追って連絡します 敬語。 度々すみませんの使い方は?敬語や意味は?類語やメールの送り方も

「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

追って連絡します 敬語

スポンサーリンク 「送付致します」の意味と使い方は? まず最初に 「送付致します」の意味と正しい使い方を見ていきましょう。 「送付致します」という語句は、「送付」という名詞と「致す(いたす)」という動詞を丁寧な形にした「致します」から構成されています。 「送付」とは、 「文書や物品を相手へ送り届ける」、あるいは「送り渡す」ことを意味します。 通常は「送付する」と動詞を伴って用いられます。 「送付」の「送」という漢字は、「行く」という意味のしんにょうと 「両手で物を押し上げる」形の字から成り立っています。 これらのことから「物をおくる」という意味合いになったとされます。 また「付」は、「人」を示すにんべんと「寸」からできています。 「寸」は「右手の手首に親指を当てて、脈をはかる」行為を示すとされます。 このことから、「付」は「人に手で物をつける」ことを指すようになったようです。 また「致します」は、「送付致します」のような用例では、「する」の謙譲語や丁寧語として用いられています。 謙譲語の場合は、自分側の動作を低めることで相手を敬ったり、あらたまった気持ちを込めることで聞き手に対する敬意を表します。 例えば 「努力致します」、「私からお話し致します」などという言い方です。 丁寧語の場合も相手に対する敬意を示す点では基本的に同じで、通常は「致します」の形で用いられ、例としては 「いい香りが致しますね」、「お値段は1万円ほど致します」などが挙げられます。 このように「送付致します」は「送付」をへりくだったり、丁寧に述べているわけですから、意味合いとしては 「送り届けさせていただきます」、「お送りします」といった言い方と同義になるといえます。 ただし、次の項目でご説明するように、「送付」は漢語の名詞であり、やや堅い響きがあります。 「送付致します」を「お送り致します」などと同じようにビジネスシーンなどで使用する際には、若干注意すべき点もあります。 「送付致します」は失礼な敬語なの? 次に 「送付致します」は失礼な敬語にあたるのか解説したいと思います。 前述のように「送付」は漢語であり、実際に法律用語、商行為の事務用語としても用いられています。 スポンサーリンク 例えば 「証拠調べに関する書類を検察庁に送付した」、「請求書を注文主に送付する」といった表現です。 このため「送付」という言葉はやや堅い、事務的な語感があるといえます。 また「送り付ける」という和語があり、こちらは「相手の都合に関係なく、一方的に乱暴に物事を送る」といった意味合いです。 「脅迫状を送り付けてきた」といった用例です。 「送付」は「送り付ける」を省略したようなイメージもあり、何となく「冷徹に書類などを送り付ける」といった印象も受けがちです。 一方、「送る」という言葉は、物理的な文書や品物のほか、「合図を送る」、「月日を送る」のように抽象的な表現にも用いられます。 こうしたことから、何かの物品等を相手に送ることを敬語として述べる際には、一般的には「お送り致します」や「お送り申し上げます」といった言い方が好まれるようです。 しかしだからといって、「送付致します」が敬語として使用できないということではありません。 前述の堅い印象を和らげるためには、「ご送付致します」と語頭に「ご」を付けることで、へりくだる意味をより強めることができます。 また「致します」の代わりに「申し上げます」、「させていただきます」などを用いれば、丁寧な印象が一層強まります。 ビジネスや公の場で「送付致します」を使う際には、こうした若干の言い換えに留意することが、よりTPOに合った敬語表現には大切となります。 「お送りします」との違いと使い分け方は? 最後に 「送付致します」と 「お送りします」の違いと使い分け方をご紹介します。 「お送りします」の使い方 「送る」という行為に関する敬語表現には、「お送りします」という言い方もあります。 これは敬語の種類からすると 「丁寧語」に当たります。 これは「送る」を丁寧に述べてはいるものの、謙譲語である「お送り致します」などに比べると、相手に対する敬意の度合いは低くなります。 このため社内の事務的な連絡や、同僚、チーム内でのやり取りでは「明日お送りします」や、「これから送りますね」といった言い方でも問題ありませんが、目上の方や顧客など敬うべき相手に対して使う際は、やはり「お送り致します」や「お送り申し上げます」、「ご送付させていただきます」などが適切といえるでしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「送付致します」は失礼な敬語なのか、そして「お送りします」との違いと使い分けについて詳しくご紹介しました。 ビジネスの場で同僚や同等の立場の人に「お送ります」「送付しますね」と使うのは問題ありませんが、、目上の方や上司の方にはやはり「ご送付致します」や「お送り致します」と使うようにしましょう。 職場で使う言葉や敬語には気を遣いますが、相手に与える印象が変わってくることなので覚えておきましょう。

