マヤ 文明 予言。 20年3月地球消滅? 原田龍二がマヤ暦の予言のウワサを分析

www.interreg4c.eu : 新型肺炎を予言?、新型ウイルスが招く人類滅亡のお告げという疫病

マヤ 文明 予言

Contents• 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘? 実は、人類滅亡と言われた日は、過去にも何度かあります。 もう20年以上も前になるんですね。 不安にさせるだけさせておいて、 結局何事もなく、時は過ぎていきました。 そしてその日が 「人類滅亡の日」ではないかという予測がされていた マヤ文明で使用されていたマヤ暦では、 5125年を1サイクルとして考えていて、 その1つのサイクルが終わる日が 2012年12月21日だったわけですね。 ですが、この日も、 普通に過ぎていきました。 2020年3月20日に人類滅亡するの? 最初は、2012年12月21日と言っていたけど計算し直して、明日が本当の人類滅亡の日になったようですけど。 結局、何も起こらず、また修正して、新たな滅亡説が出てくるんだろうなぁ。 再調査をした科学者らによって、 2012年12月21日は、間違っていて、正しい日は、 2020年3月20日だと導きだしたのです。 (余計なことを(怒)) この結論(2019年12月21日)に疑問を持ったフランスの科学者などが再調査をしたところ、 マヤ暦の終わりの日の換算の仕方が間違っていて、 2020年3月20日が本当の滅亡の日だという結果が導き出されたのです。 しかも恐ろしいのが、 この終わりの日が、マヤから遠く離れたインドのスーリヤ寺院に保存されたインド暦の終わりとも一致する ということで、今回の予言こそ何か起きるのではといわれています。 そもそも、この人類滅亡の日に、何が起きるのかというと、 オリオン座のベテルギウスの超新星 大爆発が起き、ガンマ線バーストの影響でオゾン層が破壊され、そこから放射線が地上に入り込み、その放射線の影響と気温の激しい上昇により、 この日に地球上の生物は焼き尽くされすべて灰となり滅亡する、といわれています。 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?デマ?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある? この3月20日に起こることを見ると、かなり恐ろしいわけなんですが、Twitter上では、「コロナウイルスがそうじゃないの?」や、「嘘!デマ!」だという声、が多く見られます。 確かに、 新型コロナウイルスが大流行してしまい、そうなのかもと思わざるを得ない状況ですが、そうだとしたら、 人類滅亡はありえないですよね。 そもそも、この人類滅亡の予言は、 オリオン座のベテルギウスの超新星の大爆発で起こるものとされているので、新型コロナウイルスと結び付けたい気持ちは分かりますが、関係ありません。 2020年3月20日人類滅亡と100日後に死ぬワニのラスト そして、偶然なのか必然なのか、 と重なってるんですね・・・。 【朗報】2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある?まとめ ここで、 朗報があります!こんな記事を見つけちゃいました! オリオン座の肩の位置にある 巨星ベテルギウスに死が迫っているという心配は、どうやらとりこし苦労だった。 2019年10月から急激に暗くなり、 超新星爆発が危惧されていたが、しばらく爆発の恐れはなさそうだ。 最新の観測結果は、ベテルギウスが以前の明るさを取り戻しつつあることを示している。 観測チームは2月22日付けでオンライン学術誌「アストロノマーズ・テレグラム」に、「明らかにベテルギウスの減光は止まっていて、徐々に明るくなりはじめている」とする速報を出した。 引用: National Geographic Inc. しばらく 爆発の恐れはなさそうとのことです!(ほっ) 人類滅亡と今まで、何度か言われてきたけど、何も起こらず今があるので、嘘であることを願います。 滅びるなんて、きっと嘘です。

次の

マヤ文明滅亡、その謎に新たな説が登場!?

