ブルネイ マティーン王子。 マティーン王子の身長体重プロフィール!年齢・彼女・結婚についても!【即位礼正殿の儀】

マティーン王子/本名・年齢・身長wikiプロフィールは?父母・兄弟の家族構成も調査!【ブルネイ王子】

ブルネイ マティーン王子

一覧参照• ラシーダ ムタ=ワキラ マジーダ ハフィザ アブドゥル・マリク アゼマ ファジラ アブドゥル・マティーン アブドゥル・ワキール アミーラ 王家 ボルキア家 父親 母親 ペンギラン・アナク・ダミト 宗教 ウィキメディア・コモンズには、 ハサナル・ボルキアに関連する および があります。 ハジ・ハサナル・ボルキア・ムイザディン・ワッダラー(: Haji Hassanal Bolkiah Mu'izzaddin Waddaulah、 - )は、()。 第29代に当たる。 日本では「 ハサナル・ボルキア国王」の呼称が主に用いられる。 ・・を兼任し、ブルネイの国体下において、事実上のと言える強大な権限を有している。 ブルネイで発行されている複数の紙幣に肖像が使用されている。 また、世界各国の君主の中でも有数の資産家としても知られ、に世界一の富豪として記録されていたこともある。 スルターン在位期間は52年間にも及びの中ではの に次ぐ長さである。 略歴 [ ]• 7月15日、当時のブルネイで国王の長男として誕生。 となる。 オマール・アリ・サイフディン・カレッジ入学。 サレハ王妃と成婚。 イギリスのへ留学。 翌年までをイギリスで過ごす。 父王の退位に伴い帰国。 10月5日、第29代に即位。 8月1日、にて戴冠式が挙行され 、正式に国王となる。 視察のため初訪日。 以後数回の訪日履歴がある。 2月17日、サレハ王妃との間に後の皇太子誕生。 マリアム第2王妃と成婚(のちに離婚)。 ブルネイ独立。 同時に首相・蔵相・内相を兼任する。 設立構想を発表、同年開学、総長に就任。 首相・国防相を兼任。 現在の首相・国防相・蔵相兼任の肩書に。 アズリナ・マズハル第2王妃と成婚(のちに離婚)。 大統領選に絡んだの被害に遭う。 被害額は200億インドネシア・ルピア。 政策 [ ] 軍を視察中のハサナル・ボルキア国王 ブルネイの政体は形式上を採ってはいるが、においては法律の最終制定権を国王に置き、においても裁判官の任命権を国王が有する など、事実上はと言ってよい。 ハサナルは独立以来この国王の地位にあり、前述の通り・・をも兼任し絶大な権限を振るっている。 ・の豊富な産出に基づく安定した経済力を背景に、の整備、高福祉政策を実現し、更にの大量雇用によって国民の経済水準を引き上げてきた。 また公務以外においても、毎年明けの大祭の際には王宮を開放し、国内外からの数万人に及ぶ参列者一人一人とを交わす など、国民との融和に努めている。 また、訪問者には、手土産に類を渡し、子供にはお小遣いを渡すという。 高い生活水準を享受する国民からの信頼は全般に篤く、毎年7月15日の国王の誕生日には市中に装飾がなされ、国を挙げた祝賀会が催される。 現在のところ、国民のは皆無でありながら大規模な民主化運動や反体制運動も発生していない。 ただし近年は将来の資源枯渇に備えた経済の多角化の必要性もあり、徐々に国政を変化させつつある。 ハサナルは、独立以来停止していた立法評議会()を再開すると共に、改正によって従来の任命議員に公選議員を加えるものとした(しかし2011年現在も選挙が実施されるには至っていない )。 またには大規模な内閣改造での刷新を行い、エネルギー大臣職を新設した。 外遊 [ ] 平成時代の、弟の ()、駐日大使および同夫人と共にに参列した。 令和時代の10月22日に開催されたにも参列し、翌23日には赤坂離宮でと会談を行った。 家族 [ ] 3人のとの間に5男7女、計12人の子女がある。 このうち、サレハ第一王妃との間に生まれた長男アルムタデー・ビラが1998年にに立てられ、2005年からは上級大臣として筆頭の地位にある。 また、実弟のモハメッド・ボルキアも1984年の独立以来(2005年の内閣改造以降は外務貿易相)として政務を補佐している。 サレハ第1王妃( - 、成婚)• ラシーダ王女( - )• ムタワキラ王女 ( - )• 王太子( - )• マジーダ王女( - )• ハフィザ王女( - )• アブドゥル・マリク王子( - )• マリアム第2王妃( - 、成婚、離婚 )• アブドゥル・アジム王子( - )• アゼマ王女( - )• ファジラ王女( - )• アブドゥル・マティーン王子( - )• アズリナ・マズハル第2王妃( - 、成婚、離婚)• アブドゥル・ワキール王子( - )• アミーラ王女( - ) 資産 [ ] ハサナル・ボルキア国王により建設された遊園地、 ハサナルは、その莫大な個人資産と豪奢な生活振りでも知られる。 の米経済誌では、個人資産は200億と見積もられており、これは国家元首としては世界第4位である。 王宮の部屋数は1788を数え、趣味のに用いる馬が多数飼育されている。 また、自身の50歳の誕生日に合わせて東南アジア最大級の「」 を個人資産から建設して国民に開放し、のを無料開催する など、豪遊の話題が非常に多い人物である。 特に彼が熱を上げているのがの蒐集である。 コレクションの総数は5000台に上ると言われ、英紙がに伝えたところによれば、コレクションには以下の車が含まれる。 531台• 367台• 362台• 185台• 177台• 160台• 130台• 20台 これらのコレクションの中には、世界で1台しか存在しないの右ハンドル車や、28台のみ生産されたなど大変希少なモデルや、が製作したの(456GTベニス)や、非公開の等、彼の発注による独自()モデルも多数存在する。 これらのカーコレクションは専用に建設された巨大な立体駐車場に収められているという。 また、やを始めとする、も多数所有している。 陸軍士官学校時代の経験を生かし、自ら操縦を行う場合もある。 脚注 [ ]• 外務省. 2008年7月17日閲覧。 アジア・リンケージ. 2008年7月17日閲覧。 現在、68年間在位中• Freme Travel Services Sdn Bhd""(、2011年8月14日閲覧。 芝田征二(2008)""立命館国際研究. 21 3 :45-64. - 、2013年5月12日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 在ブルネイ日本国大使館. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 livedoorニュース. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 外務省. 2008年7月17日閲覧。 社団法人日本ブルネイ友好協会. 2008年7月17日閲覧。 Forbes. com. 2009年1月1日閲覧。 Mirror. 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 2008年7月17日閲覧。 Web-Tab. 2008年7月17日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

