都筑区 小児科。 そがこどもクリニック|都筑区センター南の小児科 予防接種 乳児健診

神奈川県横浜市都筑区|小児科探し

都筑区 小児科

院長挨拶 ホームページをご覧いただきありがとうございます。 院長の時枝啓介(ときえだ・けいすけ)です。 港北ニュータウンエリアである当地は、横浜市の中でも世帯平均年齢が若い区であり、子育て世代の方が多くいらっしゃるという特徴があります。 現代は、インターネット情報に容易にアクセスできる反面、なかなか何が「本当に正しい情報」なのかがわかりにくい時代でもあります。 そのような状況でお子さんの成長・発育に関して様々な悩みを抱えていらっしゃる保護者の方は少なくありません。 当クリニックは小児科専門医としてのこれまでの知識と経験を生かし、お子さん一人一人にあわせた病気の診断・治療はもとより日常生活のアドバイスや育児相談などを幅広く行っていきます。 とくに、当クリニックの専門分野の一つである喘息・アレルギーに関しては疾患ガイドラインに沿ったエビデンスに基づく最新の治療を実践しております。 アレルギー疾患は医師が短期的に直接治すものではありません。 たとえて言うならば山の頂上(治癒)に向かってガイドの案内(医師の指示・処方)に従って保護者の方とお子さんが二人三脚で一歩一歩登っていく(毎日決められた治療を継続する)イメージです。 時間はかかりますが山を登るにつれて周りの景色が見えてくるように必ず成果が現われるものだと思ってください。 当クリニックでは、治療に関する丁寧なご説明とインフォームド・コンセントを重視しています。 どのようなことでもお気軽にご相談ください。 ・非感染症枠;AM 11:00~12:00、PM 15:00~17:00 (入室時の体温チェック、マスク(4歳以上)は必ず着用)*発熱が見られた場合、マスクをお忘れの場合、入室できませんのでご注意ください。 上記時間帯は必ず守ってください。 このため前回お知らせしましたオンライン診療開始は一旦 保留とします。 現在横浜ではコロナウイルス流行はほぼ終息していますので、 原則的には対面診療をお願いしますが、事情により電話等再診(遠隔診療)をご希望される方はクリニックまでご相談ください。 < キャッシュレス決済導入のお知らせ> 新型コロナウイルス対策の一環として当院でもキャッシュレス決済が可能になりました。 当院で利用可能なシステムは ・Paypay ・クレジットカード(VISA, Master);7月3日から となります。 詳しくは窓口まで <新型コロナウイルスPCR検査について> 当院でも新型コロナウイルスPCR検査(唾液)が可能となりました。 横浜市の公費検査ですので患者さんの自己負担はありません。 ・必ず 事前予約してください。 ・感染予防の観点から患者さんの診察、検体採取(患者さんご自身あるいは保護者の方に行っていただきます)は 駐車場での患者さんの自家用車内で行います。 ・医療者側も完全防護で行いますので、事前予約された時間を厳守してください(遅れますと検査できなくなります)。 <新型コロナウイルス抗体検査(自費)について> これまでにコロナウイルスに感染したかどうかを調べるための抗体検査があります。 現在、保険適応ではないため自費診療(5500円)となります。 ご希望の方はクリニックまでご連絡ください。 <高木Dr診察日> 8月12日(水) 8月19日(水) 9月2日(水) 9月16日(水) < オンライン診療 正式稼働のお知らせ> *現在行っています情報通信機器(ICT を用いた診療形態は新型コロナウイルス感染流行に対応するための一時的措置で、「 オンライン診療」ではなく「 電話再診等」の特例という扱いです。 早ければ6月中に終了となります。 *本来の オンライン診療」を令和2年7月から開始します。 * 保険診療として行う「 オンライン診療」には様々な条件、規定があります。 