美咲 ちゃん 霊 視。 山梨県道志村での小倉美咲さん失踪事件は稲川会、CIAによる臓器売買。

よく当たる占い師に山梨のキャンプ場で行方不明になっている小倉美咲ちゃんについて占ってもらいました。【アッシチャンネル】

美咲 ちゃん 霊 視

横山ゆかりちゃん行方不明事件 1996年7月7日 日曜日 午後1時45分ごろ 両親と妹 当時7ヶ月 と訪れていた群馬県太田市内のパチンコ店で1人で遊んでいるうちに忽然と姿を消した横山ゆかりちゃん 当時4歳。 事件当日、このパチンコ店には多くの客が訪れており、ゆかりちゃんが姿を消す直前、店内の通路などで1人で遊んでいたことが店の防犯カメラによって確認されています。 罪悪感にかられ自分たちを責め続けたご両親は事件から20年が経った今もずっと、ゆかりちゃんが帰ってくるのを待ち続けています。 防犯カメラの男の特徴 捜査が難航している この事件ですが、ゆかりちゃんが行方不明になったパチンコ店には重大な証拠が残されていました。 それは、 パチンコ店の防犯カメラが捉えた 不審な男… 写っていた男は身長 158㎝、やせ型、事件当時の年齢は30代~50代とみられ、がに股で歩いているのが大きな特徴。 服装の特徴は、帽子とサングラスを着用、夏にもかかわらず肩に白いラインが入った黒いジャンパーにニッカズボン、サンダル履きだったとみられています。 男は、店内でくわえタバコをし右手をズボンのポケットに入れながら店内をウロつき、景品交換所付近で遊んでいる ゆかりちゃんに近づき接触する機会を窺っているようでした。 そして、事件の鍵を握る防犯カメラの映像には、 ゆかりちゃんが行方不明になる直前、この男が店内のベンチに座っているゆかりちゃんの横に座り外に連れ出そうとでもしているのか… 顔を近づけて何かを話しかけたり店の外を指差したりする姿が記録されていました。 群馬県警察本部では最新のデジタル技術でより鮮明にしたパチンコ店での防犯カメラの映像をホームページなどで公開しています。 透視能力者 ヨルゲン・グスタフソンとは!? 犯人の正体を突き止めるべく『日曜ファミリア』最強FBI緊急捜査では、透視能力者ヨルゲン・グスタフソン氏に協力を依頼していました。 グスタフソン氏はスウェーデンで、その特殊な透視能力を用い これまで未解決事件の解明に協力してきたそうです。 さらに、かつて日本でもグスタフソン氏は透視で行方不明となった女性の捜索に協力していました。 グスタフソン氏が透視したのは2005年12月、当時25歳の女性A子さんが自宅から行方不明になったという事件。 当時、警察は単なる家出で、自殺の可能性は低いとみていましたが、A子さんの行方は半年が経過してもわからないままでした。 一日も早く無事に帰ってきてほしいという ご両親の悲痛な叫びに応えるべく透視能力で協力したのがグスタフソン氏だったのです。 グスタフソン氏によれば、この行方不明のA子さんについて最初に視えたのは、ウィスキーの瓶と薬の錠剤で、彼女はそれらを飲んで自殺したと… グスタフソン氏が視たものは、行方不明だったA子さんの目に映ったものだといいます。 彼女とコンタクトしながらグスタフソン氏は居場所を捜索していましたが、その時は何故かA子さんとのコンタクトが途切れ発見には至らなかったそうです。 そして、行方不明から半年後の2006年10月、A子さんの遺体が発見されたのですが、その発見された場所は、A子さんとコンタクトが途切れた場所だったそうです。 A子さんの遺体は、グスタフソン氏が捜索した場所から およそ20メートルの距離の所で発見されたそうで、A子さんのご両親によれば娘さんの遺体を発見後に判明した事実がグスタフソン氏の透視と符合していたといいます。 グスタフソン氏は自宅から遺体発見場所まで娘さんが歩いた そのまんまのルートで歩いていたそうですが、その道は地元の人でも知らない人もいるという小さな道路だったといいます。 結果的にグスタフソン氏の透視によって行方不明だったA子さんの遺体発見に繋がったのです。 横山ゆかりちゃんの行方を透視 今回、そんなグスタフソン氏が横山ゆかりちゃんの行方を透視することに。 最初は、スウェーデンから この事件を透視していたグスタフソン氏。 