即位式 6分遅れの開始にあったイケメン王子の滑り込み騒動

ブルネイ マティーン王子

ブルネイ王国のマティーン王子は独身? マーティン王子は、どうやらまだ独身のようです。 筋肉質のナイスバディをインスタグラムで披露し、凛々しい顔立ちもあって女性ファンが多いマティーン王子。 ロンドン大学の東洋アフリカ研究学院で国際外交を学び、修士の学位を持つ王子は、18歳の時にサンドハースト王立陸軍士官学校で44週間の訓練を受け、2016年からはブルネイ国軍の大尉を務めている。 父であるハサナル・ボルキア国王は世界で最も裕福な人物の一人で、総資産は200億ドル 約2兆1200億円 とされている。 とはいえ、マティーン王子は地に足の着いた生活を好んでいるそうで、自らのことを「スウィート、シンプル、ファニー」と形容。 結婚相手には 「質素な人がいい」と話しているそうだ。 引用元:Movie Walker こちらは2018年4月の情報です。 2019年の現在も特に結婚のニュースは入ってきていないので、独身と思われます。 とても裕福で、何不自由ない生活をしていると思いますが、地に足の着いた生活を好み、結婚相手も「質素な人」がいいと・・・。 この謙虚な発言でも、ますますファンが増えそうですね。

次の

【ブルネイ】マティーン王子は独身?イケメン王子のインスタや学歴を調査!

ブルネイ マティーン王子

ブルネイのマティーン王子がイケメン貴公子すぎて話題!まだ独身?ペットはホワイトタイガー!華麗なる家系は? 東南アジアのイスラム峡谷でイギリス連邦加盟国であるブルネイと言う国をご存知でしょうか。 ブルネイことブルネイ・ダルサラーム国のハサナル・ボルキア国王の第2王妃であるマリアム妃の4男にあたるマティーン王子がInstagramのフォロワー数が77万9千人を超えるほどの有名人でした。 そのInstagramで有名人となったマティーン王子についてご紹介します。 マティーン王子 wikiプロフィールやインスタ画像 名前:アブドゥル・マティーン王子 年齢:25歳 生年月日:1991年8月生まれ ペット:トラ(名前はカワン) 学歴:ロンドン大学修士課程を修了 趣味:スポーツ マティーン王子ってどんな人? さすが王子様っていうことでかなり情報量が少ないのですが、色々調査をして分かったことをご紹介します。 マティーン王子は東南アジアのイスラム教国でイギリス連邦加盟国であるブルネイことブルネイ・ダルサラーム国のハサナル・ボルキア国王の第2王妃である、マリアム妃の4番目にお生まれになった王子様です。 ブルネイの国王には王妃が3人いらっしゃって、そのお妃様ひとりひとりが子供を出産していらっしゃいます。 そういった理由からマティーン王子には家族が沢山いらっしゃいます。 その大勢のご家族すべてを大事にしているマティーン王子は、なかでも自分のことを生んでくれた母親と兄や妹たちを大切にする家族思いの青年だそうです。 そして、気になる王位継承の順位ですが、マティーン王子の王位継承順は5番目だそうです。 そして、マティーン王子の学歴の方ですが、とても賢い方だそうで2016年にロンドン大学で文学修士を授与されており、在学中は国際研究と外交について学ばれていたそうです。 さらに、マティーン王子は賢いだけでなく文武両道な一面を持っており、運動神経も抜群のようです。 Instagramを見ている人ならおわかりでしょうが、スキーやビリヤード、ボクシングポロなども達者にこなしています。 そして飛行機の操縦もお手の物で、バンジージャンプも楽しんだりと、とても勇敢な方であるようです。 Instagramでは軍服での写真もご覧にいただけます。 とてもセレブで優雅な暮らしをしていると思いましたが、マティーン王子は2010年5月9日から2011年4月15日まで44週間にわたる過酷な陸軍士官学校の経験を19歳の時に学んでいました。 マティーン王子はジェルドン・インターナショナル・スクールでの中等教育を卒業したあとすぐに訓練コースに入学されたそうです。 instagram.

次の