ウレパール ローション。 【ウレパールクリーム・ローション(尿素)】って?効果効能・副作用を紹介!

ウレパールは顔に塗っても大丈夫なのか

ウレパール ローション

天然保湿因子の尿素により、カサつくお肌をしっとりなめらかにします。 また、かゆみ止め成分をプラスし、乾燥肌によるかゆみをおさえます。 環境の変化でお肌は乾燥 住宅環境の密閉化やエアコンの普及などにより、生活環境は低湿度環境へと変化していると言われています。 また、入浴回数の増加による過度の皮脂の除去などにより、お肌は乾燥しやすい状況におかれています。 肌のかゆみは乾燥のせい? お肌の水分が不足した乾燥肌は、しばしばかゆみを生じます。 さらに不眠まで引き起こす程の強いかゆみを伴うこともあり、お肌を引っかくことにより、湿疹化し、さらに悪化させる原因にもなります。 しっとりと保湿し、かゆみをおさえる かゆみをおさえることにより、引っかくことを避け、同時にお肌をしっとりと保湿をすることを目的としたウレパールプラスシリーズです。 してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。 ) 次の部位には使用しないでください。 目のまわり、粘膜(例えば口腔、鼻腔、膣等)など• 炎症又は傷のある患部• ただれやひび割れのひどい患部 相談すること• 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)又は刺激症状を起こしたことがある人• 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 かぶれ、発疹・発赤、かゆみ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、はれ、かさぶたの様に皮膚がはがれる状態• 2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

