倉本春。 電子レンジおすすめ13選|家電ライターのランキング付き【高機能からシンプルまで】

Vector: 人工女神

倉本春

倉本成春先生の空手修行半生記です。 技術書ではないのですが、読み物として面白いですし、倉本先生の謙虚で実直な人柄が伝わってきます。 本当に倉本先生は凄い方なのに、書籍でも映像でも腰が低く、ユーモアもあり、とても尊敬できる方だと思います。 「最強」という言葉を好まないのも素敵です。 だから「空手を習いなさい」と言うつもりはない。 空手をしてきた私自身、「空手最強論者」ではない。 空手であれ、柔道であれ、あるいはレスリング、キックボクシングであれどんな武道、格闘技であっても強い人は強い。 格闘技のジャンル自体に絶対的なものがあるのではなく、そのジャンルを極めるなかで、その人が体得したものが強いものとして光り輝くのである。 「何が強い」のでは、決してない。 既に門下を離れた者として実名を出さずに語っておられるのですが、中村先生の元での修行時代の話も、面白いです。 例の鬼の部位鍛錬について、こんな下りがあります。 「どうだね、痛いかね?」と先生が聞かれたので率直に「はい、痛いです」と答えた。 「そう。 では、あと千回打ちなさい」と命じられた。 打つ気力はすべて使い果たしていたが、先生の命令である。 できないとも言えず、「どうにでもなれ」の心境でただ打ちまくった。 その日、手がパンパンに腫れ上がり、箸を持つことすらできなかった。 指の感覚が麻痺している。 自分の指をコントロールできないので、服のボタンも締められない。 正直、先生が鬼のように思えた。 が、翌日、先生は何事もなかったかのように、「砂袋を打ちなさい」と告げられる。 オソロシイ稽古ですね・・。 ユーモアのある場面もあります。 公園で松の木を打って稽古して、一ヶ月くらい打つと木がボロボロになると他の木を打つ、ということをやっていたそうですが、ある日見てみるとボロボロの木に藁が巻いてあります。 誰かが打ちやすいように親切で巻いてくれたのかと思って打っていたら、公園の管理人さんが「公園の木を傷つけているのは君か!」と怒鳴りこんできた、とのこと。 これは笑いました。 また、盧山先生の道場開きで演武する際、煉瓦と土管を手で持って新幹線に乗ってかけつけたのですが、かなり異様な風景で、「どうして他の運搬手段を使わなかったのか今でも不思議」というのも素敵です。 演武よりも土管の運搬が大変だったそうです。 見た目からしてあんなに強そうなのに、こんな可愛い一面があるなんて、倉本先生は女性にもモテそうですよね。 倉本 成春 文武研 2004-02.

次の

”達人”倉本成春先生とカパプ防衛館岩土代表 | 東京で護身術を習う!カパプ防衛館道場

倉本春

件の「極真世界チャンピョン」も「倉本先生」も素晴らしい空手の先生です。 この話は関西圏の極真の世界ではタブーとされています。 「秒殺」かどうかは見ていませんから知りませんが、 見ていた人の話では、 泥酔した「世界チャンピョン」を封じたのは事実のようです。 しかし空手の試合でもなければ単純な喧嘩でもありません。 そういう状況下が必然的にあった、と言うだけの話しであり、 どちらがどうだと言う話しでもありません。 もとより強い弱いの話しではない…。 つまり空手そのものとは次元の異なる話しです。 下の方の「山崎先生」の話しも有名ですが、 得てしてこう言う話しには尾ひれ背ひれがつくものです。 しかし空手家にとっては重要な要素を内に含むものです。 オヴラートにくるんで話す微妙な機微を持つものですから…。 「秒殺」したとか「倒した」とかは言葉としては仮に間違っていないとしても 真実という正解には決して近いものでは無いと思います。 興味本位・噂至上のマスコミ優位の立場で語るものではありません。 他言無用が宜しいかと思います。

次の

ホットプレートおすすめ15選|家電ライターがランキングで紹介【選び方や使い方も】

倉本春

巌流島に遂に待望の大型ヘビー級の新星が登場する。 その名は「シビサイ頌真」。 193 センチ、 110 キロの肉体はまさに前田日明級。 しかも、柔術、キックボクシングだけでなく、伝説の達人 ・倉本成春師範の元で武術を学ぶまさに巌流島が求めていた 20 代。 その素顔に迫る! 日本人だけでなく、ラオスとフランスの血が入っています! ———— これまでの格闘技歴を教えてください。 シビサイ 中学から柔道を始めて、空手、柔術と武道をやってきました。 プロでは MMA が 6 戦 4 勝 1 敗 1 無効試合、キックボクシングが 1 戦 1 分です。 ———— シビサイ選手は、お父さんがラオス出身で、日本人のお母さんとのハーフとのことですが、その 193 センチの長身は父親譲りですか? シビサイ いえ、両親は身長が高いわけではなく、家族で僕だけが大きいんです。 ———— お父さんはラオスの伝統武術をやっていたりとか? シビサイ いや、父は格闘技の経験はないです(笑)。 ———— シビサイ選手のアジア人離れした体格はどこから来ているんでしょうね? シビサイ う 〜ん。 あと僕にはフランス人の血も入っているんですけど。 ———— フランスの統治を経ているラオスゆえのルーツがあるんですね。 シビサイ選手ほど大きい選手だと、日本ではなかなか対戦相手が見つからないと思いますが、今度対戦するホンシュウ ・ビワコ選手はアフリカの重量級ファイターです。 シビサイ 海外の選手と闘うのは楽しみですね。 ———— ビワコ選手は片手で殴り合うナイジェリアの部族ボクシングの選手です。 シビサイ アジアの外の選手とやるのは初めてなので、やりがいがあります。 ———— シビサイ選手は、武道 ・武術界では生ける伝説として知られる倉本成春先生の倉本塾に通われてるんですよね? シビサイ 倉本塾にはもう 6 年くらい通わせていただいて、色々勉強させてもらっています。 倉本先生のことは中学生の頃から雑誌で拝見していて、すごい武術家の方だという認識でいました。 武術界の生ける伝説、倉本塾塾長・倉本成春 ———— 倉本先生からはどんなことを学んでいるんですか? シビサイ MMA のセオリーとはまた違う独自の体の使い方や、効率よく相手に力を伝える方法などを教えていただいていて、すごく勉強になっています。 急所の突き方であったりとか。 あと倉本塾といえば、拳やスネを固くする部位鍛錬が有名ですよね。 倉本先生みずから考案された巻き藁や砂袋の器具を使って「全身武器化」の鍛錬をしています。 ———— 人間凶器 ・倉本成春式の肉体鍛錬法ですね。 倉本先生の凄さや怖さってどういうところですか? シビサイ 人格者で優しい方ですよ。 ただ、倉本先生の場合はもう格闘家としてというよりも、人として、いや、生物として凄いという次元ですね。 身震いするような恐ろしさを秘めている方です。 倉本塾を代表して闘うという意識はある? シビサイ そうですね。 負けられないですね。 ———— 巌流島の試合に向けて、倉本先生からアドバイスをいただいていますか? シビサイ 巌流島の試合での体の使い方とかを教えていただこうと思っています。 ———— シビサイ選手自身は巌流島でどんな試合をしたいですか? シビサイ 殴り合いをしたいですね。 対戦相手のビワコ選手もファンもそれを望んでいるでしょうから。 思いきって倒しにいきます。

次の