花粉 症 保険 適用 外。 花粉症の検査にかかる費用と時間は?何科?保険適用のケースを解説!

花粉症薬が保険適用外論議、背景にもっと深刻な2022年危機

花粉 症 保険 適用 外

企業の健康保険組合で構成する健康保険組合連合会(健保連)は22日、医療機関で処方される市販薬と同じ成分の花粉症治療薬について、医療保険の適用から除外し全額自己負担にすべきだとの提言を取りまとめた。 保険財政悪化への対応策と位置付け、最大で年600億円程度の医療費削減効果があると試算。 その半面、1~3割の支払いで済んでいた患者の負担は重くなる。 2020年度診療報酬改定に向け、今秋から本格化する中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)で提起する。 健保連は16年10月から18年9月までの加入者の医療機関受診状況を分析。 市販薬と同一成分の花粉症薬について、保険適用からの除外を1種類に限った場合でも年37億円の医療費削減を見込んだ。 提言で、まずは除外範囲を絞って行うべきだと求めた。 高齢者医療を支える拠出金の負担増とともに、薬価が数千万円に上る「超高額薬」の相次ぐ保険適用により、各組合の財政が悪化し、加入する会社員の保険料負担はさらに増加すると予想される。 健保連は、市販薬で代用可能な処方薬の医療費規模は2126億円と試算している。 これまでも医療機関で処方される湿布や保湿剤を保険適用から外すよう求めており「制度維持のため、一定程度の除外は必要」と強調する。 また、提言では、診療所などにかかれば誰でも初診料上乗せの対象となる「機能強化加算」について、「かかりつけ医」の報酬を増やすとの当初の目的を踏まえ、生活習慣病をはじめとした継続的な受診が必要な患者に限定すべきだと主張。 生活習慣病治療での安価な後発医薬品の利用拡大も求めた。

次の

花粉症注射の値段(費用) 【花粉症の症状と対策法がわかる!】

花粉 症 保険 適用 外

「Getty Images」より 花粉症は、春だけのものではない。 春はスギやヒノキなどの花粉によって引き起こされるが、秋は空き地などに繁殖する雑草、ブタクサ、ヨモギなど、キク科やイネ科の花粉に起因する花粉症が多くみられる。 これらの草が開花期を迎える9~11月が、秋の花粉症シーズンだ。 さらに、秋は花粉以外にも症状を引き起こすアレルゲンがある。 ダニの死骸やフン、カビなどが含まれている ハウスダストだ。 ダニは夏に繁殖し秋に死んでしまうため、ダニの死骸やフンが増加・蓄積し、ハウスダストとなって花粉症の原因となる。 花粉症治療薬を保険外にすれば、年間約597億円の医療費削減効果 そんななか、憂鬱なニュースが報じられた。 8月23日、健康保険組合連合会(健保連)の幸野庄司理事は厚生労働省で会見し、医療機関で処方される花粉症治療薬のうち、市販のOTC薬(一般用医薬品)で代用できる治療薬については、公的医療保険の適用から外すべきだと提言したのだ。 幸野氏は「財政が厳しくなるなかで、一定の痛みを伴う改革が必要だ」として理解を求めた。 発表によれば、健保連は国民の1割強を占める健保連加盟保険者のレセプトデータ(2016~18年)を解析。 その結果、花粉症治療薬の処方のうち、OTC類似薬を処方している割合が11. 2%、1回の処方で1種類のOTC類似薬を処方している割合が88. 3%を占めたという。 厚労省によると、16年度の国民医療費は42兆1381億円で、国民1人当たり33万2000円。 年齢別では、65歳以上が25兆1584億円 59. また、全体のおよそ2割を薬剤費が占める。 薬剤費は高齢化による薬剤使用量の増加、高額な新薬の登場によって医療費の伸び率を上回るペースで増加している。 医療費は1~3割が患者の自己負担だが、残りは公費や保険料で賄われる。 高齢化や医療の高度化によって医療費の増加は続く。 国民皆保険制度を維持するためには、保険適用範囲の見直しが不可欠になる。 近年、花粉症治療薬は、医師が処方する医療用薬から転用した「アレグラ」(久光製薬)や「アレジオン」(エスエス製薬)など、第2世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるOTC薬が普及し、薬局やドラッグストアで購入する患者が増加している。 花粉症処方薬の場合は、薬代に加え、医療機関に払う初診料や薬局に払う調剤料がかかる。 したがって、健保連の分析によれば、花粉症治療薬はドラッグストアなどでOTC薬を購入する場合と、医療機関で類似薬を処方してもらった場合で、患者負担にはほとんど差がないとしている。 8月23日付日本経済新聞によれば、「アレグラ」14日分を医療機関で受け取る場合、自己負担3割の患者にかかる費用は、薬代482円のほか、医療機関に支払う初診料や薬局に支払う調剤料が1500円以上かかり、総額は2003円(税込、以下同)。 一方、OTC薬の場合は1554~2036円で、OTC薬のほうが安くなるケースもあり、高い場合でも差額は33円程度という。

