韓国経済 崩壊。 キムチ速報

韓国の崩壊が始まった!レベルの低い韓国の国民性が問題だ!韓国銀行が金融危機後初の韓国のマイナス成長を予測 韓国の反応

韓国経済 崩壊

韓国経済、〔ノージャパンだろう?〕韓日関係の悪化で…日本進出の韓国企業95.7%、「事業が苦境」 記事要約:何言ってるんだ?ノージャパンだろう?なら、さっさと韓国企業は日本から撤退すればいいじゃないか。 この先、日韓関係は悪化ではなく、断交するのだから、撤退する速い方がいいとおもうぞ。 日本進出の韓国企業95.7%、「事業が苦境」という。 でも、当然の結果といえる。 まさか、日本から日本人に出ていけといわれなければ出ていかないつもりなのか。 空気を呼んだ方がいい。 韓国企業も、韓国人も、さっさと韓国へ帰れ。 ノージャパンと豪語している以上、日本人の反応はそうなる。 もっとも、ノージャパンをやめたところで、許すこともない。 つまり、日韓関係は終焉を迎えようとしているわけだ。 それは国民から始まってるので止めることは政府にもできない。 しかし、こんな状況で韓国で商売しようとする日本企業が存在するのが驚きだよな。 もっとも、コロナの感染拡大でビジネスどころではないが。 韓国経済、〔ノージャパンだろう?〕韓日関係の悪化で…日本進出の韓国企業95.7%、「事業が苦境」 日本で製造業者を運営するA代表は最近もどかしい思いから夜眠れずにいる。 韓国製は中国製よりもコスパが良いため着実に一定の市場シェアを維持してきたが、最近需要を中国製品が代わることが大きく増えたためだ。 A代表は「日本の顧客が製品のレビューをする際に韓国製を暗黙的に避けているのではないかと心配」とし「社内での解決策もなく気をもんでいる」と述べた。 凍りついた韓国と日本の関係に新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による入国制限まで重なり、日本で事業を行う韓国企業の苦境が深刻化している。 25日、全国経済人連合会(全経連)によると、駐日韓国企業の95.7%が韓日間の相互入国制限措置で事業に悪影響を受けていることが分かった。 9~22日に実施したアンケート調査の結果だ。 日本は4月3日から新型コロナの感染拡大防止を理由に韓国人の入国を全面的に禁止し、韓国も日本へのビザ免除措置とビザ効力停止などで対抗している。 事業に不便を与える分野としては「事業の現場訪問および管理が困難」が44.9%で最も多く、「既存の取引先とのコミュニケーションが困難(13.5%)」、「専門人材の交流が困難(13.5%)」が続いた。 これといった代案もない。 とり急ぎ「ビデオ会議などのオンラインコミュニケーションを拡大した(38.3%)」という企業が多かったが、現時点では特に代案がない(31.9%)」という回答も同水準だった。 これを受け、企業4社に3社(77%)はことしの売上高が昨年に比べて減少すると予想した。 企業の99%は下半期にも相互入国制限措置が続けば、ビジネスにマイナスの影響を及ぼすと予想した。 日本国内の事業が苦境を迎えたのは、新型コロナの前に昨年7月、日本の韓国輸出規制により両国関係が悪化の一途をたどった影響が大きい。 駐日韓国企業の3社に2社(69.1%)以上が韓日相互輸出規制以降、日本国内の事業環境が以前に比べて悪化したと答えた。 これは「影響なし」という回答(30.9%)の倍以上であるうえ、「好転した」という回答はまったくなかった。 輸出規制が現地進出企業にも非常に否定的な影響を与えているのだ。 日韓関係の悪化にも関わらず日本事業を維持する理由としては「日本市場(需要)の重要性」という回答が47.9%と最も高かった。 続いて「韓日関係にもかかわらず収益創出が可能(39.4%)」が続いた。 現在の両国関係の悪化にもかかわらず、企業の立場としては日本市場の長期的な重要性を放棄することはできないと判断しているということだ。 現地への進出企業は今の状況ではビジネスの隘路を改善するためには「中国とのファストトラックレベルで企業の入国制限緩和が必要(43.6%)」は訴えた。 全経連のキム・ボンマン国際協力室長は「両国が相互入国制限の緩和との関係改善のための積極的な努力をすることを願う」と語った。 続けて「韓日関係の悪化にも企業関係者が日本市場の重要性を強調しているため経済界レベルでも円滑な事業継続のために日本経済界との交流を維持していく」と強調した。 全経連はことし下半期に在韓日本大使を招待した会員企業懇談会を準備しており、日本の経団連と11月6日にアジア域内の民間経済団体の集まり「アジア・ビジネス・サミット」を開催する予定だ。

