ゲルゲ 現在。 グロンギ族

うどんゲルゲとは (ウドンゲルゲとは) [単語記事]

ゲルゲ 現在

紋章 地図 基本情報 : 行政管区: 郡: : 標高: 海抜 89 m 面積: 40. 沿いに位置する。 この街は「シェッファーシュタット」の添え名を有している。 この添え名は、2003年にヘッセン州内務省の認可を得ている。 地理 [ ] 位置 [ ] ゲルンスハイムは、南西に位置し、ライン川東岸に接している。 ライン=マイン地域のシュトックシュタット・アム・ラインが面する旧ライン川の南にあたる。 地形上はヘッシシェス・リートに含まれる。 隣接する市町村 [ ] ゲルンスハイムは、北はおよび(ともに)、東は、および(いずれも)、南は、および(いずれも)、西は()と境を接している。 市の構成 [ ] ゲルンスハイムは、アルメントフェルト、ゲルンスハイム、クライン=ロールハイムの各市区からなる。 歴史 [ ] 現在のゲルンスハイムの母体は、紀元後に建設されたの城塞であった。 1972年にジークフリート通りで当時の柱の基部が発掘された。 この城は、遅くともローマ帝国がライン川右岸を放棄したに解体された。 民族移動後、ゲルンハイムはの王領となった。 この村は にドイツ人王の文書に初めて記録されている。 にがこれを獲得し(に記載されている)、に領となり、のまでその支配下にあった。 現在も紋章にマインツの輪が描かれていることがこれを示している。 都市権は、にの書面によってゲルンスハイムに与えられた。 この街は防衛施設で護られ、選帝侯の居館として水城が築かれた。 ゲルンスハイムは、史料中、様々な表記がなされている。 12世紀になるまでは Gernesheim という記述が何度もなされている。 この他に、852年に Geruhnesheim、897年に Kerenesheim、14世紀なるまでは Gerinsheim、そして Gernsheim という表記がなされるのは 1283年以降である。 頃、とともに書籍印刷を発明した共同作業者であるがゲルンスハイムで生まれた。 ゲルンスハイム市は、1836年に、現在では彼にちなんだ名前が付けられている広場に石造(ダルムシュタットのヨハン・バプティスト・ショルのデザインによる)を建立して、1503年にで亡くなったこの印刷業者を本市の最も偉大な息子であると称揚し、現在は彼にちなんで「シェッファーシュタット」という添え名を公式に名乗っている。 の際、ゲルンスハイムは軍によって掠奪された。 、マインツ大司教の選帝侯領が解体されたことに伴って、ゲルンスハイムは領(1806年以降は領)となった。 行政上、ゲルンスハイムはアムト・ゲルンスハイムに まで属した。 1821年のヘッセン大公国の行政改革に伴いこの街は、プロヴィンツ・シュタルケンブルクのラントラーツベツィルク・ベンスハイムに属すこととなった。 にプロヴィンツ・シュタルケンブルクは郡に分割され、ゲルンスハイムはベンスハイム郡に編入された。 この行政機構は、一時的にレギールングスベツィルク制を導入した中断時期をはさんでまで存続した。 この中断期間にあたるからまでこの街はレギールングスベツィルク・ヘッペンハイムの一部であった。 1874年にヘッセン大公国ではをモデルとした郡制度改革がなされ、新たな郡割りがなされた。 この改革によってゲルンスハイムは、現在も属しているグロース=ゲーラウ郡の所属となった。 司法上は、1839年から1879年まではゲルンスハイム地方裁判所、1879年以後はこの地方裁判所から改組されたゲルンスハイム区裁判所の管轄下にあった。 1938年にこの区裁判所が廃止された後、ゲルンスハイムはグロース=ゲーラウ区裁判所管区に編入された。 19世紀には市の防衛施設が取り壊され、市壁外の街が拡張され、本市はライン川のフェリーと鉄道路線によって結ばれ、工業化が芽生えた。 1950年代の復興は急速で、ゲルンスハイムは旧ドイツ東部領土からの難民を数多く受け容れた。 その子孫たちは現在も市立博物館の「ドイツ東部郷土室」を運営している。 市町村合併 [ ] ヘッセン州の地域再編に伴って、1971年12月31日にそれまで独立した町村であったアルメントフェルトとクライン=ロールハイムが自主的にゲルンスハイムに合併した。 アルメントフェルトは1937年に設立された町で、クライン=ロールハイムは1200年頃以前に最初の記録が遺されている。 宗教 [ ] 巡礼教会マリア・アインジーデル 教会の存在を示す最初の証拠は、908年の「ecclesia」(教会または信徒の集会を表す)という記録である。 1390年の史料には、後の教区教会にあたる城塞礼拝堂と巡礼礼拝堂マリア・アインジーデルの記述が遺されている。 教会のは、教区教会が、マリア・アインジーデルが称賛であると記述されている。 教会の保護権は、908年以前は Liutfried Comes が有していたが、これ以後はロルシュ修道院が、1232年からマインツ大司教がこれを有していた。 1236年からはマインツ聖堂参事会もこれに加わった。 現在のゲルンハイムの教会は組織上、はマインツ司教区のリュッセルスハイム首席司祭区に、はヘッセンおよびナッサウ福音派教会のリート監督官区に属している。 行政 [ ] マイン川のフェリー。 背後に破壊されたライン川の橋が見える。 聖マリア・マグダレーナ教区教会 この教会は、の建築家ヨハン・ヴァーレンティーン・トーマンによって 1750年に建設された。 建築様式は、近郊(や)で活動したのスタイルに属す。 白い化粧漆喰、や玄関に見られる赤色砂岩、をもつ三層の塔]がそびえる三部構成の西面、円形アーチ型の窓や型の塔の屋根がその特徴である。 、付属礼拝堂、は、1887年に増築された。 この教会は、1945年3月26日にアメリカ軍の砲撃によって破壊された。 