ロマンティック ア セクシャル。 アロマンティック・アセクシャルなのかもしれない。Aセクシュアルの方、ど...

アロマンティック・アセクシャル|25歳自称Aセク|note

ロマンティック ア セクシャル

記事の目次• アセクシャルとは何か アセクシュアルとは、恋愛感情が全くなく、性的な欲求もない人のことです。 見た目はごく普通の人であり、女性にも男性にもいます。 性格も、優しい人も多く存在しています。 恋愛することが一切ない人 アセクシャルは、全く恋愛をしない人のことを言います。 日本では、「無性愛者」と呼ばれることもあります。 ある調査によると、世界のおよそ1~2パーセント程度の方が、このアセクシャルであるとも言われています。 誰かを恋愛対象としてみることができないのはもちろん、性的な関係を求めることもありません。 もちろん、見た目はご普通の方と同じなので、全くそれが分かりません。 容姿を見ても、普通の方もいますし普通よりもかなり上の方もいます。 また、若い方に増えていると聞くこともあります。 恋愛対象として誰かを見ることが難しいと言うと、なんだか冷たい人のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 恋愛感情や性的欲求がないだけで、後は一般的な人と同じです。 思いやりがある人、優しい人もたくさんいます。 アセクシュアルの診断セルフチェック10項目 恋愛に興味がないと思っている人の中には、単にまだ理想の人に出会ってないだけの人もいます。 また、恋愛よりももっと興味がある事があるため、そちらに注目しているだけの人もいます。 ここでは、アセクシュアルの診断セルフチェックについて紹介します。 異性に対する恋愛感情が湧かない 好きなものや好きだなと人はたくさん想像できるかと思いますが、恋愛感情だけは別物です。 心の中は、いつもその人で埋め尽くされてしまいます。 アセクシュアルの場合、誰かを思い胸がキュッとなるようなことがありません。 誰かと特別な関係になりたい、誰かの特別な人になりたいなどの欲求もなし。 誰かを思い、会いたくて会いたくて辛く感じるようなこともありません。 異性に憧れることもありません。 友人の恋愛話に興味がない ある程度の年齢になると、いわゆる「コイバナ」に花を咲かせることが多いものですが、そういった内容の話に全く興味がありません。 コイバナで盛り上がっている友達を目のまえにして、何がそんなに楽しいのか全く理解できません。 好きな人から好きになってもらうために、メイクやヘアスタイルを工夫して綺麗だと思ってほしいなどの気持ちも理解できません。 どうしてそんなに、恋愛の憧れるのか理解することも難しく感じます。 他人に対して性的な興味が芽生えない 魅力的な人を目に前にした時に、キスやハグ、セックスなどをしたいと思ったことが全くありません。 また、好きな人と、肉体関係を結びたいとも思いません。 しかしながら、性的な欲求がなくても、一つの貴重な体験として自分で実際に経験してみたいといった興味を持つ人はいます。 恋愛ドラマや映画に共感できない ロマンチックな場面や、甘く切ないストーリーに涙している仲間を横目に、なぜそんなに感動しているのか全く分かりません。 何が面白いのかさっぱり分からない。 好きな人のために、自分を犠牲して助けたいとか、好きな人の幸せのために、自分が身を引くといった行動のどこに感動するのかさっぱり理解できません。 恋愛ドラマやや映画よりも、他のジャンルのドラマや映画の方が楽しいと思います。 恋愛感情を説明されても理解できない 恋愛感情を上手く説明するのは、誰が話すとしてもなかなか難しいことです。 これは、実際に自分が経験して初めて分かるようになるものです。 しかし、なんとなくならイメージすることができるもの。 ところが、誰かに恋愛感情についての説明をされても、全く理解できません。 四六時中、頭の中に好きな人が存在し、その人をいつも意識してしまうといったことも分からない。 好きな人が他の人と仲良くしているところを見ると、悲しくなったり嫉妬したりするといったことも理解することができません。 LGBTの恋愛観にも違和感がある 恋愛の形は様々です、最近は、LGBTの方が自身のそれについて告白することも多くなってきたように感じます。 アセクシュアルの場合、こういった恋愛観についても違和感があります。 過去に性的なトラウマはない かつて、性的なことで嫌なことを体験したことがある人は、恋愛に対して否定的になったり距離を置きたがったりすることがあります。 また、異性に対して怖いと感じる場合もあります。 しかし、生まれてからこれまで、そういったトラウマになるような経験がありません。 異性に対する恐怖も感じません。 それでも、特別恋愛に憧れるようなことがありません。 恋人がいなくてもつらく感じることはない 恋人がいなくても、全くつらいと感じることがありません。 また、寂しいとか誰でも良いから恋人がほしいといった焦りも感じません。 家族への愛情は理解できる 恋愛感情が今一つ分からなくても、家族への愛情を理解することができます。 自分にとって家族の存在が特別なものであり、大切なものであることをよく理解しています。 恋愛恐怖症と聞かれて違和感があった 恋愛に興味がない人や、恋愛したいと思わない人がいる場合、恋愛に対して嫌な思い出があったり不愉快な経験があったりするのではないかとおもわれることもあります。 その為、中には恋愛恐怖症なのかと聞いてくるような人がいます。 恋愛恐怖症とは、恋愛に興味がないわけではなく、何かしらの理由があって恋愛することに恐怖を感じている状態です。 しかし、質問されても恋愛が怖いと思っているわけではありませんので、答えはノーになります。 恋愛が、怖いとも嬉しい楽しいとも思わないのです。 アセクシャルが快適に過ごす方法 信頼できる相手なら性的マイノリティへの理解を促す 本当は色々なタイプや価値観があって良いはずなのに、どうしても多数決で多い方が常識とされやすい傾向があります。 アセクシャルは、わずか2パーセント程度しかいない為、人に理解されるのがなかなか難しいようです。 しかしながら、最近は様々な性的マイノリティがあることを多くの人が知り始めているので、必ず理解してくれる人がいるはずです。 あなたに、もし心から信頼できるような人がいるのであれば、打ち明けてみても良いかもしれません。 相談が難しい相手なら恋愛話は適当に受け流す 中には、自分の意見や価値観以外の全てを受け入れたり、ありのまま受け入れたりすることができない人もいます。 そして、上からご指導してくることもあります。 相手がこういったタイプであることを知っているのであれば、無理して告白する必要はありません。 話が面倒くさくなるだけだからです。 性的マイノリティについての相談が難しい相手なら、恋愛話は適当に受け流すのが一番です。 肯定も否定もしないで、「そうなんですね」と言って、さらりと流してしまいましょう。 まとめ アセクシュアルは、およそ2パーセントいると言われています。 性的マイノリティについて理解できる人ばかりではありませんので、相手を見てから告白したり相談したりするようにするのがオススメです。 アセクシュアルの特徴は、恋愛感情が理解できなかったり、全く興味がなかったりすること。 性的な欲求もありません。 過去に、恋愛野性的なことで不快なことがあったわけではないのに、恋愛に興味がないのです。 もちろん、恋愛恐怖症でもありません。

次の

アロマンティックセクシャル

ロマンティック ア セクシャル

