ジム通い コロナ。 新型コロナウィルス。このご時世・・ジムに行くのか?

コロナ禍の中、4ヶ月ぶりにジムで筋トレを再開して感じたこと。 | 30代からの筋トレ&ダイエットのススメ。

ジム通い コロナ

ここのところコロナ関連の話題ばかりで恐縮ですが、今朝散歩して出くわした光景とこのニュースから気になったことがあります。 3月の初め、横浜市に住む70代の男性がエジプトから帰国して発熱などの症状が出たあと、市内のスポーツジムを複数回利用していたニュースはご存じの方も多いかと思います。 そして、郡山女子大の70代女性教授が大学に無断でエジプト旅行に出かけてコロナ感染。 結果として、キャンパス閉鎖と卒業式が中止になったというニュースが報じられました。 今回の新型コロナは高齢者の人が重症化することが指摘されています。 専門家会議によれば、10代、20代の社会(経済)活動を活発に行う層は、自身のウイルス感染に気が付かず、出入りした場所や家庭で感染させる可能性を指摘しています。 症状の軽い人からの感染拡大 これまでは症状の軽い人からも感染する可能性があると考えられていましたが、この一両日中に北海道などのデータの分析から明らかになってきたことは、 症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられることです。 なかでも、若年層は重症化する割合が非常に低く、感染拡大の状況が見えないため、結果として多くの中高年層に感染が及んでいると考えられます。 私は、土日は通勤が無い分の歩数を確保するために早朝散歩を習慣としているのですが、6時半の時間帯ですとラジオ体操をする一団がそれぞれの公園に見受けられます。 年齢構成としては、高齢者が圧倒的で、学校が休みの期間になると小学生の姿も多くなります。 専門家会議によれば屋外は感染リスクが低いとしていますが、このような同じ趣味を持つ人たちはかなり近距離で濃密に会話を行う傾向があるように感じます。 北海道における感染の始まった時期について、この会見において基本屋外で開催される「雪まつり」の名前が挙げられていることを踏まえると前述したような状況はせっかくの施策を無駄にしている可能性は無いのでしょうか... その他にも、普段に比べれば圧倒的に人手は少ないですが、繁華街に出かける10代、20代と高齢者層はそれなりに居る訳で、これらの人たちの接触をできるだけ減らすことが政府や専門家としても苦慮しているところだろうにな... と感じます。 政府は10日間程度はこれまでの取り組みを継続するよう協力を呼びかけました。 これだけ報道があっても、今朝も自宅近所にあるファミリーマートが経営するスポーツジムのランニングマシンには3人の人が並んで運動している光景が見受けられました。 働く世代にとって今回の休校が負担を強いていることは新型コロナウイルス感染症対策専門家会議も重々承知です。 高齢者がアクティブなのは歓迎すべきことだと思いますが、外出することでの感染リスクを再考すること、若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いですが、重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまうリスクを考えるべきかと思います。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長の尾身さんは、一定の不自由が生じはするけれど、「オールジャパン」で行うことで感染の急激な拡大を抑止できると訴えていらっしゃいます。 今回の政府の政策について批判することは簡単ですが、是非こちらのビデオや厚生労働省のページの内容を読んで、各自の行動に活かすことが大事なのではないでしょうか。 全国の若者の皆さんへのお願い 10代、20代、30代の皆さん。 若者世代は、新型コロナウイルス感染による重症化リスクは低いです。 でも、このウイルスの特徴のせいで、こうした症状の軽い人が、 重症化するリスクの高い人に感染を広めてしまう可能性があります。 皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、 多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。

