ワールド メイト やばい。 ワールドメイトでおきた問題や被害について

ワールドメイトの実態を掴め【日本一実態の掴みやすい宗教】

ワールド メイト やばい

ワールドメイトの実態 ワールドメイト since 2009 ワールドメイト Worldmate 宗教団体 ワールドメイト(Worldmate 旧名称コスモメイトほかとその教祖 、およびその関連組織の実態と問題について、裁判資料、官報、団体側のメルマガ、パンフレット、関連会社、関連NPO法人の事業報告書、登記簿謄本、その他に基づいて考えるための資料です。 ) ) ) 平成8年 1996年)、国を提訴したワールドメイト側の主張によれば、 昭和52年(1977年)、宗教活動を開始、 昭和59年(1984年)、宗教団体 コスモコアとして、10名程度のメンバーで活動を開始、 昭和62年(1987年)、宗教団体名を コスモメイトに変更、 (注:平成6年(1994年)株式会社講談社を提訴した の主張では、昭和60年(1985年)12月1日コスモメイトに名称変更とある。 ) 昭和63年(1988年)宗教団体の正式名称を、「 皇大神社」として、所轄庁の静岡県に宗教法人認定申請のための事前相談を開始、 対外的には 平成6年(1994年)3月末日まではコスモメイト、 平成6年11月までは パワフルコスモメイトを通称名として使用、 それ以降は、 通称名ワールドメイト、 平成7年(1995年)1月1日から、 正式名称も通称名もワールドメイトに統一、としている。 (注: 平成6年(1994年)株式会社講談社を提訴した裁判の主張では、平成6年12月27日皇大神社をワールドメイトに変更。 通称名を廃止し、名称をワールドメイトに統一とある) また、ワールドメイトの教祖深見東州 Toshu Fukami (旧名深見青山 Seizan Fukami (本名半田晴久)氏が発信しているメルマガ メールマガジン)によると、 2002年(平成14年)11月から2003年(平成15年)12月までの約一年間、期間限定で「ワールドメイト」から「 世界に平和をワールドメイト」と改称、 2004年(平成16年)1月から、『 世界中に愛をワールドメイト』に変更。 上記のように、国税庁の指摘やマスコミから批判される度に名称を変えて、 ワールドメイトとその関連会社の旧名称がダブル時もある。 平成23年(2011年)4月13日現在 実質会員 38,512人 尚、家族のほかに、亡くなった人、芸能人や有名人、知人やペットまで会員にしている者もおり、正確な数字は上記を下回る可能性がある。 平成24年 2012年)9月14日宗教法人に成立登記された。 正式の法人名称は「ワールドメイト」( 詳細は下記 、 下村博文 文部科学大臣へ、ワールドメイト及びその関連会社から多額の寄付等参照のこと) ------------------------------------------------------ ワールドメイトではノルマや強制は一切ないと主張しているが、神事に参加すれば素晴らしい が出るかの様な宣伝、また参加しなければ不安になるかのようなパンフやメルマガ等により、錯誤に陥った会員は劣悪な環境でも厭わず参加することになる。 また、精神を病む会員が少なからずいる(参照:「」) 近年は、 集金が目標額に達するまで長期開催、集金した玉串の大半を教祖深見東州こと半田晴久個人が自由に使用し、その大半を国外に流している。 ちなみに、 例年、年末から年始にかけて開催されていた「伊勢神業」は、2009年末から始まって2010年11月末に終了、ほぼ一年間開催していたことになる。 (2007年は365日中252日間神事を開催) 過去のワールドメイト月刊誌 「神業ニュース」の通販ページには、エステサロン、オーデコロンやボディーパック、さらには、菱研ラーメン や地ビールの宣伝までしており、ワールドメイトの実態をよくあらわしている。 ワールドメイトは、 宗教法人の資格こそないものの(追記:平成24年(2012年)9月14日に認証、成立登記)、宗教団体として活動しているにも関わらず、その教祖深見東州(旧名深見青山(Seizan Fukami こと半田晴久氏は、海外では宗教家としては紹介しておらず、慈善家、ビジネスマン、億万長者として紹介されている。 カンボジアの 設立の寄付の申し出に際して、シアヌーク国王の弟君ノロドム・シリウッド氏から届いている感謝状には、以下のような肩書が記されている。 Haruhisa Handa Chairman of Shinto Foundation Cosmo Mate Enterprises (August 2,1994 宗教団体ワールドメイト(Worldmate によると、 天皇陛下が人間宣言をされてから、皇室に降りるべきスの神様が開祖 氏のところに降りてこられた。 すべてのご神霊は、スの神様の配下にいる。 スの神様への祈りがしっかりと通ってはじめて配下の神々や仏様は大いに働くことができ、願いも叶いやすくなる。 また、 会員になった瞬間から,スの神様に参画したしるしとして、会員の霊体のおでこには、菊の御紋があらわれる。 