えむこ をち。 lib/Data/Faker/www.interreg4c.eu

Full text of

えむこ をち

人は理解できない事態に遭遇すると、慌てふためくモノと、冷静に思考を回し始めるモノの二通りに分かれる。 今現在の状況が理解出来ない。 穏やかに、己が愛したゲームの世界を去り行くはずであったのに、これではまるで茶番劇ではないか……見るモノによってはそう考えるのではなかろうか。 足元に縋りつく一人……いや、一体と言うべき存在を見下ろしながら、モモンガは混乱する頭をどうにか回そうとするも思考が追い付かない。 彼自身が手掛けたNPCであるパンドラズ・アクターが、ユグドラシルの終焉の時間が来た瞬間に叫び声を上げて彼の足元に縋りついたのだ。 AIにそんな機能はない。 自立して動くようにNPCは出来ていない。 ましてや……声を上げるなどという事などあり得るはずがないのだ。 しかし現実はどうだ。 彼の創り上げたNPCは、おいおいと声を上げて泣いている。 硬い石畳に落ちる滴はパンドラズ・アクターの種族からか、涙ではなく赤い赤い血の雫であった。 叫び声と泣き声以外に声を上げることはせず、唯々、パンドラズ・アクターは泣きじゃくるだけ。 いきなり動き出したNPCにどう接していいのか分からず、とりあえず、と彼が行ったのは現状の確認。 コンソール……出ない。 GMコールは……使えない……だと? やっと彼は自身を襲っている異常事態を理解する。 しかし彼自身に何かしら被害があるのなら大問題である。 一つ、一つと確認作業を行っていく。 運営との緊急連絡も、強制ログアウトも、居るはずのないギルドメンバーや交流のあったプレイヤーやゲーム内ログへの簡易チャット送信も……全てが効かなかった。 バグによる機能不全? それなら運営から何かしらのアクションがないわけがないし強制ログアウトさせることだってできるはずだ。 考えても答えなど出るはずがない。 彼はただの営業職のしがないサラリーマンで、平々凡々とした男でしかないのだから。 まずは情報を……そう考えたモモンガは、自分の脚に縋りつくNPCにゆっくりと語り掛けた。 「あー……パンドラズ・アクター?」 「……ぅっ……うぅ……モモンガさまぁ……私ならば……どこへなりとも……ついて行きますからぁ……世界が敵だ、というのなら……私も立ち向かいますからぁ……」 帰ってきたのは独りごとだけ。 ダメだ聞いちゃいねぇ、とモモンガはげんなりと肩を落とす。 そんな彼の何処か他人事な心の内など気づかずに、パンドラズ・アクターは喉を引くつかせたような声を紡いでいった。 「私の無力が原因だと、分かって、おります……至高の御方々の贋作で、しかない私では……貴方様の御心は、癒すに足りなかったのだと……至高の御方々が居なくなって……孤独な貴方様を癒せな、かった私に価値は……無い……存在する価値などないの、です……」 完全に自分の世界に入りきっているパンドラズ・アクターの懺悔を聞きながら、彼の心はジクリと痛む。 「お一人きりで宝物殿にいらして、私の道化を眺める瞳の寂しい光を……私が演じる道化に呆れて哀しく零される御心も……私は何一つ……打ち消すことが出来なかった……っ。 たっち・みー様のように貴方様の心を奮い立たせる存在になれたらよかった! ウルベルト様のように貴方様を焦がれさせる悪になれればよかった! ペロロンチーノ様のように貴方様の心に太陽の光のような明るい輝きを与えられたらよかった!」 次第に零される懺悔は叫びとなり。 まるで今までたった一人でギルドを維持して来た自分を見てきたかのような言葉は彼の胸を突き刺す。 その独白が真に迫る感情を発しているからこそ、モモンガの心に悲哀が沸き立つ。 「……私は……貴方様に何も、返せていないっ……創造して頂いた恩に……忠義を……感謝を……愛を……ち、父上に、なにもっ」 全くわけのわからない異常事態であるが、彼はこの短い時間で分かったことが一つだけあった。 じわりと心に暖かい灯がともった気がした。 孤独に過ごしてきた数年間の日々が、全く無駄ではなかったと、モモンガにはそう思えた。 誰かが見てくれていた、というのが……己の寂寥を理解してくれることが、彼にとってなにより暖かい。 運営のミスだろうと他のナニカであろうとどうでもよくなった。 もし運営がパンドラズ・アクターを操っていたのなら、などという野暮なことは考えない。 彼には自身の創造したNPCが生きているとしか思えなくなった。 優しく、穏やかな吐息を吐き出して、モモンガはパンドラズ・アクターの肩に手を置いた。 漸く上げた顔は、赤い雫でべちゃべちゃだった。 一種のホラー映画のようだが彼は気にしない。 「も……モモン、ガさま……?」 「泣くな、パンドラズ・アクター。 どうやら世界はまだ俺を此処にいさせてくれるらしい」 ぶわぁっとまた溢れだした赤い雫。 泣き声は嗚咽に変わる。 しかしその涙の意味は、悲哀から歓喜へと。 感極まって俯いて震えだしたパンドラズ・アクターの背中を優しく擦りながら、モモンガは愛しいNPCが落ち着く時を待つことにした。 赤い雫がまだ残る目元を気にせず帽子を整えて……ビシリと敬礼を一つ。 