次の

度々すみませんの使い方は?敬語や意味は?類語やメールの送り方も

追って連絡します 敬語

「ご連絡いたします」は厳密には二重敬語だが、使っても問題なし 「ご連絡いたします」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「いたす」=「する」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 本来は誤用になりますが、 「ご連絡いたします」は慣習的に多く使われているため、使用しても問題ではありません。 ただ、相手によっては失礼な印象を与えてしまう恐れがあるので、注意して使用するようにしましょう。 「連絡します」ということを伝えたい場合、厳密には、 ・連絡いたします ・ご連絡します が適切です。 また、 「ご連絡いたします」の「いたします」は補助動詞なのでひらがなで表記するのが望ましいです。 「致す」とする際はそれ自身が動詞になる場合。 「至らせる・引き寄せる・尽くす」という意味で使うときは「致す」にします。 「いたす」とする際は補助動詞になる場合。 「お願いいたします・失礼いたします」などと使うときは「いたす」にします。 接頭語の「ご」「お」は色々な意味になるので注意 「ご連絡」は漢字だと「御連絡」と書きます。 「御」は音読みだと「ゴ」、訓読みだと「お」と読みます。 一般的に、「お」は和語につけて、「ご」は漢語につけるとされています。 「連絡」は音読みなので、「ご連絡」が適切です。 他にも、例えば「名前」であれば「お名前」、「説明」であれば「ご説明」となります。 また、「お返事」「ご返事」と2つの接頭語が対応する場合もあります。 「ご」と「お」は動詞に接続する場合、後に続く文章によって意味合いが異なります。 その他の「ご連絡」を含む表現 「ご連絡させていただきます」は不適切 「ご連絡させていただきます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「させて」=使役の助動詞「させて」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 要するに「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 相手に自分が連絡することに対して許可を得ていない場合は「ご連絡させていただく」は使えません。 もし、相手に許可を得ていたとしても「ご連絡させていただきます」は 二重敬語のため、不適切です。 「ご連絡申しあげます」は正しい敬語 「ご連絡申し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「申し上げる」=「言う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡申し上げます」は、取引先の会社やお客様に対してなど目上の相手へ使い、主にお礼や謝罪をするときに使うことが多い表現です。 「ご連絡申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語としては使いません。 「ご〜申し上げる」という形では、「ご説明申し上げます」や「ご報告申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 ですので、「ご連絡申し上げます」は、謙譲表現「ご〜申し上げる」+丁寧語「ます」になり、二重敬語ではないため、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 「ご連絡差し上げます」は避けるべし 「ご連絡差し上げます」は、 ・「ご」=謙譲語 ・「連絡」 ・「差し上げる」=「与える」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「連絡差し上げます」は正しい表現ですが、 「差し上げる」が「与える」「やる」という意味のため、上から目線な印象を与えてしまう可能性があります。 例えば、「今日は都合が悪いので、明日にまた連絡差し上げます」といったように自分の都合に合わせて使用してしまうと上から目線に感じてしまいます。 「連絡差し上げます」は、相手の都合に配慮して連絡をする場合に使う表現です。 明らかに自分の都合で連絡をする場合に使うのは不適切になります。 「連絡差し上げます」は、相手にとってメリットがある場合にのみ使用するようにしましょう。 「ご連絡」のビジネスメールでの使い方と例文 「ご連絡〜」はビジネスメールで使われる機会が多く、特に目上の人へメールに対して使用するのが適しています。 「ご連絡いたします」「ご連絡申し上げます」は、自分から連絡をするときに使う言い回しです。 ・こちらから追って連絡いたします。 ・いつもお世話になっております。 ・検査の結果が分かり次第ご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。 ・先日の打ち合わせの件でお伺いしたいことがあり、連絡いたしました。 ・不良品の代替については発送日の確認が取れ次第、改めて連絡いたします。 ・その件については一旦確認をしてから、折り返し連絡申し上げます。 ・原因が判明次第、ご連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。 ・このような事態になってしまったことについて確認でき次第、ご連絡いたします。 相手に連絡をお願いしたり催促するときに便利な例文集 相手に連絡をお願いしたり、催促する場合は、相手にできるだけ不快感を与えないよう、丁寧な言葉を使うことが重要です。 悪気がなかったとしても、相手は失礼に感じたり、きつい印象を持ってしまうことがあるので、注意してお願いするようにしましょう。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご連絡をお待ちしております。 ・お忙しいところ、恐れ入りますが、今週中にご連絡いただけましたら幸いです。 ・再度ご連絡申し上げておりますが、お返事をいただけておりません。 よろしくお願いいたします。 ・先日、新しいプロジェクトに関するお問い合わせをいただきましたが、その後はいかがでしょうか。 「ご連絡いたします」と「ご報告いたします」の使い分け 「報告」とは、「ある任務を与えられたものが、その遂行の経過・結果について述べること。 また、その内容」を意味しています。 「ご報告」は、上司や先輩など目上の相手に対して使います。 「ご連絡」は今現在も進行している事項を伝えるときに使い、「ご報告」は完了した事項を伝えるときに使います。 「ご連絡」はあくまでも物事の内容を簡単に伝えることを意味していて、「ご報告」は、物事の展開や結果などを伝えることを意味しています。 ・今年度の業績について、ご報告いたします。 ・先日の打ち合わせの内容をご報告いたします。