もくじ• 誰に対しても恋愛感情を抱かない恋愛的指向のこと、アロマンティック。 さてみなさん、この世は愛であふれています。 話題の新曲も、大ヒットしたドラマも、中高生のおしゃべりの内容も、惚れた腫れたの恋バナです。 結婚や愛するパートナーさんがいることを絶賛しているのが現代社会という魔窟。 そんなご時世に誰に対しても全く恋愛感情を抱かない人の生きづらさといったらありません。 人でなしのごとく非難されます。 「あなたは本当に愛せる人と出会っていないだけ」「もしかしてご家族から虐待を受けて愛する心を失ってしまったの…?」「人を愛することができないなんて、人として未熟なんだね」あらあらまぁまぁ、酷い言われようです。 今回のしのごのでは、ご自身がアロマンティックでも、大切なあの人がアロマンティックでもそのアイデンティティを尊重して接するために正しい知識を身につけましょう。 エイロマンティック(Aromantic):誰に対しても恋愛感情をいだかないこと。 アロマンティックと表記されることもある。 対義語はロマンティック(romantic)。 (引用元:ウィキペディア|) よく聞く「アセクシュアル」「アセクシャル」「Aセク」と、「アロマンティック」「Aロマ」の違いは、性行為をしたい気持ちの有無なのか、恋愛感情の有無なのかという違いです。 アセクシュアルにしろ、アロマンティックにしろ、これらの言葉は全て人の特性を表現するためのラベリングワードです。 自分とはどういう人なのか、というアイデンティティを表す属性はたくさんあります。 国籍、性別、職業、性的指向、恋愛感情、家族など。 人の命をいただく際に、自分の身元をしっかり名乗って戦うのが礼儀とされていたのですね。 それほど大切な出自、身元、自分とは?というアイデンティティのうち、性欲のなさを表現した言葉が「アセクシュアル」です。 アセクシャル、Aセクも同じ意味です。 アロマンティックは、誰かに対して恋愛的な感情を抱かないこと。 ロマンティックは、誰かに対して恋愛的な感情を抱くこと。 一方で、 アセクシュアルは、誰かに対して性的接触をしたいという気持ちがない、もしくはほぼないこと。 おもしろいことに、 アセクシュアルの対義語ってないんですね。 食欲・性欲・睡眠欲が人間の3大欲求とされているくらい、誰かに対する性的欲求は当たり前のこととされています。 だからこそ、「誰かに対して性的接触をしたい人」を表す特別な言葉は存在しない。 これから新しい言葉が生まれるかもしれません。 時代の変化が楽しみです。 アロマンティックさんはとってもマイノリティ。 なかなか周囲の人から理解してもらえないし、「あるある!」を共感しあえる相手と出会うのが難しい。 そんなアロマンティックさんならではの悩みはどんなものがあるのか調べてみました。 生きている人間のアイドルは愛せたり、ゲームやアニメのキャラクターを推す(ひいきにして特別に愛すること)ことはできる…なのに現実で出会う人と恋に落ちることがない!いやいや推しを全力で愛してるし課金もしてるから実質的に彼・彼女を支えてるのはわたし!…とは言っても人としてこれでいいのか疑問に思って、たまに合コンに出かけてみたり、好意を寄せてくれた人との可能性を考えてみたり。 こんな悩みのループに陥っているアロマンティックさんの多いこと、多いこと。 そんな不安や悩みを、アイデンティティのカテゴライズでスッキリ整理できるならそれでいいと思います。 例えば、あなたはロマンティックでそのアイドルやキャラクターを愛しています。 だから他の人に目移りしないんです。 もしくは、あなたはアロマンティックだから恋愛感情を持って人と接するタイプではないのです。 アイドルやキャラクターは「推し」ですが、身近な人と友情や親愛の情は築けても、恋愛感情は不要なのです。 このようにあなたの状況に一番適した言葉を見つけて使ってあげたら生まれた言葉も本望です。 大切なのはあなたが日々健やかに生きていくこと。 「なーんだ。 アロマンティックだから人を好きにならなかったんだ〜」と肩の力が抜けたらいいですね。 好みのタイプの人と性的接触を持ちたい。 でも恋愛感情はない!…これってセックス依存症?それともただのダメ人間!?…そんな切実なハラハラを抱えているのがアロマンティックでセクシュアルな欲求がある人たち。 これは悩みますよね。 まず自分の状態を正確に認識できるまでに時間がかかるでしょう。 そして自覚してからさらに悩むはずです。 セックスだけしたいなんて良くないことなのでは…と。 大丈夫、人を愛することがない自分について悩むのは誠実な証拠です。 相手のことを思いやっているからこそ。 そして同じくらいきちんと自分と向き合っている姿勢が素晴らしいです。 ようやく社会が人の多様性に追いついてきました。 恋愛感情を持たないアロマンティックさんたちが、性欲はあることもあるとわかってきたのです。 それは一人で行う自慰行為かもしれないし、人と交わるセックスかもしれません。 どちらにせよ、 アロマンティックで性欲があることはありえます。 心の動きと体の働きは別なのですから。 「そっか〜、自分はアロマンティック・性欲ありタイプなんだ〜。 性欲ありってなんだよ〜カッコいい言葉つけておいてよ〜」と笑ってやってください。 ただし、セックスしないと不安で仕方ないなどの自覚症状がある場合はどこか体の働きがうまく行っていない可能性があるので医師による診察をお勧めします。 ご自身に恋愛感情のないアロマンティックさんといえども、人から好かれるのは制御しきれません。 そして、人から好かれてしまったときの自分の心の動きにも戸惑うことが多いのがアロマンティックさんなのです。 人から好かれてうれしい場合 「自分はアロマンティックなのに、好きって言ってもらえるとうれしい。 これって本当はアロマンティックじゃないってこと?」 ご心配なく。 あなたは立派なアロマンティックです。 あなた自身に恋愛感情がわかないことと、人から好意を寄せていただいて嬉しく思う気持ちは全く別です。 だからこそあなたはうれしくても恋愛感情がわかないのです。 うれしいだけ。 ケーキをプレゼントしてもらってもうれしいですよね?そしてケーキをもらったからと言って恋愛感情はわきませんね?それと同じことです。 人から好かれて気持ち悪い場合 「自分はアロマンティックだから、好きって言ってもらえると気持ち悪く感じる…。 これって冷たい人間なのかな…」 いえいえ、好きでもない人から好かれたら気持ち悪く思うものです。 もっといえば、相手の恋愛感情を理解できないアロマンティックさんにとって、未知の欲求を「好き」という言葉でぶつけられたのですから無理もありません。 性というものがわからない子どものころに、成人した男性または女性が性的興奮をしながら迫られたら誰しも気持ち感じて当然。 それと同じことです。 アロマンティックとして恋愛感情のないタイプだと自覚してスッキリ…と思いきや、次にやってくるのは 「どうして?」という疑問です。 自分自身でも疑問に思うでしょうし、人からも聞かれるでしょう。 好意を寄せてくれる人から 「どうして恋愛感情が持てないの?過去に何かあったの?わたしだからダメなの?」、と。 もしくは親から 「どうして人を愛することができないの?育て方を間違えたの?」…大切な人から刺さるような疑問をぶつけられたらとても苦しいですね。 少なくとも2019年において、アロマンティックは「病気」ではありませんし、「症状」でもありません。 人としての「特徴」です。 恋愛の傾向という意味ではLGBTと並ぶところがあります。 レズビアンさんやゲイさんたちが病院でお医者さんに診断されて「あなたはレズビアンです」という名前をもらわないように、 アロマンティックさんも誰かの診断は不要です。 あくまで恋愛感情についてのアイデンティティの問題なので、自分が自分らしく生きるために堂々としていてください。 そして、原因についてご自身でルーツを探すのはもっともですが、もしアロマンティックさんと出会ったときに 「原因は?」「どうして?」「治らないの?」といった異常なもの扱いは控えましょう。 単純に失礼です。 原因はあったりなかったりします。 デリケートな内容になる可能性もあります。 アロマンティックさんとしての診断は不要ですし、原因よりも今アロマンティックとして幸せに生きていることを尊重しましょう。 だんだんとアロマンティックさんへの理解が深まってきました。 誰にも恋愛感情を持たないアロマンティックさんがいる、そうわかってもらえただけでうれしいです。 人間性の欠如でもなく、病気でもない、原因なんて追求するものではない、単に恋愛感情を持たないアロマンティックさんたち。 そんなアロマンティックさんとどう接して行けばいいのでしょうか?ご自身がアロマンティックさんだった場合と大切な人がアロマンティックさんだった場合に分けてお伝えします。 恋愛脳のマジョリティの中で、恋愛感情がないことについて生きづらいことが多かったことでしょう。 恋愛感情がわかないことについてご自身を責めたり疑ったりすることもあったでしょう。 しかし あなたは恋愛感情がないという個性を持ったひとりの人です。 生きとし生ける全ての人が尊い命であるように、あなたもまたかけがえのない人。 もっと冷静なあなたにはこう言いましょう。 「恋愛感情がないだけのただの人です。 特別なことは何もありません」と。 マイノリティの生きづらさを助長しているのが、自他ともにある特別意識です。 あなたがアロマンティックであることは、それだけではなんのドラマチックな出来事ではありません。 