コロナ禍での挨拶文。 コロナ禍の今こそ「お客様への手紙」が営業で威力を発揮する理由

入社式「心を揺さぶる社長の挨拶」はコレだ! 会社ウォッチ編集部が独断で選んでみた: J

コロナ禍での挨拶文

新型コロナウィルス(新型肝炎) 連日、マスコミ報道が目に飛び込んでこない事がない状況ですね。 この状況…空気感 なかなか厳しく サポート先や クランアントさん 特に 接客業や 飲食店さん 一部を除き かなり影響を受けております。 予約のキャンセルやら 外出控え など 街を歩いていても 人が本当に少ないですね… そんな街の状況を見ながら 今いろいろと 出来ること仕込んでおります。 お役に立てているなら嬉しく想います。 こんにちは クチコミ・リピート集客の専門家 です。 「リピート・クチコミが増える…」と言っている自分が、 リピート・クチコミが少ないと…ウソになっちゃいますからね。 周囲の知人や クライアントさんからも イベント・セミナーの開催についてのご相談 増えております。 イベントを開催することで 世間の批判につながるなどのリスクや 様々なことを想定しながらの選択 この時期 無理してイベント開催することなく 最善を考え保険・保障などを活用しつつ、 次につなげる一手…二手を積んでおくなどの仕込み 中には 「今が旬」 「今のタイミングを逃しては…」的な催事には 最低限のリスクで イベント開催・催事の向こう側にも「楽しみ」が届くよう、 思考を巡らせ最大トルク回転数 10800(rpm)状況です。 ただ ギリギリでまわしている宿泊関連業は キツイでしょうね… スタッフさんの給与をはじめ 固定費は変わらず必要ですので この状況が長引くと… 悲しい結果にならないとも限りません。 ご参考になれば幸いです。 さて本題。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、 「イベント名(開催セミナー名など)」においては消毒液設置等の感染予防策を実施いたします。 ご来場の皆様におかれましても感染予防へのご協力をお願いいたします。 なお、今後の状況によりましては、 「イベント名(開催セミナー名など)」開催を中止・延期させていただくこともございます。 その際は、参加お申込みいただいた方へ順次メール・電話などでお知らせするとともに、 弊社ホームページにてご案内いたします。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、ご参加・関係の方々の健康・安全面を考慮し、 下記の「イベント名(開催セミナー名など)」を中止することと致しました。 ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。 現在発生している新型コロナウイルス感染症の影響から、 お客様をはじめとした関係各位の健康と安全を第一に検討した結果、 弊社主催のイベント「_______」を中止しますことをご案内申し上げます。 お客様ならびに関係の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますが、 ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 中止となるイベントおよびお問い合わせ先は以下の通りとなります。 (打合せや会議に参加している場合は不在) お気軽に遊びにきてください。 jfc. pref. osaka. html.

次の

コロナ禍で世情がコロコロ変わる中、ビジネスメールの冒頭や文末の挨拶は何が正解?

コロナ禍での挨拶文

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は土井田みきさん(仮名・メーカー勤務・28歳)からの質問です。 「緊急事態宣言が解除され、6月1日からうちの会社も出社が基本となりました。 とはいえ、順次ということなり、社内でも誰がどのように働いているのかが把握しきれていません。 社外の人はなおさらで、コロナ前に比べると、締め切りなどのバッファも広めにとっていて、業務の進みが遅く感じています。 それは仕方がないと思っていますが、困るのはメールのやりとりです。 相手の状況がわからないだけに、急かしてもいけないし、とはいえのんびりしすぎても仕事になりません。 どのように書けばよいでしょうか」 感染者が少なくなってきて、緊急事態宣言も解除され、ひとつの区切りがついたかに思われたコロナ禍。 ですが、第2波の警戒が広がり、仕事だけに集中できないという社会になっています。 しかしながら、働いている限り、業務は進めなければいけません。 ビジネスのやりとりのベースにもなっているメールにも、新しいマナーが必要です。 冒頭の挨拶文や文末の締めには、どのような言葉が適切なのでしょうか。 鈴木真理子さんに聞いてみましょう。 件名は本文の具体的な内容がひと目でわかるように、本文は箇条書きやインラインを用いて、過去のメールを掘り返さずとも、そのメールだけ読めば解決できるように作成するといった、効率に特化したメール作成は、コロナ禍でも基本です。 冒頭の挨拶文も、すぐに本題に入ったほうがビジネスメールとしての機能を果たしますので、社外には「お世話になっております」、社内では「お疲れ様でございます」「おはようございます」といった、いつも通りのもので問題ないでしょう。 相手からの問い合わせや、自分が出したメールの返信にさらに連絡事項をメールする場合には、いつもの「ご連絡ありがとうございます」といった、感謝の言葉に加え、「おかわりありませんか?」といった相手の状況を気遣う言葉を添えられるといいですね。 文末は、自分の状況に相手への思いを添えて では、結びの一文はどうでしょうか。 コロナに一切触れないというのも方法です。 ここまで事態が混とんとし、数か月、言ってみれば「コロナに振り回されている」という気持ちになっている人も少なくありません。 さまざまなストレスから、ふつうに仕事をしたい、コロナの話はもうちょっと控えたい、という人もいます。 そのため、通常のビジネスメールの一般的な結びである「以上です。 どうぞよろしくお願いいたします」「以上です。 ご返信(ご検討)なにとぞよろしくお願いいたします」だけを用いても、特に問題ないといえます。 ただやはり、相手に寄り添い、ひとことでも思いやる言葉があれば、気持ちが伝わりますし、相手もほっとするのではないでしょうか。 たとえば、「どうぞ、ご安全にお過ごしください」という言葉。 これはもともと、メーカーの工場や、建築現場に関わる人同士では普通に使われているビジネスメールの締めの言葉ですが、コロナ禍では一般企業でも多用されています。 押しつけがましくなく、相手への思いやりが伝わると思います。 社内の場合など、立場が同等の相手であれば、「お互い元気に乗り越えましょう」という一文もよいと思います。 また、「お困りのことがありましたら、遠慮なくおっしゃってください」というのもよいでしょう。 会議や打ち合わせがなくなり、メールでのやりとりに変更された場合には、「次回元気なお姿でお会いできるのを楽しみにしております」という将来に繋がる言葉もよいですね。 自分の働き方をお伝えするというのも、相手を安心させる締めの文章となります。 たとえば、「在宅勤務となっており、メールの対応は〇時から〇時とさせていただいております」「リモートワークのため、対応は〇曜日となりますがご了承くださいませ」などという説明も有効です。 つい、「いつでも対応できます」などと書いてしまいがちですが、ここで自分が負担になってしまうようなことを書く必要はありません。 正しく書くことが、結果的に現状でもっとも効率よく業務を進めることになります。 現在の非常がいつまで続くかは誰にもわかりませんが、少しずつ、仕事の現場にも新しい日常を作り出していきたいですね。 相手の状況がわからないときのビジネスメールって難しい……。 相手の現状がわからないならわからないなりに、思いやる言葉を書き添えるとよいでしょう。 セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。 著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 vitaminm.

