うお 座 いつ。 星座図鑑・うお座

運勢2020|魚座(うお座)

うお 座 いつ

そんなうお座の人は、攻撃的なところは少なく、対立や衝突を嫌います。 「自分がない」などと言われることがあるかもしれませんが、それは適応性が高くどこでもやっていけるからでしょう。 しかし、周りに影響されながら生きていくことに不安を感じるなら、自分の軸をしっかりさせることも必要かもしれません。 うお座の人は精神状態が体調に変化を及ぼしやすいことも特徴です。 感覚が鋭いため精神的に疲れやすいところがありますし、対立を嫌って自分の思ったことが言えずにストレスを知らず知らず抱えている可能性もあります。 自分なりのストレス発散の場を確保しておくことが大切です。 うお座の恋愛 うお座の人は恋愛では 相手に染まっていくタイプです。 大好きな恋人の要求には何でも応えようとしますし、尽くします。 対立や衝突を避けようとするため、自分の要求を言うのは苦手です。 相手に尽くすあまり自分を見失ってしまいがちで、相手から「何を考えているかわからない」と思われることもあります。 相手の要求に応えるのはとても素敵なことですが、自分の考えを相手に伝えて自分を理解してもらうことも大切です。 また、うお座の人は自分から告白をすることが苦手です。 逆に押しや雰囲気に弱く、なんとなく付き合ってしまったこともあるのではないでしょうか。 うお座の人と付き合うには うお座の人を落とすには、 自分から告白するのが良いでしょう。 うお座の人から迫ってくることはあまりないので、自分から押していくことが大切です。 雰囲気に飲まれやすいところもありますので、誘うならオシャレでお酒の飲める場所になどが良いのではないでしょうか。 また、破局したばかりのうお座の人を落とす場合は、時間をかける必要があります。 うお座の人は相手に尽くすタイプなので、破局後は深い傷を負っています。 時間をかけて傷を癒やしてあげながら、自分の好意を伝えるようにしましょう。 うお座の結婚 うお座の人は、パートナーや家族ために努力し、愛情を注ぎ、良い家庭を築くでしょう。 ですが、パートナーや子供のために頑張りすぎるあまり、疲れてしまうこともあります。 結婚生活においても時には休んだり、息抜きをしましょう。 うお座の仕事 うお座の人は感性が鋭いので、芸術関係などが向いていると言えます。 ただ、基本的にどのような組織でも適応できるので、どのような仕事に就いても仕事をこなすことができます。 ひどい環境でも適応できますが、それがストレスとなりのちのち体調を悪くしてしまうことも考えられますので避けたほうが良いでしょう。 うお座に限った話ではないですが、自分に合った環境を探すことが大切です。 また、対立や衝突を必要とする仕事には向かないでしょう。 うお座の人にとってはストレスでしかありません。 うお座の人を活かすには リーダーよりもリーダーについていくほうが向いています。 リーダーの影響を受け易いので、同じ理想を持ったリーダーの元に配置すると良いでしょう。 対立や衝突をよしとする環境には向きません。 調和を重んじる部署や環境に配置すると力を発揮するでしょう。 部下にうお座の人がいる場合、部下の体調の変化に注意しましょう。 ストレスが体調の変化となって現れることがあります。 体調の変化は一種のSOSです。 うお座の由来となったギリシャ神話 うお座の由来は、ギリシャ神話に登場する「美の女神アプロディテとその子エロースが魚になった姿」と言われています。

