オフ ホワイト 質問 記者。 宮迫の謝罪会見で「今は何色?」オフホワイト記者は誰?名前と写真を公開!

会見で出た記者の「ダメ質問」6選 五輪凱旋で「美味しかった料理は?」

オフ ホワイト 質問 記者

会見では記者からの質問もあったが、その中で番組のターから発せられた質問内容に批判の声があがっている。 不倫の真偽について記者から問われた宮迫は、「オフ」などと曖昧な発言をして批判の声があがったことも。 だが今回、会見を開かせないなどといったの体質もになっている。 宮迫自身も涙を流しながら謝罪や今日に至るまでの経緯を赤裸々に告白し、だけでなく芸人仲間からも2人に対するや吉本の体質について非難の声があがり、笑わせるような会見とは言い難い。 不倫の時と比べて、今回の心境を色に例えると何色か、といった意味の質問だ。 宮迫も一瞬当惑して言葉に詰まり、「それは話が変わってきますので…」と回答しなかった。 この質問を目にしたからは「『は?』ってなった」「あれはない。 聞いた瞬間なに言ってんだこの記者と思った」などと質問をした記者に対し批判の声が相次いでいる。 での質問内容について、こんな調査がある。 編集部が全国の~60代の男女1,537名を対象に調査したところ、「のな質問にゲンナリしたことがある」と答えた人は全体の54. とくに年齢の高い人ほど、おかしな質問に対して批判的なことがわかっている。 『』は、21日昼に放送されるが、この質問について話が及ぶのか注目が集まる。

次の

宮迫博之謝罪会見で今は何色ですかと質問した記者は誰?

オフ ホワイト 質問 記者

アッコにおまかせ記者斎藤さんが炎上? 【スタッフに激怒】『アッコにおまかせ!』和田アキ子が謝罪、宮迫&亮会見での不適切質問 会見の際に同番組スタッフが「お気持ちを色で表す事は可能ですか」と質問し、非難が殺到していた。 — ライブドアニュース livedoornews タレント・和田アキ子が21日、TBS系「アッコにおまかせ!」に生出演。 反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日に都内で謝罪会見を行った際、番組スタッフが不適切な質問をしたとして謝罪した。 引用元: 7月21日のテレビ番組『アッコにおまかせ』で、MCの和田アキ子さんが宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見の内容で、番組スタッフが不適切な質問をしたとして謝罪されています。 AbemaTVの記者会見を拝見しましたが、とても緊迫した空気が流れていました。 そこで、アッコにおまかせの記者斎藤さんが「色で例えると…」という発言をしていました。 ある意味凄い根性があります。 私ならとても言えませんね。 ただ記者も質問する上で事前に上司などにも確認しているのではないかと思うので、一概に斎藤記者だけを責めるのはできないと思います。 でも、このオフホワイト発言が斉藤記者の独断だとすれば、もう少し考えて欲しいと思います。 今回の件で反省されていると思います。 今後はしないようにして欲しいですね。 内容としては、「以前雨上がり決死隊の宮迫博之さんが不倫報道でオフホワイトという答えをしていましたが、今回は何色ですか?」というようなことです。 宮迫博之さんは斉藤記者から不倫報道と聞いた時に一度聞き返しています。 宮迫博之さんが「えっ?」と返しています。 宮迫博之さんもビックリされたのでしょうね。 本当に今回の斎藤記者の発言は場を間違えてしまいました。 記者会見に臨む時は、相手の気持ちや場の雰囲気も考えないといけないようです。 記者の方が叩かれていますが、記者会見によって質問していい内容が変わるのですからね…国会と同じように事前に質問を作っておくべきなのでしょうかね… スポンサーリンク 名前:斎藤 道雄(さいとうみちお ) 生年月日:1947年2月20日 出身:山梨県 職業:元TBSテレビ報道局編集主幹、解説・専門記者室長。 現在は明晴学園の校長。 日本民間放送連盟報道問題研究部会幹事、フリースクールの龍の子学園の学校法人設立発起人会の代表 また、斉藤記者について次のようなものもありました。 TBSに入ると、社会部記者やワシントン支局長を経験。 そして、『筑紫哲也 NEWS23』プロデューサー等を歴任して 2007年にTBSを定年退職している。 更には、「斎藤哲也」さんが出てきます。 あの声の感じから斎藤哲也さんは多分違います。 今回のアッコにおまかせに出ている記者の斉藤さんとは別人の可能性があります。 また、質問内容について和田アキ子自身の見解を述べ「関係する多くの方を傷付けた」と自身も謝罪した。 「一睡も出来なかった」と。 そして頭を下げてる。 記者については厳重注意するらしい。 — いつき BD05K 会見の内容よりまず斎藤記者についてコメント欲しいぐらい、アホな質問でしたよ — ここ丸 egcqgfOB7f4DxYU.