これは,最奥神界に御魂が登録され,霊籍がそこにおかれるからで、会員は、スの神様の直属の御魂として「神霊界の皇族」となり、スの神様の配下におられる神々様から、格別の引き立てを受けることができ、段違いの神力が常にあらわれる。 叉、それは亡くなった後も神仕組みを支えた功績により,北極神界などの神界へと導いていただける。 ス神直属の霊統の御魂として、おでこに光る菊の御紋が,その証しとしてあるからであると説明し、 ワールドメイト会員に 意識を持たせる一方で、因縁や悪霊、また自然災害の恐怖等を説き、それらを回避するための、神事や の参加、多数の 、、 レイジ)等の提出を求められ、多額の金銭や時間の浪費をする羽目になる。 また、野外での徹夜の神業参加により健康を損なう会員も多い。 過去のの原告が提出している資料には、資格取得料 700万円、九頭龍師資格取得料 200万円・・・・等驚くような数字が書かれている。 (参照: 「」 ワールドメイトとその教祖深見東州こと半田晴久氏が、国税側その他に対して有利に働いてもらうために 藤波孝生、山口敏夫、 ほか 多数の政治家に接近、多額の献金をしているとの報道は過去からあったが、献金が確実に判明しているものには以下のものがある。 (ワールドメイト関連会社及び関連法人も含めた全ての資料は「 )」参照のこと) 二十一世紀政治経済研究会 栗本慎一郎 栗本慎一郎政経セミナー 6月22日開催)(報告年月日 8. 1) ワールドメイトから 40万円 栗本慎一郎政経セミナー 11月22日開催)(報告年月日 8. 1) ワールドメイトから 60万円 自由民主党群馬県第一選挙区支部 ワールドメイトから 250万円(平成20年(2008年)9月20日付『政治団体の収支報告書』 前島英三郎こと八代英太元議員の資金管理団体「明るい福祉を考える会」 半田晴久から 100万円(平成22年(2010年)11月30日付官報(号外第251号)(参照: NPO法人 ) 新党改革比例区第七支部 (鳩山太郎 ワールドメイトから 2000万円 (平成23年(2011年)官報号外第39号) 改革クラブ衆議院大阪第一七支部 (西村眞悟) ワールドメイトから 1100万円 平成23年(2011年)官報号外第243号) 民主党参議院比例区第83総支部 (前島英三郎 こと八代英太 ワールドメイトから 200万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) 国民新党友の会(亀井静香) ワールドメイトから 3000万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) ワールドメイトから 1000万円 平成25年(2013年)官報号外第259号) 亀井静香後援会 ワールドメイトから 84万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) 第7回、第8回 「日本をどうする」セミナー ワールドメイトから 300 万円 平成24年 2012年)11月30日付官報号外第260号) 第9回、第10回「日本をどうする」セミナー ワールドメイトから 300万円 平成25年 2013年)11月29日付官報号外第259号) 第11回 「日本をどうする」セミナー (平成26年(2014年)11月28日付官報号外第265号) ワールドメイトから 150万円 新声会 (鳩山邦夫) 第三回政経セミナー ワールドメイトハンターから 86万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) ワールドメイトから 150万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) (上記「 ワールドメイトハンター」には 、ワールドメイトと同じ 「伊豆の国市」の住所が記載されているが正体不明) 平成23年度新声会政経パーティー ワールドメイトから 150万円 平成24年 2012年)11月30日付官報号外第260号) 第4回新声会政経セミナー ワールドメイトから 150万円 平成25年 2013年)11月29日付官報号外第259号) 新声会政経パーティー(平成25年2月7日開催) ワールドメイトから 150万円 (平成26年(2014年)11月28日付官報 号外第265号 友愛政経懇話会(鳩山由紀夫) 政治資金パーティーの対価 ワールドメイトから 150万円 平成24年 2012年)11月30日付官報号外第260号) 鳩山由紀夫サイエンスフォーラム2011 ワールドメイトから 150万円 平成25年 2013年)11月29日付官報号外第259号) 小沢一郎政経研究会 第61回小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 100万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) 