これに則った対応が必要ですのでご了承ください(詳しい条件等は「ときえだ通信」に記載しています)。 *6月中は移行期間とします。 オンライン診療に移行可能な方は6月中にお手続きください(移行期間中の遠隔診療は「 電話再診等」として対応します)。 < (重要)新型コロナウイルス対応;令和2年6月以降> 緊急事態宣言が解除されました。 学校も再開されるようです。 それに伴いクリニックでの対応策も一部緩和したいと思います。 ・ 非感染症枠;AM 11:00~12:00、PM 15:00~17:00 (入室時の体温チェック、マスクは必ず着用)* 発熱が見られた場合、マスクをお忘れの場合、入室できませんのでご注意ください。 ・対象が気管支喘息、高血圧等の 特定疾患対象患者さんと在宅時医学総合管理対象の在宅患者さんのみになります。 ・ 前回と同様の処方でよい場合に限定されます(原則として症状変化に対する追加処方や処方薬変更は出来ません)。 ・3回に1回 対面診療が必要です。 ・ 通信機器使用料( 1回350円 )と 処方箋郵送料( 切手代 )が別途かかります。 ご了承ください。 < AM診療時間開始に関するお知らせ> 平日はAM8:30~病児保育室「わかば」で当日利用者の方の入室時診察があります。 人数により前後しますが、概ねクリニックでの診療開始が9:30頃になりますのでご了承ください。 < 新型コロナウイルス対策情報・追加> ・横浜市では6月から学校が再開されるようです。 ただし、感染拡大防止の観点から分散登校等対策を施すようです。 ・外来では引き続き現在の 非感染症枠、 一般枠を継続しますのでご協力のほどお願い致します。 (*一般枠では医療者側も 完全防御装備で対応しますので) ・一般枠で受診方へのお願い;発熱症状のある方は受診前に 必ずクリニックまで 事前にお電話ください。 (症状により隔離室(完全個室)あるいは駐車場での車内で診察する場合があります)。 < 個別乳児健診委託開始のお知らせ> コロナウイルス感染によるクラスター対策として現在区の保健所で行われていました4か月健診、1歳6か月健診、3歳児健診が中止されています。 横浜市より該当される方は市内の医療機関で個別に健診を行うよう通知がありました。 当院でもこの個別健診に対応しています。 感染対策を万全にしての健診ですので WEB予約ではなく必ず電話で受診予約をお願い致します。 < オンライン診療(遠隔診療)ご予約の方へのご注意とお願い> オンライン診療の対応疾患が広く慢性疾患に適応拡大されましたが、オンライン診療の適応条件が緩和されたわけではありません。 ですから例えば喘息患者さんで「最近咳や痰が増えてきた」場合に、それが喘息症状かそうでないか診断し、さらには薬の調整が必要となりますので、このようなケースは オンライン診療の対象外となります。 オンライン診療でご予約されている場合でも症状等をお聞きした時点で医師がオンライン診療の対象外と判断した場合は クリニックでの受診(対面診療)に切り替えていただきますのでご了承ください。 ・横浜市公費による横浜市医師会の委託事業ですので、 横浜市内在住の方が 無料で検査を受けられます(市外在住の方は居住地域の新型コロナ受診相談センターにご相談ください)。 ・医師が検査が必要と判断した患者さん、接触者相談センターで検査が必要と判断された患者さんが対象ですので、直接行っても検査は受けられません。 ・ドライブスルー形式ですので、徒歩で行くことはできません。 ・検査センターですので、その場で診察や各種相談することはできません。 ・必ず、事前に「かかりつけ医」を受診し、 医師から検査センターで検査を予約してもらい、その時間に検査センターで検査を受けてください。 *注意事項が種々ありますので、詳細は「かかりつけ医」にご相談ください。

