みやま市 地震。 みやま市の大雨警戒情報

みやま市

みやま市 地震

地理 [ ] 福岡県の南部に位置し、の南約100km、の南約50km、の南約20kmに位置する。 を挟んで、と、矢部川の一部と市東部の山間部でと、隈川や市南東の山間部でと、また市南東部ではおよびとも隣接する。 市域の多くは()に含まれる平地となっており、市の南西部はに面する。 基幹産業はである。 瀬高町東部および南部から高田町にかけては主に、瀬高町北部ではでやの栽培が盛んに行われている。 市の東部を南北に貫くの東側および旧山川町域の大部分は山地となっており、この地域ではを中心としたの生産が盛んである。 南部の有明海に面する地域ではを含めたも行われている。 また、古くは矢部川を水上交通路として利用したり、が通るなど陸上交通の要衝であったために、瀬高町上庄下庄の両地区は古くよりしとして栄え、現在もが盛んである。 市内において瀬高町の下庄上庄の両地区に市街地が形成されている。 全体的に旧山門郡内での交流が盛んであるが、市最北部(瀬高町長田など)は隣接する筑後市と、高田町南部は大牟田市との結びつきが強い。 隣接する自治体 [ ] 福岡県• 地名 [ ] 従来の大字の前に合併前の旧町名を冠している。 瀬高町• 大広園• 泰仙寺• 東津留• 大草 旧東山村• 小田 旧東山村• 坂田 旧東山村• 長田 旧東山村• 広瀬 旧東山村• 本吉 旧東山村• 山門 旧東山村 山川町• 河原内• 真弓 高田町• 永治 旧開村• 北新開 旧開村• 黒崎開 旧開村• 南新開 旧開村• 亀谷 旧飯江村• 田浦 旧飯江村• 飯江 旧飯江村• 舞鶴 旧飯江村• 下飯江 旧飯江村。 、飯江に編入され消滅• 海津 旧山川村• 竹飯 旧山川村• 昭和開 、干拓により発足 郷土史 [ ] 近現代沿革 [ ] 旧山門郡瀬高町 [ ]• (明治22年) 町村制施行により、以下の町村が発足。 山門郡上瀬高町・下瀬高町・本郷村・小川村・川沿村・緑村・清水村・水上村• (明治34年) 上瀬高町と下瀬高町が対等合併し、が発足。 (明治40年)1月1日• 瀬高町・本郷村・小川村・川沿村・緑村(一部)が対等合併し、新町制による瀬高町が発足。 清水村・水上村が対等合併し、東山村が発足。 (昭和31年) 東山村を瀬高町に編入。 旧山門郡山川町 [ ]• (明治40年) 万里小路村、富原村、竹海村、緑村の一部が合併してが誕生。 (昭和34年) 山門郡山川村と三池郡高田町との境界変更に伴い、元の竹海村が高田町へ分村。 (昭和44年) 町制施行。 旧三池郡高田町 [ ]• ・二川村・岩田村が対等合併し、が発足。 飯江村・開村を編入。 町制施行。 山門郡山川村より竹海地区を編入。 合併協議の経過 [ ] 当初はの発足を目指し、に合併協定書に調印したが、高田町議会が合併関連議案を2度にわたって否決し、は解散に追い込まれた。 しかしその後、2005年に住民のリコールを受けて行われた高田町議会議員選挙で合併推進派が反対派を上回ったことから、同年に再び合併協議会が設置された。 そしてに合併協定書に調印し、各町議会と福岡県議会の議決を経て、同年に総務大臣が官報に告示、2007年1月29日の新市発足が決まった。 市名の「みやま」とは、三池郡の「三」と山門郡の「山」を取ったで、の名称などとして親しまれてきた。 漢字でなく平仮名とした理由は、合併協議会の説明によると「平仮名の方が親しみやすい」、「『三山市』の『三』と『山』をひっくり返し、『三』を横にして『川』にすると、『山川市』になる」などがあるという。 名称募集の集計結果や合併協議会の協議過程では漢字名支持が多数を占めたが、合併協議会において各町の主張する名称がそれぞれ異なり議論が平行線となったために、協議会会長であった鬼丸岳城瀬高町長の音頭によって平仮名名称での妥協に至ったとされる。 