小説 投稿 おすすめ。 小説投稿サイトのおすすめは4つだけ!30サイト以上を比較して厳選【2020年最新版】

非ライトノベルの小説を読みたい・書きたいあなたに!おすすめ小説投稿サイトまとめ

小説 投稿 おすすめ

これから小説家になろうと考えている人にとって、小説家デビューするための一つの方法をして、「小説投稿サイト」があります。 「小説投稿サイト」とは、年齢制限等が一切なく、誰でも自由に自分のオリジナル小説を投稿することができるサイトです。 投稿したサイトの小説を読者の人たちに読んでもらうことができます。 ここで人気になった小説は、出版社によって書籍として出版され、さらに 人気がでればアニメ化、ゲーム化、漫画化といったメディアミックス展開されていきます。 「」「」「」「」「」などの人気小説もネット発の作品です。 小説の賞に投稿してデビューする以外の小説家になる道として、もはや確立された地位を築いています。 もちろん、小説家デビューに興味がなくて、二次創作などで「自分の書く作品を他の人たち読んでほしい」といった人たちにも最適なサイトとなっています。 ここでは、そんなネット小説、WEB小説を投稿できるサイトの中で、おすすめの人気サイトを厳選してまとめてみました。 このサイトを参考にして「小説投稿サイト」を探してみてください。 小説家になろう 今、 一番人気がある小説投稿サイトといえば「小説家になろう」です。 「」「」「」「」「」を一例として、数え切れないほどの小説化、さらには漫画化やアニメ化された作品があります。 それらの作品は、「なろう系」の作品と呼ばれることも多いです。 「小説家になろう」では、 ライトノベルのような小説が人気です。 その中でも、現世で死んでしまった人が、剣と魔法のファンタジーな異世界で生まれ変わる、「転生系」と呼ばれるような作品が人気であり、ランキングでも「」という独立したジャンルが作られています。 人気サイトだけあり、今ライキング上位に入るのは簡単ではありません。 ただ、ランキングの上位に居続けられれば、PV数が伸び、どこかの出版社から声がかかる可能性がかなり高いです。 今、 ネット発で小説家デビューをしたいという人は、一番チャンスが多いサイトは「小説家になろう」と言えるでしょう。 おすすめポイント• 今、一番盛り上がっている小説投稿サイト• 数え切れないほどのデビュー作家がいる• 「転生系」を中心としたライトノベルに強いサイト カクヨム 「カクヨム」は、大手出版社の「KADOKAWA」と、はてなブックマークやはてなブログなどのサービスがあるIT企業の「株式会社はてな」によって運営されている小説投稿サイトです。 「異世界ファンタジー」を中心としたライトノベル系の小説が多く投稿され、人気があります。 このコンテストで大賞をとれば、賞金がでて、書籍化が確約されています。 「KADOKAWA」が積極的に書籍化を推進しているようで「カクヨム」発での書籍化作品もかなり多いです。 () 「KADOKAWAからライトノベル系の小説を出版したい」といったような明確な目標がある人には、特におすすめできるサイトです。 おすすめポイント• 大手出版社「KADOKAWA」による小説投稿サイト• 「KADOKAWA」によって、積極的に書籍化されている• 「異世界ファンタジー」を中心としたライトノベルに強いサイト エブリスタ 「エブリタス」は 「DeNA」と「ドコモ」によって運営されている小説投稿サイトです。 会員数150万人と国内最大級の小説投稿サイトです。 ランキング上位に入る作品の傾向としては、「女性向けの恋愛もの」が多いです。 また、それ以外にも「」」「」といった「デスゲーム系」や「サバイバル系」「ホラー系」の命がけで戦っていくようなタイプの作品も書籍化、漫画化されて人気となって居ます。 年間でおよそ150冊ほどが書籍化されています。 () 女性向けの恋愛ものを中心として、多様なジャンルの小説を楽しむことができる小説投稿サイトとなっています。 おすすめポイント• 「DeNA」と「ドコモ」によって運営されている小説投稿サイト• 会員数150万人と国内最大級の規模を誇り、数多くの書籍化作品がある• 「女性向けの恋愛もの」や「ホラー系」の人気作がある アルファポリス 「アルファポリス」は 出版社である株式会社アルファポリスによって運営されているサイトです。 公式漫画を読んだり、漫画を投稿したり、ゲームをプレイできたりと様々なことができるエンタメ総合サイトです。 その中で、小説を投稿したり読んだりとすることができるサービスがあります。 「 小説や漫画を読めるアプリ」と「小説投稿用のアプリ」があり、 スマホで気軽に小説を投稿することができます。 