用しています。 「悠久の時」の語句中に助詞「の」が既に入っています。 意味 悠久の時とは、果てしなくゆっくりと続く時間、気が遠くなるほど長い時間ということを表しています。 せかせかと過ぎ去る時間が続くのではなく、あくまで優雅な時間が長く続く状態を表しています。 「悠久」の例文の中で一番頻出されるスタンダードな表現と言えます。 よく使われる例として「悠久の時の流れ」「悠久の時の中で」「悠久の時を経て」があげられます。 次の項目で例文を解説しますので「悠久の時」の使い方を学びましょう。 例文1:悠久の時の流れ 「悠久の時の流れ」はゆっくりと果てしなく続いていくさま、そして今も続いている様子を表し時間は流れている、と感じさせる言葉です。 川の流れのように、緩やかに流れていく時間。 その時間はとめることはできなく、どの生物にも同じ条件で流れていきます。 地球の歴史はまさに「悠久の時の流れ」でゆるやかに変化して今にいたり、また未来へと流れていくでしょう。 例文2:悠久の時の中で 「悠久の時の中で」は遥か昔から、そして遠い未来へと続いていくゆっくりとした時間の流れにいることを意識させる言葉です。 壮大な時間の中に自分の身を置き、自分を中心に「悠久の時」を感じたり、考えたりする様子が想像できます。 生きている私たちは、悠久の時の中では小さな点に過ぎないのですが、壮大な時間の流れに確かに存在するものだ、大切な存在なのだと考えることができるでしょう。 悠久の時を経て 「悠久の時を経て」は果てしなく長い時間を経てきた様子を表します。 長い時間を積み重ねてできたもの、歴史を感じさせる言葉です。 城や寺や神社、遥か昔の建造物は穏やかに「悠久の時」を過ごし、いろいろな歴史の荒波にも見守るようにそこにあります。 それらが造られた頃に思いを馳せると壮大な時間の流れを感じることができるでしょう。 名景 世界遺産 夜景編 「名景 世界遺産 夜景編」は世界遺産と夜景を集めた大型写真集で、美しい色合いの写真集に悠久の時間を感じられます。 20か国以上の世界遺産を写真で眺めることで「悠久」を体感するとともに、美しい夜景で忙しい現実から少し離れることができます。 世界遺産を20か国以上巡ることは、忙しい私たちには中々実現が難しく、また現在渡航自体が難しい国もあります。 しかし写真集ならば好きな時に好きな国を旅した気分になれます。 少し日常を離れて「悠久の時」を感じてみるのはいかがでしょうか。 「悠久」の類義語によく挙げられるのは「永久」です。 「えいきゅう」と読みます。 「永」が「長い、果てしない」を表し、「久」は「悠久」の「久」と同じ「ひさしい、長い」を表します。 漢字の意味から時間に限りがなく、いつまでも続くことを表します。 例文として「永久に続くかとおもわれた」「永久不滅」と使うように「悠久」と比べ「ゆったりとした」「壮大な」意味は少なく汎用的な長い年月を表します。 幾世 「幾世」もまた「悠久」の類義語です。 「いくよ」と読みます。 「幾」は「幾久しく」「幾千世」「幾千万もの」と使われ、数量の多さや年月の長さを表します。 「世」は「世代」「中世」など、ある程度長い期間を表します。 熟語の意味としては、「悠久」同様「長く久しい(時間)」を表します。 「悠久の大地」や「悠久の空」など、時間以外に使われることのある「悠久」に比べ特に時間に関する言葉として使われます。 恒久 「恒久」とは「こうきゅう」と読みます。 「恒」は「恒例」「恒常」として用いられるように「いつもと変わらない」「つねに」「長い」意味を表す漢字です。 「久」は「悠久」の「久」と同じ「長い」を表します。 この二つの漢字から成り立つ「恒久」は「長くかわらないこと」を表します。 「いつもと変わらない」を意味する「恒」から成り立っているので「悠久」に比べ「変化のない長い期間」を表す文章で使われます。 連綿 「連綿」も「悠久」の類義語です。 「連綿」とは「れんめん」と読みます。 「連」は「連休」「連邦」として使われるように「続く」「並べてつなぐ」という意味を表す漢字です。 「綿」は「絡まりあってひとかたまりになっているもの」を表します。 この二つの漢字から「途切れることなく続く」ことを表します。 「悠久」ほど長い時間ではないが、中断がない状態を表す場合に使われます。 幾星霜 「幾星霜」とは「いくせいそう」と読みます。 「幾」は「幾世」同様「数量の多い意や年月の長い」意味を表します。 三つの漢字から「長い年月」を表します。 例文として「幾星霜の時を超えて」「敗戦から幾星霜経っただろうか」と使われます。 慣用的に「苦労した上での長い年月」を表したい場合に使われます。 《星は1年に天を1周し、霜は毎年降るところから。 古くは「せいぞう」》としつき。 「悠久」という言葉を正しく使おう 漢字の成り立ち、類義語比較を通して「悠久」の意味を解説いたしました。 「悠久」は「ゆったりした時間、物事が数百年単位で長く続くこと」または「長く続く壮大な時間、物事」を意味します。 表現をする対象物は「歴史」や「年」の時間に関すること、「空」や「建築物」などの「モノ」に関することも表せます。 スピードが要求される現代社会では使う機会が少ないですが、状況に応じて使い分けできるよう類義語も併せて覚えておきましょう。 時間を表す言葉.