次の

ウィズコロナ時代のスポーツジムはこうなる|Beyond Health|ビヨンドヘルス

ジム通い コロナ

スポンサーリンク トレーニーの方は同じような感想かもしれませんが、4ヶ月ぶりのジムトレーニング後の感想を書いてみます。 中にはジムに行くべきか行かざるべきか悩んでいる方もいるかもしれないので、一つの意見として参考になれば幸いです。 ジムに行くのは少し怖かった 待ちに待ったジム再開ですが、さすがに「大丈夫かな?」という不安はありました。 ジムは不特定多数の人が出入りして、同じマシンやダンベルなどを触ります。 さらに息があがるので飛沫感染のリスクも高いでしょう。 私は会社員なので、趣味のジム通いで感染したとなったら洒落になりません。 同僚もさすがに怖くてパチンコに行ってないと言ってました。 しかし、自宅でのトレーニングにもそろそろ飽きてきてバーベルが恋しくなってしまうのがトレーニーの性です。 私が通っているジムの感染対策 私が通うジムの感染対策は以下のとおりです。 ジムの感染対策• マスク着用• 同時利用の人数制限あり• 換気のため窓を開放• 使用した器具はアルコールによる除菌• 1時間に1回スタッフによるアルコール除菌 検温はないですが、入館前に体温や体調を記入します。 正直これは何の意味があるか分かりませんが。 さらに1時間に1回、SNSで現在の利用者数をアップしてくれます。 ここ数日チェックしていると、コロナ前に比べると激減。 時にはゼロとか大体5人前後なのでガラガラです。 ノー密です。 再開して押し寄せたら怖いなと思ってたんですが、このくらいガラガラだとディスタンスも充分だし、しっかり除菌もされてれば大丈夫かなと感じてます。 高齢者の方とか多かったんですが、ジムに来れなくなって健康被害が心配です。 ジムで筋トレして感じた肉体面・精神面での変化 さて、実際にジムでトレーニングしてみての感想です。 肉体面と精神面で分けてみます。 効きが違う まず肉体面。 背中と二頭のトレーニングをしました。 懸垂・バーベルベントオーバーロウ・ラットプルダウンとインクラインカールを無理せず軽めに。 筋力は落ちてるかなと思ってましたがそうでもなかったです。 久しぶりでなおかつマスクもしているので、かなりキツいです。 でもやっぱり最高。 やっぱり筋肉の芯まで刺激が入る感じがします。 筋肥大に関しては、高重量を使わないとダメということは無いようですが、「コレだよ、コレ!」という気持ちになったことは否めません。 疲労感や筋肉痛もヤバいです。 不織布マスクは苦しいがピッタなら大丈夫 マスクに関しては、再開初日は不織布マスクでやったところ、汗をかくと気持ち悪いし呼吸も苦しいかったです。 ピッタマスクがいいとネットで見たので次の日に試してみたら本当に良い。 「マスクとしての機能を果てしてるの?」というくらい息苦しさは無いです。 汗も結構吸ってくれます。

