取手競輪 バス。 取手競輪場は地元選手だけが知るコースがあった!的中率UPのための予想のコツを徹底紹介

取手競輪場は地元選手だけが知るコースがあった!的中率UPのための予想のコツを徹底紹介

取手競輪 バス

取手競輪場の特徴・バンクデータ 取手競輪場は400メートルのバンクを使用した競輪場で特徴の少ない競輪場です。 その競輪場での車券予想で勝つためにはどうすればよいのでしょうか。 特徴が少ないとは言っても0ではありません。 少なからず、取手競輪場の特徴や良くあるレース傾向があります。 こちらでは、車券予想に使える取手競輪場の特徴を紹介します。 取手競輪場のバンクの特徴 取手競輪場は1周400メートルのバンクを使用した競輪場です。 みなし直線距離が短いわけでもなく、カントがそれほどきついわけでもないので、クセがなく選手にとっては、とても走りやすいバンクと言われています。 そのため、脚質による有利、不利がなく、どのような戦法の選手でも戦えるので、実力勝負になるレースが多いです。 取手競輪場の立地は利根川のほとりにあるため、冬場になると「寒さが辛い」と選手からは言われています。 特にホーム側では向かい風でバンクが重く感じる選手も多くいます。 ただ、他の季節では風の影響は少ないので、冬場以外は非常に走りやすいバンクです。 競りは1 — 2コーナーでは意外とアウト側を走る選手のほうが有利ですが、バックストレッチまで縺れれば断然イン側の選手が有利となってきます。 ホーム側直線に地元選手が知る「秘密の伸びるコース」があり、後方からの強襲を決め波乱がおきやすい。 3コーナーでブロックを受け、外に振られると簡単に沈むが、4コーナーのイエローラインの外付近が伸びやすく、コースの選択が難しいバンクでもあります。 ゴール手前のインが少々重く、ゴール前失速する場面も見られるので注意が必要です。 下記に取手競輪場のバンクデータを記載するので参考にしてください。 見なし直線距離 54. 0m バック幅員 9. 0m センター幅員 7. 5m 取手競輪場の決まり手 次は取手競輪場の決まり手データを見ていきましょう。 1着決まり手 逃げ20% 捲り22% 差し57% 2着決まり手 逃げ14% 捲り13% 差し31% マーク41% 決まりてデータを見ていくと、「差し」が57%と高めの数値を取っています。 しかし、他の競輪場と比べるとこの数値はそれほど高いものではありません。 これらの数値を他の競輪場と比べてみると自力型選手の連絡みが多く、逃げ・捲り選手が若干有利な印象があります。 まくる場合はカマシまくりが決まりやすい。 2着にはマーク選手が入ることが多いですが、400mバンクにしては差し追い込みは届きにくい特徴もあります。 取手競輪場での開催レース 取手競輪場で開催される記念レースは特別競輪は、2001年に共同通信社杯競輪、2005年に東王座戦、2009年に共同通信社杯競輪秋本番、2017年に初めてのGI競走となる全日本選抜競輪をそれぞれ開催しました。 記念競輪 GIII の名称は「取手銀輪王座争奪戦」でしたが、2006年より「水戸黄門賞」の名称で開催されています。 これにちなんで、開催2日目のシード優秀競走は「助さん格さん賞」の名称で行われています。 近年は開催月が移動しているが、2014年からはかつての開催月だった6月に開催されています。 取手競輪場の地元選手 取手競輪場には競輪の中でもトップクラスのSS級選手の武田豊樹選手が所属しています。 かなりの実力の持ち主なので、出場するレースでは積極的に狙っていきたいですね。 取手競輪場には他にも実力を持った選手たちが所属しているので下記に紹介します。 取手競輪場は直線距離も一般的でカントもそれほどキツくもなくクセが少ない競輪場となっています。 しかし、それでも取手競輪場ならでは傾向があったりします。 こちらでは、それらの特徴を踏まえた予想のコツを紹介します。 平均的なバンク 取手競輪場は癖のない400メートルバンクです。 そのため、逃げたラインも捲りラインも有利不利はないと言えるでしょう。 逃げたラインの番手選手も力さえあれば交わせるバンクです。 捲りラインの番手選手はなかなか前の選手を交わすことができません。 取って競輪場はなんとも平均的なバンクで、3番手は逃げたラインでもかなり不利な傾向もあります。 捲りラインの3番手は勝負権利なしと思って良いでしょう。 さらに単騎の自力がない選手もかなり不利で、競りも決まりにくく、外が競りやすい分、飛びつきも不利なバンクです。 逃げが厳しい傾向もある 取って競輪場では1コーナーと4コーナーの緩和曲線はきつく直線部分が長く取られています。 また、最後の直線の長さは400mバンクの中では若干長いため、捲りや追い込みが決まりやすい特徴もあります。 更にバック側での捲りではスピード低下が無く好都合です。 そのため、逃げ切るのは他の400mバンクに比べ少々厳しいという事も覚えておく必要があります。 地元選手が有利? 特徴でもお話しましたが、取手競輪場には地元選手が知る「秘密の伸びるコース」が存在します。 これはホーム側直線にあるコースで、後方から強襲を決めて波乱を起こす事があります。 そして、このコースの存在を「地元選手」のほとんどが知っています。 取手競輪場の特徴をしっかりと理解した選手であれば、実力不足だったとしても知識で補う事ができるので、勝率も上がっていくのかと考えられます。 車券の選手選びで迷ったのであれば、地元選手を車券に組み込むのも一つのコツと言えるでしょう。 取手競輪場の歴史や施設などの基本情報の紹介 上記では取手競輪場の予想のコツを紹介しました。 「秘密の伸びるコース」の存在もあるので、地元選手を狙っていくのが鉄板かもしれませんね。 こちらでは、そんな取手競輪場の施設や歴史、マスコットキャラクターについて紹介します。 取手競輪場の概要&歴史 取手競輪場はかつては取手競馬場として競馬の開催を行っていました。 昭和20年代の競輪ブームで競馬の開催が不調になったため、競輪場に変更したものであり、1950年2月25日に開設された旧競馬場のコースは現在の駐車場で痕跡が残っています。 また、取手競輪場では競輪のレースを楽しんでもらうだけでなく、「サイクルアートプロジェクト」というプロジェクトを実施しています。 これは、競輪を芸術とコラボさせ、「芸術を身近に感じられる競輪場」を作り上げ、従来のレースを楽しむ競輪ファンだけでなく、若者や女性そうなの幅広い人々の来場を促すために行っています。 取手競輪場の入場料 取手競輪場の入場料は基本無料です。 指定席は階によっても値段が変わるので、利用の際はご確認ください。 一般入場料無料 第1特別観覧席(第3コーナー側) 3階指定席(57席) 1,500円(場外時500円) 2階指定席(96席) 1,000円(場外時300円) メインスタンド特別観覧席 3階指定席(448席、うち車イス席4席) 500円(場外時無料) 取手競輪場のマスコットキャラクター 取手競輪場には、2007年からは「砦の森のバンク」という新しいマスコットキャラクターが登場しています。 それ以前のマスコットキャラクターは「りんたろう」というキャラクターと、弟の「銀りんたろう」とそれぞれの孫や家族が登場しました。 下記に取手競輪場のマスコットキャラクターたちを紹介します。 ・カント(りんたろうのライバルだったヨーロッパチャンピオン「マーク」の孫) ・ボス(カントの兄弟子) ・タンク(「銀りんたろう」の孫) ・チューブ ・やまおろし ・バンク(「りんたろう」の孫) ・チェーン ・ジャン(女の子。 カントとジャンの2人の間で揺れる) ・ケン 取手競輪場のアクセス 取手競輪場へのアクセス方法を紹介します。