他の数あるアイデンティティと同じくひとつの個性です。 ひとりの人として、あなたは他の人と同じように素晴らしい。 しかし アロマンティックであることは特別なことではない。 あなたの人間性や人生の目標や幸せを脅かす特性ではないのです。 あなたらしさはアロマンティック属性だけではないはず。 そんな視点でシャンと前を向いて生きていってください。 さあ困りましたね。 この場合あなたはおそらく恋愛感情を持っているロマンティックさんで、大切な相手がアロマンティックさんなのでしょう。 理解ができないのです。 理解しあえないことがこの世にはあるという現実を突きつけられました。 そのアロマンティックさんがご家族やお友達の場合、その方のアロマンティックっぷりも含めて敬意を持って接してください。 幸せの形は恋愛成就だけではありません。 そのアロマンティックさんは恋愛感情を必要としないのです。 アロマンティックは病気ではありません。 個性です。 これまで通り、友達として、家族として接してください。 …もしもあなたがそのアロマンティックさんに恋をしている場合。 ゲイさんに恋してしまった女性も、レズビアンさんに恋してしまった男性も同じです。 相手のセクシュアリティを尊重しましょう。 絶対にしてはいけないのは、相手のセクシュアリティを否定すること。 自分に恋をしてくれない宣言をしていることに傷ついてしまって当然です。 それは単なるミスマッチです。 あなたもアロマンティックさんも相変わらず人として素晴らしいままですからご安心ください。 アロマンティックはその人口から見るととてもマイノリティで共感されにくい特徴です。 によると、アロマンティック・アセクシュアルである確率は 0. ただ、アロマンティックであることは異常なことでも特別なことでもありません。 数ある個性のうちのひとつです。 セクシュアリティのアイデンティティに重きを置かず、人生全体の楽しみやよろこびに目を向けていってください。 もしもアロマンティックさん仲間を探したい場合はコミュニティがあるので覗いてみてください。 あなたが一人ではないと実感するでしょう。 【参考リンク】 アロマンティックが集うコミュニティ ・(日本語サイト) Aceとは『性的対象がいないアセクシャル』、『恋愛対象がいないアロマンティック』の総称で、Aceを知る、広める、つながるをテーマにしたコミュニティ情報交換サイトです。 ・(英語サイト) 「無性愛の認知と教育ネットワーク」。 アセクシュアルに関する情報が記載され、登録ユーザーは80,000人にいます。 それでは今回の「しのごのうるさい笑」はここまで。 次回もお楽しみに。

次の

アロマンティック・アセクシャル|25歳自称Aセク|note

ロマンティック ア セクシャル

概要 [ ] 無性愛は、性欲自体がないや、性的行為に嫌悪感を抱く、 ()とは異なる。 またや(禁欲)も、意識的な行動であり、一般に個人の信条や宗教的信念などの要因に動機づけられる点で、無性愛とは異なる。 無性愛は、、、に並ぶ性質であると言われている。 また、より幅広い領域にわたる、様々な無性愛的なアイデンティティ(グレーアセクシュアル)を分類するための包括的用語としても用いうる。 性的指向や科学研究の分野としての無性愛の受容はまだ比較的新しく 、社会学・心理学的知見からの研究の蓄積は始まったばかりである。 無性愛は性的指向であると主張する研究者もいれば、これに同意しない研究者もいる。 との出現以来、様々な無性愛者のコミュニティが形成され始めている。 これらのコミュニティの中で最も充実し、かつよく知られているのは、2001年に ()によって設立されたAsexual Visibility and Education Network( AVEN; 無性愛認知教育ネットワーク)である。 他の性的指向に比べるとメディアでの紹介や法的保護の動きは遅れているが、英語圏では徐々に性的アイデンティティとしての地位を獲得しつつある。 日本でも2000年代初頭からコミュニティ形成の動きが進んでいる 一方で、研究やメディアへの露出は英語圏ほど活発にはなっていない。 定義 [ ] 「」も参照 本節では英語圏の文脈での定義について説明する。 日本独自の用語等については「」を参照。 無性愛であると自認する人々にはたくさんの種類がいるため、無性愛は幅広い定義を包摂しうる。 研究者は一般的に無性愛を「 性的な惹かれや性的関心の欠如」と定義するが 、無性愛者らの定義は様々である。 「性的な欲求が少ないか、もしくはない人」、「性的な行為が少ないか、もしくはしない人」、「恋愛的な関係・性愛的でない関係のみを持つ人」、または「性的な欲求および行為の両方がない人」を示す用語として無性愛は用いられることがある。 また、無性愛であるという自認(帰属意識)も定義上の要素となりうる。 AVENでは無性愛者を「 性的な惹かれを経験しない人」として定義し、次のように述べる。 我々の皆が、無性愛であると気付いた時から無性愛という用語やコミュニティを必ずしも知っていたわけではないが、ほとんどの無性愛者は生涯にわたって無性愛である。 (…)一方、無性愛者のコミュニティにも少数ながら、自らのセクシュアリティを探究したり疑問を抱く中で、束の間だけ無性愛と自認する人もいる。 (…)無性愛識別基準 によって研究を補助する学術的試みはなされているが、その人が無性愛であるかどうかを定義するための検査は存在しない。 無性愛は他のあらゆる性自認と同様に、本質的には、人々が自分自身を理解し、その一面を他人に伝える上での一助として用いる言葉にすぎない。 その人が自己表現のうえで無性愛という言葉を有用と思えば、確かに無性愛者と自認してもよいだろうし、あとで無性愛者でないことを示すようなことがらを経験したなら、それでもまた構わない。 無性愛の人々は、いかなるジェンダーの人々にも性的に惹かれないが、になる場合もあるし、ならないこともある。 無性愛を自認する人で、性的な魅力は感じるが、性的あるいは恋愛的行為(抱きしめる、手を握るなど)を心からは望んでいない、または必要とはしていないために、行動に移す気がないと述べる人もいる。 一方では抱きしめたり、他の恋愛的な身体行為を行う無性愛者もいるし 、好奇心から性的な行為を試みる者もいる。 一人での処理の形として行為をする者もあれば、その必要がないと感じる者もいる。 特に性的な行為に関しては、自慰行為の必要性または欲求は、無性愛者からは一般に性衝動(sex drive)と呼ばれ、性的な惹かれや性的なものとは切り離して考えられる。 自慰行為をしている無性愛者は一般的に、それが人体の正常な営みであり、潜在的なセクシュアリティを持つしるしではないと考え、快感を覚えないこともある。 無性愛者の男性にはを経験しない人もおり、そうした人にとっては試しに挿入するといった性的な行為は不可能である。 無性愛者は、性行為を行うことに対する感情についても様々である。 無関心で、恋愛パートナーのためにセックスをする人もいれば、一般に人がセックスをすることを嫌うわけではないが、性行為をすることには強い嫌悪感を抱く人もいる。 無性愛者と自認する多くの人は、自らを他の性的アイデンティティにも属していると考える。 例えば、性的指向や性的アイデンティティの恋愛的・感情的側面に関しては、無性愛者は、、、、と自認することがある。 あるいは性的指向の性的でない、恋愛的な側面と関係があることを示すために、以下のような用語で自らを定義することもある。 アロマンティック(aromantic) - 恋愛的に他人に惹かれない• バイロマンティック(biromantic) - 恋愛的に両性に惹かれる(が、性的な魅力を感じない)• ヘテロロマンティック(heteroromantic) - 恋愛的に異性に惹かれる• ホモロマンティック(homoromantic) - 恋愛的に同性に惹かれる• パンロマンティック(panromantic) - 恋愛的にあらゆる性に惹かれる アロマンティックと非アロマンティックの間、または無性愛とそうでない状態との間(アロマンティック・スペクトラム)にいると感じるため、 グレーA(グレーロマンティック、デミロマンス、デミセクシュアルまたはセミセクシュアルなど)を自認することもありうる。 グレーAという用語が、「場合によって恋愛的な魅力や性的な魅力を感じる人」全てを指すのに対して、デミセクシュアルやセミセクシュアルは、性的な惹かれを2次的な要素として経験する、すなわち、「ある程度安定的な、あるいは強い感情的なつながりを生じて初めて性的な惹かれを感じる人」のことを言う。 