次の

「ご連絡いたします」は謙譲語 ビジネスにおける連絡の敬語表現

追って連絡します 敬語

「分かり次第」という言葉は、よくビジネスシーンで見聞きする言葉です。 「〜分かり次第ご報告します」や、「お分かりになり次第ご一報お願いいたします」など、という風によく使います。 この「分かり次第」の「次第」という言葉には、もともと「ものの順序」や「物事の事情や経緯」といった意味がありますが、「分かり次第」という言葉の「次第」は、「とき(時点)」のことを指しています。 このように、「分かったときに(『事情が』分かった時点で)」という風に、「分かる」より先に「次第」の意味が前に出てくるのが「分かり次第」という言葉と言えます。 それでは、「分かり次第」という言葉は、敬語ではどのように使うのが正しいのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 「分かり次第」の敬語での使い方 それでは、「分かり次第」という言葉を、敬語で使いたいときには、具体的にはどのように使うことができるのでしょうか。 敬語の種類に分けて見てみましょう。 敬語の種類 「分かり次第」という言葉の敬語の表現を詳しくみていく前に、まずは敬語の種類についておさらいしておきましょう。 これを抑えておくと「いざ敬語で『分かり次第』という言葉を使おう」というときに、迷うことが少なく済みます。 もっとも使う敬語「丁寧語」 「丁寧語」とは「誰にでも使うことができる単に丁寧な言葉遣い」のことです。 例を挙げると、「ですます調」や「お湯」の「お」、や「ご飯」の「ご」などが挙げられます。 「丁寧語」は誰にでも失礼なく、一定の敬意を示せる言葉であるので、敬語の種類の中でも、日常生活の中で最もよく使う敬語の種類です。 自分について述べるときに使う「謙譲語」 「謙譲語」は「自分や自分に関係することやものに対して、あえてへりくだっていうことで、相手の立場を高く見せる言葉遣い」です。 「へりくだる」とは「自分の立場を低く見せること」です。 「謙譲語」の例には、「いただく」や「存ずる」といった言葉を挙げることができます。 この言葉は、「丁寧語」と違い、使う相手を選ぶ敬語です。 主に目上の方やお客様と話すときに使う敬語であると覚えると良いでしょう。 「自分の立場をあえて低く見せる」言葉であるので、目下の人や自分と同じ立場にいる人には使いません。 また、お客様や目上の方に関することについて、誤って「謙譲語」を使ってしまうと、相手の方を「低い立場に見せる」ことになり、失礼なので注意しましょう。 目上の方に使う「尊敬語」 「尊敬語」は「目上の人やその人に関係する物や事について述べるときに使う言葉遣い」のことです。 これも「謙譲語」と同じで、使う人を選ぶ敬語であると言えます。 「くださる」や「お思いになる」などが「尊敬語」にあたる言葉と言えます。 「謙譲語」と「尊敬語」はどちらも、目上の人を目の前にしたときに使う言葉なので、使い分けが難しいと感じる方も多いですが、簡単に言うと自分に関わることには『謙譲語』、お客様や目上の方に関わることは『尊敬語』を使うと言えます。 例えば、同じ物をもらう場面でも、「自分が目上の人からもらった」と言うことに着目するのであれば、謙譲語の「いただく」を使って「いただきます」と言いますし、「目上の方がくれた」ことに着目するのであれば、尊敬語の「くださる」を使って「〇〇様がくださった」と言います。 