1947年から1951年に行われた再建工事は、マインツのフーゴ・ベッカーが指揮した。 新しい教会堂は、1951年5月1日にアルベルト・ストールによって聖別された。 2005年から2006年に改修工事が行われた。 地元建築家アンドレアス・ディートマンが製作した、ゼバスティアン・プファイフ作の彫像を祀る主祭壇(1783年)は、元々はの教会のために造られ、移設されたものである。 教会前には、ゲルンスハイム市の守護聖人であるの像がある。 この像は1945年に損傷し、1979年に修復された。 市庁舎 マルクト広場の東側に面したこの3階建てのは、ゲオルク・モラーの設計による。 この市庁舎は 1945年に焼失し、現在の建物は再建されたものである。 2005年から2006年に改修された。 市立博物館 ペーター=シェッファー広場沿いの、いわゆる「ペーター=シェッファー=ハウス」は、1978年に博物館として造営された。 それ以前の、市立図書館別館や消防博物館が入っていた建物は、老朽化したの水城を破壊した跡地に1830年代中頃(1836年完成)に建設されたものであった。 市立ホール 現代建築のハイライトが、1997年に建設された市立ホールである。 石造ブロックで作製された噴水や木立の下のカフェがある。 旧発電所 1903年に様式で建設され、1954年に閉鎖された旧発電所は、現在、芸術家で出版者でもあるマリオ・デッラのギャラリー兼教育博物館となっている。 マリア・アインジーデル グロース=ゲーラウへ向かう連邦道B44号線に沿った脇の街はずれ、葦原を流れる小さな水路網の中に 1495年に初めて記録されたがある。 1508年の記述によれば、当時は内陣とだけで構成されていた。 玄関ホールとは 1871年から75年に、窓は 1912年から13年に設けられた。 全体は 1999年に改修された。 マリア・アインジーデルには 2体の聖像がある。 1400年頃ののと、で風の聖母像(1625年頃)である。 1650年7月2日に大規模な巡礼団がこの地を訪れた。 旧ライン橋の遺構 港や、への乗り場のすぐ近くのライン川堤防に旧ライン橋の遺構がある。 1945年3月にライン川対岸に進行してきた連合軍を阻止するためにによって爆破され、その後再建計画が何度か起こったが実現されなかった。 ハム・アム・ラインに直接アクセスするためにはフェリーを利用する。 水上警察が橋梁防衛用跡を利用している。 このブンカーは現在、水上警察監視所の一部となっている。 橋の遺構は戦争に対する負の記念碑とされている。 ライン川を渡る最寄りの橋は、南は、北はまで行かなければならない。 自然とスポーツ [ ] ライン川沿いの柳や葦が茂る草原の中をが通っている。 ゲルンスハイムの市の森は、や愛好者に人気である。 ここでは、自然文化を楽しむハイキングも企画されている。 地元の自然・鳥類保護協会はここを拠点としている。 閉鎖された跡に、1996年に18ホールのが建設された。 このゴルフ場は、2006年以降、ヴァイルラント・ゴルフ場ネットワークシステムに加盟しており、27ホールに拡張されている。 TSGブラウ=ジルバーのステージ ゲルンスハイムで最も有名なスポーツクラブの1つが、タンツシュポルトゲマインシャフト・ブラウ=ジルバー(ブラウ=ジルバー・ダンス競技団、TSGブラウ=ジルバー)である。 このクラブは、カーニバルダンスおよびショーダンスの競技部門において、ドイツで最も成功したクラブの1つに数えられる。 TSGブラウ=ジルバーは、ヘッセンチャンピオン、ドイツチャンピオン、ヨーロッパチャンピオンを何度も獲得している。 ヘッセン州は 2003年に「模範的なクラブ」として、州スポーツ連盟の奨励賞にあたる「ハインツ=リントナー賞」を授与した。 年中行事 [ ]• ラインの漁師祭: 1949年から開催されているライン川最大の世俗祭である。 8月の第1日曜日を含む週末に開催されている。 シュトラーセンファストナハト(通りの謝肉祭): の土曜日にが行われる。 ケルプ(教会開基祭)• インネンシュタットフェスト(内市街祭)• オイレンブルンネン=ユーゲント集会 経済と社会資本 [ ] ペーター=シェッファー広場の像 出身者 [ ]• ペーター=シェッファー(1425年頃 - 1503年)印刷技術者、出版者、書籍商 参考文献 [ ]• August Schuchert: Gernsheim im Mainzer Kulturraum, in: JbBistumMainz 2, 1947, Seite 99-130• Hans-Josef Becker Red. : Heimat am Strom - Lesebuch Gernsheim mit CD-ROM. Magistrat der Stadt Gernsheim Hg. : Stadt Gernsheim 1356-1981. Gernsheim 1981. これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。 引用 [ ]• Gerstenmeier, K. 1977 : Hessen. Gemeinden und Landkreise nach der Gebietsreform. Eine Dokumentation. Melsungen. 251• 、ヘッセン州統計局(2013年5月23日 閲覧)• , GG online(2013年5月24日 閲覧)• , Echo online 2010年5月14日付け(2013年5月24日 閲覧)• (2013年5月24日 閲覧) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 , Landesgeschichtliches Informationssystem LAGIS Hessen• - の蔵書目録()より。