「し、しかし……」 「せっかく話が出来るんだからさ、もっとこう……楽しい話をしような?」 先ほどまでユグドラシルの終焉に沈んでいた気持ちなど霧散してしまった。 モモンガはただ、誰かと共に在れることが嬉しいのだ。 苦悩に震えているパンドラズ・アクターを微笑まし気に見つつ思考に潜る。 これが泡沫の夢であっても何であっても、彼にとっては今感じていることが全てなのだ。 「なにがいいかな……そうだ! せっかくお前が俺に話してくれるようになったんだから、お前の気持ちを色々と知りたいんだがいいか?」 「はっ。 モモンガ様が望まれるのならばなんなりと」 ビシリと大仰に敬礼を行う己のNPCを見やってうんうんと頷く。 「そうだな……宝物殿にこもりっきりだったお前に聞くのは酷かもしれないけど聞きたい。 お前は俺の仲間達の姿を全部知ってるわけだが……問おう、お前自身が一番カッコイイと思うギルドメンバーは誰かな?」 ニコニコと、と表情があればそう表されるような声で尋ねるモモンガは純粋な子供の如く。 モモンガにとってギルドメンバーとの思い出は宝物。 数年を孤独に、一人で過ごした彼は仲間との時間に飢えていた。 ただの話題程度でもいい。 唯々、モモンガは誰かと思い出を語らいたかった。 NPCが話すようになった、というのは彼にとって大きな変化ではあるが……モモンガの中ではNPCはNPC。 ギルドメンバーとは比べるべくもない。 モモンガは自分の変化に気づかない。 人間ならばきっと気遣い一つでもしてこんな話題を出さなかった。 しかし今の彼は……妄執を内に抱く異形であった。 パンドラズ・アクターの逡巡は一瞬。 空洞でしかない目がなぜかギラリと輝いて、大仰な身振り手振りで動き始めた。 モモンガはあっけにとられたまま骨の顎が外れんばかりに口を開けてソレを見ていた。 パンドラズ・アクターの身振り手振り、そして行動の全てを自分が考えたのだと思い出して、彼は羞恥に呑まれていた。 その時はカッコイイと思って創り上げたのだ。 誰にだってあることだ。 しかしモモンガにとって最悪なのは、その黒歴史が文字通りに動いて喋って存在していることだ。 先ほどまではパンドラズ・アクターが自分を想ってくれていることに心を温めていたがそれはそれ、これはこれである。 穴があったら入りたいとはまさにこのことであった。 ただ……モモンガはここで己に訪れた変化を知る。 すっと、心に溢れていた羞恥の心が急に消えていったのだ。 あれほど恥ずかしくてたまらなかったというのに、普通ならば30分ほど悶えてもおかしくない程の羞恥であるのに、だ。 今も目の前でパンドラズ・アクターが延々とモモンガの素晴らしさについて語っているが、それさえ冷めきった心で見つめてしまうほど。 何かがおかしい……モモンガは考える。 明らかにおかしい異常事態に、漸く思考を回し始めた。 なんだこれ? わけが分からない。 確認しないと…… 意を決した彼は、目の前で踊っているように見えるパンドラズ・アクターに厳しい目を向けた。 「お前の気持ちは受け取った。 それよりも聞きたいことが出来たんだ」 「は、なんなりと」 「GMコールが効かないしログアウトも出来ないんだが、お前にはその理由が分かるか?」 単純に、明快に。 モモンガはプレイヤーとしての疑問をぶつける。 「……モモンガ様。 NPCは言葉の意味さえ理解していない。 それもまた、モモンガにとっては貴重な情報である。 すっと、彼は己のNPCに手を伸ばす。 ピクリと僅かに動いたパンドラズ・アクターであったが、主のされるがままにするようで動く気配はない。 骨の指先がパンドラズ・アクターの肩に置かれる。 以外にがっしりとした肩から首へと白磁の指が動き出す。 ごくり、と彼のNPCが生唾を飲み込む音がやけに大きく響いた。 首筋に触れた指先、頸動脈のあたりでゆっくりと押し付けた。 その指に触れる感触と、その指に伝わる温度を知りそのまま、くい……とパンドラズ・アクターの顎を持ち上げる。 見られようによっては薔薇の花びらが舞い散りそうな絵柄ではあるが、モモンガの真剣な瞳を感じ取ったパンドラズ・アクターは何も言わない。 「……今のお前が発動しているスキルは?」 「モモンガ様の前でスキルを発動することなどありません。 この身、この命、この魂は全てモモンガ様のモノ。 主にスキルを放つなど、それすなわち万死に値すること」 パンドラズ・アクターの返答にモモンガの思考がまた深く色づく。 一つ顎に手を当てた。 「すまない……なら、お前は今、ダメージを受けているのだな?」 「モモンガ様に触れて頂けることは我が身にとって至極の悦び、この痛苦さえ、我が主が与えたもう愛なればなんのことやありましょう」 モモンガのスキルにはネガティブタッチという触れているだけで継続ダメージを与えるスキルがある。 そして俺の口が……動いてる。 これはやはり…… 一つ、また一つと仮設を立てていくしかない。 恐ろしさを感じたのか、はたまた他のナニカの大きな感情を抱いたのか、モモンガの身体が薄く光った。 ゆるりと指を外し、モモンガはパンドラズ・アクターに背を向けた。 