かくれ ねこ 選手権。 #かくれねこ選手権 に投稿で22円を動物愛護に寄付…

神戸市:神戸ローストショコラ「かくれねこニャンペーン」実施

かくれ ねこ 選手権

写真 1投稿につき22円が寄付される「かくれねこニャンペーン」 神戸ローストショコラと神戸市ネコ局コラボで実施 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」ですが、グリコの人気チョコレート菓子「神戸ローストショコラ」と、「神戸市ネコ局」がコラボし、2月18日から「かくれねこニャンペーン」が実施されます。 パッケージのあちこちに猫がかくれた限定商品が販売されるほか、SNS(InstagramかTwitter)に隠れている猫の写真かイラスト、ハッシュタグは「 かくれねこ選手権」を添えて投稿すると、1投稿につき22円が神戸市「動物愛護支援事業」に寄付されるというキャン(ニャン)ペーンです。 神戸市ネコ局って?と思った人もいるのではないでしょうか。 筆者もその1人です。 2017年(平成29年)4月1日、神戸市は「人と猫との共生に関する条例」を制定。 この条例は、市民の快適な生活環境を守り、猫の殺処分を減らすことで、人と猫とが共に生きる社会の実現を目的とするというもの。 そのために神戸市は、野良猫をこれ以上増やさない取り組みや、引き取った猫の譲渡事業などを行っています。 一方の「神戸ローストショコラ」と言えば、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場で、自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレート。 ちなみに、グリコは2013年7月に、神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しているそうで、神戸ローストショコラは「KOBEスペシャルPRパートナー」の第1号に認定されているとのこと。 グリコさんは、「今回のキャンペーンには、神戸市の推進している『人と猫と共生できる街づくり』について商品を通じて発信していくことで、神戸市のさらなる魅力をお客様に知っていただきたいという思いが詰まっています」と話しています。 そんな思いが詰まった今回の「かくれねこニャンペーン」では、パッケージのいたるところに猫が隠れている遊び心満載のデザインの商品を数量限定で販売。 ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けて、段ボールの中に身を潜めている猫や物陰からこちらを見つめる猫など、隠れている猫の写真やイラストをSNS(Instagram・Twitter)に投稿すると、1投稿につき22円が神戸市「動物愛護支援事業」に寄付される投稿キャンペーンとなっています。 「かくれねこ」のデザインには、食べ物や楽器などのモチーフの中に、ひっそりと動物を隠す可愛らしいイラストがSNSで注目を集める、イラストレーターのshimizuさん( shiroiinu432)が起用されています。 神戸ローストショコラの商品パッケージだけでなく、キャンペーンサイトもshimizuさんの可愛いイラストがいっぱいです。 写真投稿キャンペーン「 かくれねこ選手権」は、2月18日〜4月30日まで。 投稿写真の一部は、神戸ローストショコラの「かくれねこ」WEBサイト内に開設する、かくれねこギャラリーに追加されるとのことなので、猫好きや写真好きの方はもちろん、少しでも今回のキャンペーンに興味を持った方は、渾身の1枚を投稿してみるのも良いかもしれませんね。 情報提供:江崎グリコ株式会社 (佐藤圭亮).

次の

「#かくれねこ選手権」に投稿で22円を動物愛護に寄付! グリコが神戸ローストショコラ×神戸市ネコ局コラボ「かくれねこニャンペーン」を開催~トレイになるねこカード封入も

