大阪 コロナ 追跡 システム。 機動的なコロナ追跡サービスを自治体などへ無償提供開始:時事ドットコム

大阪コロナ追跡システムアプリとは?開発会社やQRコード登録方法

大阪 コロナ 追跡 システム

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、新型コロナウイルスによる国内感染拡大を防止するため、2020年2月29日(土)よりパークの営業を休止しましたが、緊急事態宣言をはじめ大規模施設への休止要請が解除されたことを受け、2020年6月19日(金)より、パークの一般営業を再開しました。 再開においては、ゲストの皆さまとクルーの健康と安全の確保を最優先に、国が公表している「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に準拠することに加え、国内外の情勢ならびに保健行政機関と医療専門家からの指導のもと、徹底した衛生強化対策を講じた上で、段階的なキャパシティ・コントロールを行いながら運営します。 また、QRコードを活用し感染拡大を抑制する目的で大阪府が構築した「大阪コロナ追跡システム」を導入し、パークへの入場とレストランの利用にあたってゲストの皆さまにはメールアドレスをご登録お願いします。 ご来場に関して ご入場可能な方 年間パスをお持ちの方 ならびに 関西2府4県在住で、 各種スタジオ・パスをご購入の方• パーク内の入場者が一定数以上にならないよう入場制限を実施することがあります。 入場制限中はエントランスからの新たな入場ができなくなるほか、チケット販売を休止します。 入場制限を行う場合は、本WEBサイト、公式SNSアカウント、市内主要駅などで告知します• 「大阪コロナ追跡システム」のQRコードが記載されたフライヤーをパーク内に設置しています。 ご入場に際しては、ご自身のメールアドレスのご登録をお願いします 来場に関して、ゲストの皆さまへのお願い ゲストの皆さまとクルーの健康と安全の確保を最優先に、「遊園地・テーマパークにおける感染症対策ガイドライン」を遵守するとともに、国内外の情勢ならびに保健行政機関と医療専門家のご指導のもと、以下の衛生強化対策を講じてパーク運営を行ってまいります。 安全にお過ごしいただくために その他、施設、サービスの実施について メーキャップキット 当面の間、サービス実施を見合わせます。 ゲームコーナー 一部のゲームについては実施を見合わせます。 詳しくは「」をご確認ください。 フォトサービス 一部のフォトサービスの実施を見合わせます。 詳しくは「」をご確認ください。 レストラン全般 通常よりも営業時間を短縮する予定です。 また、一部、平日の営業をクローズする場合があります。 詳しくは「」をご確認ください。 ショップ全般 基本的に全店オープン予定。 ただし、一部、クローズする場合があります。 詳しくは「」をご確認ください。 パーク休業中のチケットについて 年間パスをお持ちの方はこちら お持ちの年間パスの有効期間の開始日に応じて、返金、有効期間の延長などの対応を行います。 必ず、下記より詳細をご確認ください。