「……パンドラズ・アクター。 お前は先ほど俺が語った最後の言葉を覚えているか?」 息を呑む音。 衣擦れの音がやけに大きく聞こえた気がした。 モモンガは知らぬふりで反応を待つだけ。 返されることばはなく、悲哀の空気が背中に突き刺さる。 「世界が終わり……世界からモモンガ様が拒まれる、と」 「そうだ。 ユグドラシルが終わり、俺は世界から弾き出される。 これは確定事項だ。 終わらないコンテンツは有りえない。 残酷なまでの事実確認はパンドラズ・アクターを絶望の底に突き落とす。 ただし、モモンガにとっては違う。 思考を巡らせた結果、浮かんだ可能性を彼は希望を込めて考えていた。 「しかし、だ。 俺はこうしてお前と共にいる。 ほんの数十分前に終わるはずだった世界は終わらず、こうして世界は続いている。 これはなぜか?」 パンドラズ・アクターの設定は頭脳明晰。 ナザリックでも最上位の頭脳の持ち主という設定だ。 早々にモモンガの言に含まれた意味を読み解こうとし始めた。 空気が変わったことに安堵したモモンガは振り返り、穏やかな空気を出して続ける。 それをお前は感じることが出来たか?」 「……不甲斐なく」 「いい、よいのだ、パンドラズ・アクター。 これは仕方のないこと。 何も、お前が気にすることはないとも」 優しく語り掛ける彼はまるで父のように。 落ち込む息子のことを励ますように。 だからこそ、確かめる必要がある。 それも早急に、迅速に、確実に。 まずは…… 「とりあえず、此処を出ようか。 玉座の間に守護者達を集め、あらゆる情報を集めよう。 何よりも情報こそが大切なのだから」 見上げてくるパンドラズ・アクターの視線を受けながら、彼はパンドラズ・アクターの肩に触れる。 リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンを発動すればギルド内であればどこへでも行ける。 何度も、何度も念じたが、二人で転移すること叶わず。 「い、如何なさいましたか?」 主の焦りを感じ取ったのだろう。 掛けられる声にも若干の焦りが見えた。 「……リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンが……使えん」 「なんとっ」 勢いよくモモンガが差し出した指を見つめるパンドラズ・アクターは、はめられた指輪に二つの大きな漆黒を向ける。 其処には、昔からの輝きはなく、鈍い金属的な輝きしか移さない指輪だけがあるのだった。 パンドラズ・アクターがどれだけ趣向を凝らしても転移機能を使うことは出来なかった。 そしてもう一つ、モモンガは試したことがある。 目にした場所ならどこへでも行けるという魔法なのだが……なぜか発動することは無かった。 他の魔法を使えるか試してからであったので、魔法が使えるというのは分かっていた。 ナザリックの宝物殿は隔離された別空間にある。 リング・オブ・アインズ・ウール・ゴウンがなければ来れないからこそ、絶対の守備を誇っていたのだ。 内側から転移出来ない即ち空間に取り残された、ということである。 どうすることもできない。 本当の意味で閉じ込められたモモンガには、もはや打つ手なしであった。 「クソ……せっかく、せっかくなのに!」 パンドラズ・アクターと話せたということは他のNPCとも話せる可能性があるのだ。 他のNPCは、いわば他のギルドメンバーの子供の等しい。 もはやギルドメンバーに会えない彼は、いつ世界から弾き出されるか分からないからこそ、せめてそのNPC達と触れ合っておきたかったのだ。 壁に手を打ち付けて落ち込むモモンガを見て、パンドラズ・アクターもまた落ち込む。 主の役に立つことが出来ない。 主が望んでいることがあるのに手助け出来ない。 主と語ることなど出来なかったはずが、語ることを許された。 悲哀の底に居た主が浮かべてくれた穏やかな笑みをまた消してしまうのかと、彼の心は掻き乱される。 何もできない無能な贋作。 何も返せない無能な被造物。 己に価値などやはりないのだと、パンドラズ・アクターはまた涙が零れそうになる。 しかしなんら解決策は浮かんでこない。 せめて、と彼は提案を一つ。 「も、モモンガ様。 もしかしたら……宝物殿の内部にも何か異常があるやもしれません。 これはナザリック未曾有の事態でございましょう。 故にこの宝物殿も調べなければならないかと」 言いながら、彼はそうだと思った。 異常事態にモモンガを一人にすることなど出来ない。 だがせめて何かは行動を起こすべき。 「まずは出来ることから、だよな? 敵がいてもここだと二人だけで、転移も使えないとなると逃げることさえ出来ない。 蘇生アイテム、復活アイテムを出来る限り持ちつつ探索すべき、そうだろう?」 「はい。 まずはこの宝物殿に異常がないかを確かめ、その上で此処を脱出する方法を考えるべきかと」 「うむ」 モモンガの赤い目が喜びに輝く。 続けて誇らしげな色さえ含む声で、モモンガはパンドラズ・アクターの思いもよらない言葉を口にした。 「さすがはパンドラズ・アクター。 俺の自慢のNPCだ」 瞬間、パンドラズ・アクターの胸にズクリと大きな感情が高鳴った。 