このように、着目するものが「目上の人」に関わるときに使うのが「尊敬語」です。 「分かり次第」の使い方 敬語の種類について抑えたところで、本題の「わかり次第」の敬語での使い方について、見ていきましょう。 実は後ろの言葉「次第」?! 「分かる」という言葉には、丁寧語なら「分かる(分かります)」、謙譲語なら「承知する」、尊敬語なら「お分かりになる」といった言い回しがあります。 しかし、「分かり次第」という言葉は、「分かり次第」という形で一つのフレーズなので、「承知次第」や「お分かり次第」という使い方はしません。 では、各敬語によってどのように使い分けるのかというと、それは前後の言葉によって使い分けるといえます。 例えば、「分かったら連絡してね」というのを、「丁寧語」なら「分かり次第ご連絡お願いします」と言えますし、尊敬語なら「お分かりになり次第、ご連絡くださりますようお願い申し上げます」と言うことができます。 謙譲語の場合は、「自分が分かったら連絡する」と言うことになるので、「分かり次第ご連絡いたします」と言うことになります。 このように、「分かり次第」という言葉は、前後の言葉で敬語の使い分けができると言えます。 メールでの使い方 メールで使う場合にも、抑えておかなくてはいけない点は、前項と変わりません。 ただし、「分かり次第」という言葉の多用は避けたほうがいいでしょう。 なぜかと言えば、「分かり次第」という言葉は、「現時点では分からないこと」について述べるのに使う言葉だからです。 「分かり次第」という言葉が多く使われる、ということはそれだけ分からないことが多いということになり、メールの受け手にとって不安が多く残る、曖昧な文章になってしまいます。 また、受け手に対して「分かったら〜してね」という言葉を多く使うのも、要望が多いと捉えられてしまうでしょう。 ですので、「分かり次第」という言葉をメールで送るときには、「これだけについては時間をもらいたい」、「これだけは先に分かっておきたい」ということにだけ使うようにしましょう。 この項では、「分かり次第」という言葉を敬語表現したときの、いくつかの文章をご紹介します。 文章と解説を読んで「分かり次第」の使い方のコツを掴みましょう。 分かり次第ご連絡します 「分かったら連絡するね」という意味の文章です、敬語の丁寧語において「分かり次第」を使った例といえます。 「分かり次第」の後に続く、「ご連絡します」を「ご連絡お願いします」と言い換えることで、相手の方に連絡をお願いすることもできます。 面と向かって話すときにも、メールなどの文章に使うときにも使えるフレーズです。 分かり次第ご連絡致します 「分かったら連絡するね」を敬語の謙譲語で表現した文章です。 「致します」というのが「する」の謙譲語にあたる言葉です。 こちらも「分かり次第ご連絡します」と同じように、「分かり次第ご連絡お願い致します」と言うことができます。 この場合、「連絡をお願いする」ということを、へりくだって「連絡お願い致します」と言っているといえます。 目上の方やお客様に対して、メールや面と向かって話すときに、使えるフレーズです。 お分かりになり次第ご連絡ください 「分かったら連絡してね」を敬語の尊敬語で言い表した表現です。 「分かり次第」の「分かる」を尊敬語の「お分かりになる」に直した表現といえます。 