第62回~第64回小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 450万円 平成24年 2012年)11月30日付官報号外第260号) 第65回~第67回 小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 450万円 平成25年 2013年)11月29日付官報号外第259号) 第68回,第69回 小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 300万円 (平成26年(2014年)11月28日付官報 号外第265号) 第70回,第71回 小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 200万円(平成26年(2014年)11月28日付官報 号外第265号) 現代日本研究会 猪口邦子 半田晴久から 30万円 平成23年(2011年)官報号外第257号) けんこう冬日会 (松木謙公) ワールドメイトから 140万円(平成25年(2013年)11月29日付官報 号外第259号) ワールドメイトから 150万円(平成26年(2014年)11月28日付官報 号外第265号) 一般財団法人国民政治協会 (自民党) ワールドメイトから 1000万円(平成25年(2013年)11月29日付官報 号外第259号 日本維新の会衆議院近畿ブロック第2選挙区支部(西村眞悟) (政治団体の解散に係る収支に関する報告書) ワールドメイトから 500万円 (平成26年(2014年)5月30日付官報 号外第120号)(25. 7解散) みどりの風 (谷岡郁子・行田邦子・舟山康江・亀井亜紀子) (政治団体の解散に係る収支に関する報告書) ワールドメイトから 1000万円 (平成26年(2014年)5月30日付官報号外第120号)(25. 31解散) 21世紀政策研究会(鈴木宗男) ワールドメイトから 60万円(平成26年(2014年)11月28日付官報 号外第265号 生活の党(小沢一郎) ワールドメイトから 200万円(平成26年(2014年)11月28日付官報号外第265号) ~~~~~~~~~~~~ 上記の他に、 ワールドメイトが 下村博文文部科学大臣へ300万円をしたとの報道が 「週刊金曜日ニュース」に出ている(2013年 平成25年)2月8日号)。 ・・・進学塾「」も経営する神道系宗教法人 「ワールドメイト」(教祖:深見東州氏「本名:半田晴久」) は、 〇九年(平成21年 )だけで三〇〇万円を寄付していた。 kinyobi. ワールドメイトは、 平成24年(2012年)8月17日付で文部科学大臣に認証申請書提出、文部科学省は平成24年8月20日受理。 平成24年(2012年)9月14日に認証、成立登記。 基本財産の総額17億4174万3397円。 宗教法人成立疑義に関して深見東州こと半田晴久氏は、 平成24年(2012年)7月7日のメルマガで以下ようなコメントを出した。 『 ・・・ 宗教法人とは、認可制ではなく、認証制です。 そして、認証制度とは、所定の書類を揃えて申請すれば、それについて、所轄庁が認める認めないと判断を下すものではありません。 現にワールドメイトは、1991年(平成3年)に認証申請書を送付しましたが、まず事前相談が必要だと言われ、 申請書は正式に受理されないまま、認証申請相談をずっと行なって来たのです。 だから、不認証になったこともありません。 また申請相談の途中段階にあった1995年(平成7年)、宗教法人法が変わり、以後、複数の都道府県にわたる宗教活動を行う法人は、認証申請を行なう場合、文化庁が所轄になる事に変更され たのです。 ちなみに、 ワールドメイトは以後、文化庁に対しても、認証申請を行なっていません。 従って、ワールドメイトが、宗教法人の認証を認められなかったとか、不認証になったかのような記載は、いかなる意味でも誤りなのです。 』 また、 平成24年(2012年) 11月22日のメルマガ では以下のように言っている。 『 宗教団体としての活動の中身が立派で、きちんとした組織である事を、国や文化庁が認めてくれたことは、大変光栄で有難いことです。 全ては、この三大神法を組織運営に応用し、方針として確立したものです。 だから、変わらないのです。 今後も、変わることはありません。 つまり、 26年かけて神法実践を確立し、それを国が認めてくれたという事です。 それが、天の思し召しなのです。 』 上記2 つのメルマガのコメントは矛盾していないか。 ちなみに、ワールドメイトは平成8年(1996年)、かつての の提訴をしたが、平成10年(1998年)までに全てを取下げている。 (テープあり) 『 真実の宗教を貫くためにお金は一切貰ってない。 全部無給。 オーストラリアでもイギリスでも一銭も貰ってない。 私名義の資産は一つもない。 みな、私達のグループのもの。 ワールドメイトが宗教法人に申請されると、皆ワールドメイトの物になる。 