次の

水野クリニック 内科・小児科|横浜市都筑区の医療法人 活人会

都筑区 小児科

2020. 16 乳児健診(4か月、1歳6か月、3歳健診の特例措置) 横浜市個別委託幼児健康診査(特例措置) 新型コロナウイルス感染症の流行のため横浜市保健所でのの集団健診が中止され、個別で実施することになりました。 当院は協力医療機関として健診を行うことができます。 対象の方には横浜市から順次『横浜市乳幼児健康診査票』が送付されてきますので、Webまたはお電話で予約をお願いいたします。 受診時には健康診査票、母子手帳、保険証をお持ちください。 乳児健診・予防接種の時間帯には体調不良の際は受診を控えください。 乳児健診・予防接種の時間帯以外で受診希望の方は電話でご相談ください。 待ち合いなどを調整し対応させていただきます。 2020. 30 予防接種・乳幼児健診 予防接種・乳幼児健診の診療時間14:00-16:00に変更しました。 院内でもsocial distanceに配慮するように努めます。 2020. 30 診察に関してのお願い 当クリニックでは新型コロナウイルス感染症への対応はしておりません。 ご心配、ご不安のある方は相談センターにお問合せください。 また、感染を心配し受診を控え、症状が悪化してから受診される方が増えているため、感染予防のため当面、症状によって平日午後の診療時間を調整させていただきます。 16:00~17:00 心疾患、アレルギー疾患、皮膚症状、便秘などの慢性的な病気の方。 体重増加など発育、発達に関する相談。 めまい、発熱を伴わない頭痛、腹痛などの感染症以外の症状が心配な方。 17:00~19:00 発熱、咳、おう吐、下痢などの症状のある方。 ご都合のつかない方、急に具合が悪くなった方など時間内に来院の難しい場合は、待合室、診察室を調整し対応をさせていただきます。 来院前にお電話にてご相談ください。 感染予防のためにご理解ご協力お願いいたします。 2020. 16 神奈川県医師会からのお願い。 新型コロナウイルス感染症について「神奈川県医師会からのお願い」です。 ご一読ください。 2020. 20 予防接種、乳児健診について 14:00から16:00に予防接種、乳児健診の時間を設けております。 他の時間帯がご希望の方にはお電話でお問い合わせください。 接種後の観察時間を考慮し診療時間終了1時間前まで施行させていただきます。 2019. 24 新規開院のお知らせ 2019年10月1日 火 センター南に 新規開院。 皆様が快適な生活をお送りいただけるよう、お役に立ちたいと考えています。 どうぞお気軽にご来院下さい。 2020. 16 診察時間 当クリニックでは新型コロナウイルス感染症への対応はしておりません。 ご心配、ご不安のある方は相談センターにお問合せください。 また、感染を心配し受診を控え、症状が悪化してから受診される方が増えているため、感染予防のため当面、症状によって平日午後の診療時間を調整させていただきます。 16:00~17:00 予防接種、健診や心疾患、アレルギー疾患、皮膚症状、便秘などの慢性的な病気の方。 風邪の症状のある方はこの時間帯の受診はお控えください。 17:00~19:00 発熱、咳、おう吐、下痢などの症状のある方。 ご都合のつかない方、急に具合が悪くなった方など時間内に来院の難しい場合は、待合室、診察室を調整し対応をさせていただきます。 来院前にお電話にてご相談ください。 感染予防のためにご理解ご協力お願いいたします。 2020. 02 生活リズム 学校の休みが続き生活リズムがバラバラになると立ち眩み、めまい、頭痛などの症状が現れやすくなります。 朝、早起きして朝日をしっかり浴びて、体に活動するスイッチを入れて、規則正しい生活を心がけてください。 外出しにくい状況ですがお気を付けください。 私は2001年4月から18年間昭和大学横浜市北部病院に勤務をしていました。 下痢や咳といった一般的な病気から世界に数例しか報告のない稀少疾患まで、健常児の健診から手術や移植、また治療法のない重篤な疾患まで様々な子供たちと関わってきました。 専門は先天性心疾患や川崎病などを主とした小児循環器学ですが病棟医長としてあらゆる分野の子供たちにかかわってきました。 この間、予防接種や様々なガイドライン・薬剤により医療の姿は変化し、治療から予防にその主体が変わってきました。 また長い年月により自分がかかわった子供たちが成人し親になった姿を見ることが増えてくるにしたがい、より地域に密着した医療を行いたいと考えるようになり開業をすることとしました。 また病院勤務時に感染管理にたずさわり、以前はこどもの感染症であった風疹や百日咳などに罹患する成人を目にすることがあり、こどもたちの健康のためには保護者の健康管理にも協力できないかと考えるようになりました。 子供の成長のためには保護者の健康も欠かせません。 )、育児のサポーターとして利用してもらえるクリニックを目指します。 自分で解決できないことは18年間にこの地で培った人脈を生かし適切な医療を提供できるように他施設と連携していきます。

次の

横浜市都筑区の小児科の病院・クリニック 38件 【病院なび】

都筑区 小児科

気になることがあったら、どうぞお気軽にご相談ください。 来院前にお電話にてご相談ください。 また発熱、感冒症状のある方は必要に応じ防護具着用にて診察を行っています。 手指消毒に勤めています。 また、院内には皆様にご利用いただけるようにアルコール手指消毒薬を設置し、子供用のマスクを準備しています。 なお、当クリニックでは新型コロナウイルス感染症の診断、診療は行えません。 ご心配、ご不安のある方は相談センターにお問合せください。 横浜市都筑区 の小児科の中でも、 を絞り込んで探すことも可能です。 小児科 以外にも、横浜市都筑区の 矯正歯科、呼吸器内科、内科、薬局 などのクリニックも充実。 また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

次の