マヤ 文明 予言

この記事を読まれる前に、もしも未来の夢を見た方がいらっしゃいましたら内容をコメントいただければ幸いです。 予知夢と確信していなくても構いません。 「こんな夢を見た。 」程度で大丈夫です。 いつ、どこで、何があったか? わかる範囲で大丈夫です。 同じ夢を見れた方がいるかもしれませんので、それを期待してのお願いです。 それでは本題に入りましょう。 ノストラダムスの予言によると 2015年9月3日に和歌山県は消滅すると言われていました。 その日までは、ですよ。 理由は 大津波による物だと言われていました。 まるで 3. 11を思い起こさせるような予言ですね。 もう2度とあんな悲劇は起きて欲しくありません。 何故このような予言がされていたのか? 今後、本当に同じようなことが起きるのか? 答えはこれからお伝えします。 実は世界の週末予言はノストラダムス以外でも、 全く立地の異なる 2つの古代文明が 同じ年(2015年)を指して 世界の滅亡を予言しているのです。 見事に大外れでしたね。 私に言わせてもらえば、 『またか・・・また滅亡するのか・・・。 』 という感じです。 もちろん根拠がありました。 確か 2012年はマヤ暦に残された最後の年という理由で人類滅亡説がありました。 (この予言が外れた?理由も後でお伝えします) 20世紀末には ハルマゲドン騒動がありましたね。 結局何も起きませんでした。 「1999年7の月空から恐怖の大王が下りてくる。 アンゴルモアの大王を復活させるために、その前後、マルスは幸福のために支配に乗り出すだろう」 これがその予言と言われるノストラダムスの詩です。 この予言が日本で広まった理由は、実はこの詩を五島勉という男が自己流の解釈で滅亡の予言であるとした本を出し、 その本がベストセラーとなってしまい、信じやすい人々が信じてしまったという所が真相です。 では、マヤ暦による世界の終わりは 何故はずれたのか? それにはマヤ暦についてお伝えし無ければなりません。 photo by マヤ文明には独自の暦(こよみ)があり、その内の一つ「長期暦」のサイクルが、2012年12月末に一旦区切りがつきます。 日本の暦で言う所の大晦日が来るようなものですね。 簡単に言うと、マヤ暦の場合は世界で言う所の一年が長いと思って下さい。 それを勝手な解釈で人類滅亡の日であると勘違いした学者がいて、 またまた信じやすい人たちが信じ、 「人類滅亡だ〜!」と騒ぐ人が沢山出てきたというわけです。 よろしいでしょうか? ノストラダムスもマヤ人も だれも2012年に人類が滅亡するなどとは予言していないのです。 さて、ではいよいよ 本題に入りましょう。 ノストラダムスの 2015年人類滅亡説はなぜハズレたのか? 【2015年 9月3日に世界が終わる】という予言でしたね。 ノストラダムスの予言ていろいろあるんですよ。 ノストラダムスの大予言一覧 ノストラダムスの大予言を一覧にすると、• 南アメリカ大陸のチリでならM9クラスの地震が何度か起きている• 今後皆なんらかのツールで話せるようになる?• ただ、もう終わりました。 色々ありますね。 世界の終末予言で、すごく誤解が多いのですが、 実はこれはノストラダムスの予言ではありません。 マヤ暦の計算ミスで、2012年ではなく2015年9月3日だったという話です。 もしもノストラダムスが2015年の人類滅亡を予言していたとしたらおかしいですよね? だって1999年に人類は滅亡した事になっているはずですから。 よろしいでしょうか? つまり2015年9月3日にマヤ暦の大晦日があるんですね。 それだけの話です。 Sponsored Links マヤ文明の大晦日が来たから人類滅亡はあり得ませんね。 マヤ暦の暦(こよみ)が一回転するだけということは前述の通りです。 よって、実際には2015年9月に人類が滅びると言う予言はありません。 2015年9月に 和歌山が全壊するとか ないです。 実際しませんでしたよね。 同じように2015年の秋に人類が滅亡すると予言されている壁画がエジプトにはありました。 この予言面白いんですよ。 地球は滅亡するのか? 古代エジプトの聖地イシス神殿は、 女神イシスが太陽神ホルスを産んだ場所と言われており、 神殿の壁には 1465体の神の絵が描かれています。 これですね。 沢山神様が描かれていますよね。 