グスタフソン氏によれば、情報は全てゆかりちゃんの魂から得ているそうで、グスタフソン氏は事件発生当時の状況などを言い当てていました。 さらに、事件直後の映像も視えたようで、ゆかりちゃんを乗せたグレー系のセダンが工業地帯を走って行ったと透視していました。 その後、ゆかりちゃんのご両親に会いに群馬県にやって来たグスタフソン氏は涙を流しながら ゆかりちゃんの身に起こった悲劇を我が事のように受け止め ゆかりちゃんの魂からのメッセージをご両親に届けていました。 それは「お母さん、無理をしないで たくさんの人、その全員を助けることはできないよ」という看護師の仕事をしている母親を心配したゆかりちゃんからのメッセージだったのです。 そして、グスタフソン氏は、ゆかりちゃんの手がかりについて透視していました。 さらに、ゆかりちゃんの父親は気になるダンプを目撃したことがあるそうで…ちらっとしか見えていないので断定はできないが、そのダンプの助手席に ゆかりちゃんらしき女の子を乗せていたのだといいます。 翌日、グスタフソン氏と ゆかりちゃんの家族は誘拐現場へと向かいました。 誘拐現場のパチンコ店は、現在、別の店舗に変わっていました。 誘拐現場の近くにある古びた工場を見たグスタフソン氏は 「これを視たことがある… この建物を ゆかりちゃんが視せているのだと思う」と言っていました。 次に視えたのは犯人の逃走経路。 さらに、 ゆかりちゃんが見せてくれた 採石場の特徴は、 ・古い2本の塔 ・山の上の家 ・廃業している採石場 さらに、その時のゆかりちゃんの感情についても透視していました。 犯人は、どこか遊ぶ所か、楽しい所へ連れて行ってあげると言葉巧みにゆかりちゃんを誘い出したので、ゆかりちゃんは最初のうちは騙されていることに気づいていませんでした。 しかし、車から見える景色が見慣れないものに変わって行ったため だんだん不安になっていき、目的地に着く頃には恐怖の感情でいっぱいだったとグスタフソン氏は透視していました。 この透視内容について ゆかりちゃんの父親は、自分もゆかりちゃんと重要参考人の目撃情報がほとんどないことから犯人は大通りを使わずグスタフソン氏が透視していた裏道を使ったのではないかと思っていたそうです。 次に別の透視能力者が指摘した採石場へと向かいましたが、透視と現実の風景との相違は採石場に近づくにつれ、さらに大きくなっていき、そこはグスタフソン氏が視た採石場ではなかったようです。 次に地図で透視を始めたグスタフソン氏は、ゆかりちゃんの居場所を栃木県内のある場所を特定、地図に印をつけ「他の場所はあり得ません」と言っていました。 当初、そのエリアは市街地で採石場は存在しないと思われていましたが、番組スタッフが地図の検索条件を変えてみたところグスタフソン氏が丸印をつけた場所から 車でわずか4分の場所に 採石場があったのです。 この採石場の風景をみたグスタフソン氏は、「間違いありません」と言っていました。 現在、捜索に向けて地権者の許可が下りるのを待っている段階だといいます。 犯人を透視 グスタフソン氏は、横山ゆかりちゃんを誘拐した犯人は防犯カメラがとらえた重要参考人の男だと言っていました。 さらに、「ゆかりちゃんの誘拐事件の前にも何人かの子どもを殺害したように思う」と、恐ろしいことを言うグスタフソン氏。 そういえば、 重要参考人の男は1990年5月に起きた足利事件で目撃された男と似ているとされ1979年以降 栃木県と群馬県で発生している足利事件を含む4件の女児誘拐殺人事件との関連性が疑われていますね。 関連があるのでしょうか。 グスタフソン氏によれば、 犯人は、 独身で社交的な人物ではないが、 子どもが相手だと 途端に饒舌になり、 とても嬉しそうに話す人物。 そして、 ゆかりちゃんを誘拐したその日 同じパチンコ店で 子どもを物色し、 他にも何人かの子どもに 声をかけており、 最後が ゆかりちゃんだったという。 しかし、重要参考人の男は午後1時27分に入店、 これより前の時間に防犯カメラの映像に映った あの服装の人物の目撃情報はない。

次の

小倉美咲ちゃんの霊視と心霊写真?小学校や母親のインスタ ブログは?