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 2007年1月29日 2007年3月4日 市長職務執行者 初-3 2007年3月4日 2018年9月30日 健康上の理由により辞職 職務代理者 2018年8月13日 2018年10月12日 副市長・高野道生 2018年10月13日 2018年10月28日 総務部長・西山俊英 4 2018年10月28日 行政 [ ] 市長 [ ]• (1期目)• 任期:2022年10月27日 市議会 [ ]• 定数:16人• 任期:2023年7月31日 消防署 [ ]• みやま市消防本部• みやま市消防署• みやま市消防署南部出張所 警察 [ ]• 瀬高警部交番(旧:瀬高警察署)• 長田駐在所• 南瀬高駐在所• 山川駐在所• 瀬高駅前警察官連絡所(旧:駅前交番) 公共施設 [ ] 国と県の機関• 福岡国道事務所瀬高維持出張所• 国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所矢部川出張所• 瀬高統計・情報センター(瀬高ビル内)• 福岡県南筑後地域農業改良普及センター• 市の公共施設 *このほか、旧瀬高町内では各小学校校区毎に「校区公民館」に相当する施設が設置されている。 公営企業 [ ]• 上水道 一部事業組合 [ ]• 有明広域葬斎施設組合• 有峰苑 その他公共施設 [ ]• みやま市商工会• みやま市瀬高海洋センター、みやま市高田海洋センター• 産業 [ ] 名産特産品 [ ] ナス、みかん、セロリ、漬物、清酒、きじ車、タケノコ、いちご、マーガリン、植木鉢、蒲池焼 農協 [ ] (JAみなみ筑後)• 本店・瀬高支店(市役所本庁舎隣)• 南瀬高支店• 東山支店• 山川支店• 二川支店• 高田東部支店 みやま市に本社を置く主な企業 [ ]• (くすりのせたか)• みやま市に工場を置く企業 [ ]• 九州工場 金融機関 [ ]• 瀬高支店、渡瀬支店• 瀬高支店• 瀬高支店• 瀬高支店、高田支店• 瀬高支店、山川支店、高田支店 郵便局 [ ]• (集配局)• (集配局)• 原町郵便局(集配局)• 瀬高上庄郵便局• 野町郵便局• 渡瀬郵便局• 岩津郵便局• 南瀬高郵便局• 東町簡易郵便局• 東山簡易郵便局• 鷺山簡易郵便局 地域 [ ] 人口 [ ] みやま市と全国の年齢別人口分布(2005年) みやま市の年齢・男女別人口分布(2005年) 鉄道におけるみやま市の玄関口、瀬高駅• 空港はが最も利用される。 鉄道 [ ] (JR九州)• - - 市代表駅の瀬高駅には特急 快速などすべての列車が停車する。 その他、が - 間で当市を通過している。 (西鉄)• - 両駅とも普通列車のみの停車で、特急や急行はすべて通過する。 旧瀬高町域へは市外のから路線バスを利用する形となる。 かつては現市域内に以下の鉄道路線が通っていた。 (瀬高 - 柳川)1932年廃止。 (瀬高 - 南関)1938年廃止。 (瀬高 - 佐賀)1987年廃止。 現在、みやま市内区間ではの路線が代替バス路線として運行されている。 バス [ ]• - とみやま市旧瀬高町域を結ぶ瀬高柳川線(瀬高駅前 - 三橋 - - かんぽの宿)の1路線のみ運行。 現在、みやま市で市外に通じる市内一般路線バスはこの1路線のみである。 30-60分間隔で運行する。 かつては清水地区などにも路線があった。 高速バス - と、みやま市役所入口バス停に以下の路線が停車する。 福岡空港 - 大牟田・荒尾間高速バス(福岡空港 - 瀬高 - 山川 - ・、)• 博多駅・福岡空港 - 柳川経由 大牟田間高速バス 博多駅 - 福岡空港 - 瀬高 - みやま市役所入口 - 西鉄柳川 - 、• 福岡空港 - 熊本間高速バス「」(福岡空港 - 瀬高 - 山川 - )• みやま市コミュニティバス「くすっぴー号」 - 2018年3月1日より市内各地で運行。 全部で9路線。 第78・79条に基づく自家用自動車の有償輸送で100円均一(高齢者・障がい者・小学生50円)。 主な廃止バス路線 [ ]• - 現在は九州自動車道経由の高速バスを除き市内からすべて撤退した。 (船小屋営業所 - 瀬高 - 高田 - 大牟田営業所、系統番号50)• ( - 本郷 - 、系統番号5)• 佐賀線代替バス(瀬高 - 柳川 - 佐賀)・・堀川バスの共同運行であった。 廃止区間のうち市内区間の一部はみやま市コミュニティバスが運行) 道路 [ ] 高速道路 [ ]• - - 地域高規格道路 [ ]• - 一般国道 [ ]• 主要地方道 [ ]• 港湾 [ ]• 江浦漁港 名所・旧跡・観光スポット・行事 [ ].