次の

大阪府/【施設(店舗)利用者・イベント参加者の皆様】大阪コロナ追跡システムについて

大阪 コロナ 追跡 システム

大阪コロナ追跡システムに関する、よくあるお問い合わせ(FAQ)【施設 店舗 運営者・イベント主催者の皆様】を掲載しています。 (日本電気株式会社のAIチャットボット「NEC 自動応答」を使用しています) よくある問合せ(FAQ) Q 登録するとどんなメリットがありますか。 緊急事態宣言解除後、経済・社会活動と感染症拡大防止の両立を目指して導入するものであり、感染拡大を少しでも抑制することを目的としているため、ぜひご協力をお願いします。 Q QRコード発行申請のウェブページに繋がらない場合、どこに連絡したらいいですか。 アクセスが集中している可能性があります。 恐れ入りますが、通信状態をご確認の上、お時間をおいて再度アクセスしてください。 それでもうまくいかないときは、以下のことを確認願います。 (1)操作方法に誤りがないか確認(ほかの方もおかしいのかどうか) (2)事業者の登録に係るエラーのときは、 ・少し時間をおいてリトライしてみてください。 ・登録手順を一からやり直してみてください。 (3)利用者の読み込み等にエラーがあるときは ・少し時間をおいてリトライしてみてください。 ・ほかの方はうまくできている場合は、当該利用者のスマホ等のトラブルと考えられますので、携帯電話会社にお問合せください。 (4)システムトラブルも考えられますので、こちらで調査の上、障害が発生している場合は、HPにてお知らせします。 Q 対象となっていない施設で掲示してもいいですか。 対象外の施設等の掲示はお控え願います。 本システムの運用状況を踏まえ、対象施設やアラート基準等について改めて検討する予定です。 Q 駅や庁舎、公園など対象外の施設の中の店舗は対象になりますか。 対象外の施設内にあっても、飲食店など対象となる施設がある場合は、その施設毎に登録をお願いします。 Q 百貨店やショッピングモール内にある個別の店舗など、対象施設とされているものについても、導入の必要がありますか。 生活必需品売場を除く店舗や飲食店など、対象となる店舗はご登録をお願いします。 Q 病院や福祉施設の中の食堂、喫茶店なども、一般人が利用できる場合は対象になるのですか。 特定の者のみ利用可能な施設は対象外ですが、一般利用が可能な場合には対象です。 Q 事前申込制のイベントや入館時に記名が必要な施設は対象外になりますか。 参加者や入館者が特定できるイベント等については、対象外となります。 Q 電話番号が入力できません。 申し訳ございませんが、キーボードのテンキーからだと入力できない仕様になっています。 お手数ですが、メインキー部分(アルファベット側上部)の数字キーから入力願います。 Q 登録時のパスワードは何のためのものですか。 QRコード再発行の際に使用しますので、登録時のメールアドレス・パスワードは大切に保管いただきますようお願いします。 パスワードをお忘れになった場合は、恐れ入りますが、登録のやり直しをお願いします。 なお、登録時の自動返信メールを保存していただければ、再発行は必要ありません。 Q 【施設(店舗)運営者・イベント主催者】登録を行ったが、自動返信のメールが届きません。 (1)入力されたメールアドレスが正しいかご確認願います。 誤ったメールアドレスで登録されたと思われる場合は、お手数ですが、再度新規で登録いただきますようお願いします。 (2)自動返信のメールは「 smartcity-osaka. jp」から届きます。 ドメインによる受信制限等をされている方は解除していただき、QRコード再発行をしていただくとメールが届きます。 (3)メールソフトウェア・アプリによっては、迷惑メールボックスなどのフォルダに自動的に格納されてしまう場合がございます。 今一度、メールが届いていないかご確認願います。 (4) (1)〜(3)を確認しても解決しない場合は、契約しているインターネット事業者や携帯電話会社などに問い合わせ願います。 Q 登録内容に変更があったがどうすればよいですか。 (施設名、住所など) 登録後、内容の変更はできません。 登録内容に変更のある場合は、改めて新規登録願います。 Q QRコードを再発行してほしいです。 大阪府HP「大阪コロナ追跡システムへのご登録について」のページから再発行してください。 から、再発行願います。 Q 店にプリンターがありません。 ご面倒ですがコンビニ等で印刷いただくか、またはデジタル画面からも利用者登録いただけますので、店のデジタルサイネージ、タッチパネル、パソコンディスプレイなどにお送りしたQRコードを表示し、利用者に登録いただくなどのご協力をお願いします。 参考:コンビニでのプリントの方法 【スマホ】 印刷用のアプリをダウンロードしておく。 主要コンビニのアプリと印刷方法は以下ページを参考。 ・ ・ 【パソコン】 USBメモリ等にデータを入れておく。 主要コンビニでのPDF印刷方法は以下ページを参考。 ・ ・ ・ Q 飲食店の場合、テーブルやメニューに掲示しても大丈夫ですか。 従業員やスタッフの目の届く範囲で、テーブルやメニュー等に掲示していただいて構いません。 Q 掲示せずに、タブレット等で表示しても良いでしょうか。 タブレット等で表示しても構いません。 その場合は、QRコードの読込みについて、来訪者への周知・案内をよろしくお願いします。 Q 掲示物は何枚でも貼ってよいですか。 多くの方に待ち時間なく読み込んでいただきたいので、枚数の制限はありません。 複数枚の掲示いただくときは、原紙をコピーしてくださいますようお願いします。 なお、剥がされたり貼りかえられたりしないよう、目の届く範囲での掲示をお願いします。 Q 従業員・スタッフ等も毎日登録するのですか。 バックヤードにしかいない職員等でも登録が必要ですか。 従業員やスタッフの方々も含め、登録をお願いします。 Q 施設への入館時に登録してもらえばよいですか。 施設に滞在している間であれば、いつでも結構です。 Q 府民か府民でないか確認は必要ですか。 府外からのお客さんにも登録をおすすめするのですか。 掲示する施設は大阪府内限定ですが、来訪者については、府内外問わず、注意喚起等のメールを受け取りたい方はご登録いただいて構いません。 その場合は、メールで通知が送信されます。 Q 感染者が発生した場合、施設側にもメールが届きますか。 施設側にはメール送信はいたしません。 ただし、クラスターが発生した場合は、大阪府から連絡します。 Q 私自身が私の店で発生したかどうかということが知りたいというだけなのに、何故教えてもらえないのですか。 メール発出の対象となった施設についてお知らせすることはありませんのでご理解ください。 立ち寄った施設を公表することは、場合によっては、感染者の特定につながるおそれがあるため、外部にお伝えすることは出来ません。