次の

宮迫博之 「今は何色」質問を冷静に断る…SNS上で批判「何の場だと」/芸能/デイリースポーツ online

オフ ホワイト 質問 記者

反社会的勢力の宴席で闇営業が発覚した雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮が7月20日に行った謝罪会見。 『アッコにおまかせ!』(TBS系)の番組のスタッフが、宮迫が過去の不倫騒動で「オフホワイト」と発言したことに掛けて「今は何色?」といった質問をして、ふざけすぎていると非難が殺到しました。 同番組では、国山ハセンアナウンサーが「ひとつお伝えしたいことがあります。 謝罪会見で番組スタッフが『色で例えると』という質問をしました。 この質問に対しては宮迫さん、亮さんに失礼だと多くいただきました。 番組一同、多く反省しています」と謝罪。 和田アキ子は、「私もびっくりしちゃった。 私も2人をよく知っている。 真摯に謝っていた。 『前はオフホワイトと言っていましたが、今回は何色でしょう?』…。 『ふざけるな!』と。 本当に。 そんなことを聞きますか!」と大激怒しました。 この騒動によって注目を浴びた、報道の場においての、記者による失礼、無礼な質問「ダメダメ質問」。 これまで、記者会見でどんな「ダメダメ質問」が飛び交ったのかまとめてみました。 1社につき1問の質問にイチローが答える形で会見は進行し、「(引退後は)監督はない。 人望ないから」「草野球を極める」などとイチロー節が飛び出しました。 しかし、1時間25分にもおよんだ中、いくつかのダメダメ質問も寄せられました。 日刊スポーツ記者が「シンプルな質問です。 現役選手を終えたら、監督になったり指導者になったり、あるいは全く違うタレントに……」と問いかけるとイチローは「あまりシンプルではないですね」とバッサリ。 また、朝日新聞が「今年に入って打席で感覚の違いを感じましたか?」と問うとイチローは「技術的な質問、今いるここで? 裏でやろう」と回答を拒否。 毎日新聞が他の記者と同じような内容ばかりを質問しはじめると、「おなか減ってきて集中力がなくなってきたので、同じ話をしたくないんですが」と呆れ顔を見せ、視聴者からは記者の質問のレベルが低すぎるとの声が噴出した会見となりました。 しかし、元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)との激闘を制した大阪に対して、質問は試合内容やテニスと関係のない内容ばかり。 「インスタグラムにたくさんの写真をあげていますが、どんな写真を誰とどんな場所で掲載したいですか」「大坂選手の中で大事にしている言葉や日本語はありますか。 その理由も教えてください」といった調子。 さらには、「日本人の間に生まれた人が日本人という古い価値観が残っている中、大坂さんのバックグラウンドが伝えられる中で、そういった価値観を変えようという動きが出てきていると思うのですが」という質問が出たことも。 大坂は戸惑った表情で、「これは質問? 自分のアイデンティティについて深く考えたことはないのですが、『私は私である』としか思っていないので、私が育てられてきた方法の通りです。 テニスに関しては、日本のスタイルらしくないと思っています」と回答しました。 この会見の後、大坂なおみが契約を結んでいるNIKEが、彼女を起用した動画「大坂なおみ - QUESTION/RETURN」を公開しました。 動画では、コートでプレーをする大坂のバックに、「賞金で買いたいものはあるか」「かつ丼は食べますか」「日本語で答えて下さい」といった過去の記者会見で投げかけられた質問が流れ、最後に大坂選手が人差し指を唇にあてるジェスチャーとともに「しー」と言い、質問を制止。

次の