次の

木造戸建て住宅耐震改修促進事業

みやま市 地震

木造戸建て住宅耐震改修促進事業 都市計画課 2020年6月19日 みやま市では、平成25年度より震災に強い街づくりのため、木造戸建て住宅の耐震改修工事費の一部を補助する事業を実施します。 但し60万円を限度とする。 工事途中及び工事後の申請は受け付けられませんのでご注意ください。 また予算に限りがありますので先着順の受付とします。 詳細はみやま市役所都市計画課住宅政策係まで 電話0944-64-1532(課直通) 添付ファイル (PDF ファイル:145. 6KB) (PDF ファイル:65. 8KB) (PDF ファイル:84. 8KB) (Adobe Acrobat Document:134. 2KB) (PDF ファイル:56. 8KB) (PDF ファイル:52. 6KB).

次の

みやま市高田町(福岡県の震度観測点) : 地震を知る統計サイト【揺れる日本列島】

みやま市 地震

地理 [ ] 福岡県の南部に位置し、の南約100km、の南約50km、の南約20kmに位置する。 を挟んで、と、矢部川の一部と市東部の山間部でと、隈川や市南東の山間部でと、また市南東部ではおよびとも隣接する。 市域の多くは()に含まれる平地となっており、市の南西部はに面する。 基幹産業はである。 瀬高町東部および南部から高田町にかけては主に、瀬高町北部ではでやの栽培が盛んに行われている。 市の東部を南北に貫くの東側および旧山川町域の大部分は山地となっており、この地域ではを中心としたの生産が盛んである。 南部の有明海に面する地域ではを含めたも行われている。 また、古くは矢部川を水上交通路として利用したり、が通るなど陸上交通の要衝であったために、瀬高町上庄下庄の両地区は古くよりしとして栄え、現在もが盛んである。 市内において瀬高町の下庄上庄の両地区に市街地が形成されている。 全体的に旧山門郡内での交流が盛んであるが、市最北部(瀬高町長田など)は隣接する筑後市と、高田町南部は大牟田市との結びつきが強い。 隣接する自治体 [ ] 福岡県• 地名 [ ] 従来の大字の前に合併前の旧町名を冠している。 瀬高町• 大広園• 泰仙寺• 東津留• 大草 旧東山村• 小田 旧東山村• 坂田 旧東山村• 長田 旧東山村• 広瀬 旧東山村• 本吉 旧東山村• 山門 旧東山村 山川町• 河原内• 真弓 高田町• 永治 旧開村• 北新開 旧開村• 黒崎開 旧開村• 南新開 旧開村• 亀谷 旧飯江村• 田浦 旧飯江村• 飯江 旧飯江村• 舞鶴 旧飯江村• 下飯江 旧飯江村。 、飯江に編入され消滅• 海津 旧山川村• 竹飯 旧山川村• 昭和開 、干拓により発足 郷土史 [ ] 近現代沿革 [ ] 旧山門郡瀬高町 [ ]• (明治22年) 町村制施行により、以下の町村が発足。 山門郡上瀬高町・下瀬高町・本郷村・小川村・川沿村・緑村・清水村・水上村• (明治34年) 上瀬高町と下瀬高町が対等合併し、が発足。 (明治40年)1月1日• 瀬高町・本郷村・小川村・川沿村・緑村(一部)が対等合併し、新町制による瀬高町が発足。 清水村・水上村が対等合併し、東山村が発足。 (昭和31年) 東山村を瀬高町に編入。 旧山門郡山川町 [ ]• (明治40年) 万里小路村、富原村、竹海村、緑村の一部が合併してが誕生。 (昭和34年) 山門郡山川村と三池郡高田町との境界変更に伴い、元の竹海村が高田町へ分村。 (昭和44年) 町制施行。 旧三池郡高田町 [ ]• ・二川村・岩田村が対等合併し、が発足。 飯江村・開村を編入。 町制施行。 山門郡山川村より竹海地区を編入。 合併協議の経過 [ ] 当初はの発足を目指し、に合併協定書に調印したが、高田町議会が合併関連議案を2度にわたって否決し、は解散に追い込まれた。 しかしその後、2005年に住民のリコールを受けて行われた高田町議会議員選挙で合併推進派が反対派を上回ったことから、同年に再び合併協議会が設置された。 そしてに合併協定書に調印し、各町議会と福岡県議会の議決を経て、同年に総務大臣が官報に告示、2007年1月29日の新市発足が決まった。 市名の「みやま」とは、三池郡の「三」と山門郡の「山」を取ったで、の名称などとして親しまれてきた。 漢字でなく平仮名とした理由は、合併協議会の説明によると「平仮名の方が親しみやすい」、「『三山市』の『三』と『山』をひっくり返し、『三』を横にして『川』にすると、『山川市』になる」などがあるという。 名称募集の集計結果や合併協議会の協議過程では漢字名支持が多数を占めたが、合併協議会において各町の主張する名称がそれぞれ異なり議論が平行線となったために、協議会会長であった鬼丸岳城瀬高町長の音頭によって平仮名名称での妥協に至ったとされる。 