宗教法人申請までは人格なき社団なので、これが自分達の土地物件の売買に困難があるからコスモワールド(日本視聴覚社)が代行している。 平成19年(2007年)から平成21年(2009年)頃までに、既に本名半田晴久名義にされた不動産以外の栂村繁郎および(株)日本視聴覚社名義の不動産も、その後 半田晴久名義に移転登記されており、ワールドメイト所有の国内外の不動産(参照:)は、恐らく全て半田晴久名義に変更されている。 その他に、半田晴久名義で購入した神事会場用の不動産等もある。 宗教法人成立登記された現在、 全ての国内外の不動産等は半田晴久名義からワールドメイトに移転登記されるのか。 (やや日刊カルト新聞3月22日号) 「カルト団体の名が挙げられその手口や実態、被害への対処法などが記されている。 統一教会・幸福の科学・泰道・宝珠宗宝珠会・アースハート・ダンヨガ・SPGF・ライフスペース・明覚寺・法の華三法行・天華の救済・オウム真理教・アレフ・ひかりの輪・神慈秀明会・顕生会・摂理・国際福音キリスト教会・高島易断・幸運乃光・真光元・ヤマギシ会・エホバの証人・ホームオブハート・聖神中央教会・加江田塾・千乃正法(パナウェーブ研究所)・神世界・ロマゾフィー教会・ ワールドメイトetc・・・・ 著書では、宗教法人法改正や宗教団体への課税制度についてその問題点を含め解説した他、カルト団体が名誉棄損訴訟などを濫発する所謂SLAPP(嫌がらせ訴訟)に対し、アメリカの過半数の州で制定されているアンチスラップ法を挙げ、日本での法規制の必要性を強調している。 」 ~~~~~~~~~~~~ 平成27年(2015年)4月16日号 週刊文春 が 「 下村博文 文科大臣 オカルト人脈と金 脈 」の表題で、下村博文氏が、 2005年(平成17年)ワールドメイトの関連会社 やから 300万円 2009年(平成17年) ワールドメイトから 300万円 (自民党東京都第11選挙区支部(11支部)政治資金収支報告書)の献金を受けていることを報じている。 2005年(平成17年)の献金当時、下村博文氏が文科大臣政務官の職にあったことを勘案すれば、そこに宗教法人格を目指していたワールドメイトのしたたかな計算があったとしても不思議はないだろう、また、文教族の議員が2009年にワールドメイトから献金を受けていること自体、疑いを持たれかねないと報じている。 下村博文 文科大臣は、ブラジル人の自称・予知能力者 氏の予言を「殆ど90%当たっている」とネット放送で礼賛していたという。 ワールドメイトの教祖 深見東州こと半田晴久氏もジュセリーノを利用して神事を開催、莫大な金を稼いでいるが、ジュセリーノがインチキであるとの証拠付きのサイトも出ている。 どちらの情報が正しいか分る人には分かっていただけるはずである。 たまたま見かけた工作員の書き込に対する反論を以下の見出しに少しだけ載せている。 ワールドメイトから 30万円 平成30年(2018年)11月30日付官報 号外第264 号 21世紀政策研究会(鈴木宗男) ワールドメイトから 100万円 亀井静香後援会(亀井静香) (第17回「日本をどうする」セミナー) ワールドメイトから 150万円 小沢一郎政経研究会 第83回,84回,85回小沢一郎政経フォーラム ワールドメイトから 300万円 新声会 (鳩山 二郎) ワールドメイトから 60万円 自由党 ワールドメイトから 2000万円 原口一博後援会(原口一博モーニングセミナー (第13回・14回) ワールドメイトから 80万円 日本のこころ (西村眞悟) ワールドメイトから 200万円 けんこう冬日会(松木けんこう君を囲む会) june16,2020追加) ワールドメイトから 100万円 令和元年(2019年)11月29日付官報 号外第173号 小沢一郎政経フォーラム 第86,87回,88回,89回) ワールドメイトから 400万円 新声会 (鳩山二郎政経パーティ) ワールドメイトから 60万円 原口一博 (第15回・16回モーニングセミナー) ワールドメイトから 80万円 まえはら誠司東京後援会 ワールドメイトから 60万円 21世紀政策研究会(鈴木宗男・鈴木貴子を叱咤激励する会) ワールドメイトから 100万円 深見東州こと半田晴久氏は、亀井静香「日本をどうする」セミナー、 原口一博モーニングセミナ ー 、小 沢一郎政経フォーラム、その他に宗教団体ワールドメイトから寄付報酬を支払っているが、 深見東州こと半田晴久氏が大株主である( は、社名にも政治経済を謳い、会員から多額の月会費を取って営業をしている以上、政治家に支払う報酬は、ワールドメイトではなく、(株)菱法律経済政治研究所が支払うべきではないのか。 当 (株)菱法律経済政治研究所は、平成17年(2005年)自社ビルを購入、ワールドメイト関連NPO法人 、一般社団法人 、 (株) から多額の家賃収入も得ている。 今後は 、宗教団体 ワールドメイト、ワールドメイト関連会社、その他全てを含む 参照のこと。

次の

ワールドメイトって詐欺?地震がくるお祈りしないとやばい事になるなど言ってお...