尊敬語でも丁寧語や謙譲語のように「お願いする」を使って、「お分かりになり次第ご連絡くださいますよう、お願いいたします」と言えないこともありませんが、くどい文章になります。 ただし、言葉の受け手によっては、「ご連絡ください」の「ください」という言葉が、高圧的に感じられる、ということもあります。 これは「ください」という言葉が、相手に判断を委ねない言い回しだからです。 ですので、「お分かりになり次第ご連絡ください」で十分に敬意を払った言葉ではありますが、自分でも気になるようであれば、「お分かりになり次第ご連絡くださりますよう、お願い致します」を使う方がよいでしょう。 「分かり次第」の別の敬語表現例 「分かり次第」という言葉と同じ意味になる別の敬語の言い回しには、どのような表現があるのでしょうか。 そもそも、「分かり次第」という言葉が「その言葉自体を別の言葉に置き換えて敬語の表現にする言葉」ではないため、「分かり次第」と同じ意味になる言葉も、「その言葉自体が敬語表現になる言葉」ではありません。 どういうことかというと、例えば「もらう」という言葉は、敬語の表現にするときに、丁寧語なら「もらいます」、謙譲語なら「いただきます」、尊敬語なら「お受け取りになる」という風に、「もらう」とは全く別の言葉を使って表現します。 これに対して、「分かり次第」という言葉は、この言葉自体を別の表現に変えるわけではありません。 前後の言葉が変わることによって、敬語表現になる言葉です。 ですので、「分かり次第」と同じ意味を持つ言葉も、その言葉の前後の言葉によって敬語表現になる言葉になるということです。 「分かり次第」の別の表現例 それでは、「分かり次第」の別の表現についてご紹介します。 各言葉の解説に、丁寧語ではどうか、謙譲語、尊敬語ではどうであるか、について解説しますので、敬語で使うときの参考にしてみてください。 確認がとれた時点で 「確認」という言葉は「調べたり念を押したりして、はっきりそうだと納得すること」を意味する言葉です。 これは「分かる」と似た意味を持つ言葉といえます。 また、「分かり次第」の「次第」が「〜のとき」という意味であるので、これと同じ意味を持つ「時点」という言葉に置き換えています。 敬語で「確認がとれた時点で」をいう場合には、「確認がとれましたら」や「ご確認の上」といった言い回しができます。 これはどちらも丁寧語の表現です。 尊敬語や謙譲語では、この言葉にあたる言い回しがないので、「確認がとれた時点で」という言葉も、丁寧語のみで表現できるといえます。 「確認がとれましたらご連絡します」や、「ご確認の上お願いします」という使い方ができます。 分かった際に 「分かった次第」の「次第」は「〜のとき」という意味であるとお伝えしました。 この「わかった際に」の「際に」という言葉も「〜のとき」という言葉です。 敬語で表現する場合には、「お分かりになった際に」「分かりました際に」と言うことができます。 「お分かりになりました際に」というのは尊敬語の表現です。 一方「分かりました際に」というのは丁寧語の表現になります。 謙譲語では「自分が分かったときに」と言い表すことになるので、そのまま「分かった際に」と使います。 「日程が分かりました際にはご連絡お願いします」や「日程がお分かりになりました際にはご連絡ください」というように使います。 お分かりになりましたら.

次の