コミュニティとシンボル [ ] 無性愛コミュニティのメンバーは、帰属を表すために右手中指に黒い指輪をつけることもある。 コミュニティ [ ] 無性愛者のコミュニティに関する学術研究は今のところ不足している。 海外の研究者及び当事者の間では、無性愛者は「エース(ace)」、そのコミュニティは「エースコミュニティ」と呼ばれることもある。 1990年代にはインターネット上に性的欲求がほとんどまたは全くない人々のための私的なサイトがいくつかあった が、学者の述べるところでは、の普及を追い風に、初頭に無性愛を自認する人々のコミュニティが合体したという。 「Leather Spinsters」のなどのグループは、文化の圧力に対して無性愛的な生き方を擁護し、ジェラディン・ヴァン・ヴィルステレンはで「Nonlibidoism Society」を創設し、は無性愛者に「Haven for the Human Amoeba」というコミュニティを提供した。 AVENは、2001年にアメリカの無性愛活動家デビッド・ジェイによって設立された組織で、無性愛者の問題に焦点を当てている。 その目標は、「無性愛の周知と議論の創出、および無性愛コミュニティの形成の促進」である。 また、日本では「asexual. jp」などのコミュニティが活動している()。 2014年の、AVENは ()との提携の下、で2度目となる無性愛者の国際会議を主宰した。 1度目は、2012年のにおけるワールドプライドで開催されている。 2回目のこのイベントには約250人が参加したが、これは今日に至るまで最大の無性愛者の集いである。 会議では、無性愛に関する研究や無性愛者の人間関係、様々なアイデンティティとの交わりなどの話題に関するプレゼンテーションやディスカッション、ワークショップなどが行われた。 シンボル [ ] 「」も参照 2009年、AVENのメンバーらが初めてアメリカでのに参加し、サンフランシスコでのプライド・パレードで行進した。 2010年8月、 無性愛者の旗を作ること、およびそのためのシステムの立ち上げ方についての議論が交わされたのち、できる限りの無性愛者コミュニティと連絡を取りあった末に、参加団体から1本の旗を無性愛者の ()とする旨が宣言された。 最終的に決まった旗は有力な候補の1つで、元々はAVEN以外のオンライン掲示板で使われていたものであった。 最終投票は、旗を作る運動の本丸であったAVENからは独立した調査システムの下で行われた。 旗の色を使ったグッズも作られ、セクシュアリティに関する記事の中でも取り上げられた。 研究 [ ] 無性愛のモデル化と人口 [ ] 性的指向の程度を示すキンゼイ指標。 元のスケールでは性的な行為の欠如を示す「X」が含まれている。 無性愛は人間のセクシュアリティの新しい形態ではないが、公の議論に表れたのは比較的最近のことである。 は、異性愛者から同性愛者への性的指向について、0から6の段階で評価した()が、「社会的な性的接触や反応がない」人々について「X」という分類も設けた。 現代では、これは無性愛を表すものと分類されている。 キンゼイは成人男性の1. ただし学者のジャスティン・J・レーミラーは、「キンゼイのXの分類は性的な行為の欠如を強調していたが、現代の無性愛の定義は性的な惹かれの欠如に重きを置いている。 とすれば、キンゼイ指標は無性愛の正確な分類には不十分かもしれない」 と述べている。 1979年、1980年に掲載された2つの論文では、カンザス大学のミシェル・D・ストームズがキンゼイ指標の再モデル化について概説している。 キンゼイは実際の性的な行為と性的妄想(sexual fantasizing)や性欲(ertoicism)に基づいて性的指向を測定したが、ストームズは妄想や性欲のみを使用し、また単一スケールの2つの端ではなく2軸上に異性愛と同性愛を置いた。 これは、両性愛(異性・同性両方への性欲を異性愛者・同性愛者と同程度に示す)と無性愛(異性への性欲を同性愛者程度に、同性に対する性欲を異性愛者程度に示す、つまり性欲がほとんどない人)の区別を可能にする。 このタイプのスケールは初めて無性愛を説明したものであった。 ストームズは、「キンゼイのモデルでは無性愛と両性愛両方が性的パートナーについてのジェンダー選好の欠如によって定義されていたので、このモデルに従う多くの研究者が、無性愛の被験者を誤って両性愛者に分類する可能性がある」と懸念した。 ポーラ・ヌリウスによる1983年の調査では、妄想と性欲の2次元スケールを用いて性的指向を測定した。 回答者には結果に基づいて、異性愛・同性愛について0〜100のスコアが与えられ、両者とも10点未満の得点を挙げた者は「無性愛」と分類された。 調査では無性愛者が、複数のパートナーとの交際、肛門性交、様々な場所での性的接触、自己性愛的活動などの様々な性的な行為の頻度がはるかに低く、その欲求が起こる頻度も低いという結果を示した。 無性愛者のに関するより経験的なデータが1994年に発表されている。 これは英国の研究チームが英国人18,876人を対象に行った包括的な調査で、流行に伴って性に関する情報収集の必要に駆られたものであった。 この調査には性的な惹かれに関する質問が含まれており、1. この現象についての研究は、のセクシュアリティ研究者アンソニー・ボガートによって引き継がれ、彼は2004年に一連の研究で無性愛者の統計的人口を調査した。 性的経験が少ない人はセクシュアリティに関する研究への参加を拒否する可能性が高く、無性愛者は性愛者よりも性的な経験が少ない傾向にあるため、回答した参加者には反映されていない可能性が高いからである。 同じ調査によると、同性愛者と両性愛者の人数の合計は、人口の約1. この割合は、10年前の同じ年齢層で収集されたNatsal-1のデータから決定された0. ボガートによる2015年の分析でも、Natsal-1とNatsal-2のデータの間に同様の低下が指摘された。 アイケン、マーサー、キャッセルは、いくつかの証拠から、性的魅力を感じたことのない回答者に民族的差異があることを見出だした。 とに出自がある男性と女性の両方が、性的な惹かれがないと報告する傾向が強かった。 また、の被験者のほうがキリスト教徒よりも高い割合で、いかなる形でも性的に惹かれを経験したことがないと答えている。 信仰の有無と無性愛との間には何らはっきりとした統計的相関は見つかっておらず、無性愛は信仰を持つ人・持たない人のいずれにも同じように見られる。 にもかかわらず、無性愛は禁欲を誓う聖職者の間にはよく見られる。 これは、無性愛でない人々のほうが禁欲の誓いを守れない可能性が高いからである。 性的指向・HSDDとの関係 [ ] 無性愛が性的指向であるかどうかについてはかなりの議論がある。 どちらも性的欲求の全般的な欠如を意味するという点において、無性愛は性的欲求低下障害(HSDD)と比較され、同一であると考えられている。 HSDDは無性愛をするために使用されてきたが、無性愛はその人が医療上の問題や他者と社会的に結びつく問題を抱えていると定義するものでは必ずしもないため、障害または性機能不全(やなど)とは一般的にみなされていない。 HSDDの人々とは違って、無性愛者は通常、自分の性的な感情やのないことについて、「感情的苦痛」や「対人的な困難」を経験していない。 無性愛は、永続的特性としての性的な惹かれの欠如または不在とみなされる。 ある研究では、HSDD被験者と比較して、無性愛者は性的欲求、性的経験、性に関連する苦痛および抑鬱症状が低レベルだったことが明らかになった。 研究者リチャーズとバーカーは、無性愛者は、、またはの割合が不相応であると報告している。 しかし、無性欲的な状態が前述の障害のいずれかによって説明できる場合でも、無性愛であると自認している人もいる。 無性愛がHSDDであるという見解については、無性愛者のコミュニティ内で議論を呼んでいる。 無性愛を自認する人はふつう、性的指向として認識されることを好む。 通常の性衝動があると報告しながらも自慰行為のできない無性愛者もいることから、「無性愛は性的指向である」と様々な学者が述べており、また多様ながある中に無性愛も含めるべきだと主張している。 彼ら研究者や多くの無性愛者は、性的な惹かれの欠如は性的指向に分類するには十分妥当であると考えている。 これらの研究者は、「無性愛者は自ら選んで性的欲求を持たないのではなく、一般にごろ性的な行為の違いに気付き始めるのだ」と主張する。 