次の

花粉症薬も保険適用外で全額負担に!?医療費削減のメリットとデメリットまとめ

花粉 症 保険 適用 外

花粉症の薬が保険適用外に? 健康保険組合連合会(健保連)は高齢化が進む現在、医療費も年々膨れ上がってることから、医療費の削減の一環としての改革案を示しました。 その1つとして挙げられているのが、 市販薬で代替できる花粉症の薬を保険適用外とし、全額自己負担とするというものです。 健保連によると、今回の提言が実現すれば最大600億円の医療費削減が見込めると試算しています。 処方薬と効能が変わらず、一般の市販薬と代替できる場合において公的医療保険の対象から外すと、年間2126億円の医療費の削減になるとの試算を出しています。 このため、 「私は花粉症ではないから関係ない」では済まされないことになります。 意味わからん。 3割負担 市販薬 花粉症の薬 482円 1554円 湿布 96円 2551円 風邪用漢方薬 303円 4644円 現在花粉症の薬は、一部市販薬としても販売されています。 病院の処方箋がなくてもドラッグストアや薬局などで購入できます。 市販薬として販売されている薬• アレグラ• アレジオン• エバステル• ジルテック• クラリチン これらは 現在病院で処方された場合は3割負担で済みますが、市販薬として ドラッグストアや薬局などで購入すると全額自己負担となります。 ちなみにこれは一部の薬に適用されるものであり、全ての花粉症の薬が対象ではありません。 医療現場で懸念される問題 少子高齢化が進む中、年々医療費が増加している現在、医療費削減に対する取り組みは、避けては通れない問題かもしれません。 しかしながら一方医療の現場では、なんらかの症状を持った人が 適切な時期に適切な受診をしないことで、病気の発見の遅れなどにつながるのではないかとの懸念が出ています。 どの薬が対象になるの? 先述した通り、薬局などで販売されている市販薬と代替可能である花粉症の治療薬ということになります。 一部紹介したいと思います。 アレグラ(成分:フェキソフェナジン塩酸塩)• 健保連が提言したにとどまっており、今後日本の健康保険制度や診療報酬の改定などについて審議する中央社会保険医療協議会(中医協)で話し合われていく予定です。 今後の流れが気になるところです。 ギャンブル依存症が保険適用になる理不尽さ 今回花粉症の薬や、風邪薬、湿布などといった一般的に身近な薬が保険適用外になるかもしれないといった提言がでたことで、SNSや巷では安倍政権への批判や疑問が高まっています。 その背景には、2020年2月7日に厚生労働省の医療報酬改定により、 ギャンブル依存症の治療に公的医療保険が使えるようになったことが挙げられます。 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致をしたい政府は「ギャンブル依存症者が増えるのでは」と反対する声を受けてこれを決定しました。 この決定により世間では、ギャンブル依存症の治療を保険適用とするのに、なぜ一般的に身近な花粉症の薬や風邪薬などを保険適用外とするのかといった不満の声が出ているのです。 ただし日本国内における医療費の抑制は、避けては通れない問題であり、課題でもあります。 今後どのようになっていくか、国民としても関心を持つ必要があります。

次の