ワールド メイト やばい

目次はこちら• ワールドメイトとは ワールドメイトは神道系の新興宗教です。 深見東州が教祖を務め、神道といっても仏教、儒教、道教や同じ神道系の新宗教である大本教の影響を強く受けた教団です。 基本的には若者をターゲットにし、様々なエンターテイメント要素のある軽いノリ(ユーモア)と、神事での厳粛さを使い分け、教祖のエンターテイナーとしての魅力を前面に押し出した宗教でしょう。 新興宗教団体にありがちな 信者勧誘など教団勢力の拡大を第一とせず、日本を中心とした、世界平和の実現を目指し包括的な取り組みを行っているのが特徴でしょう。 来る者拒まず、去る者追わずで何らノルマや強制がない新宗教は珍しく、若者を中心に一部で支持が集まっています。 その実態を順番に説明します。 ワールドメイトの実態 ワールドメイトの実態に迫ってみました。 ワールドメイトは基本的に在家の宗教で出家する事はありません。 信者になったからといって特別な宗教行為を求められる事はなく、定期的に行われる神事や祈祷会、また教祖(深見東州)のセミナーに参加する信者も少なくないという実態を耳にしています。 メルマガや会員誌で学びながら日常生活の中に信仰を見出すというスタイルが一般的になっています。 一方で、救霊と呼ばれる邪気払いが活発で、ご利益があるとされる様々なグッズを販売しているため、霊感商法に近い感覚を受けますが、高額な商品を無理矢理買わされるような事はありません。 金銭トラブルも少ないため、過激でカルト宗教のような実態はないでしょう。 ただ、教祖(深見東州)に一定のカリスマ性があるため狂信的な信者が式階を上げお金を注ぎ込むケースもあるようで、 信仰心が冷めた後に冷静になって後悔している実態もあるようです。 ワールドメイトは宗教なのか? ワールドメイトは宗教です。 ふざけたような見せ方をする一方で、それはワールドメイトの一部分で実態とはかけ離れています。 信仰離れを叫ばれる若者の間では、宗教という敷居が最初は低いように感じるため受け入れやすく感じ、入信のきっかけとなる場合も多いようです。 しかし、ワールドメイトの実態は神道をベースにした新宗教なので、近所の神社のように祈祷など宗教的な儀式も行います。 ワールドメイトで最も有名なのは救霊で、信者からの評判も良く宗教としての実態は悪くないようです。 また、新興宗教でありがちなお布施(神道の場合は玉串料)が高額という訳でなく、その実態は1回200円とか300円から行う事が出来るため、近所の神社では考えられないくらいの相場実態とも言えます。 ワールドメイトで準備されている各種祈祷、お祓いなどを全て行っても数千円という信者もいるという実態も聞いた事があります。 勿論、最低金額という意味なので上限はありませんから、信仰心に比例してお金に余裕のある人は青天井でハマり過ぎには注意が必要だという実態は変わりません。 ワールドメイト総本部の実態は? ワールドメイトの総本部は伊豆にあります。 総本部の住所は、静岡県伊豆の国市立花3-156で、実態は住所だけかと思えば総本部だけに宗教的にも重要な場所となっています。 ワールドメイトで 最も崇拝されている御親元素大御神様を祀った皇大神御社や天仙龍王池があり、信者の間では1つの観光名所ともなっています。 ワールドメイト支部の実態は? 支部運営の実態は基本的にボランティア運営です。 そのため、支部と言ってもボランティアの支部長が少人数でやっている場合も多く、連絡がつかない場合に備えてエリア本部が設置されているんですが、その名前がふざけ過ぎて逆に世間では注目が集まっています。 名前だけでも実態がわからなくなりますが、エリア本部の中でも やばい名前5選をまとめて紹介しましょう。 