再婚 年金。 亡くなった夫の遺族年金、再婚したらどうなる?手続き方法は?

離婚時の年金分割|日本年金機構

再婚 年金

どういう意味でしょうか。 年金という制度は基本的に各個人のものです。 1.老齢年金 男性の老齢年金は男性のものですから、全部男性が受給します。 元妻Cは元妻Cの年金を受給します。 ご質問者Aもこれまでかけてきた年金が継続され、老後にはご自身の年金を受給します。 なお、老齢厚生年金については離婚時に取り決めることで離婚する妻に分配する制度が出来ましたが、まだ施行されていません。 2.遺族年金 死亡当時に生計維持関係にあった遺族に支払われます。 男性が死亡した場合は生計維持関係にある妻Aと養育しているお子さんがいればそのお子さんという形になります。 (妻がいる場合は妻が受け取り、妻がいない場合は子供が受け取ります) 遺族厚生年金と遺族基礎年金では受給要件などが異なります。 詳細をお知りになりたければ補足下さい。 妻Aがなくなった場合、主たる生計者が男性であれば遺族年金は支払われません。 妻Cがなくなり、妻Cに生計を維持されていたお子さんがいればそのお子さんに妻Cの遺族年金が支払われます。 3.障害年金 これは本人に対して支払われるものですから、老齢年金と同じく本人のものです。 >CとBとの間には2人の子供がおりBが親権を持っている。 で養育しているのはどちらでしょうか。 親権を誰が持っているかは関係ありません。 そういうことはありません。 これから先に導入予定の離婚時の年金分割でも、「離婚時に調停、公正証書、裁判判決により決まった分割割合で役所に届けることで登録される」話です。 そして、その話では婚姻時の期間についてのみ分割が認められますので、離婚したご主人が再婚してもしなくても、この制度でも元妻の受け取りは同額となります。 もっともこの制度はまだ施行されていないので、すでに離婚していて、離婚時に合意していないのであればいまさら適用することは出来ませんが。。。 何か勘違いしているだけだと思います。 一つ可能性としてあげるならば、元妻はほとんど収入がなく、子供を養育していて、元夫からの養育費の仕送り金額が生計の主たる収入になっている場合、元夫が死亡した場合には子供に遺族年金(基礎年金、厚生年金共に)が支給されます。 これは元夫が再婚して配偶者が出来れば、遺族厚生年金は新しい配偶者(つまりご質問者A)に行くことになり、更に子供が出来ていれば遺族基礎年金(子供のいる妻に支給される)もAが受け取ります。 考えられるのはこの程度です。 いわゆる専業主婦等の三号を考えていらっしゃるようですが、てんで問題ありません三号は扶養されている間、強制的に加入させられているもので、BとBの会社が折半して支払っていたはずです。 今後Cは新しいX氏の専業主婦として組み込まれるか、自立して国民年金に加入しなければなりません。 これでBとCの年金関係はなくなります。 Bの会社もCとは無関係になります。 入れ替わりにAがBの専業主婦になった場合は、Cに代わってBとBの会社がAの三号加入の手続きをします。 いわゆる共働きになる場合は、Aは自らの年金を掛け続けます。 年金は長い期間を通算して評価されます。 何回離婚しようと結婚しようと、就職しようと離職しようと、個人単位での納付実績(期間)が問題視されます。 三号の年金などたかが知れたものですから、なるべくご自身で長期にわたって納付し、旦那様の年金と合わせて優雅にお暮らしください。 旦那様19万円、奥様が13万円ももらえれば、一ヶ月32万円になります。 持ち家があれば、年をとってからの月額32万円は使い切れないですね。

次の

再婚したら「加給年金」はもらえるの?