次の

ウレパールローション10%の効果・用法・副作用

ウレパール ローション

ウレパールを顔にOK? ウレパールを顔にOK?という質問にさっそく答えましょう。 「使ってはいけないわけではないが、あえてウレパールを顔に使う必要はない」 これが答えです。 ウレパールはハンドクリーム、かかとクリームの愛称で知られていますが、顔に使うのが間違いというわけではありません。 なぜなら、顔には他に最適ながあり、ウレパールをわざわざ顔に使う必要はないからです。 ヒルドイド 『』• ビーソフテン 『』• ヘパリン類似物質 『』• プロペト(白色ワセリン) 『』 は白色ワセリン・アルコール無添加です。 顔のテカリもなく刺激感が少ないため、顔の保湿には特におすすめです。 それでは、ウレパールを顔に使うのが間違いではない理由を解説していきます。 ウレパールの2つの効果 ウレパールはクリーム(左)とローション(右)の 2種類があります。 ウレパールは10%濃度の尿素を主成分とするです。 保湿効果と 角質軟化効果の2つの効果があります。 保湿効果 ウレパールの主成分尿素は、 角質の水分保持量を増加させます。 保湿効果には主に2種類あります。 モイスチャーライザー効果 モイスチャライザー効果とは、水分を肌にとどまらせて乾燥肌を改善する効果をいいます。 モイスチャライザー効果は皮膚のバリア機能が大きく関係しています。 <例>ヒルドイド、ウレパール 『』 エモリエント効果 エモリエント効果とは、肌の外側をラップして水分蒸発を防ぐ効果をいいます。 <例>ワセリン 『』 2. 角質軟化効果 ウレパールの尿素は古い角質を溶かして、分厚くなった 角質をやわらかくします。 この作用のおかげで、ウレパールは手荒れ、かかとひび割れに効くのです。 効果の種類 病名 クリーム 効果 ローション 効果 保湿効果 老人性乾皮症 (老人皮膚) 89. 3 92. 0 アトピー皮膚 76. 7 82. 1 進行性指掌角皮症 (手荒れ) 66. 7 75. 8 角質軟化効果 魚鱗癬 (ぎょくせんりん) 87. 1 92. 9 足蹠部皸裂性皮膚炎 (かかとひび割れ) 88. 3 60. 0 掌蹠角化症 (しょうせきかっかしょう) 41. 2 42. 9 毛孔性苔癬 (もうこうせいたいせん) 42. 9 56. 3%)があります。 アトピー・老人皮膚の保湿にはウレパールより ヒルドイドの処方が圧倒的です。 『』 一方、かかとひび割れには、ウレパールよりの方が効きます。 『』 かかとへの保湿を充実されるためには、サリチル酸ワセリンに加えて、モイスチャー効果を持つウレパールクリーム・ケラチナミン・パスタロンの併用が有効です。 『』 『』 ウレパールとヒルドイドの違い ウレパールとの違いをまとめるとこうです。 ウレパール ヒルドイド 主成分 尿素 ヘパリン類似物質 効果 保湿効果 皮膚軟化効果 保湿効果 血流改善効果 傷をキレイにする効果 主な使用場所 手、足、かかと 顔を含む全身 疾患 かかとひび割れ 手荒れ アトピー 老人皮膚 『』 ウレパールの副作用 ウレパールは副作用に神経質になる必要はありませんが、皮膚のうすいところやひび割れのひどいところに塗ると、尿素が原因で ピリピリ感を起こす場合があります。 ウレパールの主な副作用 副作用 クリーム ローション ピリピリ感 3. 7 3. 4 紅斑(赤み) — 1. 0 かゆみ 1. 0 — ウレパールのピリピリ感(副作用)が気になる場合は、プロペト(白色ワセリン)を試してみるといいです。 『』 ウレパールの使い方 ウレパールの添付文書によると、塗る回数は1日2~3回です。 ウレパールを1日1回しか塗れない場合は、ベストタイミングは 入浴後すぐです。 入浴後は、皮膚は普段より水分を多く含んでいます。 その水分を逃がさないためにもすぐにウレパールをすり込みます。 入浴後に塗り忘れたときは、思い出したときにできるだけ早くすり込みます。 1日2回塗るのであれば、 入浴後と朝です。 日常の活動に入る前の朝は塗り忘れが少なく、全身に塗れるからです。 手荒れにウレパールを使っているのであれば、水仕事後に使うのもグッドです。 ウレパールとステロイドの順番 ウレパールとステロイド軟膏は、同じ場所に一緒に使うケースも多いです。 その理由はこうです。 ステロイド軟膏は、炎症部分などに 部分的に塗ります。 ウレパールは乾燥部分に 全体的に塗るケースが多いです。 塗る場所が限定されているステロイド軟膏を先に塗ると、ウレパールを塗る際に関係のない皮膚に、ステロイド軟膏をぬり広げてしまうからです。 くわしくはこちらで解説しています。 これら尿素クリームの違いは、尿素濃度、軟膏、クリーム、ローション、薬価(薬の値段)です。 尿素クリーム 尿素濃度 (%) 種類 薬価 (円) GE ケラチナミン 20 クリーム 6. 6~6. 例えば、ワイドコールクリームはケラチナミンクリームよりのびがいいので塗り広げやすいです。 ウレパールの市販薬 尿素クリームはドラッグストアやで市販されています。 ドラッグストアでは、冬になると山積みにされている尿素クリームを見かけませんか? ウレパールの市販は、 ウレパールプラスクリーム(ローション)です。 ウレパールプラスクリーム(ローション)はウレパールと同じ濃度10%の尿素を含み、乾燥によるかゆみを抑える リドカイン・ ジフェンヒドラミンも添加されています。 くわしくはこちらの記事で解説しています。 『』 まとめ リンクをクリックすると記事内の対応する場所にもどります。 ハンドクリーム、かかとクリームとも呼ばれるウレパールの尿素にはがある• 角質の水分保持量を増加させる保湿効果(手荒れ)• 角質をやわらかくする角質軟化効果(かかとのガサガサ)• が、顔にはヒルドイド、ビーソフテン、ヘパリン類似物質がおすすめ• ウレパールは、1日1回以上入浴後すぐにすり込むのが効果的• 皮膚のうすいところやひび割れのひどいところにウレパールを塗ると、ピリピリ感を起こす場合がある(副作用)• ウレパールの市販薬はウレパールプラスであるが、ウレパールと同一ではない.

次の

ウレパールプラスローション10

ウレパール ローション

天然保湿因子の尿素により、カサつくお肌をしっとりなめらかにします。 また、かゆみ止め成分をプラスし、乾燥肌によるかゆみをおさえます。 環境の変化でお肌は乾燥 住宅環境の密閉化やエアコンの普及などにより、生活環境は低湿度環境へと変化していると言われています。 また、入浴回数の増加による過度の皮脂の除去などにより、お肌は乾燥しやすい状況におかれています。 肌のかゆみは乾燥のせい? お肌の水分が不足した乾燥肌は、しばしばかゆみを生じます。 さらに不眠まで引き起こす程の強いかゆみを伴うこともあり、お肌を引っかくことにより、湿疹化し、さらに悪化させる原因にもなります。 しっとりと保湿し、かゆみをおさえる かゆみをおさえることにより、引っかくことを避け、同時にお肌をしっとりと保湿をすることを目的としたウレパールプラスシリーズです。 してはいけないこと (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。 ) 次の部位には使用しないでください。 目のまわり、粘膜(例えば口腔、鼻腔、膣等)など• 炎症又は傷のある患部• ただれやひび割れのひどい患部 相談すること• 次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)又は刺激症状を起こしたことがある人• 使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 かぶれ、発疹・発赤、かゆみ、刺激感(痛み、熱感、ぴりぴり感)、はれ、かさぶたの様に皮膚がはがれる状態• 2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

次の