美咲 ちゃん 霊 視

私は霊能者です。 北海道の「しつけ」で置き去り行方不明事件について霊視しました。 私の霊視では大和くんは今も生きています。 山の中にいて蹲っています。 山の中はとても寒いようです。 急がないと命の危険があります。 一刻を争います。 父親が「しつけ」のために山林に置き去りにしたのは本当のことらしいのですが現場は父親が証言した場所から遥かに東の方角のもっと山の奥深くのようです。 霊視で示された場所を探してあげてほしいのですが、どこに連絡をすればいいでしょうか? 補足霊視では他にもいくつか視えていましたので、もっと細かく判別してから、警察に本当に連絡しようとしていましたが、 私のガイドスピリットが「もうすぐ無事で見つかる・・・。 」って言っていたので気がかりではありましたが受け取った情報の精査の作業をいったん止めてしまっていました。 とにかく大和くんが無事で本当によかったです。 ご回答くださった皆さん本当にありがとうございました。

次の

【霊視】美咲ちゃんは川下に居る!?ツイッターで霊視(透視)を行う人が女児不明事件に言及【道志村キャンプ場女児不明】

美咲 ちゃん 霊 視

山梨県道志村のキャンプ場で小学一年生の女児が行方不明になった9月21日から、霊視や透視で女児の居場所を特定しようとする自称霊能者が続出しています。 ネットやSNS上には「南側の山の中にいる」「西側の水辺にいる」「〇〇日に見つかる」など自称霊能者たちが様々な霊視内容や透視内容を発言していますが、すべてハズレています。 ではなぜ、行方不明事件があるとこのように霊視や透視で行方不明者を探そうとする霊能者が増えるのかというと、 一発当てたいからです。 1度でも行方不明事件を霊視で言い当てることができれば、たちまち有名になり、世間から「本物の霊能者」の称号がもらえます。 「あの、女児行方不明事件の真相を霊視で言い当てた!」「霊視で行方不明の女児の居場所を突き止めた本物の霊能者!」など、偽物の霊能者は「本物の霊能者」というこの称号が、喉から手が出るほど欲しくてたまらないのです。 偽物の霊能者の特徴として彼らは本物の霊視や透視ができず、憶測でものを言い過ぎです。 霊視は憶測で見るものではありません。 「南側の山奥に何かを感じる」「お母さんを呼ぶ声が聞こえる」「嫌な感じがしてならない」など、適当なことばっかり言っています。 「感じる」とか、「視える」とか言っておけば、簡単に信憑性が高いものと感じさせることができるからです。 中には、行方不明になっている子供のことが心配で 「自分の霊能力を使って手助けしたい」と言う思いから霊視捜査をしていると言う霊能者もいると思いますが、しかし、本当に心配だったら曖昧なことや適当なことをネット上で広く発言しようとは思えないはずです。 中には、「心配でならない」「一日でも早く見つかることを祈ってる」だとか言っておきながら、「もう死んでいる」などと、人としての道徳を失っている発言を堂々としています。 彼らは、自分の霊視が外れるかもしれないというリスクを背負ってまでして目立ちたくて仕方がないのです。 本当に霊視や透視ができる本物の霊能者は、人の生死に関わることや事件の内容に関する発言を控えます。 また、偽物の霊能者の霊視では、ちょっと推理小説が好きな人であれば誰しもが考えられる範疇であることを、いかにも霊視で視たかのように話します。 自衛隊や警察や消防が捜査して見つからなかったというニュースが出てから霊能者は「事件の可能性が高い」と言い出し、それまでは「生きてる」「〇〇日に見つかる」などと言っていたのに、現実の状況が変わってくると霊視内容も変わるのが偽物の霊能者の特徴でもあります。 真実を見極める目を持ち、偽物の霊能者に踊らされないように気をつけましょう。

次の