こうした事実が明るみに出たことで、無性愛は選択的行動などではなく、また障害のように治癒できるものでもないと断言されている。 無性愛が一般的になりつつあるか否かも分析されており、実際により多くの人々が無性愛を自認するようになっている。 性的指向のカテゴリーに関しては、無性愛は、一連のカテゴリーに追加する意義のあるものではなく、むしろ性的指向やセクシュアリティの欠如であると主張されることもある。 別の議論では、無性愛者が自慰したり単に恋愛パートナーを喜ばせるために性的な行為を行うことを踏まえたうえで、「無性愛は自然なセクシュアリティの否定であり、セクシュアリティへの羞恥心や不安、によって引き起こされる障害である」と指摘されている。 性的指向をめぐるの文脈の中で、無性愛は性的指向のアイデンティティに関する1つのカテゴリーとして実践的な政治的機能を果たす可能性がある。 精神衛生 [ ] 無性愛に関する経験的データを提供した最初の研究は、1983年にポーラ・ヌリウスによって発表された、性的指向と精神衛生の関係についてのものである。 米国のさまざまな大学の心理学または社会学の授業を受講している学生を主とする689人の被験者に、4つの臨床的幸福尺度を含むいくつかの調査がなされた。 結果は、無性愛者が他の性的指向のメンバーよりも自己評価が低く抑鬱の可能性が高いことを示した。 ここでは異性愛者の25. 鬱病についても同様の傾向がみられた。 ただしヌリウスは、様々な理由から、この結果からは確固たる結論は導けないと考えた。 2013年の研究では、ユールらが白人の異性愛者・同性愛者・両性愛者・無性愛者の上の違いを調査した。 男性203人と女性603人の結果が所見に含まれていた。 ユールらの研究では、無性愛の男性被験者は、他の男性、特に異性愛者よりもを有すると報告する傾向が強いことが分かった。 女性でも、異性愛者との比較で同じ結果が得られた(ただし最も高い割合を示したのは同性愛・両性愛の女性だった)。 無性愛の男女ともに、他の被験者よりもを有することが多く、異性愛者の参加者よりも最近自殺したい気持ちが芽生えたことを報告する傾向があった。 ユールらは、こうした差の一部は差別やその他の社会的要因によるものかもしれない、との仮説を立てている。 発生要因 [ ] 性的指向との関連が指摘される的形質として、・兄弟姉妹の数・が挙げられる。 ユールらは2014年に無性愛の性自認をもつ人々とこれらの性質の関係を調査している。 この研究では、右利きでない無性愛者の割合が異性愛者と比較して2. 4~2. 5倍にのぼること、無性愛および非異性愛の男性は異性愛の男性に比べて年少の兄弟である割合が高く、無性愛の女性は非異性愛の女性に比べて年長の姉妹である傾向が強いことが明らかにされた。 一方で、指比については無性愛との有意な関連性は認められなかった。 この研究は、性的指向の欠如という無性愛の特徴を神経発達学的側面から説明するための経験的根拠を与える初めての試みの1つであった。 ただし、性的指向の成因に関する研究を無性愛に適用することは、性的指向に無性愛を含めるか研究者によって一貫した定義がないという問題を孕んでいる。 性的指向は「永続的」で変化しないものと定義され、一般にそれを変更しようとする介入は通用しないことが証明されているが 、無性愛は永続的で持続するから、性的指向と定義できるかもしれない。 しかし異性愛、同性愛および両性愛は、必ずではないが通常、の早い段階で決定されるのに対し、いつ無性愛であると決定するかは分からない。 性的関心あるいは性的欲求を持たないという特性が、生涯にわたり続くものである、あるいは後天的であると考えてよいかは判然としない。 差別と法的保護 [ ] プライド・パレードにおける無性愛者の行進 2012年の研究によれば、無性愛者はゲイやレズビアン、バイセクシュアルなどの他のに比べて、より不当なや ()、にさらされているという。 同性愛と異性愛の人々の両方が、無性愛者のことを冷血で動物的な、抑制されていない人々と考えている。 無性愛の活動家であり著述家・ブロガーであるジュリー・デッカーは、もっぱら無性愛者のコミュニティを標的にするや、 ()を目にしてきた。 しかし別の研究では、彼らが無性愛であるがゆえの深刻な差別を受けているとする証拠はほとんど見出せなかった。 社会学者のマーク・カーリガンは、中立的地点から、「無性愛者はしばしば差別を経験しているが、それは嫌われるなどというよりはむしろ『人々が本当の意味で無性愛を理解しないことによる周縁化』の問題である」と論じている。 無性愛はまた、LGBTコミュニティからも偏見にさらされている。 多くのLGBTの人々は、同性愛者でも両性愛者でもない人々はストレートに違いないと主張し、しばしば無性愛者をクィアの定義から排除しようとする。 LGBTQのコミュニティを支援する名の知れた組織は数多く存在するが、これらの組織は一般に無性愛者には手を差し伸べず、無性愛に関する文献資料も提供していない。 活動家のサラ・ベス・ブルックスは、無性愛者であることをするにあたって、「無性愛者は性自認をはき違え、社会正義の運動の中で不相応な注目を浴びている」と多くのLGBTの人々から言われている。 他方では「The Trevor Project」や「The National LGBTQ Task Force」のように、異性愛ではない以上クィアの定義に含まれるという理由から、はっきりと無性愛を受容しているLGBT組織もある。 今ではLGBTQという略語の中にAを付け加えている組織もあれば、いまだ議論の俎上にある組織も存在する。 いくつかのの下では、無性愛は法的保護を受けている。 は1999年から、国の倫理規定に基づいて、によるあらゆる性的指向の病理化やを禁じており 、またアメリカのでは無性愛者を保護すべき人々として扱っている。 しかし、無性愛は大衆や研究者の目をさほど引き付けていないため、他の性的指向ほどには法制化の対象にはなっていない。 メディアでの扱い [ ] シャーロック・ホームズ メディアにおける無性愛的な表現は限られており、作品の中で公に知らされたり、確たることが述べられることはほとんどない。 21世紀初頭以前の作品の中では、はたいていおのずから性的であることが前提とされており、セクシュアリティの有無に関してはふつう疑問を挟まれない。 の作品に登場するは、知性にのみ駆り立てられる肉体の欲望とは無縁の人物として意図的にキャラクター化されており、今日であれば無性愛に分類されるであろう人物として描かれている。 のキャラクター、ジェグヘッド・ジョーンズは、アーチーの過度な異性愛の引き立て役としてわざと無性愛的に描かれている可能性が高いが、何年間もシリーズを繰り返すうちに、彼がゲイか異性愛者であるとほのめかす方向に描写を変えつつある。 のテレビシリーズに登場する同名のキャラクター、ギリガンも、今日では無性愛と位置付けられる。 ドラマの製作者はおそらくそうすることで、を迎えておらず性的欲求を経験したことのない少年層の視聴者により親しみやすくしようとしたのだと考えられる。 ギリガンが無性愛的であることで同時に、製作者としては、歩み寄ってくる魅力的な異性をギリガンがはねつけるというコメディ的な展開をわざと描くことができる。 また、アンソニー・ボガートは以下のような見方を示している。 映画やテレビではよく、魅力的だが無性愛的な女性のキャラクターが、物語終盤で男の主人公に異性愛に「変えられる」さまを描く。 こうした非現実的な描写は、どんな無性愛的な女性もひそかに男性のことを欲しているものだという異性愛の男性の妄信を反映したものである。 21世紀初頭から無性愛は、生物学的な存在というよりも一種の性的アイデンティティとして、欧米のメディアで徐々に論じられるようになってきた。 のシリーズの1エピソード「良き伴侶」では無性愛のカップルが描かれているが、この描写にはAVENの創設者デヴィッド・ジェイを含め無性愛者のコミュニティからは疑問の声が上がった。 というのも最終的に、男は性衝動が減退する脳腫瘍に冒かされており、女は男を喜ばせるために無性愛のふりをしていただけだったことが分かって幕が引かれるのである。 このことが表現をめぐる議論を呼び、フォックス放送に今後の無性愛的キャラクターの表現の仕方に対する反省を求める署名がで申請されるに至った。 署名では「無性愛を病気や欺瞞とみなしている最低な表現だ」と述べられた。 