次の

富士ゲル販売株式会社

ゲルゲ 現在

番組概要 [ ] 1995年、ニッポン放送の平日深夜帯の番組編成にて『』で伊集院とスタッフとの齟齬から発生した番組打切り実行以降、22時台に『』、24時台に『』を編成したが、同年9月末で打切り、当時は無名だったのである井手功二を起用して 、放送開始日の前日の特番枠にパイロット番組を編成し、翌日から番組開始。 番組タイトルで付けられた「 ゲルゲ」と言う語彙は、放送当時の世の若者達が日頃気になっている事柄、物 怪しい事柄、物、今一番やってみたいこと、欲しいものの総称を現した言葉で、番組構成は、架空の4階建てのという設定のため、フロア(パート)を移すごとにの到着音と番組アシスタントによるフロア紹介がされる演出を採用していた。 その後、番組構成は特に「 楽屋ネタ」をメインにパーソナリティとメインアシスタントが様々な事に実行したり、を行っていた。 また、井手が当時、特に興味を持ったテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を大フィーチャーし、コーナー化した事で、結果番組開始半年後から当該時間帯のはずっと時間帯1位をキープしていた。 しかし、1999年春にニッポン放送がこの番組を含む22時台から翌4時台の番組編成を見直し、「」として『』を22時からの3部制(本番組の枠は『』)にした。 これによって本番組も再編の対象とされ、1999年3月25日をもって終了せざるを得なくなった。 出演者は、メインアシスタントに同局のアナウンサーで2年目のがマイクネームをラッパーであるから捩った、「LFクールK」と称し 、髪型をモヒカンにする奇抜な格好をして出演していた。 これは当番組のディレクターでありプロデューサーのから「お前は明日からモヒカンに革ジャンでクールKを名乗れ」と指示されたためであり、本人としてはニュース原稿も読めずオールナイトニッポン2部で枠をもらったものの何もできないまま半年で打ち切られたことでアナウンサー人生に未来が見えなくなり、失意のもと自分を消し去りたいという気持ちと、キャラ付けの意味を込めての行動だった。 また、サブアシスタントに1995年に入社した新人アナウンサーの山岡が「ジャネット山岡」と称し、金髪のカツラを被りと言うキャラクター設定のもと出演していた。 出演者 [ ] パーソナリティ [ ]• (ミュージシャン、、) メインアシスタント [ ]• (ニッポン放送アナウンサー) アシスタント [ ] 日替りアシスタント降板以後は据え置かれていない• (当時:ニッポン放送アナウンサー)初回 - 1997年3月• (DJ、ブランニューモンキーズ)初回 - 1997年7月31日 日替わりアシスタント [ ]• 月曜:(女優)- 1997年10月 - 1998年6月• 火曜:() - 1997年10月 - 1998年6月• 水曜:() - 1998年4月 - 1998年6月• 水曜:(タレント) - 1997年10月 - 1998年3月25日• 月 - 木曜 22:00 - 25:00 - 1995年12月4日 - 1999年3月25日 過去 [ ]• 月 - 木曜 22:00 - 24:00 - 1995年11月5日 - 1995年11月30日 ネット局 [ ] フロート番組 [ ]• ローソンミュージックアクション ゲルゲハイスクールランキング マーケティング会社であるが運営していた、の高校生ネットワーク「ティーンズネットワークシップ」200人による調査から、毎週の投票データを元に最新ヒット曲のチャートを紹介するコーナー。 1997年秋の番組改編をもって、このスタイルでの放送は終了。 以降は電リクを主体とした番組構成に変更される。 22:00 オープニングトーク、タイトルコール• はがき抽選で商品はプレゼントされる。 エヴァのコーナーは月曜日のこの時間だった。 10位から順にクールKが発表していく。 当時の最新流行を宇治田みのるが紹介していた。 