ニューヨーク先物。 SQの日程(米国・アメリカのNYダウ先物やS&P500オプションなどの解説含む)|株式マーケットデータ

先物・オプション

ニューヨーク先物

海外の市況のうち特にナスダック総合指数やNYダウ30種類平均をを含んだ米国の市況は翌日の日本の株式市場に影響を与えます。 米国がくしゃみをすると世界が風邪を引くとも表現される程です。 なかでも米国市場に上場している日本企業の証券(ADR)は特に日本の株価と連動性が高い為にADR銘柄の動向は注目されます。 SOX指数 フィラデルフィア半導体指数 とは、フィラデルフィア証券取引所の半導体の設計、流通、製造、販売を手掛ける19の代表企業株で構成される指数。 セミコンダクター(半導体)の先行きを占う指数として、とても注目度の高い指数です。 ラッセル2000指数とは、フランク・ラッセル社が毎年5月末に米国株9000社のうち時価総額上位3000社の株式をランク付けし、そのうち下位の2000 社でつくった株価指数がRussell 2000 と呼ばれ、米国小型株の代表的な指標とされています。 中南米 株価指数 ボベスパ ブラジル 22:00~ メルバル アルゼンチン 23:00~ IPC メキシコ 23:30~ BRICsやIBSACといった用語が注目されています。 新興市場国として将来が期待されている国の総称です。 【 BRICs】 <ブリックス> ブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の頭文字から経済成長が著しいブラジル・ロシア・インド・中国の 4 か国の総称。 レポートでは現状のまま経済が発展していくと,2050 年には世界の GDP 上位 6 位までにこの 4 か国が入ると予測されており,今後の世界経済の動向に大きな影響を与える新興大国群として注目されている 【 IBSAC】 <イブサック> ブリックスに対して・ロシアを除いて南アフリカ(South African Republic)を追加した 4 か国の総称。 原油市場の価格の変動要因には世界の景気動向、産油国の生産動向、最大の消費国である米国の在庫量、国際政治情勢などが挙げられます。 一般的に原油価格の上昇は、インフレ懸念から株安に影響します。 原油価格は世界経済に大きな影響を及ぼす商品でその影響は重要な株価変動要因のひとつとしてとらえることができます 金先物相場は外国為替相場がドル安円高になれば国内の金価格は一般に下落し、逆にドル高円安になれば国内の金価格は上昇するというドル相場と逆相関係にあるのが普通です。 また政情不安、インフレ、生産減少なども金価格の上昇の要因となります。 CRB先物指数は、Commodity Research Bureau社が算出する商品先物指数。 商品市況の指数では最も注目される指標であり商品市場への資金流入やインフレの傾向を計ることができます。 この指数を構成する19品目は、原油、無鉛ガソリン、暖房油、天然ガス、金、銀、銅、アルミニウム、ニッケル、トウモロコシ、大豆、小麦、綿花、生牛、豚、コーヒー、ココア、オレンジジュース、砂糖。 日経平均株価指数は、東京証券取引所1部上場銘柄のうち市場を代表する225銘柄で構成される株価平均指数です。 構成される個々の銘柄株価は業績好不調や企業への期待増加や失望などの要因により騰落し、日経平均株価は変動します。 日経平均の動向を予測するためには、各企業の株価の動向を知ることも大切ですが、株式市場全体に大きな影響を与える要因を把握することも重要です。 主な要因の例として急激な為替の変動(円高・円安)や原油価格の高騰、世界の株価指数の急落(ニューヨーク市場・NYダウの急落)などがあります。 このような日経平均株価に大きな影響を与える世界経済の市況は日頃からチェックをしておき、急な変動に対処できる準備が必要です。 このページを見れば本日の世界市況の流れが一目瞭然!というサイトを目指して世界の株価指数や主要指数の当日チャートを一覧にしました。 日々の株式投資、為替取引、先物取引 等のお役に立てれば幸いです。 リンクフリーです。 他サイトへの リンクは広告も含めて全て新しいウィンドウで開きます。