また、「24h. ポイント」という読者による人気によって変わるポイントがあり、このポイント次第で、 「報酬をゲット」することができたり、「出版申請」をすることができたりとします。 人気次第で、デビュー前からお金が手に入ったり、出版申請ができる特徴のある小説投稿サイトとなっています。 おすすめポイント• 大手出版社「アルファポリス」による小説投稿サイト• 小説投稿用のアプリで、スマホで気軽に投稿できる• 投稿するだけで報酬をゲットするチャンスがある mecuru 「mecuru」は、 小説、コミック、イラスト投稿などの様々なコンテンツを投稿できるサイトです。 「mecuru」の特徴としてはコミュニティが強いことがあげられます。 様々なコミュニティによって読者や作者などのmecuruユーザーが交流をすることができます。 「mecuru」は大人の女性向けの恋愛小説が人気です。 一般小説だけではなく、 「R-18」「TL」「BL」といったジャンルの小説も人気です。 また、それぞれの小説に表示のイラストがついているなど、サイトのデザイン性がよく、面白そうな小説が探しやすくなっています。 大人の女性向けの恋愛小説に興味があるのなら、「mecuru」がおすすめとなっています。 おすすめポイント• 小説だけではなく、コミック、イラストが投稿されている• 大人の女性向けの恋愛ものが人気• コミュニティが強く、ユーザー間交流が活発 ハーメルン 「ハーメルン」は、 二次創作の小説が多く投稿されている小説投稿サイトです。 二次創作小説とは、「ONE PIECE」「Fate」「ソード・アート・オンライン」「オーバーロード」などの 人気漫画、アニメ、小説の設定やキャラクターなどを元にして、新たに書かれた小説のことです。 「ハーメルン」内では、原作カテゴリごとに検索をすることができ、それぞれの作品ごとに二次創作小説がまとめられています。 自分の好きな作品の二次創作小説を気軽に投稿して、また、その作品が好きな読者に届けられます。 また、ランキングによって、作品横断的にも小説を検索することができます。 「ハーメルン」は、二次創作小説に興味がある人には、おすすめの小説投稿サイトとなっています。 おすすめポイント• 二次創作小説が多く投稿されている• 原作カテゴリごとに検索ができる• ランキングによって、作品横断的にも小説を検索できる 魔法のiらんど 「魔法のiらんど」は、 若い女性向けの小説が多く投稿されている小説投稿サイトとなっています。 「」「」といった2000年代に実写映画化されるなどの大ヒットをした携帯小説が連載されていたのもこのサイトです。 ジャンルとしては、若い女性向けの恋愛小説が強い印象があります。 また、「KADOKAWA」によって運営されているサイトであり、このサイトのレーベルである 「魔法のiらんど 文庫」などから数多くの書籍化作品がでています。 「ランキング」「いいね」などの便利な機能も搭載をされています。 若い女性向けの小説が書きたいのなら「魔法のiらんど」がおすすめです。 おすすめポイント• 若い女性向けの恋愛小説が強い• 「魔法のiらんど 文庫」などから数多くの書籍化作品がある• 2000年代に実写映画化されるなどの大ヒットをした携帯小説が連載されていた ケータイ小説サイト 野いちご 「ケータイ小説サイト 野いちご」では、 恋愛ジャンルの小説が多く投稿されている小説投稿サイトです。 このサイトの メインユーザーは女子中高生を中心とした10代女子です。 人気小説は、「野いちご文庫」などで書籍化されています。 現在で約300人の作家がサイトからデビューをしています。 スマホアプリもあり、縦読みページめくり不要でサクサクと読むことができます。 また、サイト内で、大賞作品が書籍化されるコンテストも開催をされています。 10代女子向けの恋愛小説を書きたいのなら「ケータイ小説サイト 野いちご」がおすすめです。 おすすめポイント• およそ300人の作家が「ケータイ小説サイト 野いちご」からデビュー• 女子中高生を中心とした10代女子向けの恋愛小説がメインユーザー• 大賞を取れば書籍化されるコンテストを開催 終わりに というわけで、 小説を書くのにおすすめの「小説投稿サイト」を厳選してまとめてみました。 それぞれのサイトごとに違った特徴があり、違った読者がいて、良さがあります。 また、それぞれのサイトの特徴をよく掴むためには、サイトに投稿されている人気作を読んでみるのが一番です。 ぜひ、投稿するためだけではなく、読む目的でもこれらのサイトを使うのもおすすめです。