完熟トマトあちらにポロリこちらにポロリ、結局畑はトマトだらけ何て真っ赤な幸せ新宿エリア本部(東京都新宿区)• 本タラバ毛ガニ手足バタバタ・忍者走り!!北海道エリア本部(北海道札幌市)• ジャンジャン行けそんなこと言ったらマッキンリーまで行きますよ東北エリア本部(宮城県仙台市)• おこぼれいかが天国いっぱい九州エリア本部(福岡県福岡市)• 米国ニューヨークすしバー中央本部 ワールドメイトの評判と実態の関係は? ワールドメイトの評判はそう悪くありません。 勿論、そうは言っても実態は組織ですから、地域によって評判の良し悪しに差が出ます。 宗教団体に限らずそれは仕方がないと割り切れば、 評判の内容も良心的なものが多く、他の新興宗教団体やカルト教団などの評判に比べれば、良い方です。 いくつか実態のわかる評判をまとめて紹介します。 ワールドメイトの救霊は、だいたい、2時間か3時間くらいでした。 ものすごい、座り心地の良いソファみたいなものに座っている間に終わります。 救霊は受けてみないと、身体が軽くなったり気持ちが明るくなったりという実態は、言葉では言い表せませんね。 西荻窪の駅の近くの駐車場に「仏頭ばす」っていうマイクロバスが停まっているのを発見しました。 屋根に仏様?のような人形が乗っていたり、車体に「仏頭ばす」(ぶっ飛ばす?)と書いてあったり実態がすごく変でびっくりしました。 ワールドメイトは確かに教祖・深見東州が多芸多才で、知識教養もあり、おもしろく、親しみやすい実態であることが今までにはないオリジナリティのある宗教だと思います。 ただ、本質的には他の新興宗教と同じく、実態は宗教ビジネスだと思っています。 ワールドメイトは会費いくら?実態との乖離について ワールドメイトは会費がありますが、実態との乖離もあり個人差があります。 ワールドメイトの会費(月会費)をまとめると、正会員で2,500円、準会員で1,200円、高校生・予備校生のためのハイスクール会員が250円です。 正会員と準会員の違いはいくつかありますが、大きな違いを挙げるならばワールドメイトで救霊師・九頭龍師を目指すなら正会員のみです。 神伝密教師・薬寿師であれば、準会員でも目指すことができます。 ワールドメイトでは祈祷やお祓いなどを始めとした宗教儀式は、こういった候補者の中から教育され選ばれた信者が執り行います。 会員特典を考えれば十分に元は取れる内容でしょう。 また、ワールドメイトを含め宗教団体というものは、 様々な名目(神業などの宗教儀式)で会費を徴収できるようになっているため、会費の実態は個人差があり、あくまで参考程度に。 熱心に宗教活動していたら、数千円の会費を参加行事毎に回収され1年で数十万円にという話も無い訳ではありません。 ワールドメイトハッピーって何? ワールドメイトハッピーは実態のわかる非公式?ブログです。 ワールドメイトの公式ホームページでも、他の宗教団体よりはるかに情報量があるのですが、その内容を深掘りしているのが公式ブログのワールドメイトハッピーです。 ハッピーというワールドメイトの信者が執筆者で、ワールドメイトの実態というか、教祖である深見東州の興味のある分野やワールドメイト関連の情報発信を専門に行っているブログです。 まぁ、現役信者によるブログなので、読者の実態は賛否両論あるでしょう。 ワールドメイトハッピーの読者はおそらくワールドメイトの信者(特に入信したて)が中心で、信者以外で興味のある人や実態を掴みたいなと思う人が読んでもそう参考にならないかもしれません。 情報量があり過ぎて、判断に必要でない情報に飲み込まれ、困惑してしまうでしょう。 まとめ.