次の

大阪コロナ追跡システムが運用開始!使い方カンタンな割り切った仕様が実用的!

大阪 コロナ 追跡 システム

矢継ぎ早にいろんな策を講じている大阪ですが、今度はコロナ追跡システムの稼働を発表しました。 これはイベント会場などにQRコードを設置。 利用者はそれを読み込んでおくと、あとでクラスター感染発生時に注意するよう通知メールが行くというものです。 大阪コロナ追跡システムとは? コロナウィルスは感染拡大の速度が早いことが一番の問題となっています。 今後自粛解除が行われ、気が緩んでしまうと、また一気に爆発的な感染につながる可能性があります。 感染が発覚した場合、その感染者の近くにいた可能性の高い人に警告を発して早期に対策を取れるかどうかが今後の焦点となるでしょう。 1つの対処法が、大阪の発表したような追跡システムです。 これは、イベント会場などにQRコードを設置。 それを利用者に読み込んでもらいます。 万が一そのイベントでコロナ感染者がいた場合は、参加していた人にすぐ通知がいきます。 強制的に何かということではないようですが、感染の可能性があるとわかれば対処法も各自とりやすくなることでしょう。 登録費用は発生いたしません。 ただし、登録時の通信費用、QRコード印刷については各自の負担となります。 負担といっても軽微な金額でしょう。 利用するには? 登録ページが公開されました。 施設かイベントか選びます。 施設の場合、施設名・所在地・席数・電話番号などを入力して登録します。 登録後にメール添付でQRコードが届きます。 取得したQRコードはお店の入り口などわかりやすい場所へ掲載しましょう。 利用の注意点は? QAによれば記載内容の編集は不可だそうです。 新規で登録をする必要があります。 利用者はQRコードのリンク先にメールを登録しておく使い方になります。 メールは大阪府のアドレス「 smartcity-osaka. jp」から届きます。 利用者の方は、ドメインによる受信制限に引っかからないようにしておく必要があります。 大阪以外の追跡システムは? 国内 非営利団体のコード・フォー・ジャパンなどがコロナ追跡アプリの開発に取り組んでいます。 自治体によってはこのようなアプリの利用を推奨するところが出てくるかもしれません。 外国 中国、台湾、韓国などでコロナ追跡システムがそれぞれ稼働しいてます。 一番拘束力の強いのは中国のシステムでしょう。 中国では、アプリでバスや電車に乗る際に自分が安全であることを示すアプリを提示します。 また、乗るたびに設置されているQRコードを読み込んでおきます。 後日感染者が近くにいたことが発覚すると、アプリ利用者が安全を証明するアイコンが黄色や赤になります。 以降はバスや電車に乗れなくなるため、行動が一気に制限されます。 結果として自宅自粛を一定期間行わざるを得なくなるというものです。 大阪の場合は、各自が自分の安全性を証明するためにアプリを使うというところまではいかないのではと思います。 オーストラリア イギリス スペイン シンガポール 「ブルートゥース」を利用して人との接触履歴が自動で記録されるというもの。 アップルやグーグルなどもこのようなアプリの開発をしているようです。 apicode.

次の