ウィンドウ 切り替え ショートカット。 Windowsでウィンドウ画面移動のショートカットキー

2016 SOLIDWORKS ヘルプ

ウィンドウ 切り替え ショートカット

対象OS:Windows 10(バージョン1803以降) 複数のデスクトップ画面を実現するタスクビュー機能 Windows 7/8. 1になかった標準機能で、しかもすぐに使い始められるWindows 10の新機能といえば、「 タスクビュー」( マルチデスクトップや 仮想デスクトップとも呼ばれる)が挙げられる。 Windows 10 April 2018 Update()以降では、さらに「 タイムライン」と呼ばれる機能も装備され、過去に実行していたアプリが履歴として表示されるので、そこから簡単に再実行もできるようになっている。 タスクビューを使えば、例えばメインの仕事とサブの仕事、そして私用というような用途ごとに仮想的なデスクトップ環境を実現できる。 それぞれのデスクトップに関連するアプリを配置しておけば、アプリやウィンドウが増えても混乱を抑えやすく、効率よく作業を進められる。 ただし、マウス操作だけで複数のデスクトップを管理しようとすると、デスクトップの切り替えなどに少々まだるっこさを感じることもある。 いちいち[タスクビュー]ボタン(Cortanaのすぐ右隣にあるアイコン)をクリックしてから操作する必要があるからだ。 Windows 10(April 2018 Update以降)の[タスクビュー]ボタン これはタスクバーにあるタスクビューボタン。 縦にスクロールするような(フィルムのような)イメージのアイコンになっているのは、過去のアプリの実行履歴を表示する機能が実装されたため。 以前は、単なるマルチモニターのようなアイコンだった。 だが、この操作はキーボードショートカットを使いこなせば簡単になる。 タッチパッドやタッチパネルを持つPCの場合は、指でスワイプしても操作できる。 本TIPSでは、タスクビューを快適に利用するために、そのショートカットキーやスワイプの使い方を説明する。 これを増やしていくには、 [Windows]+[Ctrl]+[D]キーを押す。 すると、空のデスクトップが1つ、新たに追加されて、元のデスクトップと切り替わって表示される。 管理画面上での位置関係でいうと、現在のデスクトップ画面リストの一番右端に、1つ新しい空のデスクトップが増えた状態になる。 [Windows]+[Ctrl]+[D]キーでデスクトップを増やす [Windows]+[Ctrl]+[D]キーを押すたびに、新たなデスクトップがリストの最後に追加される。 いったん作成したデスクトップは、サインアウトしても消えない。 再度サインインすると再び画面に現れる(ただし、実行していたアプリはサインアウト時に終了しているので、サインイン後は単に空のデスクトップが複数存在する状態になっているだけである)。 すると「 タスクビュー」と呼ばれるデスクトップ(複数デスクトップがある場合)とタスクの一覧が表示される。 ここでアプリを切り替えたり、他のデスクトップに変更したりできる。 一番上に表示されているのが現在利用可能なデスクトップである。 デフォルトでは「デスクトップ1」のみが存在する。 各デスクトップのアイコンの上へマウスをかざす(ホバーする)と、そのデスクトップで実行中のアプリが一覧表示される。 マウスでクリックすると、そのデスクトップへ変更できるし、一番右側の[+]をクリックすると、新しいデスクトップを追加できる。 デスクトップとタスクの一覧(タスクビュー) タスクビュー画面では、現在利用可能なデスクトップの一覧(一番上の行)と、そのデスクトップ上にあるアプリの一覧を確認できる。 アイコンをクリックするとそのデスクトップやアプリへ切り替わる。 縦軸は過去の作業履歴を表しており、クリックすると、その状態を再現できる(閲覧していたWebページや編集していた文書を、同じアプリでまた開く)。 そのためには、アプリのアイコンをドラッグして、移動先のデスクトップへドロップするだけである。 デスクトップを整理したり、デスクトップの切り替えを忘れてアプリを起動したりした場合に利用できる。 これにより、デスクトップを切り替えても裏のデスクトップに隠れることがなくなり、単一デスクトップの場合と同じようにアプリを利用できるようになる。 アプリを全デスクトップに表示させるには、タスクビュー画面を表示させてから、対象となるアプリを右クリックする。 そして表示されたメニューから[このウィンドウをすべてのデスクトップに表示させる]か[このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示させる]を選択する。 アプリやウィンドウを全デスクトップに表示させる 複数のデスクトップを利用していると、あるアプリがどのデスクトップに表示されているか分からなくなることがある。 そんな場合は、ある特定のウィンドウか、もしくはそのアプリが表示する全てのウィンドウを常に全デスクトップに表示させておくと、デスクトップを切り替える手間が省ける。 これはタイムライン機能といい、以前の作業内容(開いていたWebページや編集していたOffice文書など)をすぐに再実行できるようにするためのものである(ただしタイムライン機能に対応しているアプリのみが表示される)。 タイムライン機能については、今後、別TIPSで詳しく取り上げる。 すると、そこに表示されていたアプリは全部、自動的に左隣のデスクトップに移される。 スワイプ機能でタスクビューを操作する ノートPC(のタッチパッド)やタブレットPCなどでは、(マルチ)タッチ操作を使ってタスクビューやデスクトップの切り替え操作を実行できる。 機種やタッチデバイスの機能にもよるが、次のような操作が可能になっていることが多い。