また、ここで紹介したものが度々一大流行になったことから、番組内では「宇治田が喋れば、ブームが起こる。 」とまで言われていた。 1999年より荘口彰久アナが担当。 の関係から、荘口アナは音太と呼ばれていた。 最後は「ゲルゲ! 」のコールで番組終了。 主なコーナー [ ] 番組内 [ ]• ゲルゲビンゴ• ゲルゲベガス 上記コーナーで登場したゲストが持参した商品をリスナーにプレゼントする際の抽選コーナーとその方式のこと。 応募者の電話番号をビンゴ番号に見立て、ジャネットがビンゴマシーンを操り出てきた数字15個と照合して、ビンゴが判明した場合抽選権を与えられ、リスナーが電話して正式に抽選にエントリーされ、抽選結果をリスナーに加電し、当選キーワードである「 ゲルゲ」を告げないと落選になり、次点者に権利が委譲される。 コーナー開始当初は11個の数字だったが、該当せずに当選者が出ないなどの理由から15個に変更された。 聴取率調査時はコーナータイトルがスペシャル版である「ゲルゲベガス」に変わったが、公表ではなかったためゲルゲビンゴに戻されている。 エヴァコーナー(月曜日) 当時、「」の特集をヘビーローテーションで実施。 特に聴取率週間時はエヴァ1色と言う位展開した結果、同時間帯の聴取率調査で1位を獲得し、裏番組の若年層向け番組を終了に追いやったとされている• エヴァクイズ• のクイズ• のクイズ• の…クイズ の人気声優が各キャラクターに扮して出題するカルトクイズにリスナーが回答するコーナー。 5問正解で関連グッズがプレゼントされた。 また、1問でも誤答すると、各キャラクターの名ゼリフ(コーナー名)で罵倒される。 リスナー当人の名前を呼びながら罵倒されることから、一部にはとしてチャレンジする者も居た。 ゲルゲ小さな幸せ、小さな不幸せ(月曜日) リスナーから寄せられた、些細な日常の幸せ不幸せを紹介するコーナー。 リアルときメモクイズ(火曜日) 人気女優・声優をゲストに呼び、リスナーとバーチャルデートを行いながら選択肢という名のクイズを行い、全問正解を目指すコーナー。 テレホン大魔神(火曜日) 企業や著名人に対して、クールKがを掛け、そのやりとりを紹介するコーナー。 コーナーのテーマソングは、のサビの部分を、クールKが て・て・テレホ〜ンだいまじんと歌いなおしたものを使用。 初回の被害者はニッポン放送の受付嬢。 1度だけ、特別番組の収録と騙して採取した井手功二の声をにセットし、にイタズラ電話をするという回があった。 最初は機嫌の良かった高野だが、サンプリングで用意された罵倒言葉に「今からお前のとこにいくからな! 」「2メートルの俺とどっちがストロングか試してやろうじゃねえか!? 」と本気で怒りだしてしまう。 この時のイタ電は生放送だったため、すべてOAされてしまい、スタッフ・リスナーを恐怖のどん底に落としめた。 私をお風呂につれてって(木曜日) 女性リスナーとクイズを行い、1問正解するとリスナーの服が1枚ずつ脱げ、全問正解しすべて服を脱ぐとお風呂に入れ賞金がもらえるという、現在からするとかなり際どいコーナー。 コーナー中は、井手功二とクールKから「でを撫でて」や「歯ブラシでをガサゴソと」といった危険な要求がされており、当時の井手功二の彼女から「あのコーナーもうやめて! 」と怒られたほど。 当時のニッポン放送はアクの強い人間が多く、「なわけよ~」を連発する編成局副部長、ハガキ職人から社員になり「拙者」「ござる」が口癖の福田大介ディレクター、当時借金や遅刻など素行不良だったLFクールKこと垣花正アナウンサーなど、ネタには事欠かず、関係者しか知りえないネタを織り交ぜながら構成されるストーリーが人気を博し、角川Mini文庫より書籍として出版されるまで至った。 ネタはどんどん拡大し、ディレクター、丹羽ディレクター、増田ディレクター、松尾AD、田中制作部班長、クールKの妹・母親と当時の同棲相手等までネタにされた。 