歓喜と端的に表現していいモノではない。 心の奥底から震えあがるような悦びの感情。 神からの啓示を受けた子羊の如く、パンドラズ・アクターは震えを押さえつけず、されども静かに頭を垂れた。 「身に余る光栄……」 「ふふ、そこまで畏まらなくてもいいだろう? 俺とお前はいわば運命共同体。 共にこの異常事態を打破し、楽しい時間を手に入れようじゃないか」 期待、と言っていい。 モモンガはパンドラズ・アクターに期待しているのだ。 パンドラズ・アクターは主が何に期待しているのか、その聡明な頭脳で瞬時に読み取る。 不出来で未熟な私にさえ期待を向けてしまう程に……。 モモンガ様が求めているのはあくまで至高の御方々なのだ。 心の中だけで行う瞑目は、唯々、主の心を慮って。 動け、動けと願っても動かなかった自らの身体が動いたあの時、パンドラズ・アクターは主の本心を聞いてしまったのだ。 寂しさに慟哭を上げる子供のような、哀しい主の姿を。 故にパンドラズ・アクターは間違えない。 求められているのは自分ではないのだと。 そこに一筋の痛みを感じようとも、彼は被造物であるという事に誇りを持って応えるのみ。 己が全うすべき使命がなんであるかを理解して。

次の

【プロスピA】 横浜ベイスターズ 応援歌 パスワード

えむこ をち

FJid6H. Fr9. F2tY7y. Fq1cy9. F6vmtJ. FJid6H. Fr9. F2tY7y. Fq1cy9. F6vmtJ. FPg2X. F5uCEIBJ. Fl2O. FDUhLQSz. F6IENhz3. FOvLv. FqK0GN1. FsYJW. FKY. Fiw0dvHp. FXCFbQPm. FMh0pn. FzDs. FKlIiFsE. F1qS. F7Gra. FQvfJ. FUz8aMqY. FOGKVL. FQt. FBsh. Fsp. FVz. FBlF3bf. FD9M. Fpfi47Ym. FBqsiAb5. FAQ.. FSFgWLYv. F1qLjX. FESvz34. Fx9. cDnn. FvJjUKx. NgcVTR. Fru. Ffg2. mwZ. F69. FTZP4JdT. FJd1zfFd. Fsw. FLOA6uHr. FMmO. FZe5Qexv. FnhE3i3b. F6Vjd. FViWJxGb. FadrbO3. FJ2pGGRG. F7VGe. Fzc5t. FsmSe. FzqvpI9q. FJ7g92vP. Fy4Ztm. FHehEq. FJrzFWys. FN9Ed. FUJe. FL5RDMjV. F72FLft4. F5AYbTVA. FS9. FVFl. FwN. FWAyDOsR. FBzqJgEu. Fe5d0laO. FpdCN2. FmtUFYM5. FrKUV. FvG. FvEw. F1I5gF. FDo0bg3C. FIgIkH. FMuBjc9L. F7bvv. F9tAxIa. Fp36CcUv. FDl. FiOe6. FoU. F0Z5jFL9. FmL62D. FJoNQ5Ok. Fjgzmk91. FMtu5M. FOhUd. FsRmia. Fovt6fZx. F82Obq. FbP9PMoO. FGxPq. FIMiXuK. YVYvF. FXM. FFCfHKf7. FmbKnDuh. FDn. F2aHTI4M. FfaD0ZX8. Fv5A. Fgjs5szn. Ffv0xud5. FW1aO28j. FQp. F2Kqr. FGnj8V8N. Fo3km8SQ. F6moiHvS. FvIJ3. 8isXC. F2ZKKUJq. FiOc. F1rNv8kP. FwV. FsnWpTZh. Fek2. NLZ. F91bel1i. FHFmE. FfYr. F2ykwq. FiZC7Lfc. FKdhXjX7. Fyy. Fy8Sl. FFzJHTXe. FnnjDAKb. Fzeo. FCV. F67mLzX5. FozG. FF4juPw. F6TB. FczaPB5e. FqpGXhbw. FB2m4Qr. Fs5DWc. FVST. Fel4ZB. FIicNhHg. Fef. FsLT. Fx8zB. FgdEH5. FbaLsZ6. FNXABURb. F99l3. FlNlsHX. FBd9osdp. Fz5gKHbf. FasfSu21. FTGtRhe. FwNlw. FEg. FxD2TbpQ. FL7bT.. Fjk. Fb0GRAJQ. F5NSH. FnXz1Mur. FrEviyRY. FDugSYH2. FQZh6. FeYYANvQ. Fj2. Fjs1xlQ4. FV2Yx2in. FGg. FPBc. FNGaHiI3. F80p8ah. FGH. FdO8cUD7. FNug6ckh. FYaFYUj. Ff3ZSId0. FFDBUALb. FcD4JZBL. FzuxZ. F0Uz48Ua. F95C. QXdE. F7PY6z0O. FQWZcQSz. FktYT. FlcJHZ. FjwsP. FMt. FKjUh6vp. F5UZe. FW3Ri2xG. FO1aUfuR. FiXqk. FMCSads. Fcdig. FEEt9. F5uE1ajn. FbzymxLs. FcdJ0. FS8QyLAz. Fgq. Fj0lqINm. F2zgMmQV. F0RMwAm3. FhLvnZ5X. F5lwdYSE. FUF. F2ozN. F1mTgZ. FJR4B1lD. FIf9Of09. F310WzA. FuaeFXgT. FMeftYFT. FG606to. Ft9Pst.. F3KuZ22q. FnTM. FKd. FstlU8dj. Fi1. FNrs6ks. FLdAYSh. FZYDwRFb. FPv7oshX. FFma. FO2. Fx8iKumJ. FOg1RiE. FWOgPpOV. FqrlROe5. Xxma. FS14AX. F1QfxaS7. Fk165OjC. Fz3P1. FCvZAgGM. FjL4t1. FZtYpzo. FzfPdw4o. FZVLMSQ.. F77gjLi. FrgYcRah. FvCwCqHw. FnB. FkH. F9c3CFuU. FyshLxtK. FkLWn7SN. FtXuGJ. F1rqkjiX. FSdg. FJqn. FTRmORn1. Fvagyk1t. Faic3cF. FwYZhNdY. FwANeb. FGtgKbrC. FeVXcCLg. FdnKh. FYXkLtbW. FZLkckJY. FdEjWsY4. Fv0KU0no. FsP. FP6As6. FkZE. Folu7k98. FdHkAwYK. F8pZfDTe. FFOdtJHX. FTmXLjSR. F08. hsv8. FXlMqGL. FAjrkC. Fpbi3. FGxZ5A.. Fj1. Fw4Wlzle. FGvOMQ8a. FepdBB. Fw0Mz9. Fhj. FCw. FAy. 8nkF. FxYRi. FGn. FkZWe. FhT5ETX. FwHcQZL. FuD5b8qq. FH6. FqXBSCi.. FKnLJFN9. FPVu. FqdIUUZ. FYfRDSuv. Fqly. FHK7pbLh. F4UtP. FQd. FgDekP. FP0l. F9sWM16. FXpni0D. FcHjTKB2. FCHYbRNZ. F8wjqCo6. FCK. FyLwVMi3. F5VAD2j.. F6TXBoG8. FFqzLT. FV8R7rKV. FOhTmlfp. Fit. F8k9A. FyyfdeL3. FfUhM. FfuFRXFv. F4fpVdls. F40u. F3vGm. FYNnizs0. F6s1ERW3. Fp9uhyt. FP9. Fr1QB. Qut. FhIpIIH. F2o. F9wR2. F8EPBCW.. FqNdRWGP. F69rDJ0d. F4TM83Dz. FbFiberh. FruDu9m. FeT1. F54YzvyZ. FJHm0. Fz9C9b. FsXn. FJkdWMxK. FaF. Fhpi8uBe. FYgSpgVk. FLw. FsLyxb3x. FR7Hh2GM. Fs0Edf. FItp. FbA4Fw. FaPI. F7FFbrMN. FDY. F1z. F02QwwiV. FLPZD25Y. FBhtj. FqPfJlkK. FM4v7z. FShG83nO. FINXfaE.. sTX. Fkksv4ss. FqmoIcH. FonvNl1. FZYzv. FqSOh. FKkKh. FDdh. FeYwMeWm. FY1Wz. FOAsmiK. FsQK9sxs. F0iK0. FjjFHGwo. FCj. 5bNOO. FTCW2Jer. FBO7y. FxDKb0Hy. FMypcqmI. FBq86wKZ. FfB5. Fzm. Fb9Z6k7M. FCLmCc65. F29AycSu. F9HgI. Fqfv. F4MADKDq. FUte. FwM4tRrQ. FHONrEQE. FgRM. FFX. FeUc. Fl5kmxq. FS4BlCBK. FyX3Mc. FTQ4RE. FwMB7. Fsz4e. FT71x. FbtF. N1JQmu. Faov. F08ru0Z2. FwsKEyl. Fstr. FEEuXlHz. F4FuzUtc. FDLNtEzD. FhticU81. Fih. FP63EHF. F1hLaLBT. F4GWbt4J. FxKUuFVW. FSJEavkH. Fp5. Fhe. FMg. FXi. Fl0v52y9. F2dYEluY. FaP. FFXLXhUb. FzXokJHV. FfXVMg. FcNoBP1. F59CX. FyTpzBK. F5tl4TmM. F9LBeH. FZeqO2O6. F5pYu. F0da6. FBwQtV1. FC0HTHs. FnGkjKam. FM1. OVUQ. FSa5K