次の

ウィンドウ画面切り替えショートカットキー【前後に複数重なって開閉がストレス!】|DIY LIFESTYLE CREATION

ウィンドウ 切り替え ショートカット

パソコン仕事術 008 アプリの切り替えは高速と多機能を併用 効果: 短縮 時短レベル: 2 ショートカットキーでアプリの一覧を呼び出す ブラウザーで調べものをしながらWordで文書を作成する、Excelで複数のブックを開いてデータをコピーするなど、異なるアプリまたはウィンドウを切り替えて作業する場面はよくあります。 マウスでウィンドウをクリックしたり、タスクバーから選択したりしても切り替えはできますが、ショートカットキーを使えば、より快適に操作可能です。 アプリの切り替えに使えるショートカットキーは2種類あり、1つは[Alt]+[Tab]です。 これは古いバージョンのWindowsから搭載されていた機能で、 現在開いているアプリ(ウィンドウ)を一覧表示するものです。 [Alt]を押したまま[Tab]を押すたびに右隣のアプリを選択し([Alt]+[Shift]を押しながら[Tab]で左隣)、[Alt]を離して選択します。 [Alt]+[Tab]は動作が速いので、通常はこの方法でアプリを切り替えましょう。 [Alt]+[Tab]キーでアプリを高速切り替え 過去の作業や仮想デスクトップまで切り替えられる アプリの切り替えに使えるもう1つのショートカットキーは[Windows]+[Tab]です。 Windows 10から搭載された「タスクビュー」と呼ばれる画面が表示されます。 タスクビューは現在開いているアプリの一覧のほか、画面下部に 最近開いたアプリや文書の一覧も表示されます。 この部分は「タイムライン」と呼ばれ、過去の作業を確認する履歴機能の一種として利用できます。 また、画面上部には、複数のデスクトップを切り替えて使える「仮想デスクトップ」の一覧も表示されます。 [Windows]+[Tab]でタスクビューを開く タスクビューを表示するときは、表示の切り替えにわずかな硬直時間が発生する場合があります。 しかし、多機能なことが特徴で、過去の作業や仮想デスクトップまで見渡して切り替えたい場合には便利です。 ショートカットキー [Alt]+[Tab]... 開いているアプリ間で表示を切り替える [Windows]+[Tab]... close 閉じる.

次の

【Win・Mac別】ブラウザのタブの切り替えのショートカットも覚えておくのだ!

ウィンドウ 切り替え ショートカット

結論 USキーボードを使用• アドビ製品では、Mission Controlのアプリケーションウィンドウは使用しない JISキーボードを使用• アドビ製品 IllustratorとInDesignでは、キーボードショートカットを設定することができます。 まとめ ウィンドウを切り換えるのに、タブをクリックしてもいいのですが、アプリケーションによっては、タブが大きすぎたり、何より、キーボードショートカットを使って切り換える方がスピーディです。 2014年10月に発売。 新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。 ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。 2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。 前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。 改訂版に関する情報 の改訂版です。 178ページから78ページ増量の256ページ• 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ• 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別) 書籍リリース後の追加情報は、にて公開しています。 最新版への対応 Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。 全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。 お知らせメールへの登録は。 全都道府県縦断セミナーツアー 2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。 47都道府県すべての県での開催が終了しました。 ご参加ありがとうございました! Adobe Creative Stationで「識」と題して連載しています。

次の