次の

韓国経済崩壊

韓国経済 崩壊

さらに、日本の防衛に必要な情報も収集。 現在、正常に戻りつつある日韓関係にも注目。 韓国経済崩壊のプロセスを看取るサイトは新サイトへ移動しました。 読者様からのコメントも3万超え!コメント検索機能も追加。 2019年に韓国経済が破綻するという韓国経済危機説や韓国経済崩壊説が最近話題だが、実際はどうなのか。 膨大な記事と管理人こと、ジンボルトによる11年にわたる韓国経済の知識を総動員して分析していく。 また、最近の悪化の一途を辿る日韓関係に関わる事件にも要注目してほしい。 新着記事を一目でわかるようにした。 それと最初のリンクを新着記事一覧にしてある。 後、記事が埋まってしまったようにまとめリンクも作成した。 ただ、これが読者様にとって記事を探りやすいかどうかは未知数なので、感想や意見などがあれば教えていただきたい。 そのとき、PC,スマホ,タブレットから見てどうなのかを説明して貰えるとありがたい。

次の

記事一覧

韓国経済 崩壊

韓国経済が崩壊したら政府はみずほや三菱UFJを救済するでしょうか? 最悪と言われながらどこを見ても改善の見通しがない韓国経済。 経済崩壊が現実感を帯びてきています。 もしそうなったらめいっぱい貸し込んでいるみずほ銀行は破綻必至ですし三菱UFJ銀行だって安泰ではないでしょう。 すると今でも弱含みの日本経済は再度混乱を起こすことでしょう。 それを防ぐため巨大な公的資金を注入すれば財政再建を唱えている財務省は十字砲火を受けることでしょう。 安倍政権は対韓制裁カードを100枚以上用意していると聞きますがまさかいきなり経済破綻を起こす意図はないと思います。 でも起きてしまったらどうするのでしょう? そういう事態を予期して両銀行の救済策を用意しているのでしょうか? バブル崩壊で、日本のメガバンクは大きな痛手を喰らいました。 バブル時に、不動産や株式、バブル3K(海外不動産、絵画、会員権など)に傾斜して直接的・間接的に集中投資し過ぎて、それらの相場商品が値崩れし価格崩壊したことによって、倒産する銀行・証券会社まで出てくる始末で、大手の銀行まで倒産寸前まで追い込まれたのでした。 このバブル崩壊以降、銀行経営において過大な傾斜配分はしないよう様々なリスクをコントロールしポートフォリオ経営を行なっています。 国家のデフォルトリスクについては「ソブリンリスク」としてコントロールしています。 具体的にどうなっているのかについては、ネット情報で 「2019-08-01 韓国向けの邦銀の貸出残高はどのようになっているのか?」という記事を引用します。 以下引用です。 () 「次に国際展開が進んでいるメガバンクの韓国向け「貸出残高」を確認しましょう。 いずれも2019年3月末時点となります。 MUFG 4,255億円 海外貸出全体 421,796億円(米国持株会社、タイ現地銀行含む)の1% 三井住友 2,330億円 海外貸出全体 221,205億円の1% みずほ 7,196億円 海外貸出全体 253,970億円の3% なお、上記は純粋な貸出残高です。 みずほが韓国向け貸出の残高が多いというところが特徴でしょう。 MUFGとSMFG(三井住友)は問題ない水準と言えます。 」 だそうです。 ちなみに、みずほ銀行の2019年3月期の経常利益が「6,141億円」なので、もし無担保貸出中心で、すべてが損失計上されたとしても、1年分の利益が吹っ飛ぶ程度で、経営が揺らぐことはないし、公的資金など必要ないと思っています。 また、普通に、親会社の保証などの担保は取っているはずなので、貸出全てが損失となる事態は発生しないでしょう。 経営に支障を来さないレベルなので、追い貸しや救済は行なわず、貸倒引当金を計上してお終いでしょう。 経営に支障が生じることはないとしても出来る事なら、今のうちに、順次撤退して、貸出残高を半額程度までに減らすのが「賢い銀行経営」と言えると思ってもいます。

次の