かくれ ねこ 選手権

この「かくれねこニャンペーン」では、2月18日 火 より、パッケージのいたるところに猫が隠れている遊び心満載のデザインの商品が数量限定で販売されるほか、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けて、隠れている猫の写真やイラストなどをSNSに投稿すると、1投稿につき22円が神戸市「動物愛護支援事業」に寄付される投稿キャンペーンも実施しています。 「かくれねこ」のデザインには、食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠す可愛らしいイラストがSNSで注目を集める、イラストレーターのshimizuさんを起用。 神戸ローストショコラの商品パッケージだけでなく、キャンペーンサイトもshimizuさんの可愛いイラストづくしになっています。 「神戸ローストショコラ」は、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場 神戸ファクトリー で自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレート。 江崎グリコは2013年7月に神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しており、神戸ローストショコラは「KOBE スペシャルPRパートナー」の第1号に認定されています。 神戸で生まれ、神戸で作られているショコラとして、地域に根付いた活動を行なっており、今回のキャンペーンには、神戸市の推進している「人と猫と共生できる街づくり」について商品を通じ…… RABOは2月14日、同社が開発・販売してる首輪型の猫用バイオロギングデバイス「Catlog」のAndroid版をリリースした。 1月27日に公表したリリーススケジュールどおりとなった。 Catlogは、猫の行動を24時間記録でき、歩行や走行はもちろん、睡眠や飲食などの状況をスマートフォンで遠隔チェックできるIoTデバイス。 首輪型のPendantデバイスと、Pendantデバイスの充電とスマートフォンとの連携などに使うベースステーションであるCatlog Home、スマートフォン用アプリを利用することで、留守時などの猫の行動をある程度把握できる。 税別価格は1万4800円。 Catlogは、ローンチ後約4カ月で約1000UC(Unique Cat)に到達。 同社によると、ノンマーケティングのオーガニックのみで、約4カ月の計画出荷数を1. 5週間で達成したという。 Android版のリリースで、さらに多くのユーザーを獲得することを期待したい。 全ては猫様のために。 2月22日の「ねこの日」に合わせ、「大丸梅田店」(大阪市北区)で16日から、ねこにちなんだイベントや期間限定のグッズ、フードが販売され、全館ねこ尽くしとなる。 15階の「大丸ミュージアム」では、愛らしいねこが満載の『にゃんぱく〜ねこの万博〜』が開催。 「にゃんぱく写真館・動画館」では、一般公募の投稿から選ばれたねこ写真や動画約430点で会場が埋め尽くされ、癒やし空間に。 そのほか、絵本大賞を複数受賞した『なまえのないねこ』のパネル展示や、「新しいねこ知識が学べる」と累計1万人が受験した『ねこ検定』オンライン模擬試験にも挑戦できる。 『にゃんぱく』は入場料600円。 SNSで2万人以上のフォロワーを持つ旅ネコ「だいきち&ふくちゃん」また別会場では、SNSで2万人以上のフォロワーを持つ人気旅ネコ「だいきち&ふくちゃん」の写真展、ねこのこけしやイラストなどの作品販売といった同館のねこ愛あふれるメンバーによる「うめだにゃん活部」のセレクトショップも登場。 左から「ケーキハウス ショウタニ」のプリン(360円)、「OSAKA愛シング」のクッキー3枚セット(864円)地下食品フロア「ごちパラ」にも、ねこスイーツやフードが勢ぞろい。 「ケーキハウスショウタニ」のニャンとも美味しいプリン(360円)、「菊太郎米穀店」のねこのおにぎりセット(3個・700円)など…… 書籍『親の介護をしないとダメですか?』の著者で吉田潮さんの新連載エッセイ、今日から月イチ(毎月14日)始まります。 恥じらいとか、憂いとか、モチベーションとか、膝関節の柔軟性とか、肌の弾力などなど。 信頼や信用を失ったこともある。 もう数えきれないほど大切ななにかを失っているわけだが、昨年体験したのは人生最大の喪失感だった。 19年間ともに暮らしてきた猫が死んだのだ。 公園でカラスに襲われていた子猫を保護した知人から譲り受けたのが、2000年の5月。 避妊手術を受けさせたとき、獣医から「生…….

次の

猫の日にちなんだ「かくれねこニャンペーン」実施中!神戸ローストショコラと神戸市ネコ局のコラボ企画

かくれ ねこ 選手権

2月22日の「猫の日」にちなんで、江崎グリコの人気チョコレート菓子「神戸ローストショコラ」と「神戸市ネコ局」がコラボレーションしているそうです! キャンペーンならぬ「かくれねこニャンペーン」と称して、パッケージのいたるところにネコが隠れた限定商品を販売するほか、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けて、隠れている猫の写真やイラストをSNSに投稿すると、1投稿につき22円が神戸市での地域猫・保護猫活動などに寄付されるといいます。 神戸市では2017年4月に、野良猫の繁殖抑制に特化した条例としては全国初となる「人と猫との共生に関する条例」を制定。 猫の殺処分を減らし、人と猫がともに生きる社会を実現するため、「ネコ局」をたちあげてFacebookで情報発信するほか、公費による不妊・去勢手術や、引き取った猫の譲渡事業などさまざまな取り組みをすすめてきました。 「神戸ローストショコラ」は、洋菓子の街・神戸にあるグリコの工場で自家焙煎したカカオで作った、大人のためのひとくちチョコレートといいます。 江崎グリコは2013年に神戸市と「神戸情報の発信」などについて包括連携協定を締結しており、神戸ローストショコラは「KOBEスペシャルPRパートナー」の第1号に認定されているそう。 担当者によると「神戸市の推進している『人と猫と共生できる街づくり』について共感したことで、コラボが実現しました」とのこと。 商品を通じてさらなる猫と共生する社会の実現に貢献したいといいます。 限定商品にあしらわれた隠れる猫のデザインは、食べ物や楽器などのモチーフの中にひっそりと動物を隠すイラストで注目を集める、イラストレーターのshimizuさん(Twitterアカウント: shiroiinu432)。 を起用。 キャンペーンサイトもshimizuさんの可愛いイラストづくしになっています。 2月18日から始まった写真投稿キャンペーンでは、猫が隠れている写真やイラスト、神戸ローストショコラ限定商品のパッケージ写真などに、ハッシュタグ「 かくれねこ選手権」を付けてSNS(TwitterもしくはInstagram)に投稿すると、1投稿当たり22円が江崎グリコから神戸市の展開する「動物愛護支援事業」に寄付されます。 また、投稿写真の一部はキャンペーンサイトでも紹介されるそう。 投稿期間は4月30日まで。 なお、寄付の上限金額は22万円とのことです。 外部サイト.

次の