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 2007年1月29日 2007年3月4日 市長職務執行者 初-3 2007年3月4日 2018年9月30日 健康上の理由により辞職 職務代理者 2018年8月13日 2018年10月12日 副市長・高野道生 2018年10月13日 2018年10月28日 総務部長・西山俊英 4 2018年10月28日 行政 [ ] 市長 [ ]• (1期目)• 任期:2022年10月27日 市議会 [ ]• 定数:16人• 任期:2023年7月31日 消防署 [ ]• みやま市消防本部• みやま市消防署• みやま市消防署南部出張所 警察 [ ]• 瀬高警部交番(旧:瀬高警察署)• 長田駐在所• 南瀬高駐在所• 山川駐在所• 瀬高駅前警察官連絡所(旧:駅前交番) 公共施設 [ ] 国と県の機関• 福岡国道事務所瀬高維持出張所• 国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所矢部川出張所• 瀬高統計・情報センター(瀬高ビル内)• 福岡県南筑後地域農業改良普及センター• 市の公共施設 *このほか、旧瀬高町内では各小学校校区毎に「校区公民館」に相当する施設が設置されている。 公営企業 [ ]• 上水道 一部事業組合 [ ]• 有明広域葬斎施設組合• 有峰苑 その他公共施設 [ ]• みやま市商工会• みやま市瀬高海洋センター、みやま市高田海洋センター• 産業 [ ] 名産特産品 [ ] ナス、みかん、セロリ、漬物、清酒、きじ車、タケノコ、いちご、マーガリン、植木鉢、蒲池焼 農協 [ ] (JAみなみ筑後)• 本店・瀬高支店(市役所本庁舎隣)• 南瀬高支店• 東山支店• 山川支店• 二川支店• 高田東部支店 みやま市に本社を置く主な企業 [ ]• (くすりのせたか)• みやま市に工場を置く企業 [ ]• 九州工場 金融機関 [ ]• 瀬高支店、渡瀬支店• 瀬高支店• 瀬高支店• 瀬高支店、高田支店• 瀬高支店、山川支店、高田支店 郵便局 [ ]• (集配局)• (集配局)• 原町郵便局(集配局)• 瀬高上庄郵便局• 野町郵便局• 渡瀬郵便局• 岩津郵便局• 南瀬高郵便局• 東町簡易郵便局• 東山簡易郵便局• 鷺山簡易郵便局 地域 [ ] 人口 [ ] みやま市と全国の年齢別人口分布(2005年) みやま市の年齢・男女別人口分布(2005年) 鉄道におけるみやま市の玄関口、瀬高駅• 空港はが最も利用される。 鉄道 [ ] (JR九州)• - - 市代表駅の瀬高駅には特急 快速などすべての列車が停車する。 その他、が - 間で当市を通過している。 (西鉄)• - 両駅とも普通列車のみの停車で、特急や急行はすべて通過する。 旧瀬高町域へは市外のから路線バスを利用する形となる。 かつては現市域内に以下の鉄道路線が通っていた。 (瀬高 - 柳川)1932年廃止。 (瀬高 - 南関)1938年廃止。 (瀬高 - 佐賀)1987年廃止。 現在、みやま市内区間ではの路線が代替バス路線として運行されている。 バス [ ]• - とみやま市旧瀬高町域を結ぶ瀬高柳川線(瀬高駅前 - 三橋 - - かんぽの宿)の1路線のみ運行。 現在、みやま市で市外に通じる市内一般路線バスはこの1路線のみである。 30-60分間隔で運行する。 かつては清水地区などにも路線があった。 高速バス - と、みやま市役所入口バス停に以下の路線が停車する。 福岡空港 - 大牟田・荒尾間高速バス(福岡空港 - 瀬高 - 山川 - ・、)• 博多駅・福岡空港 - 柳川経由 大牟田間高速バス 博多駅 - 福岡空港 - 瀬高 - みやま市役所入口 - 西鉄柳川 - 、• 福岡空港 - 熊本間高速バス「」(福岡空港 - 瀬高 - 山川 - )• みやま市コミュニティバス「くすっぴー号」 - 2018年3月1日より市内各地で運行。 全部で9路線。 第78・79条に基づく自家用自動車の有償輸送で100円均一(高齢者・障がい者・小学生50円)。 主な廃止バス路線 [ ]• - 現在は九州自動車道経由の高速バスを除き市内からすべて撤退した。 (船小屋営業所 - 瀬高 - 高田 - 大牟田営業所、系統番号50)• ( - 本郷 - 、系統番号5)• 佐賀線代替バス(瀬高 - 柳川 - 佐賀)・・堀川バスの共同運行であった。 廃止区間のうち市内区間の一部はみやま市コミュニティバスが運行) 道路 [ ] 高速道路 [ ]• - - 地域高規格道路 [ ]• - 一般国道 [ ]• 主要地方道 [ ]• 港湾 [ ]• 江浦漁港 名所・旧跡・観光スポット・行事 [ ].

次の