次の

新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

コロナ禍での挨拶文

スポンサーリンク 新型コロナウイルス対応の挨拶文とお知らせ例文 新型コロナウイルスの挨拶文のなかでも簡単にお知らせを通知するヘルパーサービスステーション用、施設も併設している事業所用の例文を用意しました。 新型インフルエンザやノロウィルスにも使えます。 新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止対策としてホームページサイトでのアナウンスだけでなく、訪問系ヘルパーサービスなどは実際にご利用者のお宅にヘルパーが訪問することになります。 その時に、マスクや手袋の着用などは利用者やそのご家族に不愉快、不快に思われない配慮が必要不可欠です。 しかし居宅介護事業所や訪問ヘルパー事業所は、職員である訪問ヘルパー自身の安全も守らなければなりません。 さらに、各ヘルパーに個々に利用者様に口伝えで言ってもらうわけにもいきませんよね。 そういったときに、ご利用者様に不快にならないアナウンスを事業所としてあらかじめしておく必要があります。 その、新型ウィルス等の対策への対応についてのお願い書類の文例が以下の通りです。 などを書き換えて参考にしてください。 訪問ヘルパー事業所 新型コロナウィルスへの対応について(お知らせ例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 ホームヘルプステーション 〇〇 管理者 〇〇 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について 拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 この度、政府による新型コロナウィルス感染症対策本部より発表がありました方針を踏まえ、当事業所の感染拡大防止対策における対応について、下記ご連絡申し上げます。 尚、下記対応につきましては、お客様及びご家族様にも同様のご案内をさせていただいております。 引き続き、今後の政府発表や社会情勢を踏まえ、ご利用いただくお客様の安全を第一に考えた対応に努めて参ります。 関係者の皆様方には、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 以上 新型コロナウィルスへの対応について(お願い例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について(お願い) 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 標記について、現在弊社におきましては厚生労働省の通知に沿った対応をすすめております。 対応にあたっては、全従業員が新型コロナウイルスについて正しい認識を持つとともに、感染対策マニュアル等を通して、マスク着用、手指消毒、うがいの施行、従業員(パートタイマー含む)へのメディカルチェック(体温や症状の確認)の実施を行っております。 また、弊社に訪問されるお客様にも面会が必要ご用件がある場合以外には、原則禁止をさせていただく等の感染予防に努めております。 つきましては、ご利用者様、ご家族の皆様にも感染症対策について、以下の通りご協力のほどよろしくお願い致します。 1 サービスのご利用について 訪問サービスのご利用の際には、訪問時における訪問スタッフのマスクや手袋の着用につきましてはご理解ください。 また、発熱(37. 通所等のサービスをご利用の際には、事前にご自宅で検温をして通所の可否を判断していただきますようお願い致します。 発熱(37. また、発熱などの症状が無い場合でも、通所サービスご利用中のマスク着用、来所時の検温・手洗い・うがい・手指消毒などの感染防止対策の徹底にご協力をお願い致します。 ショートステイなど宿泊サービスをご利用の際には、発熱(37. なお、医療機関への定期受診に関しては、感染予防の観点から往診での対応を薬の処方、受け取りも含みお願いする場合がありますのでご了承ください。 2 弊社施設での面会制限について 当面の間、ご家族の面会は禁止させていただきます。 なお、お荷物等をお持ちになった場合は、玄関にて従業員が代わりにお預かりし、ご利用者へお渡しさせていただきます。 その他、今後の状況によって、新たに利用の制限やお願い等をさせていただく可能性がございます。 ご利用者様・ご家族様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご利用者様を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、当事業所従業員までいつでもお願い致します。 一番新型コロナウィルス感染拡大防止対策が求められる訪問ヘルパー事業所、デイサービスやショートステイなどの宿泊施設のある事業所がそのまま使用できるお知らせ例文になります。 感染症対策は常日頃からしてはいますが、今回のようなウィルス感染症予防などでの急な予定変更や感染症対策の徹底さでは早期の判断が必要ですよね。 お客様やご家族に迷惑をかけず、そして従業員が訪問時や施設利用時に混乱をまねかぬよう、事前にしっかりとしたお知らせをアナウンスしましょう。

次の