次の

宗教家がJ1チームのオーナーに?ヴェルディ戦で国歌を歌った教祖さま(長谷川 学)

ワールド メイト やばい

今回は、少々難しいテーマを元に書いてみようと思います。 きっかけになったのは、インターネット上の悩み相談で以下のような質問を見かけたからです。 ワールドメイトという宗教、深見東州という人のせいで家族が崩壊しそうです。 本当に苦しいです。 私の母は現在ワールドメイトという宗教団体?に入っています。 母は宗教じゃないとかたるんですが・・・それで父はこの宗教に大反対していて、いつもこの宗教のせいで両親が喧嘩になります。 父「こんなオカルトな宗教はやめたほうがいい」 母「私はこれで救われたのよ。 フカミさんはすごい人なんだから。 理解しろ!!」 こんな感じでいつも言い争いが始まってしまい、母が私に、お父さんがわかってくれない。 助けて!!と泣いてすがりつかれます。 とんだとばっちりですよね。。。 父は息子への影響を心配してなのか、お前には関係ないといって、母を責めるばかりです。 最近は、父が母を無視するようになってきました。 (中略) 父は、いつもやめろと怒ってばかりです。 母は、絶対やめないといいます。 どんな宗教につくかは個人の自由だし、それは全然いいと思います。 しかし母は、毎月1万円以上の会費を払い、たまに5~10万円の振込みをしています。 また、1週間、宗教の合宿みたいなので家族の誰にも言わず家を空けたことがあります。 僕も理解するためにフカミさんの本を読みました。 確かにいいことは書いてあります。 でも宗教じみた変なことも書いてあるのは確かです。 結果として両親を離婚の危機においつめる宗教はどうだと思いますか? そして私は両親が仲良くなってくれるためにどのようなことをすればいいと思いますか? (管理人注: ワールドメイトの会費は、月1200円(準会員)か2500円(正会員)のどちらかを選べます) うーん、文章から、息子さんの叫びが聞こえてくるようです。 10年前のことのようですが、このご家族がその後、どうなったのかとても気にかかりますね。 円満な解決に至っていると良いのですが。 本来ならばワールドメイトをはじめ宗教というのは、そのような家庭内の問題に救いをもたらす役割があるはずですが。 しかしこのように、宗教が原因となって、逆に家庭内にトラブルがおきることがあります。 この場合は、息子さんは被害者と言えますね。 実は、私にも似たような体験があります。 20年以上前の、ワールドメイトに入会して数年が経った頃、突然ワールドメイトや深見東州先生が、週刊誌などのマスコミに叩かれ出したことがあります。 その内容まで触れると長くなるので今日は割愛しますが、とにかくほとんど間違った内容でした。 ところが、それを読んだうちの両親が、急に態度を硬化し、私がワールドメイトで活動していることを強く咎め、退会するように迫ってきたのです。 「こんなところに入って、お前は騙されているんだ」「この宗教は、こんな悪いことをやってるじゃないか」という感じで、全く聞く耳持ってくれませんでした。 話し合いにもならず、私も腹が立ってしまい、実の両親なのにぎくしゃくした感じになるし、当時は一緒に住んでいたので最悪でした。 夫婦なら離婚ということもあるのでしょうけど、親ですから、絆を絶つことはできませんし、また、そんなことをしたいとも思いません。 ですので当時は、とても悲しい思いをしました。 その後、ずいぶん時間がたってから気がつきましたが、実は宗教の問題というよりも、家庭の問題だったんだなと思いました。 両親は宗教に対する理解がなく偏見を持っていたのは事実ですが、私がワールドメイトで活動をすることで、仕事や家族のことを疎かにしていると思って、そこが不満だったようです。 それが、週刊誌の報道をきっかけに、反対するという行動として表面化したのでしょう。 そこを理解せず、何も配慮しないまま活動をしていたことがいけなかったと気がつきました。 ワールドメイトでは、日常生活や仕事に活かせることをたくさん学べ、現実社会とも相性の良い宗教だと思います。 しかし自分のことになると見えてなくて、うまくやれてなかったわけです。 今でしたら、もっと普通にやれるだろうと思います。 実はワールドメイト教祖である深見東州先生も、少年時代に、同じようなエピソードを持たれています。 深見東州先生は、15歳の頃世界救世教に入信されますが、私の家のケースよりももっと激しく父親から迫害を受けたそうです。 それで、宗教に対して全く理解のない父親へ、反発した思いを持っていたそうです。 そんな時、世界救世教の教会長さんが深見先生に対して、「神様、神様というのもいいけれど、日常の生活が基本ですよ。 あなたには、お父さんとの葛藤があるようだけど、まず家庭をよくしなければ」と言われたそうです。 先は長いのだから、学生であるうちは勉強をしっかりして、そして親あっての自分なのだから、親孝行しなさいと諭されたそうです。 その話に、ガツンと頭を殴られたような気がした少年時代の深見東州先生は、それ以降、お父様から何を言われても逆らわず、素直にいうことを聞き、頭を下げるようになったそうです。 それでお父様も、息子の態度がガラッと変わったことを不思議に思い、理由を聞いてみるとそういうことだったので、それで感激されて「お前がそんなにいい子になるようなところなら、わしも信心させてもらわなきゃいかん。 