photo by この神殿は西暦550年に閉鎖されました。 (なにか見られたら都合の悪い壁画でもあったのでしょうか?) そして言い伝えによると、 「すべての神々が去った年の秋分の日 9月3日)に世界が水没する。 」と言われています。 これが2015年と同関係があるのか? 550年に 閉鎖され、1年に1人ずつ神が去っていくとしたら・・ 1465年後に全ての神々が去る事になります。 550年+1465年=2015年 これが理由で2015年人類滅亡説が囁かれるようになったわけです。 2015年世界が水没すると。 一年で一人ずつ神が去っていくって・・・ どこにそんな根拠があるのか・・・。 ノストラダムスの大予言• マヤ暦の終わり• エジプトのイシス神殿 の順で見てきました。 ある小惑星が発見されてしまいました・・・。 ベンヌが地球に衝突?2169年 実は1999年、地球に衝突する恐れのある小惑星が カナダの人工衛星によって 発見されました。 その小惑星の名は1999RQ36、 通称ベンヌ ここからはその小惑星について詳しくお伝えしていきたいと思います。 地球に衝突?小惑星ベンヌとは? 小惑星ベンヌとは直径560メートルの惑星で、今現在も地球に向かう軌道を進んでいます。 8回も地球に接近するのです。 具体的には2016年には人工衛星を送り込み、 2018年にはベンヌのサンプル採集などの調査をする予定です。 photo credit: via ベンヌは本当に地球に衝突してしまうのか? それは今の段階では何とも言えませんが、ノストラダムスの予言によると、人類が滅亡するのは 3797年とされています。 なのでベンヌでの滅亡はないか、と言う所でしょう。 ノストラダムスの大予言と地球滅亡 1999年に人類滅亡を予言したとされるノストラダムスが 何故 3797年にも人類滅亡を予言しているのかは謎ではありますが、 解釈の差でしょう。 つまり、人類滅亡はあくまでノストラダムスの本を翻訳した訳者の推論による物なので、 ノストラダムス自身が「人類が滅亡する」と書いているわけではありません。 ノストラダムス自身は西暦3000年以降の話を色々と書いているわけなので 1999年に人類が滅亡すると訳す方が飛躍しすぎているように思います。 ノストラダムスの1999年の予言を推論するなら、 前後の関係から考えて• 1999年と7ヶ月=1999年7月• 恐怖の大王が天より姿を現すだろう=空(例えば地球外)からとんでもなく恐ろしい物が現われる• 彼はアンゴルモアの大王を蘇生させ=それが何か大きな事の引き金になる (何の引き金になり、それが人類に取って良い事か悪い事かは不明)• その前後は火星が幸せに支配する=火星関連でいいことがある みたいな感じになるかと思います。 具体的に何が起こるのかはよくわからないのが事実です。 しかし【火星が幸せに支配する】に関しては昨今の宇宙事情をご存知なら正に火星に移住する計画が進行中なのはご存知の事と思います。 ただ、これだと文法的に意味がとおりません。 日本語的に変ですよね? なので恐らく 火星は比喩でしょう。 幸せに支配する、支配者が火星という事ですね。 火星というと、軍神の比喩としてよく使われます。 なので軍隊を使って平和に支配する。 と言う感じになります。 なので僕が訳すと、 1999年に空から恐ろしい物が現われて、それが大きな出来事の引き金となる。 その前後は軍隊を持つ国家が世界を平和に支配する。 と言う感じになります。 では実際ノストラダムスの大予言は当たっていたのでしょうか? photo credit: via 1999年のノストラダムスの大予言は当たっていたのか? ノストラダムスの予言は様々に訳せるようになっているんですね。 なので当たったのか外れたのかよくわからない。 現実的には 1999年には小惑星ベンヌが発見され、 それが大きな出来事(火星移住)の引き金となる(?)のかもしれません。 その前後は軍隊を持つ国や国際連盟などが世界を平和に維持する。 と考えられるでしょう。 なのでノストラダムスの大予言が世界の終焉予言でないとすれば、 あながち1999年の予言も間違っていはいないのが事実です。 ずいぶんと小惑星ベンヌから話が脱線してしまいました。 火星移住は本気でやっていますよね。 でも火星移住なんて出来るのか? そもそも環境的に生活する事が出来るのか? 是非参考にされてみて下さい。