果ては番組のアルバイト、出演者のマネージャー、井手功二のおばあちゃんまでネタにされるに至り、更に即時性も高まっていった(ネタとなる実際に起きた事柄(当然関係者しか知りえない内輪ネタ)から1週間程度(速い時は速達で3日)で、リスナーからハガキが送られてくるということもあったため、パーソナリティーからは「どこからネタが漏れているんだ・・・」と畏怖されていた)。 後に、オールナイトニッポンモバイルで飛んでけツッチーがリバイバルされた際、当時からネタを作っていたのは放送作家の西川氏だったことが暗に暴露されている。 コーナーリニューアル時にOPテーマとなった森健一ディレクターの楽曲「清志郎のように」は大ブームとなり、でライブも開催された(ただし観客数は4人)。 その後、木曜日アシスタントの江藤真由、ハガキ整理アルバイトのクリリンをフィーチャーしたMORI LITTLE LIVER(モリリトルレバー 略してモリレバ)が結成され、やでライブも行われた。 代表曲に、「シェルタリング・スカイ」「SPRING IN MY WAY」「緑の歌」「甘えられた時代は過ぎて」「手紙」など。 (月曜日~木曜日) 23時頭のコーナー。 リスナー2人(初期は1人)が10問のクイズに回答し、全問正解すると賞金として10万円がプレゼントされるというコーナー。 当時のニッポン放送において最高賞金金額コーナーであった。 ゲストと一緒にゲルゲ20万円クイズハンター レーティング時の10万円クイズハンターのスペシャル版。 箱番組 [ ] 前番組に続き、3時間の放送時間内に6本程度の収録番組(箱番組)が放送されており、これらの番組は「ゲルゲファミリー」と呼ばれていた。 のまぜまぜパニックびっくらげ! 君・君のイエローカードなんて怖くない• ゲルゲ・夜のドラマシアター• のギラギラ来てるかい• 飛び出せヤンヤンヤン• 全国出店! ゲルゲレコードお台場総本店• とのゲルゲ夜の警備室 ザ・ナイトパトロール• DAIVA TO BLUE• IN MY ROOM• お笑いゲルゲ合戦 テーマソング [ ]• the perfect crime ~恋の完全犯罪~ 歌:• ダイナマイト2号のテーマ 歌:• オレンジのKISS 歌:• CURIOによる2曲は、歌詞の一部が「ゲルゲ」に変更された番組オリジナルバージョンで使用。 イベント [ ]• Presents "桃太郎電鉄7" 発売記念 ゲルゲボンビー紅白歌合戦 in - 1997年12月29日(16:00 - 20:20) 井手功二、丹下桜、、、日替わりアシスタント 月曜:大賀埜々、火曜:麻績村まゆこ、水曜:仲間由紀恵、木曜:江藤麻由 , 篠原ともえ、、、森リトルレバー 森健一ディレクター、江藤麻由、番組担当アルバイト{クリリン}からなるユニット• ゲルゲ夏祭り10万円クイズハンター in - 1998年8月28日 、、S. P、、 Web展開 [ ] オールナイトニッポンモバイル [ ] 番組終了から10年程経過した2009年、携帯電話サイトにて、Webコンテンツの1つとして、『井手コウジとクールKのゲルゲットショッキングセンター』として復活。 2012年まで新作が製作されており、フィーチャーホン用Webサイトと、スマートフォンアプリケーションで配信されていた。 なお、このオールナイトニッポンモバイルのオープニングテーマである「City Lights Samba」は井手功二の作品である。 脚注 [ ]• 一部内包コーナーのみ• 現:営業局営業2部副部長• 2009年9月16日の垣花正ブログより。 現在は新ブログ移行のため、閲覧不可。 NRN向けコーナータイトルは『ローソンミュージックアクション』で『』からの1社提供枠• [鶴光など「オールナイトニッポン」携帯版がiPhoneアプリに -「ゲルゲ」も。 1パーソナリティ450円。 「鶴光は12歳以上」 2010年2月19日] 外部リンク [ ]• - (1998年12月1日アーカイブ分)• 22時台 前番組 番組名 次番組.

