いっき いっか いと は。 海鮮亭 いっき

食パン一袋の数え方は一斤。読み方は「いっきん」|tabiメモ

いっき いっか いと は

9916• 529• 297• 148• 117• 225• 279• 142• 150• 106• 503• 100• 127• 179• 315• 864• 804• 106• 138• 149• 226• 184• 116• 135• 189• 121• 223• 203• 285• 1363• 121• 130•

次の

いっきゅうさん 堅田店

いっき いっか いと は

【失敗談】一斤を「いっせき」と読んでいた 一歳の長女の朝食は普段嫁が用意しています。 が、この日は体調が悪かったようで嫁が起きられなく、代わりに自分が朝ごはんをあげました。 内容は食パン一枚とハム2枚とキャンディチーズ3個。 長女はうまそうに食べてました。 さて、後から嫁に食事内容を教える時にこんな会話になったんです。 嫁「パンどれぐらい食べさせた?」 タビ「いっせきあげたよ。 ムシャムシャ食ってた。 」 嫁「へーすごい、いつもは半分なのに。 」 嫁「・・・『いっせき』って一斤のことだよね?」 気になって即ググったら 「いっきん」でした。 うわぁ恥ずかしい… 「食パン一斤食べた!」は一袋全部食べたということに… カンの良い方はこの時点で更に間違いがあることに気付いたと思います。 一斤っていうのは 食パン1袋全部のことなんですよね。 手に取ってバター塗って食べるあの食パンの数を数える時は 「一枚」です。 一斤全部食べたとか、普段はその半分食べてるとか、いくら大食いの長女でも1歳児にそれは不可能です。 一斤とは長い食パンを340gに切り分けた大きさのこと 一斤というのはもともと中国から伝わった単位で、さらには重さの単位なのだそうです。 一斤は340g以上の食パンの塊の数え方です。 材料や製法で重さにばらつきがあるので、340g「以上」というあいまいな決め方になっているんですね。

次の

鮨 旬菜 酒 いっきゅう(本八幡/居酒屋)

いっき いっか いと は

数詞(数)の数え方は数字のあとの助数詞の語頭が有声音か無声音かで決まります。 語頭を有声音で発音する場合は「いち」「に」「さん」と数えます。 語頭が無声音の場合は不規則で、語頭の音の行によって決まります。 無声音は「カ行」「サ行」「タ行」「ハ行」「パ行」です。 kmはカ行音なので「いっ」「に」「さん」「よん」「ご」「ろっ」「なな」「はっ」「きゅう」「じっ」となります。 これを促音便化といいます。 したがって本来の文法からすると「いっきろ」「にきろ」「さんきろ」・・・「ろっきろ」「ななきろ」「はっきろ」 が正しい読みとなります。 しかし「キロ」「海里」等の単位は「カ行」例外で「いち」「に」「さん」の発音で読まれる場合が多いようです。 NHK基準では「いちきろ」「ろっきろ」「はちきろ」です。 会話ではカ行音の促音便化にならって「いっきろ」「ろっきろ」「はっきろ」も多いです。

次の