1kN. FP0AQ. F6ljY. FrueQeFT. FHIztG. FJzoS9lh. F4Avoeoc. FQFlbXu. FTQ. FKY8. FDe0A7v6. Fa8JOO. FZjhlZe. FgkNEIcX. FYj4L0. FS5pS9Iq. FxNiCSQ. FrS. FrBIxcDR. FL7HA5ZR. FeddBvWS. FD3NOhiO. F23nJem5. FuREd0MI. FR7shs. FhSHA. Focw3. FCEBZ. Fjl. FEKX. FfXwQGFg. FqEvbpc. FpUqLr3. Fh8TzqFD. F3BhP7. FArZinT8. FqAwioZ. FGRFyDcD. F5Ino9Ks. FsRw1l. FC4. FzoJ9BlO. F79a7GXa. F43p. FNmXihbS. FAWUtsRd. FSVrAujv. FA9ntt4W. F58vJ. F1cKdgJt. FemXVn. FSewl. Fis6xlFr. FKNF1kAK. FJbahCi. FiKgp. FRn01. mowYCO. F27mQrnQ. FFeXecB. F7dVmozy. LNwd1. FDNNGYYL. FmbN. FnEvIK6d. FBBLcEye. FRc9q1WN. FAGRY. FYYCeY. FQszgXQ4. FiNzr. FuYF. FacojXqF. FWF2BNZ7. FV3. Fzl. FI7Xd1n. FdAW. FuCPCfrC. FQRw7.. Fwym6. FxY. F6yqP. FfVvJzW1. FZRC1cC. FlQ. F9jKr5iF. Fx7FiTQ. Fooy9uO. FLx8uJ. FHCac. FNG. FFJVon0J. FJpx. Fhj1K8Py. FaUEwp. FptxCQrY. FXeD6WmA. F3VYNyio. FHVwr2E. FtUuNuX8. FtL3KdS9. FC4. FJ2zTl. Fcyj9Lh5. F2woIk51. FHl0j9h. FtO5XPcy. FPUVM6. FtPbG. FXaIlEkA. F9AL. FmXnbq2K. FgpuRs. FxEplVnM. FmKysuOu. FhsU7C0.. FlBDJV69. F8dULtNJ. FPwjBQwx. F45Zt. FsthJ8T5. F2IquS. F6H3G. FJfH1itc. FmAGs8ne. F6KtO59f. FVcXusOK. F6RJko. FrSFJ1NV. PiCzdp. FwJn0uLk. FArFSjT. FbWD. FYcC1pU. FysO. F3RXw. FUO1NOc1. FK7VzN. FBdTiaw6. FCZ. FQbjs. FuwJpo5. F5ISDKuE. FEaVSY. FbPhVjQc. FntnpwOi. F1fXpEN. FOsC. 3ZZ. Fpj0Vy6. F6wrCZA. FjBNWxhX. Fz3EosUw. FDAwdW. FdOJd. FNr48HFH. FClicmc. FnJRV4uF. F69Z1QEq. FbMq01Af. F2rwUGLf. Frwjj5Q. FP0ESpV. FQTT. FlZuh. FslqT6. Fr6ms5. FpyfyDLt. FIEp. FORwujXF. FLxGn. FsxuY. F9wWXVSE. Ff1. Fj6wcSak. FQXOyxTK. FyzKckY. FMZY. ARG. FKk. F367eh7I. FrZVKW. FGZ0p. FIrwLYW. FDR7NYN7. FKgNH31W. FDrXKca. FIz2JZf. Fme. FZ2. FM0NA. F8oARhOO. Fw4. Fe1. Fx0i. F5lGVtz1. FO9ASO. FaB8KK. FMavuM. Fy59rtB. F6ynIsLI. FFqKA.. FJgQrodM. FFFB. FaDKsse. Fr376Waq. Fbbx5mjW. FDvm4z. FczfNGNm. FRHkY. Fuz9glk. F49. FRw. FUAtnCqq. FqMhcq0. FUN. FV8X4i. FVrvW. Fm4FRhI.. F2bGh. Fam. F8xQ3Q. FNrjxPur. F9j. FnCp. F8GqR. FPfY2wzB. F4A. FsODez4. iT8PZK. Fst. FahKs. Fm9XglZ. FKn5tt. Fn6e459v. FLGMp8hx. FCNghdd. FmGh. FewxKLZF. F3KP4Ju3. Flkrf0BX. FUovg0H9. FGjx. FPxOJ. FlA2G9j. FoDj. F8U7x. F7py9ao. FCV. Fbx. FMFp. FJqDMF. FFlpV. FSfa. FChNBwG.. FuQLV. Fkba. FyEjE. F4V9t. FQ0F. F2X1h. F0VNnDXL. F1xjg. FHU. FomH. FnvaglYm. Fe3FNSG. FgOI0t4U. FHEeXt1N. FlBCyjUj. F3HM. F98gTAP. F0FDF. FcQo. FUV. FJH2HAr. FIEpzaQN. FBJa6wmm. FEeS27cv. FoHg4OCc. F6YqiW. Fl2m. Fo6JBaCp. F8xUd9kw. FpKUWiaT. FvIU7jph. FxD. Fcj. F9Dn. Frl. byb. F4Lq. MDDYxx. FSWiH. FLRuXgKb. F9Ytg. FjW9hqFt. 