次の

株価指数先物

ニューヨーク先物

9時間 夏時は10 を引くと日本時間になります。 一時間足すと日本時間になります。 「ミニ」の1枚当たりの証拠金は10分の1です。 CMEとはChicago Mercantile Exchangeの略称で、シカゴ商業 マーカンタイル 取引所のことです。 世界最大の先物取引所で、金利、株価指数、外国為替、農業品の先物と先物オプションの取引を扱っています。 SGXとはSingapore Exchangeの略で、シンガポール取引所のことです。 アジア各国の金融先物およびオプションも多数上場されいます。 その中でも特にCME日経先物価格は翌日の日経平均に大きな影響を及ぼします。 日経平均の寄り付きは、大抵がCMEの終値に近い金額で取引が開始されます。 様々な経済的要素を考慮した日経平均の予想がCMEの終値ということですから、当然といえば当然かもしれません。 CMEの価格は日本市場全体に影響することも多いので、日経平均銘柄の売買を行う方だけではなく株式売買を行う方は注意深くCMEの動向はチェックをする必要があります。 リンクフリーです。 他サイトへのリンクは全て新しいウィンドウで開きます。

次の

米国コーヒー先物 価格

ニューヨーク先物

銀市況&NY銀取引について 【銀産出国ベスト10】 1 メキシコ 4. 150(トン) 2 中国 3. 700 3 ペルー 3. 410 4 オーストラリア 1. 730 5 ロシア 1. 350 6 チリ 1. 290 7 ボリビア 1. 210 8 ポーランド 1. 170 9 アメリカ合衆国 1. 120 10 カナダ 572 — 他の国 3. 600 総計 23. 300 【銀相場の歴史】 銀は金と並び、貴金属や工業用素材として広く使用されることから、投資の対象にもなっている。 時には、投機的な資金が流入して、相場価格が乱高下することがある。 投資の対象として注目されるようになった発端は、1979年 - 1980年のハント兄弟が、工業用にも利用されている銀の価格が、金相場と比べて低いことに着目した買い占め 銀の木曜日(英語版) がきっかけであり、1月18日にはニューヨーク市場で瞬間最高値1オンス50ドル超を記録するなど、一時は20倍もの価格上昇が発生した。 ハント兄弟の価格つり上げ工作は、高騰により、ヨーロッパの一般家庭が使っていた、銀食器が大量に鋳つぶされ、市場に大量放出されたことによる暴落で大失敗に終わるが、その後も1996年には、アメリカ合衆国の投資家であるウォーレン・バフェットが、世界の年間供給量の5分の1を買い占めたと表明し、直後に暴騰が生じた。 2011年4月頃にも、1980年にハント兄弟の買占めに迫る価格まで価格が急上昇したが、先物取引の規制(証拠金の上積み規制)がなされたために暴落するなど、依然として混乱は見られる。 【NY銀の取引所はCOMEX】 ・NY銀は世界の銀価格の指標! COMEX(コメックス)は、"Commodity Exchange"の略で、日本語では「ニューヨーク商品取引所」とも呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)のニューヨークにある、CMEグループのNYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の一部門をいいます。 これは、1933年に4つの中小取引所である、ナショナル金属取引所(The National Metal Exchange)、ニューヨーク・ゴム取引所(The Rubber Exchange of New York)、ナショナル生糸取引所(The National Raw Silk Exchange)、ニューヨーク・ハイド取引所(The New York Hide Exchange)が合併して総合商品取引所となり、「Commodity Exchange Inc. 」の名称で設立されました。 その後、1994年にNYMEXと合併し、NYMEXの一部門となり、さらに2008年にNASDAQに上場するCMEグループがNYMEXを買収したことでその傘下となりました。 現在、COMEXは、CMEグループの中核となる部門(CME、CBOT、NYMEX、COMEX)の一つで、金・銀・銅などが上場されている先物市場を運営し、特に金・銀先物は世界の金価格の指標的な存在となっています。 また、取引方法については、かつては伝統的なオープンアウトクライの立ち会い取引が中心でしたが、現在はCMEの電子取引システムである「CME GLOBEX」が導入され、取引が電子化されています。 日本ではg(グラム)取引が多い。 103 4768グラムである。 トロイオンスは、480グレーンに等しく、常用オンス(437. 5グレーン)よりも少しだけ重い。 1958年に米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの6カ国の国際協定が締結され、アメリカでは1959年7月1日に発効した定義では、1グレーンが正確に64. 798 91ミリグラムと定められたので、現在では、1トロイオンスは正確に31. 103 4768グラムとなる。 トロイオンスは、貴金属(金や銀)の価格設定において用いられるが、日本国内ではグラムやキログラムも用いられる。 日本の計量法では、「金貨の質量の計量」に限定してトロイオンスの使用が認められている。 ただし、計量法体系では上記の国際定義値の桁数を6桁に丸めて、31. 1035グラムと定義している。 【金銀レート1年チャート】 金価格を銀価格で割った倍率。

次の