初診 再診 間隔。 医療費の節約の方法☆再診料の期間は初診からどれくらい?

病院でかかる初診料と再診料の違いは?何か月など期間の基準がある?

初診 再診 間隔

この記事は約 9 分で読めます。 「なんで、こんなに今日は診察代が高いの?」 「この間、受診したばかりなのに、月2回も初診料払うの?」 という質問にも答えますよ。 あなたが、もし医療事務の勉強を始められたばかりだったり、医療事務として働きだしたところ・・な~んていうとき。 診療点数の算定について、疑問に思うことが出てくるかもしれません。 勤め先によっても、点数の取り方の解釈が微妙に違うということもあります。 本日のテーマでもある「初診料」の取り方は、20年以上も医療事務として働いている私でも、戸惑う項目の一つです。 そう、初診にするのか、再診にするのかです。 これ、金額にするとけっこう差が出てきます。 倍以上違いますから・・。 ひょっとしたら、あなたも一ヶ月の間に、2回も初診料を払った。 病院って、行くたびに初診料を払うの?と思われていたりしませんか。 いったい初診料というのは、いつ・どんなときに払うの?って思いますよね。 月2回も初診料を払わされて、ちょっとぐらい文句のひとつでも言ってやろう・・なんてね。 「初診料は月2回も取れるの?それって再診料じゃない?」という疑問にお答えしていきますよ。 初診料が月2回も・・、間違いじゃないの? 私は普段、医療事務として働いていますが、病気になると患者という立場にもなります。 今まで一度もかかったことのない病院。 初めて病院に行ったら、もちろん初診料を払います。 4日分の薬を処方してもらい、きっちり飲みましたが、あんまりよくなりません。 5日目に、再び病院を受診。 その時、私が会計窓口で受け取った明細書には、再診料と書かれていました。 体調もすっかり良くなり、仕事もいつも通りこなしていましたが、2週間後またなんなくしんどくなってきたような・・。 今度はこじらせないよう早めに受診しようと、すぐに病院へ・・。 このとき、支払ったのは初診料です。 前回から2週間しか経っていないのに、しかも同じ月に2回も初診料を取られました。 もう初めて行った病院でもなく、面識もあるし診察券ももらったし・・。 それなのに、また初診料? このような経験、あなたにもありませんか? 初診料を月2回も払うなんて、病院側の間違いかも・・と思いますよね。 いえいえ、実は、こんなふうに初診料を月2回算定というのはあり得ることなのです。 初診料って?定義とは・・ そもそも、初診料とは・・。 私の手元にある診療点数早見表では 特に初診料が算定できない旨の規定がある場合を除き、患者の傷病について医学的に初診といわれる診察行為があった場合に、初診料を算定する 医学通信社 診療点数早見表 とあります。 んん?? わかるような・・わからないような ・・? その傷病に対して、先生が初めて診る・医学的に診察をしたというときに、初診料を取るのですね。 はっきりわかることは、受診歴のない初めて行った病院だから初診料を取るというのでないということ。 過去にかかったことのある病院でも、数日間受診していなければ、その時点で初診。 そのときの傷病を初めて診るわけですから・・。 初診料が算定されます。 っで、その「数日」というのが分かりづらいわけです。 先ほどの例のように、2週間後に受診した際に支払った初診料。 では、1週間後・10日後だったらどうなんだろう?って。 私も、いつも悩むんですよね。 再診なのか・・って。 患者さんのためを思えば、再診料で算定してあげたいと思いますが。 月に2回も初診料を取るなんて・・ね。 さすがに、うちでも1週間後では初診は取らないですけど。 このあたりは、もう実際の現場での判断でしょう。 医療機関によって、算定の解釈は違いますから・・。 ちなみに、うちの医院では2週間ぐらいは経っていないと、さすがに初診料は算定していません。 今回の例では、最初の症状はすっかり良くなった後、2週間後再び受診しているということ。 それなら、先ほどの定義からいうと、新たに違う症状で受診ということになりますよね。 たとえ、同じ病名だったとしても・・、同じ薬が処方されたとしても・・。 一度良くなって、また体調が悪くなってきたのですから、その傷病に対しての初診といわれる診察行為。 やっぱり、初診料ですね~。 風邪などは、薬を飲んで休養して回復していきます。 実際、こじらせているとしたら、2週間もあけずに受診するはず。 2週間も来院がないということは、それは完治したということ。 病名上、治癒したということで、次の来院時には初診が算定されるのです。 まとめ いかがでしたか。 こんなふうに、初診料を月2回算定することはあります。 間違いではないのです。 あくまでも、初診料はその傷病について、初診として診察した時点で算定する点数。 ただし、その傷病に対して治癒していない間に、別の症状が新たに加わってきたという受診には再診料です。 一つの病名が治癒、もしくは患者さんが勝手に来なくなって中止されたときには、次回が初診となります。 先生が、次回来院日を言われたときには、忘れずに守りましょうね。