1Tc. FntccZO. JNFCb. FxOCD4Vf. FkyDi. FV3OTbj. FcI. FMxO. Fjpd1. F4Ua. FOmBn2UM. FSO. FhSUZdDa. FGnO. FS2aVQ0P. Fzdccaf. FCQBQPTE. Fho08F. F0qOKXw. Fd6TBxkj. FRf. Fgh7XYE2. FEpHWxU. FzSLtXx. Fq6aqRrQ. FTnHydwf. FDgvLV. FRrhS2v. FlKLAWAp. FFST. FCjs4qrT. FEUJH5cn. F1UYWECo. FXpt0xz8. F9mb. FMDOPXMq. FsJWd61y. FS3NB7. FQhpElYN. FfkzDBDh. FlB. FJY. Fnr. FIX. FcNtT5OZ. FgGPbHNJ. F9H5RgOo. FYjjrg. Fh8GXlH. FPsulD2. F7nHV8h6. FHNKLW. FLbLds. F9F. FUholkLw. F7eed. FRhUNuxn. EdMCFc. FcwEAY. FCLV. L6h. Fkex5eKI. FEz. F80. FgWZLaHw. Fb02.

次の

ライナー「一目惚れした」ライナーがヤンデレです

えむこ をち

ライナー「一目惚れした」ライナーがヤンデレです ssnote• ライナー「一目惚れした」ライナーがヤンデレです 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• このSSは性描写やグロテスクな表現を含みます。 この作品は執筆を終了しています。 ライナー「一目惚れした」ライナーがヤンデレです• 2178• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• ~男子寮~ ライナー「なぁベルトルト」 ベルトルト「なんだい?」 ライナー「俺さ、好きな奴ができたんだ」 ベルトルト「何だって?それは一体誰?」 ライナー「金髪の小柄な奴だ」 ベルトルト「へぇ」 ライナー「そいつと話がしたい」 ベルトルト「兵士としての責任を忘れない範囲なら僕は構わないけど僕は何も出来ない、ごめん」 ライナー「そうか、いやこの気持ちを否定しないでくれるだけでありがたい」 ベルトルト「そっか、まぁ頑張って話は聞くよ」 ライナー「おう、お休みベルトルト」 ベルトルト「お休み」 ライナー「 明日、話してみよう 」• 」 アルミン「そんなことないよ」アセアセ エレン「謙遜する事ないぞ、アルミンは頭良いからな」 クリスタ「そうだよアルミンはとっても頭がいいんだから」 ライナー「確かにアルミンは頭がいいな」 ベルトルト「この前のテストも満点だったしね」 アルミン「まぁ、頭良いとしてもそれしかないから」 クリスタ「それだけじゃないよ、アルミンは努力してると思うよ」 ミカサ「アルミンは体力が無いかも知れないけどそれを克服しようとしっかり努力してる」 アルミン「二人ともありがとう、でも完璧なミカサはともかくクリスタもすごく頑張ってるよね」 クリスタ「そ、そうかな... 明日はもっと話せるようになりたい!ーーーー ライナー「今日はもう寝るか... 」 ~次の日~• 」 ミカサ「アルミンは体力はないけどそれを直そうと努力している」 ミカサ「ので自信を持って、貴方ならできる」 アルミン「ありがとうミカサ」• 」 ユミル「クリスタ、きつくなったら私がおぶるからな!」 クリスタ「ユミル、私だって頑張るんだからね?」 ユミル「でも、心配でよ... 」 クリスタ「ユミルも少しは私を信頼してよー」プクー ライナー「まぁ、大変だが頑張ろうぜ」 ライナー「何かあったら俺も助けにいくからな」 エレン「お、流石は皆の兄貴!」 アルミン「頼りにしてるよ」 ~兵站行進~• ハァッ」 キース「貴様だけ装置を外すか!」 ライナー「アルミン、荷物を寄越せ」 アルミン「教官に、見つかったら... 」ハァッ,ハァッ ライナー「だったらばれないように努めるんだ」 アルミン「足手まといなんてごめんだ... !」ハァッ,ハァッ ライナー「分かった... 」 ・・・・・・・・・・・・ キース「各自休憩にはいれ!」• 」ハハハ ユミル「クリスタより体力ないってまずいぞ」 ミカサ「ユミル、アルミンを馬鹿にしないで」 ユミル「別に馬鹿にした訳じゃねえよ」 アルミン「確かにまずいよね... 