次の

2012年マヤ暦の“終末予言”は完全に的中していた! 石版に描かれた“黒曜石”から判明、人類はもう破滅していた!

マヤ 文明 予言

日頃、私達が当たり前のように使っている「 暦」(カレンダー)。 しかし、最初から1年が365日であるとか、1週間が7日であると決まっていたわけではありません。 世界には数多くの種類の「暦」が存在しています。 その中のひとつが、北米メキシコ近辺に栄えたマヤ文明によって生み出された暦、「 マヤ暦」です。 2012年、「マヤ暦」が、世界滅亡を予言しているとして、話題になりました。 結果的に、2012年に世界滅亡は起こらなかったわけですが、「マヤ暦」による人類滅亡の予言は終わったわけではないという説もいまだ根強く残っています。 果たして、マヤ暦は本当に世界滅亡を予言しているのでしょうか? ここでは、 マヤ暦に隠された秘密を探り、いまなおその可能性が信じられている2つの予言をご紹介しましょう。 1.マヤ文明が作った3つの「暦」 マヤ文明はメキシコの南東部、グアテマラやベリーズといった国を含む、 「マヤ地域」と呼ばれるエリアを中心として繁栄した文明です。 紀元前2000年(一説では紀元前8000年)頃から始まり、西暦1500年代、スペインの侵略と統治によって滅亡するまで、実に3500年以上の長きにわたる歴史を誇ります。 その長大な歴史において、統一的な政治体制が出現することはなく、無数の都市国家が分立する体制を取り続けたという、他の類を見ない特徴を持つマヤ文明。 その政治体制と並んで、特徴的であるのが、マヤ文明によって作られた暦、「マヤ暦」です。 現代の日本人なら、「暦」(カレンダー)と言えば「 グレゴリオ暦(太陽暦)」に基づく「新暦」、誰もがそのひとつの暦をイメージするでしょうが、マヤ文明には、周期や日数が異なる暦法による幾つもの「暦」があったのです。 中でも特に知られている「 ツォルキン」「 ハアブ」「 長期暦」と呼ばれる3つの「暦」を紹介しましょう。 「ツォルキン」の暦法は、 13の数字と20日間の名前(曜日)の組み合わせからなる、 260日で1周期とされるものでした。 各「曜日」には、それぞれ守護する神や、関連する事項が割り当てられており、マヤ文明に近接して存在した アステカ文明の暦においても、ツォルキンの「曜日」に呼応する名称が存在します。 「コアトル」とはアステカの言葉で「ヘビ」を意味していますが、アステカにおける主神を「ケツァルコアトル」と言い、これは「羽のあるヘビ」を意味します。 このハアブによれば、1年は 365日で構成されることになります。 1年を365日とするというのは、我々が現在用いている「太陽暦」とほぼ同じであり、これはマヤ文明が、グレゴリオ暦を生み出したのと同じ天文的知識を有していたことを意味しています。 ただし、ハアブには太陽暦にある「 閏年」の概念が存在しませんでした。 このため、ハアブによる「季節」が現実での「季節」と少しずつずれていくことを意味し、実際にハアブが使われるようになってから数世紀の後には、暦の上の季節と実際の季節が完全にずれてしまっていたとされています。 その暦法を「長期暦」といいます。 「長期暦」は、マヤ文明のみならず、現在のメキシコ周辺で栄えたアステカ、オルメカといった「 メソアメリカ文明」全般で紀元前1世紀頃より広く用いられていた暦法です。 「長期暦」はその名の通り、きわめて長い年月を一単位として数えることに、その特徴があります。 「長期暦」では約1年を「 トゥン」と呼び、これが約349年で「 パクトゥン」という周期を構成しています。 2.マヤ暦が世界滅亡を予言しているとする、3つの理由 マヤ暦そのものには、世界の滅亡を予言する具体的な記述があるわけではありません。 その周期についてはいくつもの考えかたがありましたが、中にはある周期の完了によって世界が終焉するという見方も存在していました。 