次の

12星座早見表

うお 座 いつ

うお座の男性の特徴 守ってあげたくなるタイプの男性です。 意外にしっかりしているところもありますが、頼りない雰囲気を持っている方が多いです。 人間の極端な性質を深く理解しているため、自分をあまり信じてないところがあります。 行動を責められると、余計にそれをして意地悪をしてくる面もあり、直接対決を避けていきます。 また、支配しようとするとそっと離れていくだけで、得られるものは何もありません。 彼の魂を奮いだたせたいのであれば、信じてあげることが一番効果的です。 共感力が高く、大切な人を冷たく扱うことはしない方ですから、黙ってそばにいるだけでも心を解きほぐしてくれるでしょう。 うお座の女性の特徴 神秘的な深遠さと、何者にも支配されない精神。 相手を喜ばせるのが好きで、滅多に声を荒げない、不思議な柔らかさを持った女性です。 おとぎ話のお姫様のように大切に扱われることを求めていきます。 満足できないと別の誰かへと去っていくか、悲劇のヒロインに憧れ、心を閉ざしたり、最悪のジレンマを演出してきます。 うお座の女性は複雑な側面をたくさん持っております。 うお座の女性が持つ知恵と共感力には、慈悲心と豊かさ、聡明さが宿ってます。 その反面、恋人の夢をもてあそび、すべてを吸い尽くすような魔女のような一面もあります。 彼女の気持ちを無視したり、上から目線で接しすぎないよう注意です。 前向きな言動を心がけることで、魂に癒しをもたらせてくれるでしょう。 うお座とおひつじ座の相性 熱い保護本能を持っているおひつじ座にとって、繊細で脆いうお座の性質はとても合っていて、自分の世界に引きこもりがちなうお座と、外の世界でエネルギッシュに活動するおひつじ座とのバランスはとても良いです。 また、おひつじ座の荒々しさを穏やかにするには、うお座の人間の弱さの深い理解が役立ちますし、おひつじ座の自信は、悲観しがちなうお座を勇気付けます。 お互いが必要とするものを持っているので、うまくいく可能性を秘めている相性です。 ただ無神経な暴君とそれを耐え忍ぶ者のような関係にならないように注意しましょう。 お互いの前向きな才能を高め合うことで、いつまでもロマンチックなムードを維持できます。 うお座とおうし座の相性 お互いに繊細で温かい愛情を引き出しあうことができる相性です。 傷つきやすく甘えん坊のうお座は、おうし座の保護本能をくすぐり、価値あるものを守るためには辛いことも耐え忍ぶおうし座は、うお座の同情心を掻き立てます。 とはいえ、他者への共感性に溢れたうお座は、いろんな人に同情するため、独占欲の強いおうし座にとって安定を脅かされているように感じ、束縛する傾向があります。 忠節や束縛の在り方について、学びが必要な相性ですが、そうしたことを乗り越えていくことで、ロマンチックな永遠の絆を育めるでしょう。 うお座とふたご座の相性 知的で思慮深く柔軟性のある二人で、飽きっぽくマンネリが苦手なところも似ています。 一緒に旅や冒険をしてみたり、目的を共有できると、とても有意義な時間を過ごすことができるのですが、コミュニケーションに関して、少し問題が起きやすく、ふたご座は常にコミュニケーションを保ちたく、沈黙や思わせぶりな表現は苦手です。 逆にうお座は、夢のある漠然とした形で考えを伝えることを好みます。 ふたご座は感情がクールで、うお座は相手に依存しすぎに見えることもあります。 しかし、気分次第でどちらかがどちらになることもあるはずですから、相手のコミュニケーションの方法を尊重するように心がけましょう。 うお座とかに座の相性 繊細で、共感に満ちた深い情のやりとりができる相性です。 温かい愛情と相互理解で結ばれるため、言葉がなくとも、お互いの創造性やインスピレーションを高め合えます。 しかし、独占欲とコミュニケーション面では少し注意が必要です。 二人とも一途な愛を貫けるのですが、うお座の誰にでも共感してしまう態度が行き過ぎると、かに座は強い嫉妬を感じます。 また、うお座は都合良くかに座に甘えるため、あえて無力のフリをすることもあるでしょう。 二人のコミュニケーションに、気分や雰囲気が大きな位置を占めるのは間違いありませんが、一歩引いた客観性と、正直な気持ちで話し合うことも大切です。

次の

うお座(魚座)の基本的な性格は?