次の

コロナウイルスの影響で、ジムに行くのをしばらくやめます【自宅で筋トレ】

ジム通い コロナ

新型コロナウイルス対策に伴う在宅勤務の実施や、スポーツ・リクリエーション施設の休業により、自宅で過ごす時間が長くなり運動不足を感じている人も多いと思います。 そんな皆さんに、ウィズコロナ時代に向けたエクササイズの話題を幾つか紹介します。 まずは、ソーシャルディスタンス型のスポーツジム。 完全予約システムで人の動線を管理、遠隔コーチングで感染を防ぎます。 「自宅でオンライントレーニングを受けたいけど、スペースがない」という人に対し、プロが家の中におしゃれなジムコーナーをデザインするサービスも始まりました。 その他にも、マインドフルネス瞑想がウイルス撃退に効果的、アントシアニンがアスリートのパフォーマンスを最大化など、脳と筋肉を活性化して健康を目指す意識も高まっています。 各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。 【ビジネス】• ・ジムに通いたい人にソーシャルディスタンス型デジタルジム• 各国政府がロックダウンを解除し始める中、スポーツジムも少しずつ営業を再開している。 何週間もの間、家に閉じ込められたスポーツ愛好家たちはもちろんのこと、普段特に体を動かす習慣のなかった人たちも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により改めて運動の大切さを実感する機会となった。 専門のインストラクターから正しい体の動かし方を指導してもらえるスポーツジムが再注目されている。 ロックダウンの間にスポーツジム界に訪れた一番の変化は、デジタル化だ。 自宅でコーチのサポートを受けながらトレーニングに励めるオンラインフィットネスが一気に利用者を増やした。 一方で、イタリアのTechnogym社は「Mywellnessプラットフォーム」を打ち出し、あくまでもジムへ通うことにこだわるアウトドア派の人たちを対象に、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、人と人の間隔を十分に取って安全に運動に専念できる新しいジム環境を提案する。 この新たなデジタルジムとは、どのようなものだろうか。 まず、利用者はジムに行く前に自分専用の運動スポットをスマートフォンからピンポイントで予約し、ジムに着いたらその場所へ行って、好きなだけ運動できる。 トレーナーは、遠隔からスクリーンで一人ひとりの運動の様子を見ながらアドバイスや指示を出してくれるので、人との接触を防止。 人の安全な動線を確保するためにはジムのレイアウトも入念に設計する必要がある。 Technogym社のサーキットトレーニングフォーマットである「バイオサーキット」は、その人に合った運動器具やワークロード、ペースや休憩時間などを自動で設定することができ、隣の人との距離を適切に保ちながらパーソナルトレーニングに励むのに最適だ。 Technogym社はジムを進化するべく、デジタルコーチング、清掃とメンテナンス、インテリアやマーケティング支援などを提案し、新たな時代に合わせた未来型のジム運営をサポートする。 ・マインドフルネス瞑想エクササイズでウイルス撃退• 5月31日は米国のNational Meditation Day(瞑想の日)だ。 この日に合わせ、Legally Mindful社の創設者ゲイリー・パウエル氏が、YouTubeで「免疫が反応する瞑想法」という新たなチャンネルを無料で打ち出す。 米国人にアンケートを行ったところ、このまま6月中旬までロックダウンが継続した場合、精神的に限界だと答えたのは72%であり、慢性的なストレスと心労により免疫系にも影響が出ることに懸念が広がっている。 同社は既にLegally Mindfulのアプリを提供しており、20分のエクササイズを通してユーザーが体を動かしながら、体の免疫反応の改善を促す。 パウエル氏は自らの経験から「体の病気を治すためには、脳をパワフルなツールとして活用することが効果的。 当社が提供するエクササイズで、体と脳が一体となり健康にポジティブな効果を発揮する」と説明する。 近年、「マインドフルネス瞑想」がウイルス感染に対する体の反応や細胞生育力を促す酵素の遺伝子発現を促進することが、ハーバードメディカルスクールをはじめとする複数の研究施設で実証されている。 マインドフルネスとは、「今この瞬間を大切にする生き方」として医療や福祉の現場でも取り入れられている人気の瞑想法だ。 Legally Mindfulのエクササイズで体のリラックスと脳のポジティブなイメージを体現し、ウイルスに対抗する体の機能を活性化しよう。 ・ドバイのリゾートホテル、世界最高レベルの衛生基準とは• 5つ星リゾートホテルである、ドバイのジュメイラ・アル・ナシームが世界でホテルとして初めて、権威のあるビューローベリタス(Bureau Veritas)のセーフガードラベルを獲得した。 これにより、世界最高レベルの衛生基準を宿泊客に保証できるようになった。 米ビューローベリタスは試験、検査、認定を行う世界的リーダーだ。 各地で営業を開始するビジネスに対し、チェックリストで検査を実施し、健康、安全、衛生の専門家と一緒に国際基準の準拠状況やベストプラクティスとの照合、監査を行っている。 ジュメイラグループは顧客や従業員のための様々な安全対策を導入している。 マスクの義務化や日次の検温、衛生に関する継続的なトレーニング、ビーチを含むホテルの敷地内におけるソーシャルディスタンスの確保、プールやジムの衛生、換気、1日3回の消毒剤散布、エレベーターの1回の利用者を1人に制限することなどが盛り込まれている。 宿泊室は顧客がチェックアウト後3日間は使用禁止とし、消毒剤を部屋全体に散布するなど、衛生管理がこれでもかというほど行き届いている。 ホテルの楽しみの一つであるレストランも安全対策として、毎回の食事のたびに消毒を実施。 ビュッフェはアラカルトに代替、テーブルとテーブルの間隔を空けて、テーブルには消毒用のアメニティーを配置する。 時代に合わせた最高レベルの衛生基準で、リゾートが健康と安全を実現する場所となる。

次の