次の

「幾星霜」の意味とは?類語、使い方や例文、対義語を紹介!

幾星霜 意味

本誌派以外の者(特にアニメやコミックでこれからを楽しみにしている人達)は閲覧注意。 概要 漫画『』第205話のサブタイトル。 そして、この話をもって炭治郎達の物語が一応することになる。 タイトルになっている幾星霜とは 「苦労を経た上での長い年月」という意味を指す言葉であり、話の舞台が大正時代から現代に移っている。 また、205話では登場キャラクターと大正時代のキャラクターの関係性等明言されていない部分が多く、ファンの間でも多くの解釈が生まれている。 ストーリー …時は、との死闘から百余年後の未来、すなわち現代。 これは現代の東京の何気ない日常を描いた話。 しかし、当の姉は聞いておらず、体操日本代表ののニュースに夢中なのであった。 そして、善照は宇髄の活躍に興味を持たず、 「」のニュースに載っていた美人…の方に興味を持っていた。 青葉は、青い彼岸花が 「一年で2〜3日、昼間だけ咲く花」であることを研究していたが、その時のミスで全部枯らしてしまって各方面から非難轟々で研究所を馘になりかけていた。 そんなニュースを読んで同情していたが、彼が男だと知ると善照は 手のひらを反すのであった。 そうこうしているうちに、二人はカナタと合流する。 そして、学校が午前だけで終わるため、帰りに定食屋に寄るか話していた。 善照が 定食屋の奥さんの胸ばかり凝視していたのが原因で旦那の方に目を付けられているため、カナタは行きたがらなかったが。 兄達が学校へ向かっている頃、ようやく炭彦は目を覚ました。 皆勤賞がどうしても欲しい彼は、を使って登校するのだった。 しかし、途中でパトカーに乗った怖い警察官に目を付けられるのだった。 通学途中のという少年は、きれいな女性の画像を見ていた。 その様子を見た竹内という少年は彼女と勘違いをしてやきもちを焼くが、善照が突然横から割って入って「謎多き男、の『』という作品」であることを解説する。 一方、相変わらず危ない登校をする炭彦はという少年と合流する。 二人で会話をしながら走るが、後ろからは先ほどのパトカーが炭彦を追ってくるのであった。 何度も止まるようパトカーに乗った警察官が促すが、全然止まらない。 目的地の学校が目の前にせまっていた。 危険登校を取り締まるために、教師の一人が門を閉めるように促すが、彼等は門を飛び越え学校に到着する。 しかし、当然警察官達が見逃すはずがなく、教師に話を聞こうとするのであった。 その頃の竈門家では、炭彦が起こした問題行動のことで電話がかかってくる。 電話越しに謝罪をする母の横には… かつて激戦を潜り抜けた剣士、の耳飾りと日輪刀 …そして「皆で笑い合っている鬼殺隊」の写真 すなわち、皆が平和に暮らす何気ない日常を…何気ない未来を守った彼らの誇らしい姿が飾られているのであった。 …こうして、『』は幕を閉じたのである。 炭彦の同級生。 にそっくりな容姿と熱血加減。 校門にいる教師 炭彦達の危険登校を阻止しようとするが失敗する。 この回は今までの話の未来にあたるエピソードであり、炭治郎達が「遺したもの」にまつわる話。 そのため、厳密には炭治郎達自身の物語の最終回は第204話だと解釈も出来る。 善照の台詞にて輪廻転生について軽く触れられていることから、登場人物達は子孫組と転生組に分かれる可能性、全員が転生の可能性、はたまた大正の彼らとは関係の無い人物という可能性がある。 ただし、いずれも原作では明言されなかったため読者の想像の範囲を出ない。 善照は善逸伝の著者を祖先と発言しているが、決定的な描写は無いためこちらも明らかではない。 またファンの間では公式現代パロディのキメツ学園と同軸という解釈もあるが、こちらに関しても原作本編では一切触れられていない為不明。 上述したように子孫、転生した者、もしくは容姿の似ている関係の無いキャラクター達が健在なのは確認されたものの、大正のキャラクターたちのその後は不明。 この回では鬼(また、討伐後についていった人達)は愈史郎を除けば一人も描かれておらず、鬼がいなくなり平和になったことが確認できる。 連載終了後に『』の短編を掲載、そして公式小説の第三弾「」の発売が同時に発表された。 特に単行本派やアニメ派の方々は、ネタバレを踏まない様お気をつけ下さい。

次の