うお 座 いつ

<目次>• 誕生日に自分の星座が見えないわけ 私は12月生まれのいて座です。 けれど誕生日の夜に空を見上げても、いて座は見えません。 街灯りのせいで星が見えにくいわけではなくて、そもそも12月の夜空にいて座はいないのです。 星占いで「私はいて座です」というとき、それは「生まれた日に、いて座のあたりに太陽がいた」ということを意味しています。 ふたご座だって、さそり座だって、みんな同じこと。 毎年誕生日がめぐってくる頃、誕生星座は太陽の近くにいて、昼の空の中を太陽と一緒に東から西へ移動しています。 ならば、自分の誕生星座が見頃を迎えるのはいつかというと、 誕生日から3~4ヵ月ほど前になります。 12月生まれのいて座の場合、いて座が見られるのは夏の夜空です。 12星座の観測時期を季節分け! 星座のガイドブック(解説本)では、季節ごとに星座が分類されています。 12星座の一般的な分類は以下の通りです。 【】 かに座・しし座・おとめ座 【】 てんびん座・さそり座・いて座 【】 やぎ座・みずがめ座・うお座・おひつじ座 【】 おうし座・ふたご座 このように季節ごとに分類されているものの、「春の星座」が春にしか見られないわけではありません。 実際には、前後の季節(冬や夏)にも見ることができます。 ただし、その場合は星座が見られる時間が夜半過ぎだったり、日没直後の短い時間だけだったり、観察する時間帯が限られる時期も含まれてしまいます。 たとえば、おとめ座の場合、冬や夏の夜空でも見られますが、もっとも観察しやすいのは「春」というわけです。 季節の星座とは、日が暮れて空が完全に暗くなる頃(20時頃)から日付が変わる手前(24時頃)までの間に、南の空に見られる星座のことをさします。 このことを知っておくと、自分の誕生星座がぐっと探しやすくなるでしょう。 さあ、夜空を見上げて誕生星座を探してみませんか。 今まで星占いでしか知らなかった星座と自分のつながりが、実際に夜空に輝く星座を目にすることでリアルさを増し、星の世界がもっと身近になるはずです。 はじめて自分の星座を見つけたときの喜びは、忘れられない感動体験となるでしょう。 「黄道12星座」と「黄道12宮」 地球から見ると、太陽は1年かけて空の中を動いているように見えます。 地球から見た太陽の通り道のことを「黄道(こうどう)」といいます。 この黄道に位置している星座を「黄道12星座」と呼びます。 星占いでおなじみの、12星座のことですね。 太陽は、およそ1ヵ月をかけて、ひとつの星座の中を移動し、1年で12の星座をめぐるわけです。 ところで、秋の星座に分類されているおひつじ座は、星占いでは第1番目の星座です。 その理由は、星占いが整備された数千年前に、春分の日の太陽がおひつじ座で輝いていたから。 昼と夜の長さがほぼ等しくなる春分をスタートにしたのです。 しかし、星空は長い歳月をかけて少しずつ変化していきます。 そのため、今では春分の日の太陽はうお座にいます。 春分の日に太陽がいる位置(春分点)を起点に、360度の黄道を30度ずつ12等分したのが「黄道12宮」です。 起点から順番に、以下の名称がつけられています。 ・白羊宮(はくようきゅう) ・金牛宮(きんぎゅうきゅう) ・双児宮(そうじきゅう) ・巨蟹宮(きょかいきゅう) ・獅子宮(ししきゅう) ・処女宮(しょじょきゅう) ・天秤宮(てんびんきゅう) ・天蠍宮(てんかつきゅう) ・人馬宮(じんばきゅう) ・磨羯宮(まかつきゅう) ・宝瓶宮(ほうへいきゅう) ・双魚宮(そうぎょきゅう) 星占いで使われているのは、夜空に輝く星々をつないだ星座(黄道12星座)ではなく、実は黄道12宮のほうです。 たとえば「おひつじ座生まれ」は、正しくは「白羊宮生まれ」となります。 ちょっとややこしいですが、黄道12星座と黄道12宮の違いを知っておくと、リアルな星空と星占いの両方を、さまざまな視点で楽しめるようになり、星の世界がもっとおもしろくなるでしょう。 【関連記事】•

次の