のアニメ、は第3シーズンの終盤に、主要人物の1人であるトッド・チャベスが無性愛者であることを明らかにした。 第4シーズンではそれがさらに緻密に描かれており、この表現に関しては無性愛者コミュニティからも概ね好意的な反応を受けている。 イギリスの、では、15歳のキャラクターのリヴ・ファラーティが、男の子にも女の子にも靡かないことを打ち明け、無性愛者ではないかという憶測を呼んでいる。 ベストセラー小説シリーズのドラマ版では、登場人物の1人であるラファエル・サンティアゴが無性愛者であることが確定している。 2011年にはアンジェラ・タッカー監督の下で、無性愛をめぐる問題を描いた「 A sexual」が公開されている。 2014年の関西クィア映画祭にて、日本でも字幕付き上映されている。 無性愛の著名人 [ ]• (絵本作家。 代表作『うろんな客』)• (作家。 代表作『骨の民』)• 東友美(議員)• (漫画家。 代表作『女だけど女装してキャバ嬢してみた!~ヒゲ女子のいる店~』) 日本における無性愛 [ ] 定義 [ ] 無性愛の定義や分類については、日本の無性愛者コミュニティでは独自の発展を遂げてきた部分もある。 日本のコミュニティで用いられる用語として 非性愛者または ノンセクシュアル(: nonsexual) が挙げられる。 これは「性的な惹かれを感じないが恋愛感情を持つ人」を指す。 海外のロマンティック・アセクシュアルと重なる用語ではあるが、無性愛が(性的感情ではなく)恋愛感情の欠如によって定義されることのある日本においては、非性愛は当然ながらロマンティック・アセクシュアルとは異なる文脈に位置づけられる。 無性愛のサブカテゴリーとして「性的な惹かれの欠如」と必ず関連付けられるよりはむしろ、非性愛者は恋愛的魅力を感じうるが様々な理由により性的関係を望まない人々として理解される。 による2017年の参加者およびイベントサイト上でのアンケートでは、「性的指向」の選択肢中に「ノンセクシュアル」「アセクシュアル」が用意され、全回答のうち「ノンセクシュアル」が2. コミュニティ [ ] asexual. jpによれば、日本の無性愛コミュニティの立ち上げは2002年1月の「INNOCENT KINGDOM」が最初である。 同年には「asexual. jp」や「IS THE ASEXUALITY KNOWN? 」などのネットコミュニティが次々に運用を開始している。 また、この年にはでも無性愛者に関するスレッドが初めて立てられた。 翌2003年には「asexual-japan. net」が開設され、2004年にはにもコミュニティが立てられた。 2000年代前半にはこれらのコミュニティを通じて活発に情報交換や議論がなされたが、その後2008年までに多くが閉鎖している。 現在では過去に閉鎖した「asexual. jp」のドメインを再構築する形で新しいコミュニティが作られ、国内最大の交流拠点となっている。 人口 [ ] 2016年の・LGBT総合研究所が実施した10万人を対象とするスクリーニング調査において、有効回答を得た20~50代の89,366名のうち、651人(0. なお同調査で、ゲイと回答した者は1,731人(1. によるでの性的少数者に関する無作為調査では、有効回答4,285件のうち33人(0. 出生時の性別に分類した場合、男性の無性愛者の比率は0. 研究・メディア [ ] 日本での研究やメディアではLGBTの話題の中で稀に取り上げられてきたが、中心的に扱った紹介事例が出始めたのは2010年代に入ってからのことである。 柿沼・布施木らの2011年の論文 では、Aセクシャルという用語を紹介するとともに、Aセクシャル研究の現状と問題点を論じたヒンダーリター(2009) Methodological Issuer for Studying Asexuality にレビューを加えている。 ここでは、(1)Aセクシャルの定義の問題(現状として、ボガートの「性的な惹かれのないこと」、ヌリウスの「性的指向のないこと」、プラウスとグラハムの「Aセクシャルであるというアイデンティティ」の3つに分裂している)、(2)サンプリングにあたっての協力者獲得や質問方法をめぐる問題、(3)アイデンティティとの関連性の問題の3点に触れており、特に定義とアイデンティティをどのようにすり合わせていくかが重要であるとコメントしている。 また2013年には同じく柿沼・布施木が、量的研究からAセクシャルの発生要因に迫ったボガート(2004) Asexuality: Prevalence and Associated Factors in a National Probability Sample を紹介している。 ここで柿沼らは先天性のAセクシャルを「狭義のAセクシャル」、後天的な要因(健康・薬理・年齢など)によるAセクシャルを「広義のAセクシャル」として分離しており、ボガートの調査研究からはこれらの判別が難しいことを指摘している。 2016年には、フォタケが日本における「」の言説と無性愛との関連性について論じた英語論文を発表している。 ここでは、的視点と視点の双方において草食系は無性愛というカテゴリーの傘下に含みうるものであるとしている。 またプルジビロらが無性愛について、的な文化に抵抗する可能性を秘めていると指摘したように、草食系も「男性らしさ」の言説を再定義しうるものであると述べる。 メディアでの過去の紹介事例としては、2012年にTBS系列「」で無性愛者が出演したほか、2013年に、2014年にで取り上げた記事などがある。 2018年には「Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~」で、セクシュアリティ研究者のが出演しコメントを述べている。 また、無性愛()の主人公を題材にした漫画『桐生先生は恋愛がわからない。 』が2016年からで連載されている。 邦語文献 [ ]• 綾部六郎、池田弘乃『クィアと法:性規範の解放/開放のために』日本評論社、2019年。 『セクシュアリティ基本用語事典』イーディー・ジョー、金城克哉訳、2006年。 柿沼賢治、布施木誠「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)概念の可能性:Aセクシャル論文のレビュー」『聖マリアンナ医学研究誌』第11巻第86号、聖マリアンナ医学研究所、2011年、 21-25頁、。 染谷泰代「女ふたりという関係『子供の時間』にみる「ロマンティックでasexualな関係性」試論」『女性学年報』第25巻、2004年、 1-19頁、 、。 原口祥典、國武裕、山田茂人「女性的な仕草が見られた無性愛の男性摂食障害の1例」『九州神経精神医学』第55巻第3号、2009年、 145-150頁、 、。 伏見憲明「〈性〉のミステリー」『本』第22巻第5号、講談社、1997年、 54-56頁、 、。 ユンジュン・キム 「セックスは健康のために必要か?:無性愛という悦び」、ジョナサン・M・メツル、アンナ・カークランド編 『不健康は悪なのか:健康をモラル化する世界』 みすず書房、2015年。 Decker, Julie Sondra『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて:誰にも性的魅力を感じない私たち』上田勢子訳、明石書店、2019年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Robert L. Crooks, Karla Baur 2016. Cengage Learning. 300. 2017年1月4日閲覧. Helm 2015. ABC-CLIO. 2017年1月4日閲覧. Kelly, Gary F. 2004. "Chapter 12". Sexuality Today: The Human Perspective 7 ed. McGraw-Hill. 401. Asexuality is a condition characterized by a low interest in sex. Decker, Julie Sondra『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて:誰にも性的魅力を感じない私たち』上田勢子訳、明石書店、2019年。 綾部六郎、池田弘乃『クィアと法:性規範の解放/開放のために』日本評論社、2019年。 Oxford English Dictionary オンライン版。 