次の

「初診料」について疑問というか文句を言っている患者さんへ…初診の定義はこれです!!

初診 再診 間隔

多分、初診とはその医療機関を初めて訪れることと解釈しているんでしょうね。 病名が同じなら、二回目以降は初診では無く、再診が徴収されますが、一定期間を超えた場合は再度初診料がカウントされる場合もあります。 この初診料をめぐって医師の間でこんなことが話題になっています。 「初診料を2度取られた」との言いがかり……ある皮膚科を患者さんが背中のホクロをガンではないかと心配して受診しました。 診断としては悪性ではない単純なホクロだったので、その患者さんは帰りました。 その2年後にまた同じ患者さんが背中のホクロが気になって再度受診しました。 診断は一回目の来院と同じく、ガンではありませんでした。 ところが会計時に「同じ病気なのに、再度初診料を請求するなんてオカシイ」と騒ぎ出したそうです。 初診の意味を説明しても、その女性患者さんは納得しなかったので、面倒なので「再診料」で処理したそうです。 その数日後にネットの掲示板で「初診料を二回も取られた!! 患者が任意に診療を中止し、1月以上経過した後、再び同一の保険医療機関において診療を受ける場合には、その診療が同一病名又は同一症状によるものであっても、その際の診療は、初診として取り扱う。 平成28年度 診療報酬点数 医科 より もしも風邪をひいて初めて受診して、治らないので再度受診したら肺炎になっていた場合は病名が違っても、症状が一緒ですからその場合は再診となります。 しかし、風邪と診断された後に1ヶ月以上空けて受診して再度風邪と診断されても、肺炎と診断されてもその場合は初診料として処理されてしまいます。 また、高血圧で通院していて60日分薬が出されて2か月後に受診した場合はもちろん再診となります。 前述日経メディカルの記事は一番最初に受診した時点で悪性の疑いがなく、治療の必要性がなかったためにその日で診療は終了していると判断します。 2年後に受診して、同じ病名と診断されても医師が後日の経過の観察を申し出ない限り、患者さんが任意に診療を中止したと解釈しますので、当然再診料ではなく初診料を支払わなければなりません。 ちなみに風邪で受診して完治。 その一週間後に腹痛で再度受診した場合、初診の定義上は再度初診料を支払わなければなりませんが、さすがにそこまでする勇気のある医療機関は周囲を見渡す限り稀のようです。 「セコイ医師」って言わそうですからね。 以前は医療事務員が手計算していたものが、私が開業した約20年前から医療機関の診療費はレセコン(医療機関が診療報酬を受け取るためのレセプトを作成するソフト)が導入されだしたために複雑怪奇な医療費の詳細について、特に窓口で支払う医療費についての詳細を即答できる医師は稀と考えてください。 税金の確定申告がかなり複雑であり、そのために税理士・会計士がいるのですが、医療機関ではPCがその役目を果たしてくれます。 ネット上では医療費についての詳細な情報が得られますが、正確な医療費をネット上で計算することは多分不可能でしょうね。 現在は初診料は282点(1点10円)となっていますので、3割負担である場合は850円になります(四捨五入ではなく、医療費はなぜか五捨五超入という不思議な言葉を採用しています)。 一方、再診料は72点ですので、3割負担の場合は220円なので患者さんとしては再診料で計算して欲しい気持ちもわからなくはないです(実際にはこれに外来管理加算として52点上乗せされます)。 医療費の場合、医師でも詳細を理解していることが少ない医科診療報酬点数システムはレセコン屋さんの利権とは考えられませんし、医療事務派遣会社の仕事が無くなるからでもありません。 中央社会保険医療協議会ってところが診療報酬の料金(点数)を決めているのですが、このメンバーに日本医師会の代表が以前は加わっていたために「医師会の圧力が」なんて言い方をされていました。 現都知事としてお金にセコイと話題になっている舛添さんが厚労省の大臣だった時に「診療報酬は透明性がない」と発言して以来、医師会サイドの人は中央社会保険医療協議会に選ばれないようになりました。 それでも複雑怪奇な医療費の計算方法は全く改まっていません。 今となっては、どっちの方がセコくて、透明性がないんだよ!! と一言申し上げたい次第です。