次の

取手競輪場(取手市

取手競輪 バス

取手競輪場は、茨城県により旧競馬場を改修し昭和25年に開設されました。 取手市では昭和32年より年1回の開催を行っております。 取手競輪場では、武田豊樹選手(ソルトレイクオリンピック・スピードスケート500m8位入賞)をはじめとする、多くの有力選手がホームバンクとして、練習に励んでいます。 過去には、アテネオリンピック銀メダリスト・長塚智広選手、アトランタオリンピック銅メダリスト・十文字貴信選手が所属していました。 またアマチュア競技や高校総体の自転車競技が実施され、2019年には、いきいき茨城夢国体(トラック・レース)の会場として使用され、茨城県選手が活躍しました。 毎年競輪場を開放して自転車とアートのコラボレーションイベント「サイクルアートフェスティバル」も行われ多くの入場者でにぎわっています。 施設情報 住所 取手市白山6-2-8 電話番号 0297-74-1111 ホームページ アクセス 電車・バスでお越しのかた JR・関東鉄道「取手駅」から徒歩10分 JR・関東鉄道「取手駅」ならびに、つくばエクスプレス・関東鉄道「守谷駅」より無料送迎バスを運行いたしております。 ぜひご利用ください。 (注意)交通状況により遅れ、延着などがございます。 あらかじめご了承ください。 自動車でお越しのかた 常磐自動車道「谷和原IC」から国道294号を取手方面へ約10Km 自家用車用駐車場1,300台分をご用意しております。

次の

自転車競技事務所/茨城県

取手競輪 バス

取手競輪場は、茨城県により旧競馬場を改修し昭和25年に開設されました。 取手市では昭和32年より年1回の開催を行っております。 取手競輪場では、武田豊樹選手(ソルトレイクオリンピック・スピードスケート500m8位入賞)をはじめとする、多くの有力選手がホームバンクとして、練習に励んでいます。 過去には、アテネオリンピック銀メダリスト・長塚智広選手、アトランタオリンピック銅メダリスト・十文字貴信選手が所属していました。 またアマチュア競技や高校総体の自転車競技が実施され、2019年には、いきいき茨城夢国体(トラック・レース)の会場として使用され、茨城県選手が活躍しました。 毎年競輪場を開放して自転車とアートのコラボレーションイベント「サイクルアートフェスティバル」も行われ多くの入場者でにぎわっています。 施設情報 住所 取手市白山6-2-8 電話番号 0297-74-1111 ホームページ アクセス 電車・バスでお越しのかた JR・関東鉄道「取手駅」から徒歩10分 JR・関東鉄道「取手駅」ならびに、つくばエクスプレス・関東鉄道「守谷駅」より無料送迎バスを運行いたしております。 ぜひご利用ください。 (注意)交通状況により遅れ、延着などがございます。 あらかじめご了承ください。 自動車でお越しのかた 常磐自動車道「谷和原IC」から国道294号を取手方面へ約10Km 自家用車用駐車場1,300台分をご用意しております。

次の