中華 おかず。 冷やし中華のおかず/ミンナの付け合わせ大調査|マネしよう|きになるきにする

冷やし中華のおかず/ミンナの付け合わせ大調査|マネしよう|きになるきにする

中華 おかず

花巻もしくはマントウ、大根もち、餃子の作り方が全部乗っているレシピ本がないかしら…と思っていたら…ありました!!只今2019年です。 この本は15年前に発刊された本ですが、そのようなことは問題ではありません。 今更ながら、アマゾンすごい品ぞろえ!と即買いしてしまいました。 新品だったこともあり、お値段は定価より高かったのですが、そこは納得してのお買い物ですから「まぁ、良し。 」としています。 さて、本の内容ですが…これがまた分かりやすい。 数名に渡るプロの料理人さんがレシピと料理の作り方の指南をしているのですが、コツやら何やらを細かく教えて下さっているのです。 こういう本には、料理のジャンルに関わらず稀に巡り合います。 私の中では「当たり」の本です。 そして、こういった当たり本は、作ってみると味も大抵良いものが多いです。 買い立てほやほやですが、とても嬉しくなりそっそくレビューを投稿しています。 これから色々と作ってみたいと思います。 とても楽しみです。 ちなみに、材料に関してもそれ程特殊なものはなく(あったとしても代替出来る調味料の記載があり、)家庭ですぐに作れそうなところも高評価の理由の一つです。 色々な意味で、とても親切なレシピ本だと思います。 いかにもな家庭料理ではなく、 プロが教える本格的な中華を家庭でも楽しめるます。 基本的な餃子や春巻きの作り方はもちろん、 それを応用して作るちょっと変わった味のレシピも嬉しい一冊。 我が家ではまずは基本の餃子から作ってみました。 特筆すべきはやはり「皮」。 初めて皮から手作りしましたが、もぉ市販のものとは全然違う! モチモチプリプリしていて、餃子を食べているとは思えない! 本には12個分の作り方が載っていますが相当ビッグサイズな12個です。 ご飯とスープとこの餃子が3個くらいあれば女性ならおなかいっぱいに なっちゃいますよ(笑) 作った自分が言うのもなんですが、 うん!そのへんの庶民的な中華料理のお店やラーメン屋さんなんかよりはずっとおいしかったですよ~。 一品料理も豊富。 家庭よく作る麻婆豆腐や酢豚もこれをちょっと参考にすれば プロの味に近づきますよ。 どの料理にもシェフのアドバイスがついていますがこれが目から鱗のナイスアドバイス! 他の料理にも応用できる豆知識。 味にもアドバイスにも大満足。 この価格が安いくらいです。