2019年8月25日閲覧。 『ジーニアス英和大辞典』大修館書店。 Varcarolis 2013. Elsevier Health Sciences. 382. 2014年5月7日閲覧. Psychology Today. 2011年12月13日閲覧. The American Heritage Dictionary of the English Language 3d ed. 1992 , entries for celibacy and thence abstinence. Scherrer, Kristin 2008. Sexualities. 11 5 : 621—641. doi:. PMC. PMID. Anthony F. Graham August 2004. PDF. Archives of Sexual Behavior. 36 3 : 341—356. doi:. PMID. Archived from 2007年9月27日 - PDF on September 27, 2007. 2007年8月31日閲覧. Contemporary Sexuality. 39 11 : 1, 4—5. ISSN. Archived from 2015年11月6日 - on November 6, 2015. Retrieved February 6, 2016 — via the Wayback Machine• 2010. "Asexuality". Marshall Cavendish. 82—83. 2013年7月27日閲覧. The Guardian. Retrieved 2013年2月2日閲覧. "Asexuality". Encyclopedia of Sex and Gender. Fedwa Malti-Douglas. Vol. Detroit: Macmillan Reference USA, 2007. 103. Gale Virtual Reference Library. Web. May 2, 2016. 2004. "Asexuality: prevalence and associated factors in a national probability sample". Journal of Sex Research. 41 3 : 279—87. doi:[doi:10. PMID. asexual. jp 2018年3月17日閲覧。 Routledge. 89—93. 2014年7月3日閲覧. 2006. Review of General Psychology. 10 3 : 241—250. doi:. Fischer, Steven Seidman 2016. Routledge. 183. 2014年1月4日閲覧. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2015-03. Psychological Assessment 27 1 : 148—160. The Asexual Visibility and Education Network. 2019年11月23日閲覧。 SAGE. 124—127. 2014年7月3日閲覧. Westphal, Sylvia Pagan. New Scientist. from the original on December 19, 2007. Retrieved 2007年11月11日閲覧. The New Zealand Herald. 2011年9月16日閲覧. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2014. The Canadian Journal of Human Sexuality. 23 2 : 89—95. doi:. "There's More to Life Than Just Sex? Difference and Commonality Within the Asexual Community". Sexualities. 14 4 : 462—478. doi:. Adler, Melissa 2010. "Meeting the Needs of LGBTIQ Library Users and Their Librarians: A Study of User Satisfaction and LGBTIQ Collection Development in Academic Libraries". In Greenblatt, Ellen. Serving LGBTIQ Library and Archives Users. Chasin, CJ DeLuzio 2013. "Reconsidering Asexuality and Its Radical Potential". Feminist studies. 39 2 : 405—426. Carrigan, Mark; Gupta, Kristina; Morrison, Todd G. 2015. Routledge. Meg Barker 2012. Routledge. 2016年2月8日閲覧. Shira Tarrant 2015. Routledge. 254—256. 2016年2月8日閲覧. 2013. Campus Verlag [de]. Oleksy, Aleksandra M. Wojtaszek 2015. Cambridge Scholars Publishing. 2017年10月15日閲覧. Abbie E. Goldberg 2016. SAGE Publications. 2017年10月5日閲覧. Shira Tarrant June 19, 2015. 278—. thestar. com. 2014年10月6日閲覧. Anneli, Rufus June 22, 2009. Psychology Today. 2013年7月15日閲覧. recultured. 2012年8月7日閲覧. Lehmiller 2017. 250. 2017年11月29日閲覧. Smith, S. August 21, 2012. The Guardian. 2013年5月11日閲覧. 1948. Sexual Behavior in the Human Male. Saunders. 1953. Sexual Behavior in the Human Female. Saunders. Mary Zeiss Stange; Carol K. Oyster; Jane E. Sloan February 23, 2011. SAGE Publications. 158. 2013年7月27日閲覧. Karli June Cerankowski; Megan Milks 2014. Routledge. 113. 2017年1月4日閲覧. Storms, Michael D. 1980. PDF. Journal of Personality and Social Psychology. 38 5 : 783—792. doi:. Storms, M. 1979. Sexual orientation and self-perception. Pliner, Patricia et al. Advances in the Study of Communication and Affect. Volume 5: Perception of Emotion in Self and OthersPlenum Press• Policy Press. 35—36. 2017年1月4日閲覧. "Mental Health Implications of Sexual Orientation". The Journal of Sex Research. 19 2 : 119—136. doi:. Wellings, K. 1994. Sexual Behaviour in Britain: The National Survey of Sexual Attitudes and Lifestyles. Penguin Books. ; Mercer, Catherine H. ; Cassell, Jackie A. 2013-05-01. [doi:10. 2013. 