マヤ文明の歴史の研究家の中には、そうした思想が 終末思想の温床ともなり、 文明後期の衰退の原因となったとする意見もあります。 「暦」の終わりが世界の終焉であると考えていたマヤ人は確かに存在するようです。 一説には、彼らとマヤ人は祖先を同じくすると言われますが、そのホピ族には、精霊から与えられたという「 9つの予言」が伝わっています。 9つの予言のうち、8つはすでに成就されているとされており、残る9つ目の予言は「 天上にある天国が地上に落下し、世界が滅亡する」という内容になっています。 ホピ族に伝わる滅亡の予言が、マヤ文明の歴史循環思想に影響しているとする見方もあります。 彼は、マヤ文明が地球外文明によって創造されたとし、人類はその創造主の手によって512年周期で段階的な進化を遂げてきたと主張。 彼はマヤ暦の周期が 2012年にひとつの終焉を迎え、世界が新たな段階に入ると予言、そのことを1987年に自作の著書『 マヤン・ファクター』に記しました。 ホゼ・アグエイアスの著作により、マヤ暦が2012年に世界が終焉を迎えることを予言しているという説は世界的に知られるようになりました。 しかしホゼ・アグエイアスは、自身が発見したマヤ暦の予言の結果を見届けることなく、2011年に他界しています。 3.マヤ暦が示す2つの「未来の予言」 ホゼ・アグエイアスが記した、マヤ暦に基づく「 2012年世界終焉説」の結果がどうであったかは、誰もが知るところです。 その後、予言は修正され「 2015年世界終焉説」が新たに登場しましたが、このときも予言は的中しませんでした。 しかし、なぜホゼの予言が当たらなかったかについては肯定・否定、ともに諸説があり、完全に彼の予言が外れていたかどうかについては、いまだ議論の余地があるとする意見が根強く存在します。 その大きな理由のひとつはマヤ暦が「閏年」を採用していないことが、暦の正確性を狂わせている、というものです。 前述の通り、マヤ文明で用いられた暦には、太陽暦における「 閏年」の概念が存在していません。 そのため、マヤの暦は実際の季節の周期と長期的に大きなズレが生じることになります。 この「閏年」の問題があるために、マヤ暦の予言は、その読み解き方次第で大きくズレが起こることがあるのです。 マヤの伝承によれば、その滅亡は 月が落ちてくることによって引き起こされるとされています。 これはホピ族に伝わる「 天国の落下によって地上が滅びる」という予言の内容と合致しており、非常に興味深い予言です。 フランスの科学ジャーナリストである モーリス・シャトラン氏の独自計算によれば、正しい計算結果は 2020年3月20日を示しているとのことです。 この説にはマヤ暦以外の、別の暦による裏付けがあります。 インドのスーリヤ寺院に残されている暦には、西暦2020年3月20日以降の日付が存在していません。 実は、インド暦にもマヤ暦同様、歴史が循環しているとする思想が存在し、スーリヤ寺院に残されてる伝承によれば、その年に現れる破壊神カルキによって滅亡がもたらされる、ということです。 スーリヤ寺院は「太陽」を信仰する寺院であり、この「破壊神カルキ」というのも、太陽のことを示すのではないか、という説もあります。 実は、太陽系から642光年離れた、オリオン座の一角を占める ベテルギウスという恒星が超新星爆発を起こす兆候があると言われ、スーリヤ寺院bの伝承にある「太陽」は、このベテルギウスの爆発を指していると考えることができます。 新たに出現したもうひとつの「太陽」によって、地球の自然環境が完全に破壊され、人類は滅亡するとされています。 まとめ 2020年の予言が的中した場合、東京オリンピックの開催前に滅亡が訪れることになります。 ネットでもそのことが話題になり、マヤ暦による新たな予言に不安を抱く人は少なくありません。 はたして、私たちは無事に2020年の東京オリンピックを観ることができるのでしょうか?•

次の