次の

冷やし中華の献立レシピ!相性抜群のおかずや副菜を厳選

中華 おかず

冷麺、冷やし中華に合うおかずのポイント! 冷麺、冷やし中華は、冷たいことだけでなく、他の麺類と違って野菜が多く取れ、栄養バランスが良いのが嬉しいですよね。 具を増やして、冷麺、冷やし中華のみでおかずとしても良いほどですよ。 基本的に生のおかずをトッピングしているため、他にもおかずを用意する場合は 火を通したものがおすすめです。 中華麺1玉は328kcalとご飯茶碗軽く1杯と半分(200g)程度です。 そば1玉224kcal、うどん1玉231kcalと比べても高カロリーなのが分かります。 冷麺、冷やし中華に主食となる ご飯類を追加するのは男性であったり、運動量の多い人ならば良いですが、小柄な女性は控えたいものです。 エネルギーの取りすぎは肥満に繋がるので注意して下さいね。 冷麺、冷やし中華に合う具材は? 野菜:きゅうり、トマト、椎茸、わかめ、しそ、ズッキーニ、小ねぎ、焼きナス たんぱく質類:ロースハム、錦糸卵、焼き豚、鶏ささみ それでは、冷麺・冷やし中華に合う具材を定番の物から変わったものまで詳しくご紹介しますね。 野菜類 きゅうり、トマト、椎茸、わかめ、しそ、ズッキーニ、小ねぎ、焼きナス 野菜は ビタミン、食物繊維が多いので必ず食べたいものです。 1食で生の状態で両手のひら1杯分が1食に必要な野菜の目安量ですので、野菜が足りているか目安にして下さいね。 きゅうりも普通に千切りするよりもスライサーなどで薄くスライスしてから千切りすると細くなりたくさん食べるのが簡単になります。 どの 野菜、海藻も自己主張が少ない物が多いので冷麺、冷やし中華に合います。 あとは、彩りの面からは トマトは必須ですよ。 たんぱく質類 ロースハム、錦糸卵、焼き豚、鶏ささみ 冷やし中華の定番は ロースハムや焼き豚ですが、加工食品のため味付けが濃く、塩分や脂肪が多くなりがちです。 時間に余裕があれば、 鶏ささみを 大皿に酒と塩少々と共にふんわりラップをかけ電子レンジで蒸してから冷やし、割いた状態にしたものがおすすめです。 ロースハムのピンクの彩りが減ってしまいますが、 トマトや錦糸卵があれば目立ちませんよ。 ・チンジャオロース ・唐揚げ ・野菜の肉巻き ・豆腐の肉みそかけ ・照り焼き魚 ・ムニエル ・エビフライ ・エビチリ 冷麺も冷やし中華も中華料理に分類されるので、 チンジャオロース、唐揚げ、エビチリと相性は良いです。 献立としても今日は中華の日!と統一できますよ。 味の面では冷麺と冷やし中華のあっさりしすぎて物足りない部分をどれも味が濃いのでフォローしてくれます。 特に チンジャオロースや照り焼きの醤油、みそ、ムニエルのバター、チリソースは味がしっかりしていて、醤油やごま味のものと一緒に食べても相性が良いです。 麺類はツルツル食べてしまって食べ応えがなく、満腹感が得られにくいです。 揚げ物はしっかり噛む必要があるので食べ応えもあり相性が良いですね。 ・わかめスープ ・すまし汁 ・とろろのすまし汁 ・中華スープ(具はトマト、ネギ、わかめ、ごまなど) 中華料理に合わせて 中華スープを用意するのは定番です。 具材は トマト、ネギ、わかめ、ごまなどお好みで選んで良いです。 冷麺と冷やし中華のたんぱく質の具や お肉とお魚のおかずがない場合は豆腐を追加するのも良いですね。 家に中華スープの素などがなく、中華料理だけは嫌な方は、 すまし汁が和食の中ではおすすめです。 あっさりとした味が特徴の すまし汁ですが、温まりますし、だしが利いていて他のおかずの邪魔をしませんよ。 冷麺、冷やし中華のおすすめ献立! 色々ご紹介しましたが、どれを組み合わせれば良いのか悩みますよね。 5つほどパターンとしてご紹介します。

次の

おうちでシェフ味 人気の餃子・春巻きと中華おかず―みんなの大好きレシピ、決定版! (特選実用ブックス)