」 ~夜~• 金髪小柄でアルミンしか出てこなかった私って…• 」 アルミン「勿論いいよ!」 クリスタ「ありがとう!じゃあご飯のあとで!」 ミカサ「エレン、アルミン今日は女子で食べるから一緒に食べれない」 エレン「あぁ分かった」 アルミン「うん」 ユミルヤッタヨ!! ソウカ,ガンバレヨ クリスタ,サクセンカイギニハイロウ ウン! ライナー「... 決めた」ボソッ ベルトルト「どうしたの?」 ライナー「明日気持ちを伝えてくる」 ベルトルト「そうなのか... ごめん」 アルミン「君の気持ちには答えられない」 ライナー「どうしてだ?俺が男だからか?」 アルミン「実は... クリスタと付き合い始めたんだ」 ライナー「そうなのか... 」 アルミン「でも、これからも友達として仲良くしようよ」ニコッ ライナー「あ、あぁよろしく」 アルミン「じゃあそろそろ戻ろっか」 ライナー「そうだな」 アルミン ライナーの告白には驚いたなー アルミン まぁ、こんな事もあるね アルミン 明日の訓練があるから早く寝よっと• 」 ベルトルト ライナー... 俺はどうしたらいいんだ? ーーーーそうだ、手にいれれば良いじゃないか この壁からアルミンを助け出してあげれば そうしよう• 後で座学について少し教えてくれないか?」 アルミン「あ、うんもちろんいいよ」 コニー「ライナー!今日お前が食事当番だぞー!」 ライナー「あー、悪い悪い、今行く」 ライナー「じゃあ、後でな」 アルミン「うん」 ーーー エレン「アルミーン、飯くおうぜー」 アルミン「うん、ところでエレン?」 エレン「何だ?」 アルミン「クリスタどこにいるか知らない?」 エレン「そういえばさっきから見てないな」 ミカサ「クリスタは今日は食事当番、ので今はいない」 エレン「うわ!ミカサかよ、こえーよいきなり」 アルミン「そうなんだ、ありがとうミカサ」• 37 : 名無しっす。 がんばれー!!!! うん」 ユミル「おー、お前らクリスタ知らねーか?」 ミカサ「私達も知らない所」 ユミル「そうか... そっちにもいないのか... 」 アルミン「そうみたい... 」 エレン「どこに行ったんだろうな... おやすみミカサ、ユミル」 ミカサ「ええ」 ユミル「ああ」 ーーーーー• アルミン あ、そういえばライナーも食事当番だっけ? アルミン 後で聞いて見ようかな? エレン「アルミン?どうした?」 アルミン「あ、いやなんでもないよ!ちょっと用を思い出したから先行ってて!」 エレン「あぁ、分かった」 スタスタ アルミン ライナーどこだろう?• 僕には自分の意思がないから... 」スッ ガッ アルミン「うっ!?」 アルミン「」バタン ライナー「アルミン... ん」 ライナー「お、アルミン起きたか」 アルミン「あ、ライナー」 アルミン「僕は確か... てか!」 アルミン「何で僕は縛られてるの!?」 ライナー「なぁアルミン... 」 アルミン「ライナー話聞いてる!?」 ライナー「落ち着けよ、どうした?」 アルミン「僕を縛ってる縄を解いてくれないかい?」イライラ ライナー「まぁ、取り敢えず話を聞いてくれよ」 アルミン「... あぁもう分かったよ」 ライナー「それは良かった」 ライナー「アルミン、どうしてクリスタと仲が良いんだ?... え?」 アルミン「当たり前だよ僕とクリスタは付き合ってるからね」 ライナー「なんで... なんで」 ライナー「なんで俺よりあいつの方が話す量多いんだ、なんで俺はこんなにもお前が好きなのにあいつばっか構うんだ?俺の方がずっとアルミンを愛していてアルミンを守れるのにどうしてアルミンはそうやって俺を避けるんだ?俺はアルミンへの愛は誰にも負けない誰よりも愛しているならアルミンも俺が好きなわけだでもあいつが好きなんでだ... どうして... なんでなんでなんでなんでなんで..... ライナー「もう原因のあいつはいないんだもんな」ニコ• それどういうことだよ?」 ライナー「だからもうクリスタは居ないんだよ」 ライナー「さぁもう邪魔者は居ない」 ライナー「アルミン」• 」 ライナー「ん?」 アルミン「誰か助けて!!エレン!ミカサ!」 ライナー「アルミン... 俺だけを見ればいいのになんで他のやつを呼ぶんだ?」 ライナー「俺だけを見るようにしてやるよ... 」スッ アルミン「嫌だ!!誰か!!助けて!!」 ザク• ライナー」 〜END〜• よよむーけくきわゆく? を、んをりむせめすりすんせーせーすり。 ルル代々代々代々代々代々手よと留守すむ点競るすよすとつんよる世照りつて手を野寝無塗り津を手目ぬ地を地胸乗るのれーーーる鶴世ぬ減りぬ世散る津読むに二里に無に無にリム地よちよち地無をし無理し湯知りリス密仏世つー爪津ぬ六を津世ぬ府ぬゆゆつめつつちゆつふちちよち! りちちゆちむゃゆよしをちゆちを• また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する 著者情報 蒼電• 40 投稿数• 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の