774161 "Who reports absence of sexual attraction in Britain? Evidence from national probability surveys"]. 4 2 : 121—135. doi:. ISSN. Bogaert, A. 2015. "Asexuality: What It Is and Why It Matters". Journal of Sex Research. 52 4 : 362—379. doi:. ; Mercer, Catherine H. ; Cassell, Jackie A. 2015-09-07. "Who reports absence of sexual attraction in Britain? Evidence from national probability surveys". In Carrigan, Mark; Gupta, Kristina; Morrison, Todd G. New York City, New York and London, England: Routledge. 22—27. Lanham, Maryland: Rowman and Littlefield Publishers, Inc. 36—39. Chasin, CJ DeLuzio 2013. PDF. Feminist Studies. 39 2 : 405. 2014年4月29日閲覧. Brotto, L. , Yule, M. 2015. "Asexuality: An Extreme Variant of Sexual Desire Disorder? The Journal of Sexual Medicine. 12 3 : 646—660. doi:. Karli June Cerankowski; Megan Milks 2014. Routledge. 246. 2014年7月3日閲覧. Decker, Julie Sondra 2014. The Invisible Orientation: an Introduction to Asexuality. New York: Carrel Books. Over, Ray; Koukounas, Eric 1995. "Habituation of Sexual Arousal: Product and Process". Annual Review of Sex Research. 6 1 : 187—223. doi:10. 1995. 10559905 inactive 2018-01-27 Cited from: Kelly, Gary F. 2004. Sexuality Today: The Human Perspective 7 ed. McGraw-Hill. 401. Meyer, Doug 2017. 14 3 : 331. doi:. Chasin, CJ DeLuzio 2015. "Making Sense in and of the Asexual Community: Navigating Relationships and Identities in a Context of Resistance". 25 2 : 167—180. doi:. ISSN. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2013. "Mental Health and Interpersonal Functioning in Self-Identified Asexual Men and Women". 4 2 : 136—151. doi:. Yule, Morag A. ; Brotto, Lori A. ; Gorzalka, Boris B. 2013-09-18. Archives of Sexual Behavior 43 2 : 299—310. Garcia-Falgueras, A; Swaab, DF 2010. "Sexual hormones and the brain: an essential alliance for sexual identity and sexual orientation". Endocr Dev. Endocrine Development. 17: 22—35. doi:. PMID. American Psychological Association. 2013年5月30日閲覧. MacInnis, Cara C. ; Hodson, Gordon 2012. "Intergroup bias toward "Group X": Evidence of prejudice, dehumanization, avoidance, and discrimination against asexuals". Group Processes Intergroup Relations. 15 6 : 725—743. doi:. Huffington Post. Retrieved August 2, 2013. Gazzola, Stephanie B, and Melanie A. Morrison. "Asexuality: An emergent sexual orientation". Sexual Minority Research in the New Millennium. Wallis, Lucy January 17, 2012. BBC. 2014年1月1日閲覧. New York City, New York: Skyhorse Publishing. , The Trevor Project website. 2018年4月4日閲覧. National LGBTQ Task Force Blog. 2013年4月30日. 2018年4月7日閲覧。 Mosbergen, Dominique 2013年6月21日. Huffington Post. 2018年4月7日閲覧。 2012年7月30日, at [ permanent dead link] in Portuguese• January 15, 2014, at the Wayback Machine. in Portuguese• possibly written after stated copyright date, Attorney General being stated as Eric T. Schneiderman• Jackson, Stevi, and Sue Scott. Theorizing Sexuality. Maidenhead: Open UP, 2010. Web. May 2, 2016. Vulture. February 8, 2016. 2017年12月14日閲覧. salon. 2017年9月8日閲覧. October 12, 2017. 2018年1月18日閲覧. Hidden Remote. 2017-03-07. 2017年12月14日閲覧. 2018年3月17日閲覧• 大川恵実 2018年12月8日. 2019年9月13日閲覧。 Lehtonen, Kaisa 2018年. Master's thesis. University of Tampere. 駒澤大学文学部社会学科社会学専攻 松信ひろみ研究室。。 2018年7月24日閲覧。 『』(レポート)、博報堂DYグループ、2016年6月1日。 2018年3月27日閲覧。 釜野さおり、石田仁、岩本健良、小山泰代、千年よしみ、平森大規、藤井ひろみ、布施香奈 et al. 柿沼賢治、布施木誠「性的マイノリティにおける無性(Aセクシャル)概念の可能性:Aセクシャル論文のレビュー」『聖マリアンナ医学研究誌』第11巻第86号、聖マリアンナ医学研究所、2011年、 21-25頁、。 「」『北陸中日新聞』、2013年1月16日。 「(男が生きる 女が生きる)性は男と女だけじゃない 「らしさって?」記事に反響」『朝日新聞』、2014年11月16日、朝刊。 HUFFINGTONPOST 2018年1月12日. 2018年3月17日閲覧。 2018年3月18日閲覧。 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ]• (AVENの管轄する無性愛についてのWiki。 英語記事)• (無性愛に関する先行研究の一覧。 英語記事アーカイブ)•

次の