中華 おかず

中華丼に合う定番付け合わせは、「春巻き」です。 中華のおかずとして人気の春巻きは、ボリュームもあり副菜にぴったりです。 もう一品メニューとしては手間がかかるレシピではありますが、食卓が豪華になるサイドメニューなのではないでしょうか。 野菜をたっぷり詰めた春巻きは、栄養満点な献立になるでしょう。 春巻きの材料• 豚ひき肉 150g• しょうが 少々• 筍 50g• しいたけ 5個• 春雨 50g• だし汁 40cc• 中華だし 小さじ1• 酒 大さじ1• 砂糖 大さじ1• ごま油 大さじ1• 醤油 大さじ1• オイスターソース 大さじ1• 春巻きの皮 10枚 春巻きの作り方• 1フライパンに油を熱し、ひき肉と細切りにした筍を炒めます。 2食べやすい長さに切ったニラとしいたけを加えてさらに炒めます。 3戻した春雨、酒、みりん、だし汁、オイスターソース、中華だし、砂糖、ごま油を加えて水分が飛ぶまで炒めます。 4バットにあけ、しっかりと冷まします。 5春巻きの皮に冷ました具材を乗せて、手前から巻きます。 6フライパンに多めの油を熱し、両面をきつね色になるまで揚げ焼きにします。 肉だけでなく、海老など具材を変えれば違う献立になります。 また、焼く以外にも茹でたり揚げたり調理方法を変えれば、違った美味しさが楽しめる万能サイドメニューになります。 時間があるときは、皮から手作りしてみるのもいいでしょう。 豆苗をサッと炒めるだけの簡単レシピですが、シャキシャキとした食感と独特の風味が美味しい副菜です。 箸休めになり、お酒のお供としてもおすすめです。 また、油揚げや人参などを一緒に炒めると更に美味しく食べられるでしょう。 豆苗炒めの材料• 豆苗 2袋• にんにく 2片• ごま油 大さじ1• 鶏がらスープの素 小さじ1• 塩こしょう 適量 豆苗炒めの作り方• 1豆苗を根本から切り、サッと洗います。 2フライパンに油を熱し、スライスしたにんにくを入れて香りを出します。 3豆苗、鶏がらスープの素、塩こしょうを入れてサッと炒めます。 41分程炒めたら、火を止めて余熱で混ぜながら豆苗に火を通します。 栄養価の高いきのこをたっぷり使い、箸休めになるサイドメニューです。 唐辛子やラー油、七味などを加えれば、ピリッと辛く美味しい大人の簡単レシピになります。 ビールなどアルコールにもよく合う付け合わせになりますよ!作り置きも出来て、便利ですよ。 きのこの中華マリネの材料• エリンギ 1本• 酢 小さじ1• ごま油 小さじ1• 1まいたけ、しめじは食べやすい大きさにほぐします。 2エリンギは、短冊切りにします。 3鍋にお湯を沸かし、きのこを茹でます。 4火が通ったらざるにあげて醤油、酢、ごま油を絡めます。 5冷蔵庫で冷やします。 ごま和えと言えば、ほうれん草や小松菜などが定番ですが、おくらもおすすめです。 ねっとり感が、食欲をそそる1品です。 おくらはサッと茹でて、食感が残るくらいが美味しいです。 砂糖を少し多く入れて甘めにすると、おくら嫌いの方も食べやすい副菜になります。 おくらのごま和えの材料• おくら 1袋• 醤油 大さじ1• 砂糖 大さじ1. すりごま 大さじ3 おくらのごま和えの作り方• 1おくらに塩を振り、擦りあわせて毛を取り除きます。 2たっぷりのお湯に入れて、サッと茹でます。 3ボウルに砂糖、醤油、すりごまを入れて混ぜます。 4おくらを食べやすい大きさに切って、調味料に和えます。 5冷蔵庫でしっかりと冷やします。 生で食べるイメージの強いきゅうりですが、サッと炒めると食感が楽しいレシピになります。 塩こしょうだけのとてもシンプルな味付けですが、箸休めには食べやすいもう一品メニューです。 生で食べるきゅうりに飽きたら、作ってみてくださいね。 いかときゅうりの中華炒めの材料• いか 1杯• きゅうり 1本• 塩こしょう 少々• ごま油 大さじ1 いかときゅうりの中華炒めの作り方• 1いかは食べやすい大きさに、きゅうりは乱切りにします。 2フライパンに少量のごま油を熱し、いかを強火で炒めます。 3火が通ったら、きゅうりとごま油を入れてサッと炒めます。 にんにくとごま油の風味が、食欲をそそるもう一品メニューです。 胸肉ですが、余熱でじっくり調理することで柔らかくしっとりと仕上がります。 パクチー好きの方は、是非パクチーをたっぷり乗せて食べてください。 