再婚 年金

遺族基礎年金…国民年金に加入していた被保険者の遺族に給付されます。 遺族厚生年金…厚生年金に加入していた被保険者の遺族に給付されます。 一般的に、会社員は国民年金と厚生年金の2種類を納めているため、その遺族は遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類が給付されます。 一方、厚生年金に加入していない自営業者の場合などは、遺族基礎年金のみが適用となります。 (2)遺族年金は残された家族のための制度 遺族年金の趣旨は、残された家族が経済的に困窮しないようにすることです。 そのため、 遺族年金の支給対象は、故人と生計を一にしていた人となります。 生計を一にするというのは、ひとりの収入によって生活している関係を指します。 遺族年金を受け取るためには、このように生計維持関係が必要となります。 2、遺族年金の受給条件• 前でも述べたように、遺族基礎年金の受給資格は、子どもがいる場合のみです。 そのため、 再婚相手は、故人との間に子どもがいない場合、そもそも遺族基礎年金を受け取ることができません。 したがって、故人と元配偶者との間に子どもがいる場合、遺族基礎年金はその子どもに支給されます(ただし、支給されない場合もあります。 この場合、再婚相手への支給が停止等にならない限り、元配偶者の子どもは遺族基礎年金を受給できないとされています。 したがって、 再婚相手と元配偶者の双方に子どもがいる場合、再婚相手が優先されるため、再婚相手への支給が停止にならない限り、元配偶者の子どもには支給されません。 それでは、再婚相手には子どもがいない場合で元配偶者との間に子供がいる場合、優先順位はどうなるのでしょうか。 したがって、この場合、元配偶者の子は、再婚相手に優先して遺族厚生年金を支給されることになります。 再婚していなかったとしても、次に優先されるのは父母であり、 離婚した元配偶者には受給資格がありません。 詳細については、専門家にご相談ください。 4、遺族年金の注意点 名古屋オフィスの主なご相談エリア 愛知県:名古屋市中村区、名古屋市千種区、名古屋市東区、名古屋市北区、名古屋市西区、名古屋市中区、名古屋市昭和区、名古屋市瑞穂区、名古屋市熱田区、名古屋市中川区、名古屋市港区、名古屋市南区、名古屋市守山区、名古屋市緑区、名古屋市名東区、名古屋市天白区、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、愛知郡東郷町、西春日井郡豊山町、丹羽郡大口町、丹羽郡扶桑町、海部郡大治町、海部郡蟹江町、海部郡飛島村知多郡阿久比町、知多郡東浦町、知多郡南知多町、知多郡美浜町、知多郡武豊町、額田郡幸田町、北設楽郡設楽町、北設楽郡東栄町、北設楽郡豊根村 三重県:いなべ市、東員町、桑名市、木曽岬町、朝日町、川越町、菰野町、四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市 岐阜県:岐阜市、各務原市、海津市、大垣市、羽島市、墨俣町、瑞穂市、柳津町、神戸町、北方町、養老町、輪之内町、可児市、御嵩町、美濃加茂市、富加町、多治見市、土岐市、笠原町 長野県:飯田市、下伊那郡天龍村、下伊那郡売木村、下伊那郡根羽村、下伊那郡阿南町、下伊那郡泰阜村、下伊那郡下條村にお住まいの方•

次の

離婚と年金分割・再婚はバラ色とは限らない!?

再婚 年金

関連ページ| 厚生年金の受給手続き後に結婚したら加給年金は支給される? 私は59歳の男性(独身)です。 20歳から会社員で厚生年金には40年近く加入しています。 同期の男性の話では、妻がいると加給年金という年金のプラスアルファがもらえるそうですが・・・ 実は、今お付き合いしている年下の女性がいるのですが、いずれ結婚しようと考えています。 その場合に、厚生年金の手続きが終わってから結婚しても、加給年金は年金に加算されるのでしょうか? それとも、厚生年金の手続き前に結婚しなければ加給年金はもらえない? 裁定請求手続きと加給年金の受給 熟年結婚・・・その配偶者を対象とした加給年金がもらえるかどうか。 これは、加給年金をもらえる人(主に夫)の年金のステージによってもらえるかどうかが変わってきます。 (ここでは婚姻の時期以外の要件はすべてクリアするものとします。 ) 60歳前に結婚した場合の加給年金 60歳までに結婚をして、60歳の特別支給の老齢厚生年金の裁定請求時においてすでに配偶者がいる場合、 その取り扱いは、長年夫婦生活を続けていた人と同様のものとなります。 20歳の時に結婚している人も、59歳で結婚した人も、加給年金は同額です。 60歳以降、厚生年金定額部分支給前までに結婚した場合の加給年金 このケースに該当する人は、特別支給の老齢厚生年金が支給される人で、 60歳以降、先に報酬比例部分が支給され、その後定額部分が支給される人です。 60歳時点(厚生年金報酬比例部分の支給開始時点)の裁定請求手続きのときに配偶者がいない場合でも、 定額部分支給開始前までに配偶者がいれば加給年金が支給されますので、 定額部分の支給開始までに『老齢厚生年金・退職共済年金加給年金額加算開始事由該当届』を 社会保険事務所に提出し、加給年金を受給する運びになります。 厚生年金の定額部分支給開始後に結婚した場合の加給年金 厚生年金の定額部分が支給され始めてから結婚した場合には、 もはや加給年金を受給することはできなくなります。 生年月日によって特別支給の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢は異なりますので、 熟年結婚を考えている方は、自分の定額部分の支給開始年齢も把握しておいた方がよいかもしれません。 なお、当然ながら厚生年金に20年以上(原則)加入していなければ加給年金は支給されません。 関連:• 関連: ちなみに・・・ 加給年金は離婚によって権利が消滅してしまいますが、 加給年金が妻の振替加算に移った場合、その後離婚をしても妻の振替加算は消滅することはありません。

次の