次の

ロックンロールゲルゲ的!?

ゲルゲ 現在

>>>>>ハッピーキャット センシティブ ビオ ゲフルーゲル オーガニックチキン グルテンフリー 全猫種 成猫用 300g 【ハッピーキャット センシティブ ビオ ゲフルーゲル オーガニックチキン グルテンフリー 全猫種 成猫用の商品詳細】 トウモロコシ・魚は不使用、動物性タンパク質は1種類のみ、特にデリケートな愛猫におすすめのグルテンフリーのキャットフードです。 オーガニックチキンに、グルテンフリーのお米とポテト、りんごなどの厳選したナチュラル食材、体の機能を整える各種ハーブやビタミン、ミネラルをバランス良く配合した抜群に美味しいレシピで、グルメな愛猫も大満足の美味しさです。 新鮮で健康的なオーガニックチキンは、脂肪分控えめで消化しやすく、おなかの弱い愛猫にも安心です。 バランス良く配合されたオメガ3、オメガ6脂肪酸が、健康で艶やかな皮膚と被毛を保ちます。 ミネラル成分を調整することで尿石の形成抑制に配慮し、ヘアボールコントロールに天然の食物繊維を配合するなど、愛猫の毎日の健康ケアに適しています。 また、健康な身体作りに欠かせない必須アミノ酸タウリンを1000mg/kg配合。 ユッカシジゲラを配合し、排泄物の臭い軽減にも配慮しています。 【使用方法】 ・パッケージ記載の給与量を目安にしてください。 ・いつでも新鮮な水が飲めるようにしておいてください。 ・給与回数は、1日に2回が一般的です。 ・フードの切り替えは、現在の食事に当製品を少しずつ増量し、約7日間を目安に切り替えてください。 2% 、亜麻仁 0. 04% 、チコリの根 0. 0%、粗脂肪 18. 0%、粗繊維 3. 0%、粗灰分 6. 5%、粗炭水化物 33. 5%、カルシウム 1. 30%、リン 0. 80%、カリウム 0. 95%、ナトリウム 0. 45%、マグネシウム 0. 06%、オメガ6脂肪酸 2. 80%、オメガ3脂肪酸 0. 30%、水分 9. 00% ・代謝エネルギー:375. 2% 、亜麻仁 0. 04% 、チコリの根 0. 0%、粗脂肪 18. 0%、粗繊維 3. 0%、粗灰分 6. 5%、粗炭水化物 33. 5%、カルシウム 1. 30%、リン 0. 80%、カリウム 0. 95%、ナトリウム 0. 45%、マグネシウム 0. 06%、オメガ6脂肪酸 2. 80%、オメガ3脂肪酸 0. 30%、水分 9. 00% ・代謝エネルギー:375. 3kcaL/100g 【注意事項】 ・ハッピーキャットは、合成保存料は無添加です。 高温多湿、直射日光を避け、涼しい場所での保管をお願いします。 ・開封後は賞味期限に関わらず、なるべくお早めにご使用ください。 ・本品は猫専用フードです。 誤食防止のため、小児の手の届かない場所に保管してください。 ・本品は自然素材を使用しておりますので、原材料の産地や収穫時期等により、粒の見た目や大きさに若干差がある場合がありますが、品質上問題はありません。 ・開封後は虫が入らないように、しっかりと密封して下さい。 【原産国】 ドイツ 【ブランド】 【発売元、製造元、輸入元又は販売元】 ワールドプレミアム こちらの商品は、ペット用の商品です。 リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。

次の