そして教会の先生にもお礼を言わんとな」と言って、驚いたことに翌日入信されたそうです。 詳しくは、 下記ページの、「ワールドメイトが創設されるまでの歴史(浪人生活を経て、大学へ入学)を参照してください。 私の場合はひねくれているのか、深見先生のようには、両親に対して素直になれませんでした。 中途半端ではありましたけど、それでも、悪いところではなさそうだと思ってくれるように、だんだんなって来ました。 週刊誌などが書いたことも、一方的なものであり事実と違う部分は冷静に説明でき、聞いてくれるようになりました。 もちろんワールドメイトも、その後何のトラブルも起きませんので、それもあって安心したようです。 今は両親ともにかなりの高齢ですが、昔のように仲良くやっています。 時々、体調が悪いことがあると、ワールドメイトで御祈願しといてくれと私に言ってくるほどです。 (笑) もう一つ宗教と家庭の問題について、学生の頃、とある仏教系の信仰を持つ家庭の中に、1人だけキリスト教に目覚め、そのために家庭内で苦しんでいた幼馴染がいました。 何度かその話を聞いて、聞けば聞くほど宗教の違いからくる家庭内の葛藤は、解決の道がないものだなとその時思いました。 互いに諦め相手の宗教に干渉しないと決めるしか解決の道はない、そう思った記憶があります。 そのように家族間における宗教の違いから生じる葛藤に比べると、この質問した息子さんのような家庭のケースであれば、まだやり直せるチャンスは大いにあると思います。 結論としてこの質問の場合でしたら、この息子さんか、ご夫婦がワールドメイトの支部に来て相談すれば、おそらく解決した可能性が高かったように思います。 もし、その場に私が居合わせたら、あるいはワールドメイトの支部長らがいれば、その奥さまに、活動を控えるようにアドバイスをすると思います。 お互いの意思を尊重した上で解決できる接点がないか、丁寧な仲裁に入ると思います。 ワールドメイトは反社会的な団体ではありませんから、互いに完全に納得できるようにするのは難しくとも、常識を踏まえた形で解決をしていくと思います。 ただし夫婦間で、相手に対して積もり積もった不満があるケースだと、宗教以前の問題になりますので、ことはそう簡単にはいかないでしょう。 かなり昔に聞いた話ですが、妻からワールドメイト入信を反対され離婚すると脅かされていた夫が、その問題を解決するためにワールドメイトを退会したそうです。 優しい男性だったそうですが、そうすれば解決すると思ったのでしょう。 ところがしばらくして、そのご夫婦は結局離婚したとのことです。 悲しい現実ですが、宗教のことだけでなく、夫婦間に何らかのわだかまりがあったのでしょう。 今回のこともですが、宗教と家庭の問題や被害というのは、様々な宗教において存在すると思います。 信仰を持つ人と、信仰に理解がない家族が一緒に生活する場合は、その可能性が高いでしょう。 特に新興宗教のケースに多いように思います。 宗教をやる人の中には、エキセントリックな人もいますので、欧米では、食事の時などに宗教と政治の話をすると、必ず口論になるからするなという話も聞きます。 逆にいうと宗教は、それほど、人間の本能や本質の部分に関わるものと言えるのかもしれません。 しかしお互いに、上手に距離感を保って、うまくやっている人たちもたくさんいます。 やはり、うまくやっていくコツがあります。 ワールドメイト会員で、家族にそれほど理解されてなくても上手にやってる人たちは大勢いますので。 それで、一般的に宗教のことで問題が起きる場合、先ほどの離婚された夫婦のように、本当は別なことがその問題の奥にある場合も多いと思います。 あるいは、宗教に反対していると言っても、その宗教のことを知らないことからくる漠然とした不安が原因の場合もあります。 また、宗教に熱心なあまり、仕事や家庭を疎かにしていると思われてる場合もあるでしょう。 私もそうでしたが、自分ではなかなか気がつかないケースが多いと思います。 ですので、最初に紹介した息子さんの家庭のようなケースならば、やはりワールドメイトに、直接相談してみるのが良い結果に繋がるだろうと思っています。 最後に、この問題から感じたことを書いて終わります。 思えば世の中は、矛盾したものだらけだなと思いましたね。 本来は人を救うために出て来たはずの宗教が、人の争いの原因を作ってしまっています。 これも矛盾の一つです。 また、好きで好きでたまらない恋人たちが、結婚し数年経つと互いに憎悪の感情に変わり、別れてしまうことがあるのも矛盾といえば矛盾です。 政治になると、もう矛盾の塊のようにすら感じます。 しかし、よく考えてみると、宗教そのもの、恋愛そのものが矛盾しているのではなく、その運用の主体となる人間が矛盾した行動、矛盾した思考をする矛盾の塊のような存在なので、世の中から矛盾がなくなることはないのだろうと思います。 そして、その矛盾のために、様々な問題や困難が発生しますが、そのおかげで成長しているのも事実だと思います。 だから、矛盾を否定せずに、受け入れていけるようになりたいと思いました。 様々な矛盾を寛容することができれば、あるいは矛盾と上手にお付き合いできるようになれば、結果幸せな人生への近道になるのかなと思います。

次の