次の

小説家への近道になりそうな小説投稿サイト10選

小説 投稿 おすすめ

スポンサーリンク ネット小説はライトノベルが主流 「小説家になろう」「カクヨム」をはじめとして、小説投稿サイトはライトノベルが上位を占めます。 でも、ライトノベル以外の小説を投稿できるサイトが全くない! ということもありません。 今回は「ライトノベル以外の小説・純文学を投稿できるサイト」を纏めてみました。 星空文庫 純文学系の集まる小説サイトでは最王手かな? クランチマガジン 規模は小さいけれど、純文学、詩、評論など、いろんな文章を書きたい人にお勧め。 note ブロガー界隈では有名なnote。 支援(寄付)が簡単にできるのが強み。 Twitterで有名ならありかな? 新都社(文藝新都) 有名な漫画投稿サイト。 ラノベと一般小説は切り離されているのでちょうどいい。 漫画の読者は多いので、ついでに話題になるチャンスは強い。 ただし多重投稿はNG。 その他 その他にこんなサイトもあります。 応援してみてはいかがでしょうか? 破滅派 ノベラボ taskey.

次の

WEB小説投稿サイトおすすめ7選比較【ネット小説とラノベを書く読む】

小説 投稿 おすすめ

知らないと損!? 手間いらずのおすすめネット小説投稿サイト ところでみなさんは、小説投稿サイトと聞いてどのサイトが思い浮かびますか? ・小説家になろう ・カクヨム ・エブリスタ ・ノベルアップ+ etc…… などですかね? 今回ご紹介するのは、そのどれでもありません。 運用するのにあまり手間がかからず、しかしランキングや小説大賞、書籍化のチャンスもちゃんとある、そんなマイナーな小説投稿サイトです。 もはや利用しないと損だと思いますので、ぜひ活用してみてください! 次世代型の小説投稿サイト『ツギクル』 他サイトで小説を書いていれば、登録するだけで後は手間いらず。 そんな次世代型の小説投稿サイトが存在します! そのサイトとは…… ツギクルです! 「なんだそれ!? 聞いたことないぞ!」 と思われた方もいらっしゃるかと思います。 意外と知られていないサイトなのです。 しかしこのサイト、他の小説投稿サイトとは明らかに異なる特徴を持っており、それが…… ・外部サイトのURLを登録できる! ・作品へのアクセス数によって増減するポイント「クル」がもらえる! ・書籍化の道もある! ・登録している作品をAI分析できる! それでは一つずつ解説していきますね! 外部サイトのURLを登録できる! ツギクルはなんと! 他のウェブサイトに登録している作品をそのまま登録できるのです。 つまり、この ツギクルの作品ページから他の小説投稿サイトの作品ページにアクセスが可能ということ。 登録するだけで単純にアクセス元が増えるので、登録しないのは損ですよ! 作品へのアクセス数によって増減する「クル」がもらえる ツギクルでは、たとえ外部サイトURLを登録していても、そのサイトの作品ページへのアクセス数によって増減するポイント「クル」がもらえます。 それがなんだと思われるかもしれませんが、これは意外と凄いことなんですよ。 そのクルによって、 ツギクル内でランキング化されるのです。 凄くないですか? たとえば、「なろう」ではなろう内のランキングがありますが、それに加えツギクル内でのランキングにも表示されるんです。 ランキング入りの恩恵は言うまでもありませんね? なのでアクセス数の多い作品であるほど、ツギクルに登録して受けられる恩恵が大きいのです。 ちなみに、クルを測定するにはバナーの設置が必要なので、最後に解説しますね。 書籍化の道もある! ツギクルは他サイト同様、サイト内で小説大賞のコンテストが開催されることがあり、そこで受賞すれば書籍化できます。 過去の実績を見ると、2017年に2回、2018年に1回、2019年に1回開催されているようですね。 レーベルはツギクルブックスです。 ……さて、ここからが本題。 作品を登録すればアクセス数に応じて「クル」が増減すると言いましたね。 それでこのクル、 1000クルに到達すれば出版トライアルができるのです! つまり、他サイトで投稿しつつ、作品が人気になれば比例してクルが増加し、書籍化のチャンスまで得られる。 これが意外と面白い。 AI分析すると、ツギクルくんというAIから作品への総評が届き、構成要素分析や文章の読みやすさ、傾向などの結果をもらうことができます。 結構まとを得ていたり、新たな発見があったりと、中々使える機能です。 客観的なデータになるのが強みですね。 これをしないと、クルが計測されないのでご注意ください。 1、まず外部サイト登録した作品の『小説の管理』を開きます。 2、『ランキングバナーの取得』ページへ移動してください。 3、使いたいサイズのバナーのコードをコピー 4、『小説家になろう』の登録している作品ページを開き、ランキングタグ設定を開く 5、コピーしていたコードを所定の場所に貼りつけて設定を押せば完了 これで設定完了になります。 念のため、バナーが小説家になろうの作品ページに表示されているか確認はしておきましょう。 まとめ 今回は、次世代型の小説投稿サイト『ツギクル』の活用法について解説しましたね。

次の