次の

初診料と再診料の一連の行為とは。3パターンあります。

初診 再診 間隔

初診料と再診料の一連の行為は以下の3パターンになります。 最初に正解から!! 初診料と再診料の一連の行為は以下の3パターンについて以下の通りです。 2 初診又は再診が行われた同一日であるか否かにかかわらず、当該初診又は再診に附随する一連の行為とみなされる次に掲げる場合には、これらに要する費用は当該初診料又は再診料若しくは外来診療料に含まれ、別に再診料又は外来診療料は算定できない。 ア 初診時又は再診時に行った検査、画像診断の結果のみを聞きに来た場合 イ 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合 ウ 初診又は再診の際検査、画像診断、手術等の必要を認めたが、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合 この3つになります。 上記3つに当てはまる場合は 初診料も再診料も算定することはできません。 ここは大事なポイントです。 初診料も再診料も多くの加算があったりして混乱してしまいますが通則に書いてある部分なので大前提の部分です。 大丈夫ですよ。 骨折はしていません。 あとは安静にしていてください。 往診等の後に薬剤のみを取りに来た場合 往診などの後に薬剤を取りに来た場合も再診料は算定できません。 院内処方の病院が減っているので想像し難いかもしれませんね。 個人的にもこのパターンには出会ったことがありません。 往診後に薬剤のみをとりにくる場合があまり無いような気がします。 あったとしても受付で対応できることがほとんどではないでしょうか。 初診又は再診の際検査、画像診断、手術等の必要を認めたが、一旦帰宅し、後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合 これで査定になったことがありますw 再診料を算定して査定です。 これは難しいです。 診察して検査、画像診断、手術等の必要を認めたが一旦帰宅し(帰宅させないで)後刻又は後日検査、画像診断、手術等を受けに来た場合。 つまり以下のような時は査定になります。 1日目:再診料• 2日目: 再診料+検査 判断はどうなっているのでしょうか。 審査期間に問い合わせましたが具体的には医学的判断となるので明確な答えはありませんでした。 査定にならない場合もあるので難しい部分なんですよね。 また後日の検査については外来管理加算についても関係してくるので余計に難しい判断になります。 本日のまとめ 初診料と再診料の一連の行為はあまり査定にならない部分なので気をぬいてしまいがちです。 初診料や再診料については基本的な部分なのですが意外と忘れてしまうポイントでもありますのでしっかりと復習をしましょう。 特に電子カルテの病院ではこのあたりの項目は自動で入力されてしまうのであまり考えることなくそのままスルーしてしまうことも多いですね。 電子カルテになって外来会計時に考えて算定することが減りました。 なんとなく正解だろうと信じている自分がいます。 薬価の計算を手作業で計算していた時代があるように、今後電子カルテの精度がもっと向上してくれば初診再診での一連の行為などについて考える必要もなくなるのかもしれません。 そうなる未来が早く来ると良いですね。

次の