苦手な方は、なしでも美味しいです。 胸肉を茹でたお湯は、残して活用しましょう。 醤油と塩こしょうを加えて溶いた卵とねぎを入れれば、鶏の旨みが溶けた中華スープになります。 せっかくの鶏の旨みを活用しましょう! 茹で鶏のパクチー和えの材料• 鶏胸肉 1枚• パクチー 2株• 水 600cc• 中華スープの素 小さじ1• ごま油 大さじ1. 砂糖 2つまみ 茹で鶏のパクチー和えの作り方• 1胸肉に塩をまぶし、約5分置いておきます。 2鍋に水と中華スープの素を入れて沸騰させて、胸肉をを入れて火を止めます。 3鍋に蓋をしてそのまま約30分程置いておきます。 4ボウルににんにく、しょうが、ごま油、塩、砂糖を入れて混ぜ合わせます。 5皿に切った胸肉を乗せ、パクチーを持ってタレをかけます。 春雨サラダにもいろんな味付けがありますが、中華丼に合わせるなら同じ中華風味の春雨サラダがおすすめです。 ごま油の効いた味わいは、箸が進む献立になるでしょう。 作り置きも出来るおかずなので、もう一品欲しいときにも嬉しい副菜です。 人参だけのシンプルなナムルですが、鮮やかなオレンジ色が食卓に映えるサイドメニューです。 薄くスライスして火を通すことで、人参独特の臭みが薄くなり、苦手な方でも食べやすくなるでしょう。 お弁当の隙間にも入れやすく、常備菜としてもおすすめです。 人参のナムルの材料• 人参 1本• ごま油 小さじ1• 酒 小さじ1• 白ごま 適量 人参のナムルの作り方• 1人参の皮を剥き、ピーラーを使って薄くスライスします。 2フライパンにごま油を熱し、人参をサッと炒めます。 3酒、鶏がらスープの素、白ごまを加えて味が馴染むように炒めます。 和食の定番である茶碗蒸しですが、調味料を変えるだけで中華料理に合うサイドメニューに変身します。 温かいままほっこり食べてもいいですし、よく冷やしてさっぱり食べるのも美味しいです。 季節や気分によって、変えると更に美味しく食べられます。 卵を崩さずそのままパン粉に付けて揚げる卵フライは、中の黄身がトロっと半熟になる幸せフライです。 生卵にパン粉をつけるのが難しいですが、コツをつかめば簡単に出来ます。 ソースやマヨネーズをつけて食べます。 1度食べるとハマるもう一品メニューですよ。 卵フライの材料• 卵 1個• パン粉 適量 卵フライの作り方• 1クッキングシートにパン粉を乗せます。 2卵をパン粉の上に割ります。 3卵の上からパン粉をかけて、包みます。 4クッキングシートのまま、170度の油に入れます。 51分程揚げたら、クッキングシートを付けたまま裏返します。 6ゆっくりとクッキングシートをはがして、2分程揚げます。 豚肉や長ねぎの旨みがたっぷり詰まった汁物サイドメニューです。 ワンタンの皮がないときは、餃子の皮でも作れます。 他の具材を入れなくても、ワンタンとスープのシンプルな組み合わせだけで美味しい献立になります。 もう一品欲しいときにおすすめです。 ワンタンスープの材料• ワンタンの皮 30枚• 豚ひき肉 100g• 水 600cc• 酒 小さじ2• ごま油 少々• 醤油 小さじ1• 砂糖 小さじ1• 塩こしょう 少々• しょうが(すりおろし) 少々• 万能ねぎ 適量• 醤油 大さじ2 ワンタンスープの作り方• 1ボウルに豚肉、みじん切りにした長ねぎ、酒、ごま油、醤油、砂糖、塩こしょう、しょうがを入れてよく混ぜます。 2ワンタンの皮に適量のタネを乗せ、三角形に折ります。 3鍋に水、醤油、鶏がらスープの素、塩こしょうを入れて沸かします。 4ワンタンを入れて、約5分煮ます。 5ごま油と万能ねぎを乗せます。 中華丼に合うおすすめおかずを作ろう! いかがでしたか?中華丼に合う、美味しいサイドメニューをたくさんご紹介しました。 がっつり食べる中華丼なので、さっぱり食べられるものの方が箸休めになるかもしれません。 中華丼にも野菜がたっぷりなので、栄養満点の食卓になるでしょう。 簡単に作れるものばかりなので、是非好みのおかずを作ってみてくださいね! 中華丼の他にも、下記の記事ではシチューに合うおかずをご紹介しています。 濃厚でクリーミーなシチューには、みなさんはどんな付け合わせを選ぶでしょうか。 美味しい副菜をたくさんまとめていますので、是非こちらも合わせて参考にしてください。

次の